misakiのオールジャンル時事評論!


by misaki80sw

カテゴリ:日本(社会・世相)( 102 )


「日本に奪われた仏画取り戻す」 韓国で窃盗男を起訴

 韓国の検察当局は13日までに、
 兵庫県加古川市の鶴林寺から02年7月、
 国指定重要文化財の掛け軸「阿弥陀三尊像」など
 8点を盗んだ疑いで、
 韓国人の男(55)を逮捕して起訴した。
 この容疑者はは、豊臣秀吉の朝鮮出兵や植民地時代に
 日本に奪われた朝鮮の文化財を取り返したかった、などと供述。
 大阪や愛知の寺からも仏画を盗んでいたという。

 調べによると同容疑者は、
 高麗時代の作といわれる阿弥陀三尊像が同寺にあることを知り、
 弟の金正男容疑者(兵庫県警が03年4月に逮捕)や
 知人と共謀して十数回にわたって下見をし、
 02年7月に同寺の宝物館に侵入。
 盗んだ8点のうち三尊像だけ韓国に持ち帰り、
 古美術商に1億1000万ウォン
 (約1050万円)で売却した疑い。

 日本側の捜査協力要請に応じ、韓国検察が逮捕した。
 三尊像は転売され、行方がつかめないという。

   (アサヒ・コム)


出ました、歴史による自己正当化!
いつものパターン。

 日本に奪われた朝鮮の文化財を取り返したかった、
 などと供述。

じゃあ、なんで売却したの?

刑を終えて祖国に帰ったら、
英雄扱いされそうな予感がするのは
私だけでしょうか? (>_<)
[PR]
by misaki80sw | 2004-10-14 22:47 | 日本(社会・世相)

琵琶湖に新外来魚 フロリダバス大量繁殖

 ブラックバスの繁殖が問題となっている琵琶湖(滋賀県)に、
 「フロリダバス」という新たな種類が繁殖していることが
 県立琵琶湖博物館の研究者らのグループの調査で分かった。
 これまでバスの大半を占めていた、
 「ノーザンバス」との交雑が急速に進み、
 交雑種が七割を超えたエリアも。
 新種の繁殖は密放流がまだ続いていることを裏付けるとともに、
 ノーザンバスよりも大型のフロリダバスや
 交雑種が増えることで生態系への
 さらに深刻な影響が懸念される。
 調査は、同博物館主任学芸員の中井克樹氏(理学博士)や
 元香川県水産試験場主任研究員の
 横川浩治氏(農学博士)らが行った。
 
 日本に生息するブラックバスは、
 口の大きさなどから
 オオクチバスとコクチバスの二種類に分かれる。
 北米原産のオオクチバスのうち
 北米大陸東部に分布するのがノーザンバスで、
 主にフロリダ半島に分布するのがフロリダバス。
 フロリダバスはノーザンバスに比べて大型で、
 交雑種も含め大きいものでは体長七〇センチを超える。

 中井さんらは
 「フロリダバスの侵入が自然に発生するとは考えられず、
 密放流があったと推定できる」といい、
 琵琶湖で純粋なノーザンバスが
 ほとんど生息していない状況について
 「持ち込まれたフロリダバスの個体が
 相当数であったと考えられる」と指摘、
 放流時期や量についても明らかにしていきたいという。
 
 滋賀県では漁業調整規則で、
 フナやコイなど指定された十六種類を除く
 水産動物の放流は禁止され、
 違反者には「六月以下の懲役もしくは十万円以下の罰金」
 の罰則が設けられている。
 しかし県が民間の警備会社に委託して
 湖岸のパトロールを続けているにもかかわらず、
 密放流の情報は頻繁に聞かれるという。
 またブラックバスは、来年四月に施行される、
 「特定外来生物の生態系被害防止法」で、
 輸入・飼育などを原則禁止する特定外来生物に
 指定されるかどうかが注目されている。
 
 滋賀県水産課によると、
 琵琶湖の外来魚は平成十三年現在で
 約三千トンと推計されている。
 県が記録を取り始めた六年以降、
 新たに発見された外来魚は約四十種類に上り、
 大半は熱帯魚などペットとして飼われていたものが
 捨てられたとみられる。
 オオクチバスやブルーギルなど一部の魚は繁殖し、
 外来魚が急増した昭和六十年ごろから、
 タナゴやフナ、ホンモロコなどの在来魚が激減した。
 
   (産経新聞)


前にバス関係の記事を書こうとして
いろいろグーグルで検索して調べたことがあったけど、
外来魚による琵琶湖を始めとする日本の湖沼の生態系破壊は
相当深刻みたいだね。
上記ニュースにも書いてあるブラックバスや、
ブルーギルの放流で在来種が激減してるらしい。

琵琶湖じゃ、例の「キャッチ&リリース」が禁止になって、
ちょい前にバサー(バスを釣る人)との間で
大激論になったことがあった。

キャッチ&リリースとは?

で、調べてるときに思ったんだけど、
バサーにもいろいろいるんだな、と。

◇穏健派
 釣りは好きだけど、
 バスが繁殖して生態系を破壊するのはまずい。
 それだったらバス釣りも諦めざるを得ないかなあ・・。

◇協調派
 バスを釣りたいけど、生態系破壊も忍びがたい。
 なんとか両立の道はないもんかな。

◇原理派
 「キャッチ&リリース」はバサーの魂。
 これを否定するやつは釣りの何たるかを知らない。

◇過激派
 もっとあっちこっちの湖や池にバスを放流して
 バサーの天国を作ろう・・。

まあ、こんな図式か。

常識的な感覚で言うと
穏健派と協調派は理解できるけど、
原理派と過激派は許容外。
原理派は「キャッチ&リリース」に関しては、
ほとんど宗教的とも言える情熱を持ってるし、
過激派に至っては環境テロみたいなもの。

あのタレントの清水国明氏も熱心なバサーらしく、
この人の発言や行動が検索でいろいろ引っかかった。

分類で言うと、この人は「原理派」に所属してる御仁で、
琵琶湖の「キャッチ&リリース」禁止に対しても
行政訴訟を起こして反対してるそうだ。

以下、清水氏の著書の紹介文↓
 
 「琵琶湖で釣ったバスはリリースしてはならない」
 魚を水に戻す自由を釣り人から奪う、
 滋賀県の条例に異を唱え、
 行政訴訟を起こした著者が、
 第1回公判までの軌跡をつづる渾身のドキュメント。

釣戦記―ブラックバス琵琶湖リリース禁止裁判

なんだかなあ。
この人、バサー界のアルカイダだな(笑)。

「魚を水に戻す自由」たって、
その前に針で引っかけて釣るなよって。
魚にすればそっちの方がいい迷惑でしょ。

そもそも「キャッチ&リリース」なんて、
さも格好いいことのように言ってるけど
私からすれば食べる気もないくせに針で釣り上げて
それを水にまた戻して再び釣ろうとするなんざ、
えらく残酷な話し。
魚にすれば輪廻する苦痛だよ。

まあ、それが結果的に
生態系の破壊につながらないのなら、
「キャッチ&リリース」も容認できるけど、
これだけ生態系破壊している魚を
さあ、釣ったらまた湖に戻すぞ~ってのは、
良心がとがめないのかね?
こういう人、神経疑うなあ。



近年の琵琶湖におけるフロリダバスの大規模な侵入

特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律

特定外来生物による生態系等に係る
 被害の防止に関する法律案のポイント


外来種問題という視点からバス問題を考えるページ

BigFishingの法則

「バス指定やめて」7千件 外来種被害防止法
[PR]
by misaki80sw | 2004-10-14 21:56 | 日本(社会・世相)

マスコットへの住民票交付に待った 木更津
 
 木更津市のまちづくりのマスコットになっている、
 タヌキの「きぬ太くん」への特別住民票の交付に
 「待った」がかかった。
 きぬ太くんは、この夏、
 JR木更津駅西口ロータリーに完成したブロンズ像。

 「証誠寺狸(たぬき)まつり」開催に合わせて16日、
 交付式が予定されているが、
 木更津市民ネットワーク(小杉みえ子代表)が
 「在日外国人への人権・差別に配慮がなさ過ぎる」
 などと交付の撤回を求めているからだ。
 抗議を受けた市側は
 「いまさら式の変更はできないし……」などと困惑気味だ。

 木更津市には、
 童謡「証誠寺の狸ばやし」で知られる証誠寺がある。
 駅西口など中心商店街の空洞化や
 経済的な地盤沈下が進む中、
 タヌキをテーマにした街おこしの動きが出ていた。

 昨年末、市民団体の
 「日本一のたぬき像を創(つく)る会」(渡辺文子会長)と
 木更津商工会議所(杉井和夫会頭)が、
 全国にデザインを公募。
 月夜に逆立ちして踊るタヌキをイメージしたデザインを決め、
 1千万円の制作費で完成させ、今年8月6日に除幕式を催した。

 「ブロンズ像の序幕だけでは観光PRに足りない」と、
 商議所側はきぬ太くんに特別住民票を贈り、
 観光客にも記念として無料で配ることにした。

 これに対して市民ネット側は、
 市内には約1500人の外国人登録者がいることを指摘。
 「税金は同じように納めているのに、住民票はなく、
 公共サービスは受けられない」などと
 差別状態に置かれている現実を訴え、
 「差別されている人々がどれほど傷つくかを
 考えたのでしょうか」と市側に問いかけている。

 市経済振興部の小久保健洋部長は
 「どんな時にも、
 人権意識を持たなければいけないことを改めて教えられたが、
 沈滞した市を何とか盛り上げようとの
 純粋な気持ちも分かってほしい」と話している。

   (asahi.com : MYTOWN 千葉)


馬鹿なことを言ってるよな~。
プロ市民の皆様ですか。

先日も書いたように、国会が召集され、
「外国人参政権法案」の審議が予定されている。
この法案を通すべく、あっちこっちで
プロ市民の皆さんが活動中なわけだけど、
このニュースもその一環だろうね。
「外国人へ参政権を!」という主張を
あの手この手でPRしたいのだろう。
木更津市のタヌキはそのダシに使われているだけ。

 「在日外国人への人権・差別に
 配慮がなさ過ぎる」

ほとんど言いがかりだな。
ヤクザのイチャモンと一緒。
この人たちにかかれば、
世の全ての事象は言いがかりの対象となりえる。

ちなみにこの市民団体、
「木更津市民ネットワーク」のサイトがこれ↓

木更津市民ネットワーク

さらにその上部団体、
「市民ネットワーク・千葉県」のサイトがこれ↓

市民ネットワーク・千葉県

まあ、いかにも電波で空疎で
刺激的な文言がずらずらと並んでいるね。
こんなとこにリンク貼るのは嫌なんだけどさ(笑)

木更津市もこんな連中に負ける必要ないよ。
相手が傘下の議員を擁してるからビビってるんだろうけど、
健全な人間の発想からすれば単なる言いがかりに過ぎない。

こんなもん蹴っ飛ばしちゃえ ヾ(-_- )/θ
[PR]
by misaki80sw | 2004-10-14 17:51 | 日本(社会・世相)

いい湯かな?ぬるいけど中学校庭で温泉

 山口県萩市は12日、
 市立越ケ浜中学校の校庭で実施したボーリング調査で、
 ラドンやメタホウ酸などを含む温泉がわいたと発表した。
 市は「はぎ温泉」と命名、2005年度から
 タンクローリーで旅館やホテルに供給する予定。

 同市は「温泉がないため宿泊客が減った」
 という旅館などの声を受け、
 04年度予算に約4400万円を計上。
 7月から同中学校の校庭を掘り始め、
 深さ570メートルで、
 供給に十分な毎分約335リットルの温泉がわき出たという。

 泉質は無色、無臭で、
 一般的には筋肉痛や関節痛などに
 効能があるとみられるという。
 泉温は21.4度で、
 温泉法が定める25度以上には達しないが、
 ラドンなど19の物質のいずれかを含めば温泉と認められる。
 同市は「滞在型の観光地を目指して活用したい」
 と期待している。

   (ZAKZAK)


萩は私も行ったことがあるけど
古い武家屋敷が残ってて美しい町だね。
維新の志士たちの故地でもあり、
私のお気に入りの町。
その萩から温泉が湧き出たというニュース

 同市は「温泉がないため宿泊客が減った」
 という旅館などの声を受け、
 7月から同中学校の校庭を掘り始め、

ここがよく分からないんですが。
別に中学校を掘らなくてもいいでしょ (;^_^A

市有地が少なくて
たまたま掘れるのが校庭しか無かったのか?
まあ、そんなとこでしょうね。

校庭から温泉湧かれちゃ、
学校としても活用していくしかないでしょう。  
この中学校の今後の運営が知りたいな。
[PR]
by misaki80sw | 2004-10-12 22:41 | 日本(社会・世相)
a0018138_13334437.jpg


仰天! ハブとマングースの新たな決闘法

 動物愛護の法律改正により、
 動物同士の殴る・かみつくなどといった、
 血を流す戦いが禁止されて以来、
 「ハブとマングースの決闘」も見られなくなった。

 ところがいま、
 沖縄の観光地・玉泉洞王国村にある「ハブ博物公園」では、
 両者が新たな方法で熾烈な(?)戦いを繰り広げている。

 その決闘方法とは、なんと「水泳」!
 水が入った10メートルほどの長さの
 太いパイプが2本用意され、
 両者がどういうわけかその中で水泳のタイムを競うのだ。

 場内が静まりかえるなか、
 ハブとマングースはいきなり乱暴に
 ボトンと水の中に落とされた…。
 ちょっと気の毒な光景ですが。
 結果は、気落ちするほどあっさりと、ハブの勝利だった。
 そりゃまぁ、そうだろう。

 ちなみに、この勝負にならない勝負について、
 係員の説明は、「ハブは泳ぎがトクイですが、
 マングースはもともと泳げず、息つぎができないんです。
 だから、止まると沈んでしまうので、
 頑張って泳ぎました」というもの。

 泳げないのに、落としちゃちょっといかんでしょう。
 観客席からは、勝者のハブに向けてか、
 それとも敗者のマングースへの同情からか、
 拍手が送られた。

    (Excite Bit コネタ)


なんじゃそりゃ。
「ハブVSマングース」たって水泳勝負かいな。

というか、動物愛護の法律改正で、
「ハブとマングースの決闘」が
禁止になったとは知らなかった。

だからといって水泳はないでしょ。
まあ、他に決闘の方法もないんだろうけどさ (^_^;)

ほとんど無理矢理だね。
「ハブVSマングース」のブランド名で商売してるというか、
「私ら、昔の名前で出ています」みたいな感じ(笑)。
[PR]
by misaki80sw | 2004-10-12 13:35 | 日本(社会・世相)

コンビニ駐車場、タクシー乗り場に…名古屋で防犯対策

 客待ちのタクシーを深夜から早朝にかけて
 コンビニエンスストアの駐車場に待機させ、
 運転手が不審者を監視する代わりに、
 コンビニをタクシー乗り場として活用するという、
 新しい防犯対策が、名古屋市で行われている。

 「名鉄交通」(同市中川区)が
 「ローソン中部支社」(同市中区)に提案し、
 8月から、名東区の店舗で
 午後10時―翌日午前5時までの間、
 常時1台が客待ちしている。
 周辺住民にも「安心感が高まる上、
 深夜、早朝の足が確保できる」と好評だ。

 店内で強盗などが発生した場合、
 運転手は無線で会社に連絡し、
 会社は直ちに警察に通報する。
 移動する時は会社が別の車を回し、「常駐」態勢を敷く。

 深夜帯に勤務するアルバイト店員(19)は
 「近くで見守っていてくれる人がいると思うだけで、
 以前よりも安心できる」と話す。
 ローソンでは「防犯対策として深夜帯に
 複数の従業員を配置する店は多いが、
 それでも犯罪は後を絶たない。
 外部の監視の目があるとありがたい」と期待を寄せている。

 名鉄交通は
 「顧客の新規開拓にもつながる可能性がある」と意欲的で、
 今冬には実施店舗を拡大することも検討している。

   (読売新聞)


なるほどね~
これぞ異種連携の勝利なり!

コンビニの深夜の防犯は各店とも頭の痛い問題。
特に最近じゃATMなんか設置されて、
ますます凶悪人に狙われやすくなった。

だからといって、深夜に余計に店員を配置すれば
それだけ給料がかかるし、
警備員なんかわざわざ雇った日にゃあ、
人件費で店が傾きかねない。
じゃあ、どうするか?
そうだ、深夜に暇そうに客待ちしてる、
タクシーのおっちゃんを使っちゃおう!
ってな感じで発想したんでしょうね。

タクシー会社にしても
路駐で警察に嫌味言われながら待機するより、
コンビニの駐車場に堂々と停まれるし、
お腹が減ったらコンビニ弁当買えばいいし、
おでんに舌鼓を打つも良し、雑誌を読むも良し。
トイレだって利用できるもんね。

う~ん、発想の勝利だなあ。
持ちつ持たれつの深夜同盟ってわけね。

全く無関係なものを組み合わせて
相乗効果で価値を産むってのは、
実に痛快、読んでて気分がいいね~
考えた人は大したやっちゃ。
あんたは偉い d(-_^)good!!
[PR]
by misaki80sw | 2004-10-11 21:45 | 日本(社会・世相)

一年の流行語の中から選ばれる「新語・流行語大賞」。
世間をにぎわせた新語・流行語を選ぶとともに、
その「ことば」に深くかかわった、
人物・団体を毎年顕彰するもの。

1984年に創始。
毎年12月上旬に発表。
『現代用語の基礎知識』読者審査員のアンケートから、
上位語がノミネート語として選出され、
そこから審査委員会によって
トップテン語・年間大賞語が選ばれる。

ちなみに2003年の大賞は、

◇「毒まんじゅう」
   受賞者:野中広務(元衆議院議員)
◇「なんでだろう~」
   受賞者:テツ and トモ(タレント)
◇「マニフェスト」
   受賞者:北川正恭(早稲田大学教授)

トップテン語は、

◇勝ちたいんや!
   受賞者:星野仙一(前阪神タイガース監督)
◇コメ泥棒
   受賞者:該当者なし
◇SARS
   受賞者:該当者なし
◇年収300万円
   受賞者:森永卓郎(UFJ総合研究所 経済・社会政策部長)
◇バカの壁
   受賞者:養老孟司(東京大学名誉教授・解剖学者)
◇ビフォーアフター
   受賞者:加藤みどり(番組ナレーター)
◇へぇ~
   受賞者:高橋克実(俳優)
   受賞者:八嶋智人(俳優)


さて、今年も大賞の選考をするにあたって、
ネット上でアンケート投票を行っている。

新語・流行語大賞

一ヶ月ごとに集計を取ってるみたいだけど
9月のランキングは以下のとおり。

1位 サプライズ
2位 新規参入
3位 ヨン様
4位 こんにちワン・ツー
5位 オレ流(竜)
6位 萌え!
7位 韓流
8位 たかが選手
9位 ニンニン
10位 間違いない

「間違いない」「こんにちワン・ツー」って
よく分からないんだけど。
私が時流から外れてるのか? (^_^;)

ちなみに5・6・7月のランキングは、

<5月>
1位 自己責任
2位 人格の否定
3位 世界の中心で ○○○

<6月>
1位 人格の否定
2位 こんにちワン・ツー
3位 自己責任

<7月>
1位 人格の否定
2位 ハッスル、ハッスル
3位 こんにちワン・ツー


「自己責任」なんて確かに流行ったよね~。
でも、全体として言えることは
スポーツ絡みの言葉が多いな。
「新規参入」「たかが選手」「オレ流(竜)」など。
野球がらみがやたらと多い。

で、私も投票してきました。

ズバリ・・・「民度が低い」!!
今年はこれしかないと思うんだけど(笑)。

上位取って石原都知事が表彰されたら、
私としては大いに痛快なんだけどなあ (^^*)
[PR]
by misaki80sw | 2004-10-09 22:51 | 日本(社会・世相)

13度目逮捕「刑務所は岐阜がいい」
 通算懲役52年の男「待遇良いから」


 現金などを盗んだとして、北海道警小樽署は
 窃盗容疑で札幌市の無職男(七三)を逮捕した。
 逮捕は十三度目。
 これまで受けた懲役判決は計約五十二年五カ月に達する。
 昨年十二月、出所していた。
 男は「遊ぶ金が欲しかった。
 (刑の確定後には)待遇の良い岐阜刑務所に入りたい。
 畳の上で死にたいので、盗みはもうこれで最後」
 と供述しているという。
 
 調べでは、男は七日午前四時五十分ごろ、
 小樽市入舟町の無職男性(七六)方の無施錠の窓から侵入し、
 現金七千五百円と時計一個を盗んだ疑い。
 就寝中の男性が物音で起き、一一〇番。
 同署員が路地裏で男を発見し、
 取り押さえるとあきらめた様子で
 「現場に案内します」と協力した。
 
 男は十九歳のとき、初めて窃盗容疑で逮捕されて以来、
 刑務所を出ては戻る生活だった。
 「刑務所の運動会で
 八百メートル競走の選手になったこともある。
 若者にはまだ負けられない」とも話しているという。

   (産経新聞)


刑務所で過ごした人生。
妙な一生だねえ、この人。

呆れたニュースと言えばそのとおりだけど、
刑罰や更正なんて意味も無い人もいるんだなと。
待遇のいい刑務所って
こういう人生も生み出すのか。
温情主義の善し悪しだな~。

 「刑務所の運動会で
 八百メートル競走の選手になったこともある。
 若者にはまだ負けられない」

もういいよ。
老後ぐらい堅気で過ごしてよ。
[PR]
by misaki80sw | 2004-10-09 22:13 | 日本(社会・世相)

本宮ひろ志さん雑誌連載漫画 南京事件で不適切表現
 集英社に抗議殺到、釈明へ


 青年漫画誌「週刊ヤングジャンプ」に
 本宮ひろ志さん(五七)が連載中の「国が燃える」で、
 南京事件をめぐる不適切な表現があったとして、
 発行元の集英社に抗議が殺到。
 同社は本宮さんと協議のうえ八日、
 (1)同社が釈明記事を「週刊ヤングジャンプ」に掲載すること
 (2)単行本化の際、指摘のあった個所を本宮さんが修正すること
 を決定した。
 同社によると本宮さんも二点について了解しているという。
 釈明記事の掲載時期は未定。

 問題になったのは、
 九月二十二日発売号に掲載された作品。
 本宮さんはここで
 「南京では、人類が絶対に忘れてはならない、
 日本軍による愚行があった。
 いわゆる“南京虐殺事件”である」と口上を書き、
 「百人斬り」を連想させる場面を含め、
 旧日本軍の“蛮行”を描いた。

 “南京虐殺”は犠牲者の数やその存在をめぐって、
 いまも論争の続くデリケートな問題。
 また二人の将校による「百人斬り」も、
 戦意高揚のために毎日新聞(当時東京日日新聞)が
 信憑(しんぴょう)性に乏しい話を
 歴史的事実として報道し名誉を傷つけられた-として、
 将校の遺族が同紙などを相手取り
 慰謝料などを求める訴訟を起こし、係争中。

 同社は「本宮さんも編集部も政治的意図は一切ない。
 南京事件は作品の完成度を高めるためには
 避けて通れないものだった。
 デリケートな問題という認識はあったので、
 本宮さんと編集部が慎重に検証しながら漫画化した。
 しかし検証に反省すべき点があった」として、
 本宮さんとともに再度検証作業を行っていた。

   (産経新聞)


「本宮ひろ志事変」の続報です。

この件、先日に記事に書いたとおり、
本宮ひろ志が漫画上で「南京大虐殺」の捏造を行ったもの。

本宮ひろし「国が燃える」・・集英社でも燃やしてろ。

その衝撃。
あんた、ここまでやるかって。
たちまち日本中から大抗議が殺到し、
上記ニュースの釈明記事掲載予告となった。
私や友人たちもメールと電話で集英社に抗議しました。

でも、問題はその釈明記事とやらが
いつ掲載されるか?
そしてどういう内容になるのか?

内容が体のいい誤魔化しならば私は許さないよ。
もう一戦やったろうじゃないか!
まあ、気合い入ってます(笑)

この抗議の輪は一般市民にとどまらず、
とうとう政界にまで波及した。


「南京大虐殺」めぐり抗議 集英社に地方議員グループ

 集英社発行の「週刊ヤングジャンプ」で
 連載されている本宮ひろ志氏作の漫画、
 「国が燃える」で描かれた南京大虐殺について、
 地方議員グループが
 「あたかも真実として漫画化している。
 歴史を歪曲(わいきょく)している」として
 集英社や本宮氏らに抗議したことが8日、分かった。
 
 集英社は同日、議員側に回答書を郵送し、
 「不適切と指摘された個所は検討を重ね、
 適切な処置と読者への経過説明をする」
 とのコメントを出した。
 回答書の内容は明らかにしていない。
 
   (共同通信)


この「地方議員グループ」というのは、
「集英社問題を考える地方議員の会」で、
主に東京都を中心とした、
各地の都議・県議や区議・市議の面々。
総勢41名。

そのメンバーの名前と抗議行動に関しては、
中心メンバーの犬伏秀一大田区議のサイトに
詳しく載っています。

いぬぶし秀一の激辛活動日誌:
 「本宮ひろし先輩、史実を曲げちゃダメ!@ヤングジャンプ」


いぬぶし秀一の激辛活動日誌:
 「大雨の中、集英社に殴りこみ?いえ紳士的に面談」


まあ、メンバーを見ると
土屋たかゆき東京都議や
堺市の「朝鮮学校補助金問題」で
圧力団体に負けずに頑張っている水ノ上市議など、
私の知っている地方議員がちらほら入っている。

問題の「南京大虐殺」が掲載されたのが9月22日だから、
全国各地の地方議員41名が
いかにスピーディに結束したかがよく分かる。
連絡取り合うだけでも大変だったでしょうね。
おそらくメールとか活用したんでしょう。


さて、本宮ひろ志の釈明記事や如何に?
腕を撫して待ち続ける私なのさ (^^)v


本宮ひろしと集英社に抗議を!!
[PR]
by misaki80sw | 2004-10-09 21:14 | 日本(社会・世相)
a0018138_17201786.jpg


クマ大変、襲われる被害急増…重軽傷半年で66人に

 本当にクマった! 
 この秋、ツキノワグマに人が襲われる被害が、
 全国で相次いでいる。
 今年4月から9月末までに66人が重軽傷を負い、
 長野県で1人が死亡したことが7日、分かった。
 関係者は「台風でクマが食べるドングリが減った」
 「猛暑のため感覚が狂った」
 「天然林が回復し、クマの数が増えている」など、
 さまざまな説を唱える。

 環境省によると、ツキノワグマは
 東北、北陸を中心に本州全域に生息。
 四国では多くて数十頭程度、
 九州では絶滅したとみられる。

 昨年度、ツキノワグマによる負傷者は全国で52人、
 死亡者は1人。
 今年の死傷者数は9月末で昨年度を14人上回り、
 今月さらに増えている。
 被害は特に北陸で増加。
 東北では昨年度よりやや多い程度だが、
 数年前から既に被害が増えていたという。

 東大大学院農学生命科学研究科の石田健助教授は、
 背景にクマ全体の数の増加があると指摘。
 「近年は林業が縮小、人工林が天然林に戻ってきており、
 クマなど野生動物の数が増えた」と語る。
 また、山中に住む人や、
 まきを取るために山に入る人が減った分、
 クマの活動範囲が広がったという。

 今年、特に被害が多い理由について、
 民間非営利団体(NPO)日本ツキノワグマ研究所
 (広島県)の米田一彦所長は、猛暑の影響を挙げる。
 「クマは暑さが嫌い。
 酷暑の年は感覚が狂い、
 街に突然出てくることがある」という。

 また、台風が観測史上最多の
 8個上陸したことが原因とする声も。
 富山県猟友会幹部は
 「クヌギが不作だったところに台風が来て、
 実が青いうちに落ちた。
 山中のえさが不足し、
 クマは人里のカキを食べに出てきた」とみる。
 射殺したクマの胃を調べたところ、
 例年の3分の1ほどの食物しか入っていなかったという。

 兵庫県内の民家にクマが入って眠り込んだり、
 広島県内の事務所にクマが侵入し従業員を襲うなど、
 市街地に出没するケースも目立つ。
 この幹部は「本来臆病なクマの常識では、考えられない。
 よほどおかしくなっているのでは」といぶかっている。

   (ZAKZAK)


クマ系ニュースが激増。
確かに、ここんとこ一日に一回は
この手の「クマ記事」にぶつかるのよね。

クマが民家で寝てたとか、
蜂蜜食べてたとか、
自動ドアを開けて入ってきたとか。

私は単純に、
猛暑でエサが無くなって市街地に・・って思ってたけど、
どうやら上記ニュースを見るとそういうものでもないみたい。

 「台風でクマが食べるドングリが減った」
 「猛暑のため感覚が狂った」
 「天然林が回復し、クマの数が増えている」

三大原因が唱えられているけど
どれが本当のとこなのか?
案外、全て正解で原因は複合してるのかもね。

ちなみにヤフーニュースで「クマ」と検索してみると、


◇クマに襲われ男性けが 富山、右手引っかき逃げる
  共同通信 2004年10月7日(木)13時9分

◇クマが養鶏場に=1羽奪って逃げる-福井
  時事通信 2004年10月7日(木)13時1分

◇この秋、クマに異変=原因は台風、猛暑、自然回復?
  時事通信 2004年10月7日(木)6時4分

◇クマ 消防署の車庫に現れた 滋賀・びわ町
  毎日新聞 2004年10月6日(水)10時19分

◇<クマ>自宅敷地内で襲われ女性重傷 福井県で9人目
  毎日新聞 2004年10月5日(火)23時15分

◇クマに襲われ重傷=69歳女性、けが人計6人に-福井・勝山
  時事通信 2004年10月5日(火)22時0分

◇クマに襲われ78歳住職重傷 福井
  産経新聞 2004年10月3日(日)3時2分

◇保育所庭にクマ 1頭は射殺 石川
  産経新聞 2004年10月2日(土)3時7分

◇クマに襲われ男性けが 鳥取、自宅裏で鉢合わせ
  共同通信 2004年9月30日(木)12時59分

◇<クマ>金沢市の高校に侵入、山に逃げる けが人はなし
  毎日新聞 2004年9月29日(水)18時59分

◇クマが老人ホームに侵入 入園者らにけがなし
  共同通信 2004年9月28日(火)14時9分


こんな感じでクマ記事がゾロゾロと引っかかってきた。

なんだかもう、クマクマクマだらけで
あんたらそんなにいたの?って感じ。
特に北陸などの日本海側に多いみたいね。

さて、関連ニュースをもう一つ載せますね。


クマ射殺に法の壁 出没しても「夜は違反」

 上市町で先月二十七日夜、
 同町猟友会員の男性がクマを射殺したのは、
 日没以降の駆除を禁止した鳥獣保護法に
 違反した疑いがあるとして、
 上市署が六日までに
 男性から事情を聞いていたことがわかった。
 県猟友会では同日に開いた会合で
 法律の順守を再確認したものの、
 住民の安全を守るために発砲したことがあだとなった格好に
 会員の中には同情論とともに不満もせり出している。

 関係者によると、クマは二十七日午後六時ごろ、
 上市町湯上野のリンゴ畑に出没した。
 いったん、近くの山に逃げたが、
 同八時ごろ、再びリンゴ畑に現れたところを
 パトロール中の同町猟友会員男性が射殺した。
 猟友会員は当時、一人だったが、
 近くに住宅があったため、射殺に踏み切った。

 鳥獣保護法では、クマを射殺できるのは
 日の出から日没までと定められている。
 このため、県では夜間にクマに遭遇した場合には発砲せず、
 おりに捕獲したり、
 別の方法でクマを追い払うように指導している。
 県自然保護課では法律の徹底と
 再発防止について県猟友会にあらためて要請した。

 県内では九月中旬以降、クマの出没が相次ぎ、
 各地区の猟友会が連日、パトロールに出動している。
 男性が上市署に事情を聞かれた後、
 県猟友会内では、「住民の安全を考えれば、
 発砲は仕方がなかったのではないか」
 「ボランティアで駆除に出ているのに、なぜ」
 などの声が漏れたという。

 県猟友会の前田誠副会長は、
 今年は山中でクマに遭遇するだけでなく、
 ガラスを割って住宅や老人ホームに
 侵入するケースがあったことを指摘したうえで
 「人命を守りたい一心での発砲だったと思う。
 会員内に動揺があるのは事実だが、
 今後の活動に影響がでないようにしていきたい」と話している。

   (富山新聞)


なんだろうな~。
こういう場合「正当防衛」とか適用できないのかなあ?
まあ、相手が襲ってこない場合は無理なんでしょうね。
北陸の山岳地周辺の人は大変だよ。
日没後の自衛が否定されたわけだからね。

 「日没以降の駆除を禁止した鳥獣保護法」

この法律もそうだけど、
結局、今年のクマ騒ぎは
クマと人間が離れて生活しているという前提が
崩れたことが原因なわけで、
たとえば江戸時代みたいな生活環境だったら、
「クマ出没!」たってそんなにニュースにならないだろうし、
こういう「日没以降の駆除禁止」なんていう法律も
成立のしようがないでしょうね。
[PR]
by misaki80sw | 2004-10-09 17:24 | 日本(社会・世相)