misakiのオールジャンル時事評論!


by misaki80sw

<   2005年 03月 ( 51 )   > この月の画像一覧


さて、今回は実際の教育現場における、
ジェンダーフリー思想の浸透を書きます。

まず、前置きとして書いておきますと
ジェンダーフリーが学校現場に浸透する場合、
だいたい、以下のパターンをとります。

◇男女混合名簿の実施
    ↓
◇男女の呼称を「さん」で統一
    ↓
◇男女別学の廃止
    ↓
◇男女混合体育
    ↓
◇混合の着替え
    ↓
◇修学旅行などの男女同室の宿泊
    ↓
◇男女別の色の否定(学生服・体操服)
    ↓
◇過激な性教育の推進(具体的な絵や人形を使って)

「男女混合名簿」というのは、
生徒の名簿が男女別に分かれていて
必ず男が先にくるのは「男女差別だ!」という発想で、
男女を混合させ、50音順の名簿を作ること。

区別と差別の違いも分からない哀れな発想だけど、
ジェンダーフリー論者が教育への浸透を狙う場合、
必ずここから入る、いわば彼らの初歩的戦術。

この「男女混合名簿」を基点として
だいたい以上のような流れで汚染が進行していく。
「学校ジェンフリ度早見表」みたいなもんですな。

さて、これを前提として
いくつかの教育現場の実例を書いていきます。


<国立市の小学校>

国立市は、卒業式での国旗掲揚をめぐって
小学生が校長に土下座を迫るなど、
いまや全国の左翼の理想郷と化した市だが、
ジェンダーフリー教育や過激な性教育でも
一大拠点となっている。

こうした理想郷を育むために
ジェンダーフリー論者の教師達が
最初に手をつけたのが「男女混合名簿闘争」なるのもの。

この経緯は、
「どうして、いつも男が先なの?―男女混合名簿の試み」
(新評論刊:平成九年)という本に詳しい。
編者は「男女平等教育をすすめる会」で、
国立市で男女混合名簿運動に血道を上げてきた、
左翼組合教師の集団である。

ちなみに、この本の出版には
東京女性財団の助成金が使われた。
この東京女性財団は東京都の外郭団体。
助成と称して、左翼系・ジェンダーフリー系の事業・刊行物に
毎年億単位の資金を供給してきた。
これに怒った石原都知事が
平成12年に東京女性財団を廃止した。

さて、ジェンフリ教師らの「男女混合名簿闘争」。
まず、国立市の小学校一年担当のある女教師が
男子生徒が先だったクラスの名簿を、女子を先にした。
ここが全ての始まり。
次に、女教師は男女混合名簿に切り替える。
さらに朝礼で、それまでの男一列・女一列から、
男女混合で各クラス二列に並ばせるようにした。

教師らは周囲の抵抗を押し切って、
学校の中に男女混合を順次取り入れてゆく。
男女混合はやがて運動会に及ぶ。
はじめは組体操・騎馬戦程度だつたが、
結局徒競走もリレーも男女混合になり、
最終的に運動会から
男女別種目を抹殺することに成功する。

さらに、入学式や卒業式にも男女混合を持ち込む。
式の入退場、座席順、卒業証書の受取り順、
すべて男女混合。

ある女性教師の言葉。

  「学級で、児童会で、クラブで、
  学校行事で、男女の区別をなくした。
  教師のちょとしたアドバイスで、
  子どもたちは『らしさ』や
  役割分業のしがらみを飛び越えた。」

男子に「頑張れ」と激励すると、
男らしく頑張ってしまうので、
男子には「頑張れ」と言うのは禁句になった。

  「歌なんかは『僕』って言葉がすごく多いの。
  頭にくるほど『僕』が多いの。
  『僕』のない歌を探すくらい。
  『私』ではなくて『君と僕』とかね。
  それをパッと見たりするとムラムラして。」

やがて彼女らは、混合名簿を実施したクラスの生徒に
アンケートを取った。

 Q,男女混合名簿は
   男女平等の考え方につながると思いますか?

 A,回答
            女   男
  ・思う       16  12
  ・思わない     0   2
  ・わからない    1   0

嗚呼、これぞ洗脳効果。
2名の勇気ある男子生徒を誉めてあげたい。

「男女混合名簿闘争」に勝利した彼女らは、
続々と国立市内の小学校を
ジェンダーフリーに染め上げていく。
この様子は「学校をジェンダーフリーに」(明石書店)
という本に詳しく載っている。

1,消えた「どろんこまつり」

小学校6年生の教科書(光村図書)に
「どろんこまつり」(今江詳智作)という作品が載っていた。
気弱で「女っぽい」男の子と、
お転婆で「男っぽい」女の子が、
最後にどちらも本来の男の子・女の子に立ち戻るという物語。
これがジェンフリ教師達の逆鱗に触れた。

  「『らしさ』に『立ちもどる』ことにより、
  女も男も幸せになれるといった内容の、
  性差別をあまりにも強く全面に出している作品で、
  このまま見過すことはできないと思われた」

彼女らは早速、光村図書出版の担当者を呼んで
「話し合い」と称する糾弾集会を開催。
教科書の採択権は事実上、教員組合が握っているため、
これをカサにきたつるし上げを行った。

結局、光村図書は教師らの脅しに屈して
次のような回答書を提出する。

◇女性の書き手を増やし、
  三分の一以上は女性の作品にしたい。
◇子どもの作文も、男女同数にしてゆく。
◇女の子が活躍する文学作品を取り上げてゆく。
◇イラストも女性の描いたものを載せるよう考慮したい。

そしてこの作品は次の教科書から掲載されなくなった。


2,学芸会でフェミニズム童話を上演

小学校の学芸会での演劇。

  「女の子が主人公の作品が極端に少なく、
  あっても女の登場人物は役割分業そのもの、
  美しいお姫様や優しいお母さんといった具合。」

そこで、有名なフェミニズム童話、
「アリーテ姫の冒険」を上演することになった。

  「アリーテ姫はかしこくて勇気のある女の子、
  しかも乗馬うまく、いわゆる男らしい特技だけではなく、
  縫い物をし、絵を書きダンスをするのが好きという、
  女の子らしい特技も備えている」

原作『アリーテ姫の冒険』について

問題なのは事前の指導である。
授業で「女はかしこくない方がいいか」という、
ショッキングなテーマを取り上げて
3つの事を生徒に考えさせた。

  「女はかしこくなんかない方がいい」
  という王様の言葉から
  女のあるべき姿と社会的偏見について考える。

  難題を解決する冒険の過程の中で、
  力、武器を使わなかったことから
  何が本当の力かを考える。

  お姫様が登場するほかの童話との違いに気づき、
  どちらのお姫様が生き生きとして
  魅力的かを感じ取らせる。

女性に対する偏見と差別。
力や武器に頼らない平和的な行動。
行動する女性は素晴らしい。
この3パターンを
劇を素材として生徒にたたき込んだ。


3,男女混合の運動会

男女の性差を無視して、
運動会の競技すら混合で行った、

  「学校行事の運動会は、
  整列・行進をはじめとして徒競走や組体操までも
  意味もなく女と男を分けるようになる」
  
  「ブルマーの女の子と
  ショートパンツの男の子が入り交じってるよりは、
  整然と分かれてる方が見た目には確かにきれいである。
  そろってるからだ。
  このそろってることがきれいという美意識は、
  実は上からマスを見下ろす教師と
  観客である大人たちのものであり、
  主役である子供達のものではない」

などという意味不明の理屈を並べ立てて、
選手リレー・ダンス・騎馬戦、
さらには応援団に至るまで、
全てを男女混合で行うようになった。


4,「男女平等教育指導手引」の作成。

国立市は現場の教員などをメンバーとする、
「男女平等教育推進委員会」を発足させ、
「男女平等教育指導手引」を作成した。

この「男女平等教育指導手引」。
内容はジェンダーフリーに満ちている。
この中に「ジェンダーチェック」ってのが載っている。
まあ、ご覧くださいな。

国立市男女平等教育指導手引P.59~:
 ジェンダーチェック


さらに、こちらもどうぞ↓

「国立市教委男女平等教育指導手引」に見る家族像


国立の小学校は
かくして急速にジェンダーフリーに汚染されていく。

この男女混合名簿闘争から十数年後。
男女混合名簿の実施率は小学校でほぼ100%に達し、
国旗国歌の実施率は0%になった。

そして、各校で学級崩壊が起きた。

  国立市の小学校の朝礼を見ると、
  児童がまっすぐ並んでいないで
  蛇行しているクラスが多い。
  これは『前に習え』が軍隊的だからと、
  組合教師が号令を拒否しているためだという。
  あるいは、授業の始めの
  『起立』『礼』も軍隊的だからとしない。
  だからいつの間にか授業が始まり、けじめもない。

  先生が教室に入ってきても騒然としており、
  授業が始まっても平気で、
  後ろを向いて友達と私語を交わしている子どもが多い。
  それに先生が注意をしようともしない光景を見て驚いたが、
  先生は全く無関心で授業を行っている。

  「正論」平成13年3月号「国立通信第5弾」


ジェンフリ教師達は男女の区別を無くし、
生徒指導や規律を廃止してしまった。
教室は授業を聞く場でなくなった。

生徒の父兄達は事の異常さに驚き、
東京都教育委員会が指導に乗り出したが、
いまだ正常化の見通しはたっていない。

ちなみに、国立市の公立学校教師の多くは、
自分の子供を私立に通わせている。
馬鹿な話しだ。
農家が、農薬漬けの農産物を市場に出して
自宅で食べるものには農薬を使わないことに似ている。


さて、次は福島県の橘高校の例をあげます。

<橘高校のジェンダーフリー教育>

橘高校は、かつては女子校で
福島県女子高等学校というエリート校だった。

ここが男女共学になり、校名を変更すると共に、
ジェンダーフリーを教育に取り入れた。

この学校の方針は以下。

◎名簿は男女混合名簿にする。

 ◇ジェンダー・バイアスの象徴である、
  「男子優先名簿」は採用しない。
 ◇「呼名」をする場合(入学式、卒業式、表彰式等)、
  男子を先、女子を後にするようなことはしない。
 
◎座席は、男女を別々にまとめない。
 
 ◇教室内で座席を決める場合には、
  名簿順とか無作為に決めた座席とし、
  意識的・意図的に男女を分けない。
 ◇自主的に集合する場合にも、
  同性同士で「かたまり」を作らせないように配慮する。
 
◎整列させる場合、男女別にしない。

 ◇「男子を優先」し又は
  「男子・女子と分ける」するような整列のさせ方をしない。
 ◇視野を確保する必要がある場合には、
  身長の順にすれば良い。
 
◎男女別の部編成には合理的根拠を示す。

 ◇男女別の部を設置する場合には、
  その合理的根拠を明示する。
 ◇部内の役割を決める場合
  (マネージャーの設置、オーケストラ楽器の分担等)、
  合宿を行う場合「性役割分業」(炊事は女子の役割等)を
  固定してはならない。
 
◎「制服」を男女同型とする。

 ◇男女同型のブレザーを「標準服」とする。
 ◇男女同型にし、女性に「スカートをはくべし」とする、
  暗黙のうちに強制・受容されてきた「男女特性論」を
  排除するというメッセージを含む。
  
◎下足箱、ロッカーの配置も男女別にしない。

 ◇これらを男女別にする合理的根拠は見あたらない。
 ◇更衣室は厳格に区分けする必要がある。
  
◎性別による「色分け」は行わない。

 ◇運動着(水着を含む)、
  ユニフォーム等を購入させる場合、
  男子は「寒色系」、女子は「暖色系」と
  区分けする合理的根拠はない。
 ◇既に保健体育科では、
  ユニフォームは男女同色としている。

◎男女別クラスを作らない。

 原則として男女別クラスを作らない。

◎進路指導では「トラッキング(tracking)」に留意すること。

 ◇授業者、指導者が「性役割分業(分担)論」
  「男女特性論」に基づいた指導をしないように配慮する。
 ◇根拠のない「特性論」により
  (「女の幸せは・・・だ」とか、
   専業主婦を無批判的、無条件に支持する等)、
  生徒の個別的能力の伸張を阻害してはならない。

◎性別カリキュラムは原則として採用しない。

 家庭科は、男女共修を原則とするので、
 男女別履修をさせる根拠は見あたらない。

◎校務分掌の任命に当たっては、構成比に配慮する。

 ◇男女別教員定数をどうするかを考慮する。
 ◇校務分掌上、男性教員を「優先」するような
  配置をしてはならない。

◎セクシュアル・ハラスメント及び性的暴力は
 絶対許してはならない。

◎授業展開過程でジェンダー平等を意識すること
   ・
 ◇指名が片方の性に偏らないこと。
 ◇生徒の発言内容、発想に
  ジェンダーの視点が欠ける場合には、
  教科を超えて指導の対象とする。
 ◇女子を「さん」付け、男子を「君」付けと
  呼び分けすることをしない。
 ◇教師自らが、無意識のうちに使用している差別語、
  例えば、「父兄」「主人・家内」といった呼称に
  細心の注意を払う。
 
◎学校、学級行事等で「性役割分業」を黙示的に継承しない
 
 ◇生徒会役員、学級役員、応援団(幹部)を決める場合、
  男子優先を固定しないこと。
  応援団に男子生徒が入って来ることで、
  女子は即チア・リーダーという短絡的発想を排除する。
  応援団の女子生徒の羽織袴姿は
  本校では不思議な光景ではない。

◎生徒指導の面で差別を助長しないこと。
 
 ◇励まし方(「男らしくしろ」等)にも
  善意からであっても無意識に
  ジェンダー・バイアスが入ることがあるので
  細心の注意を払う。
 ◇叱責する場合(「女らしくない」等)にも、
  ジェンダー・バイアスが出やすいので注意を要する。

◎性教育は、計画に従って行う。

 性教育は、特定の分掌・教科にのみ任せるのではなく、
 全教職員が、あらゆる機会を利用して
 全校的に意識的・意図的かつ組織的に行う。


福島県立橘高等学校HP

新生男女共学「橘高等学校」で、
 「男女共同参画社会形成に資する教育」をどう展開するか


「標準服」設定にあたって


以上です。

徹底しています。
凄まじい限りです。
こういう学校で学んだらどうなるんでしょうかね?

それ以前に、この学校は県立校なわけで
県民の税金で運営されています。
こういうことをやっていいのでしょうか?

この件に関する産経新聞の記事↓

福島県教委「ジェンダーフリー」掲げる県立高
 表現見直しを指導


まあ、この記事にも書いてるけど、
橘高校は福島県教委に
「ジェンダーフリーという言葉は使うな」と指導され、
「ジェンダー平等」という言葉に置き換えたとのこと。
アホらし。
全く意味なし。

ある意味、ジェンダーフリーを徹底したら
どういう学校になるかという見本のような学校です。


さて、お次は神奈川県のジェンフリ教師の
トンデモ論文を紹介します。

前述した「学校をジェンダーフリーに」(明石書店)
という本に載っていて
あまりにも馬鹿馬鹿しいので紹介しておきます。

<女子マネージャー撤廃論>

 高校生にとってモテるというのは重要なことである。
 ある者はスレンダーな体になるために
 摂食障害におちいる。
 またある者は、お金の力に頼りたくてバイトに明け暮れ、
 使い捨て低賃金労働者として搾取される。 
 モテたいがために本来あるべき自分の姿を
 不本意な形でねじまげてしまうことはよくあることだ。
 この文脈上に女子マネージャーがいる。
 
 家庭や学校で繰り返し繰り返し
 男と女は違うというメッセージを送られつづけ、
 その与えられた価値観により
 モテることを選ぼうとするときに
 ゛好きで゛マネージャーを選ぶ生徒が生み出される。
 
 つまり、女子マネージャーは強制ではないが、
 性差別社会において刷りこまれた意識によって
 ゛選び取らされた結果゛として存在する。
 いったいどこに自らすすんで
 自分を中心部ではなく
 周辺部に置きたがる人がいるだろうか。
 本来ならば、選手として関わりたいと思うはずなのに、
 女子マネージャーが後を絶たないのは、
 男達の裏方に回ることがむしろ高く評価されることを
 彼女たちが知っているからである。
 
 自分がメインステージに立たず
 他者に夢を託すという彼女たちの姿は、
 夫や子供に夢をたくす゛妻゛や゛母゛の姿に見事に重なる。
 こうして、女たちは自らの糧を自らで得るという、
 当たり前のことができなくなり、家庭に囲い込まれ、
 自分自身を生きることを辞めてしまうのである。
 

だそうです。

こういう人間が教師をやり、
生徒を指導してるわけです。

この論文は神奈川県の教員組合の大会で発表され、
いろいろと反響を呼んだとのこと。
さらに朝日新聞でも取り上げられたとのこと。

 いったいどこに自らすすんで
 自分を中心部ではなく
 周辺部に置きたがる人がいるだろうか。

 自分がメインステージに立たず
 他者に夢を託すという彼女たちの姿は、
 夫や子供に夢をたくす、
 ゛妻゛や゛母゛の姿に見事に重なる。

この人は「献身の美徳」の価値が
さっぱり分からない人なんでしょう。
はなっから女子マネージャー志望者は
「モテること」が目的と決めつけている。
哀れな人だね。


さてさて、3つの事例をあげました
他にもいろいろ載せたいことはありましたが
誌面の都合で端折らせてもらいました。

今や日本全国で、程度の差はあれ、
この種の教育が行われている。
前回の「教育の惨状(前編)」で書いたとおり、
偏向教科書を元にして、これまた偏向教師達が
日夜、この思想の刷り込みに狂奔している。

こういう教育現場におけるジェンダーフリーの浸透は、
常識人やまっとうな発想を持った人間からすると
あまりにも奇異な内容に映る。
何故、かくも常識からかけ離れた教育が
あちこちで展開されるのか?

理由は2つです。

1,教職員組合(特に日教組)が
  ジェンダーフリー推進を運動方針としていること。

2,文部科学省がこの動きを後押ししていること。

組合と監督官庁が
ジェンダーフリーに偏向している。
それじゃあ、ああいう教育になるのが当たり前。

日教組は積極的に
ジェンダーフリー教育を推進している。
90年代の社会主義圏の崩壊により、
理念を見失ってしまった彼らだが、
今やジェンダーフリーという新たな思想を手に入れて、
嬉々として全国の教育現場で生徒を洗脳している。

日教組教研集会「ジェンダーフリー」報告

日教組:ジェンダーフリーパンフレット

さらに文部科学省。
男女共同参画基本法の成立後、
自らの進めてきた「ゆとり教育」の失敗を糊塗するためか、
彼らもジェンダーフリーには熱心である。
もっとも彼らはジェンダーフリーとは言わない。
単に「ジェンダー」と言うか、
「男女共同参画」という言葉を使っている。

彼らの偏向事例を2つあげておく。

文部科学省が推進する、
「ゼロ歳児からのジェンダー教育推進事業」。
赤ん坊のうちからジェンダーフリーの
精神を身につけさせようという試みで、
全国の幼稚園や民間団体になどに委嘱して
幼稚園児にジェンダーフリー教育を行っている。

昨年、香川県の幼稚園では同事業の一環として
ジェンダーフリー人形劇を上演した。

以下、四国新聞の記事。

☆子ども本来の力を、偏見で押しつぶさないで―。

 「子どもと女性のエンパワーメント香川」
 (宮内大子代表)が二十八日、
 高松市屋島中町ののぞみ幼稚園(樫村エミ園長)で、
 ジェンダーフリーに関する人形劇を上演。
 四歳児十五人に「男だから、女だからというイメージで
 役割を決めつけないで」と訴えた。

 ジェンダーフリーとは
 男はたくましく、女は優しくといった、
 文化的、社会的に作られた性差にとらわれない考え方。
 同団体は偏見や差別が、人間が持って生まれた力を
 十分発揮できなくするという考え方に基づき、
 文部科学省から委嘱を受けて
 「〇歳からのジェンダー教育推進事業」を行っている。

もう一例。

文部科学省が設立した、
埼玉県の「独立行政法人国立女性教育会館」。
独立行政法人となっているが、
実際は税金で運営されている。

通称「ヌエック」と呼ばれていて
全国のジェンダーフリーの総本山みたいな建物。
ここでジェンダーフリー関連の
講演やセミナー、果ては教師の研修などが行われている。

毎年8月になると、
この女性教育会館最大のイベントが開催される。
「女性学・ジェンダー研究フォーラム」。
これに日本全国からフェミニスト団体、
ジェンダーフリー活動家らが集まってきて、
ジェンダーフリー教育、性教育、
ドメスティック・バイオレンス、従軍慰安婦など
いかにもそれ系のテーマで討論や発表を行われている。

この建物を管轄しているのが
文部科学省生涯学習局男女共同参画学習課。

そうです。
お国が税金を使って
ジェンダーフリーを後押ししているわけです。


文部科学省+日教組。
この2つがタッグを組めば
教育現場にジェンダーフリーが浸透するのは
ある意味、当たり前な話し。

この流れに抵抗しているのは
真っ当な感覚をもった硬骨な教師と地方議会の議員、
それに事態の深刻さに気づいた一部の父兄たちのみ。

教育現場の惨状は
かくも根深く日本を覆っている。


さて、次回は、
教育現場での過激な性教育の実態を書きます。
まあ、もの凄い内容です。
皆様、覚悟しておいてください。



反フェミニズムサイト

のまりんの部屋

長尾誠夫のHOTPAGE

新・国民の油断
 「ジェンダーフリー」「過激な性教育」が日本を亡ぼす
 西尾 幹二 (著), 八木 秀次 (著)



娘通信♪関連過去記事

ジェンダーフリー考 その6・・教育の惨状(前編)
ジェンダーフリー考 その5・・ブレンダと呼ばれた少年
ジェンダーフリー考 その4・・保守の油断(後編)
ジェンダーフリー考 その3・・保守の油断(前編)
ジェンダーフリー考 その2・・尻尾の無い狐
ジェンダーフリー考 その1・・堂本県政の狂思想

左翼最後の悪あがき:「無防備地域宣言」運動。
ドイツと欧州、左翼思想と国家の衰弱。
外国人地方参政権問題その4・・オランダの荒廃。
[PR]
by misaki80sw | 2005-03-25 02:30 | 反ジェンフリ・反フェミニズム

ソフトバンク、フジテレビの事実上の筆頭株主に

 ソフトバンク系の投資会社、
 ソフトバンク・インベストメント(SBI)、
 フジテレビジョン、ニッポン放送の3社は24日、
 ニッポン放送が保有するフジテレビ株約35万株
 (発行済み株式の13・88%)について、
 株券消費貸借により
 SBIに貸し出すことで合意したと発表した。

 2010年4月1日までの消費貸借期間中は、
 フジテレビ株の議決権はSBIに移転し、
 SBIがフジテレビの筆頭株主となる。

   (読売新聞)


で、でました!!
なんじゃそりゃ~

ぶっ飛びの展開だなあ。
果たしてこれがフジにとって吉とでるか凶とでるか?

ソフトバンク:プレスリリース

ビジネス的にみるならば
ライブドアみたいな2流ポータルと組むよりは
よっぽど妥当な選択でしょう。
要するに、フジの持つ「お宝コンテンツ」を、
ソフトバンクの通信事業で流すと。
で、儲けましょうと。
従来のコマーシャル収益を基盤とした放送の形態は
もはや古いよと。
そういう意味でしょ。
まあ、これはホリエモンが言ってるのと
同じことだけどね。

笠原一輝のユビキタス情報局:
 ライブドアショックは放送と
 ITの融合を進める起爆剤となるか?


で、問題はですね、
政治的側面、又は思想的な側面。
無茶苦茶大雑把に言うならば
ソフトバンクって親中、親半島でしょ。

孫正義さんて、
半島に行けば「自分は韓国人です」
中国に行けば「自分は中国人です」
アメリカに行けば「自分は中国系で妻は日本人です」
って言ってるのは有名な話しだし、
確か傘下の日本テレコムには
香港系の資本が入ってるんじゃなかったかなあ。

それと、朝鮮総連との関係とか。

朝鮮総連とYahoo!BB

Yahoo!ジオシティーズの行っている
 言論隠蔽工作に断固抗議します!


私的にはフジテレビ云々よりも
要は産経と扶桑社が防衛できればいいわけですが、
ここらへんの影響が心配です。

まあ、この件は
ガンガン情報なり資料なりを集めて私なりに吟味して
おいおいカッチリした記事を書くつもりですが、
ただ、フジテレビにとって

  泥棒を追い払おうとして
  山賊を引き入れた

って結果にならなきゃいいけどね。


<おまけ1>

今日発売の今週号の新潮に
こんな記事が載るそうです。

週刊新潮3月31日号:
 「ホリエモン退治!」に乗り出すソフトバンク「孫正義」


後で本屋に買いに行ってこよう。


<おまけ2>

この2つの「新語辞書」、
無茶苦茶皮肉なんですが (^^;)

Yahoo!辞書「ホワイトナイト」

livedoor 辞書:「ホワイトナイト」


<おまけ3>

ここの記事の予測が見事にあたりましたね。

放送と通信の融合:
 シリーズ「砕氷船ライブドア」(2)

[PR]
by misaki80sw | 2005-03-24 20:13 | マスコミ・ネット・媒体関連

<昨日と今日の更新>

韓国、親日言論処罰法案・・隣国を見限る時。

電突隊ウオッチvol,006(^^)v・・人権擁護法(1)

電突隊ウオッチvol,006(^^)v・・人権擁護法(2)

ジェンダーフリー考 その6・・教育の惨状(前編)


今日はジェンフリ考の6を上梓。
教育分野でのジェンフリの浸透を書きましたが、
思わぬ長文となったので3分割しました。
今日は前編です。

問題は後編で予定している「過激性教育の実態」で、
これ、画像を載せたいけど
載せたらエキサイトから削除されそうな予感(笑)。
エロブログと間違われてもまずいし。
過激なやつはできるだけリンクで
対処することといたします。

今日、家電店をうろうろしてて、
新型の携帯とか見てたんですが、
う~ん、そろそろ買い換えようかな~。

新生ウィルコムの「京ぽん」もいいのですが、

a0018138_3475968.jpg


あれはカメラが11万画素ぽっちでしょ?
そこが難点なんだよなあ。

あと、auの「W31SA」とかね。

a0018138_3482330.jpg


でも、多機能は素晴らしいけど、
電池がどれだけ保つんだろうか?
それが疑問点ですな。


さて、本日の補欠ニュースです。

<国際>

完全放棄はないと判断 米高官、北朝鮮の核開発で

 米国防情報局長の議会証言。

  「金正日総書記は交渉で
  部分的に核兵器の備蓄や計画を放棄するかもしれないが、
  核兵器能力すべてを放棄することは
  ないだろうと判断している」

 でしょうね。

 彼らの最後の命の綱だもん。
 絶対に放すかって。


2月中、南北交易は64%増加

  韓国貿易協会が21日発表した、
  「2月中の南北交易動向」によれば先月、
  南北韓交易は昨年同月と対照して
  64%増加した4,618万ドルを記録した。

 あ~あ、米国が怒るぞ。


安保理拡大なら日本確実 国連改革
 アナン事務総長が言及

「敵国条項」削除を明記…国連アナン報告書
安保理拡大、全会一致にこだわらず…国連事務総長

 日本は常任理事国へ粛々と進めばいいよ。
 焦る必要は無し。

 何事も器量相応。
 ふさわしい地位なんて向こうからやってくるさ。


韓国大統領「竹島」で米の支持要請、ライス長官無反応

 (ーー;)←ライス長官。 


韓国政府に対日常設機構
 歴史、竹島問題の政策推進へ


 せいぜい頑張ってくらはい。


中国政府、大学の電子掲示板にアクセス制限

 中国のネットコントロールに関しては
 いずれ記事にします。
 
 現在「中国の嘘」という関連書籍を熟読中。


【中国】モスクワ「中国靴没収事件」の影にマフィア?

 何だか分からないけど
 タイトルが面白い(笑)。


対中武器禁輸解除、EUが当面見送りへ…米紙報道

 本当だったら嬉しいんだけど。


無人攻撃機の開発、米英共同で開始へ

 こういうのは日本も一口乗りたいとこだね。


<国内:政経>

石垣市議会が「尖閣の日」提案の動き

 外務省が介入する予感。


<人権擁護法案>

人権擁護法案:揺らぐ与党シナリオ
 自民調整に影

人権擁護法案 与党懇に差し戻し
 自民推進派 公明と連動、巻き返しへ


 一応は小康状態なんでしょうが
 嵐の前の静けさかな。

 ところで、第三者的に
 この騒動を見つめてきた人にとっては
 ネット世論の力の大きさに驚嘆したでしょう。

 な~んて言ってる私自身が、
 正直、多忙やらなんやらで
 最初のうちはこの法案に無関心だったから、
 逆に客観的に、この騒動を見つめることができた。

 最初に2ちゃんあたりに
 警鐘を鳴らす文章が載ってから
 わずか1週間~10日間ぐらいで
 数百のブログに動きが波及したと思う。
 
 あれは壮観だったし、驚きだったね。


<国内:社会>

公費ゼロ、宮城県に学べ 大阪市の職員厚遇
 知事「今の時代、当たり前」


 このニュースを見てると
 いかに大阪の職員が甘ったれか分かると思う。


夕食はご飯、芋と魚1切れ
 農水省が輸入停止時の献立


 農水産物の全輸入停止なら
 確かに「夕食はご飯、芋と魚1切れ」でしょう。

 でも、農水産物に加えて、
 全エネルギーの途絶が起きたら、
 たぶん、日本列島は2千万~3千万ぐらいしか、
 食わせられないと思うよ。

 これ、江戸時代の教訓。


城南信金ATM「指の静脈」認証を来年導入

 「静脈認証」は前に記事にしたことがあります↓

 *スルガ銀行、静脈認証による「バイオセキュリティ預金」。

 前はこういうのも書いてたんだなあ。
 今思えば、マルチなブログでした (^-^;


旧日本海軍:伊401潜水艦を発見
 ハワイ大海洋研究所


 晴嵐は積んでるのかな?


<IT関連>

Google、Google NewsからAFP記事を削除へ

 「Google News」って勝手収集だからね。
 そりゃ、AFPも怒るさ。

 まあ、うちのブログも
 人のことは言えないけど (^◇^)


新興文化として確立した「ケータイ小説」

 電車の中とかで思わず読んじゃうよね。


坂村健氏率いる国家プロジェクト
 ユビキタス社会に向けた本格実証実験開始へ


 坂村教授も大忙し。
 ユビキタスの伝道師だもんね。


ヤフー、Firefoxへの完全対応を表明

 世界中のFirefoxファンが喝采をあげたでしょう。

 ネスケの無念を晴らす日は近いぞ。


<仰天・脱力系>

翻訳サイトで遊ぼう

 こういうネタ、うちで掲載したかった・・。


不運な依頼人、自分が雇った殺し屋に
 思いがけず股間を撃たれる


 ヒットマンも仰天ですか(笑)。


<他のブログ紹介>

中岡望の目からウロコのアメリカ:
 ライス国務長官の上智大学での講演と、
 『世界週報』に寄稿した拙稿
 「ライス長官の下でアメリカ外交政策はどう変わるか」の全文転載


 ライス長官の上智大学講演録。

 ライスたんって
 応答がキビキビしてるね。
 リズムが単切で心地いいわ。

 そんなことより、このブログ。
 無茶苦茶レベルの高いブログだけど、
 いつもタイトルが長いのはどうにかならんか(笑)


散歩道:竹島はどちらの領土か

 竹島領有権の歴史的経緯と根拠が
 読みやすくまとめれてます。


♪すいか泥棒 日曜版:言論弾圧法案:
 韓国国内からの批判


 当ブログでも記事にしたこのニュース↓

 *「日本の植民地支配」擁護行為への処罰法案を推進

 この法案に対する韓国内の反対論を
 すいか泥棒さんが取り上げています。

 ブログ内から引用。

  「日本語記事を用意しているのは所謂保守三大新聞、
  (朝鮮日報・東亜日報・中央日報)だけなので、
  一般の日本人が韓国事情について知ろうとする場合、
  どうしても保守系メディアの意見に
  引っ張られがちな傾向はあります。

  民主化運動当時に
  学生運動に携わっていた世代以降の若い韓国人の場合、
  保守三大紙よりはハンギョレや京郷新聞といった、
  「市民運動寄り」の新聞を好んで読む傾向が強く、
  また昨今では紙媒体以外にネット上のニュースポータルが
  一般読者の意見を募っていたり、
  あるいは記事そのものを
  アマチュアの「市民記者」に書かせていたり・・」

 なるほどね。
 三大紙だけでは韓国ウオッチに
 バイアスがかかるというわけか。

 これは心しなければいかんなあ。


新・柏原日記:カミングアウト?

 日本版ポリティカルコンパスの紹介。

 ちなみに私は「保守右派」でした。
 やっぱりと言うべきか・・。


国際ニュース::Ishikawa-News.com:
 キルギスで反アカエフ運動が激化


 キルギスの議会選騒動の記事。
 この地は米中露が熱い視線を注いでるでしょうね


media@francophonie:イスラム聖職者と経済活動

 イスラム聖職者たちと経済のつながり。
 とても興味深いです。


<おまけ:今日のAA>

【韓国】日本の市民団体と国際世論喚起で
 「つくる会歴史教科書」採択率0%目指す


常任理事国枠が増加したのに、
 韓国はどうしてだめなのか★2


日韓条約「交渉し直すのは無理」 羅鍾一駐日大使

盧大統領、竹島・教科書で米の支持要請も、
 ライス長官「無反応」 その1


盧大統領、竹島・教科書で米の支持要請も、
 ライス長官「無反応」 その2

[PR]
by misaki80sw | 2005-03-23 03:57 | 補欠ニュース

今回は、ジェンダーフリー思想の
教育分野への浸透を書いていきます。

これに関しては
かなりな文量になりましたので
「前編」「中編」「後編」の3回に分けて連載します。

◇教科書の惨状

◇男女の性差を否定する教育現場

◇過激な性教育+教育総論

今回の前編は、「教科書の惨状」について。


生まれ持った男女の性差を否定し、
そんなものは教育や文化・伝統によって
押しつけられたものに過ぎないとジェンダーフリー論者は言う。
そして、その性差を解消することが必要であると
彼らは主張する。

教育の場において、
この狂った思想がどのくらい浸透しているのか?
それは教科書を見れば一目瞭然。
ひどいものです。
半ば制圧されたと言っていい。

特に、家庭科の教科書がひどい。
世の中の父兄達は、家庭科というと
家庭を築くための理念や技能を教える科目だと
思っているのだろうが、現実は全く違う。

今、家庭科教科書の約半数に
「ジェンダーフリー」という名称が記載されている。
教育図書、実教出版、開隆堂、
第一学習社、教育図書、大修館

さらに男女の性差を本来無いものとし、
伝統的な家族や夫婦のあり方を否定する記述が
堂々と記載されている。

以下、実例をあげます。


◇『家庭基盤』 実教出版

 近年は、結婚しても家庭をもつことが
 あたりまえという考え方から、
 さまざまな生き方の選択を認め
 多様な家族のあり方が受け入れらるようになった。

 別姓を選択する夫婦、
 「家」制度を継承する先祖代々の墓に入るのをさけて
 夫婦の墓や共同墓地をつくる人たちも増えている。

 家族に対する柔軟な考え方は
 多様な暮らしを認め合う社会をつくる。
 親子や夫婦がさまざまな事情で別居しながら、
 協力関係をきずいてる家族や、
 親族でない者同士が
 共同生活者として一緒に暮らしてる世帯も、
 特別な例とは受け取られなくなった。


◇『家庭一般21』 実教出版

 日本は欧米先進国と比較しても
 離婚率はあまり高くない。
 では、日本の夫婦関係は良好かといえば、
 そうともいえない。
 
 離婚後の経済事情を考えれば
 結婚生活をつづけざるをえないケースなども
 あるからである。

 離婚、一人親家庭、夫婦別姓、未婚の母、
 事実婚には抵抗感がうすらいでるが、
 同性カップルにはまだ抵抗感が強い。

 専業主婦として、
 日中家で子供と過ごす母親は
 生き甲斐は子供だけになり、
 いっぽうで孤立感やいらだちを募らせる。
 子供は友達との関係が築けなくなる。

 最近では、母性と父性、
 母親役割と父親役割を明確にせず、
 やさしさやきびしさ、受容性と規範性は
 母親も父親ももちあわせているとの
 考え方がなされている。
 家事も育児も習熟すればどちらでもできることであり、
 男女共通に親役割をになうところから、
 親性が育つと考えられている。

 100%安全で、確実な避妊法が無い現在では
 望まない妊娠の可能性はつねにある。
 やむをえず産めない場合には母体保護法において
 人工妊娠中絶という方法を選択することもあるだろう。
 こうした選択肢は、
 女性の基本的人権の一つとしてとらえることができる。


◇『家庭総合』 関隆堂

 長い間、家庭のことは、
 女性が受けもつとされてきました。
 しかし、今、世界中が、
 性別で役割を固定することなく、
 自らの意思のもとに、家庭にも祉会にも
 参画する社会をめざして取り組みを始めています。
 性に関係なく、だれもが
 家族・地域・祉会に参画する視点から学びます。

 日本では「男は仕事、女は家庭」と、
 性別で役割を固定してみる割合は、
 若い層を中心に減ってきている。
 しかし、諸外国に比べると賛成する人の割合は高く、
 性別役割分業の意識はいまだ根強い。

 性別役割分業の撤廃は
 21世紀の世界共通の課題といえる

 夫婦はたがいの協力で
 家庭を築いていく対等な間柄である。
 しかし、「男は仕事、女は家事・育児」という、
 性別役割分業の定着は、
 実質的な男性優位の状況を生みだした。

 収入のある人と収入のない人の関係は、
 家族のなかで力(権力)をもつ人と、
 もたない人を生じさせる。
 ドメスティック・バイオレンスなど、
 今日的問題となっている現象は、
 家族のなかの力関係が
 反映されていると考えることもできる


◇『家庭総合』 東京書籍

 それぞれの人が家族と考える範囲は
 人によってそれぞれ異なっている。
 多くの場合、父、母、祖父、祖母、兄弟、
 夫、妻など、結婚や血縁などによって
 自分とのつながりの深い人々を家族と考えている。

 しかし、たとえば祖母は孫を家族と考えていても、
 孫は祖母を家族と考えない場合もあるだろう。
 家族の範囲は全員が
 一致しているとは限らないのである。
 犬や猫のペットを
 大切な家族の一員と考える人もいる。


こんな感じです。
ひどい内容です。

執筆者の意図はミエミエ。
伝統的な家族や夫婦のあり方を否定的に書き、
男女の分業体制をあたかも悪いことにように言う。
特に専業主婦を貶める。

彼らは専業主婦とその子供の関係に関して、
よく「母子癒着」という言葉を使い、
母親の育児ノイローゼや児童虐待を生み出すと書く。

「父性」「母性」という言葉を否定的に書き、
「育児性」「親性」という言葉に置き換える。

教科書以上に露骨なのは、
教科書付属の教師用の虎の巻である「指導資料」。
こっちの内容がひどい。

◇『家庭一般21:指導資料』 実教出版 

 日本の家庭生活についての満足度は
 諸外国と比べて決して高くない。
 家族は、親密性と同時に
 抑圧感をもたらしているのである。

 家族の抑圧感は、
 一つには家族役割の固定化から生じている。
 女は家庭で家事・育児・介護に、
 男は社会で仕事に従事するという性別役割分業体制が
 母親の育児ノイローゼや空の巣症候群、
 父親の蒸発や退職後の喪失感を生み出している。

 “愛がなければ性交してはいけないんだよ”
 という考えの押しつけがあってはいけない

これなんか衝撃そのもの。

 家族と性別役割分業
    ↓
 ◎家族の抑圧感
 ◎母親の育児ノイローゼや空の巣症候群、
 ◎父親の蒸発や退職後の喪失感

この公式を教え込もうとしている。
さらに愛無き性行為の助長。

いまだ規範や倫理の骨格が定まっていない小中高生に
ジェンダーフリー思想を刷り込み、
伝統的な家族のあり方や性規範を
破壊しようとしている。

こういう教科書がよく検定に通ったと思うよ。
この状態では「検定」って何の意味があるのか?

ジェンダーフリーに汚染されているのは
何も家庭科の教科書だけではない。
現代社会・倫理・政治経済、さらには国語や英語まで
ありとあらゆる教科書に
ジェンダーフリーが登場する。

では次に、国語の実例をあげましょう。

◇『伝え合う言葉』 教育出版

 *青木やよひ:執筆
  「ちょっと変じゃない?」という文章。
  実はこの人、60年安保の闘士で
  バリバリのジェンダーフリー論者。

 ほんと、大人ってよく言うんだよね。
 「男の子らしくない」「女の子らしくない」って。
 どうして日本の大人は「女らしさ」「男らしさ」に
 あんなにこだわるんだろう?
 だいたい正体も確かめず人に押しつけるなんて
 おかしいよね。

 子どもが気にいらないことをすると、
 “らしさ”を押しつけてくる。
 おてんばな女の子や、内気な男の子のほうが、
 大人になっていい仕事をするっていう説もある

 (21世紀は)よその国の人々や
 地球上の他の生き物たちとも、
 共存していかなければならない。
 女だから・男だからという考えにこだわっていると、
 違う文化の人々ともうまくつき合えない。

 差別の根っこというものは、
 自分でも気づかずに人の心の奥深くでつながっている。
 お互いの違いはしっかり認め合い、
 そのうえで対等な立場から相手を理解し、
 協力することが大切。


こういう人に教科書に記述させる意図は何だろうか?

「お互いの違いはしっかり認め合い」と言いつつ、
男らしさ・女らしさを懸命に否定しようとする。
この論理倒錯ぶりはジェンダーフリーの典型そのもの。


もう一つ、国語の教科書をあげておく。
こっちには日本のジェンダーフリー論者の
論拠の一つとなっている「ミード説」について書いてある。

「ミード説」とは、マーガレット・ミードという人物が
ニューギニアで行った研究がもとになっている。
ミードは「現地のチャンプリ族は
男女の役割分担が逆転しているように見えた」
という内容を本に著した。
それがフェミニストにより
「性別役割は文化、社会だけで決定される」との
見解にまとめられた。

◇『展開 国語総合』 桐原書店

 *「ジェンダーの視点から」という評論。
  「メンズリブ」代表で
  大阪大学教授である伊藤公男氏が書いた。

 ミードの議論は、
 男らしさや女らしさが文化によって変化すること、
 つまり、男性役割や女性役割が
 文化や社会によって作られたものであること
 を明らかにした点で画期的な研究だった

 生後のしつけや教育によって生物学的な性が強化され、
 またどちらかの性で生きるか決められることもある

 男女に性差はない。
 ジェンダーが人為的に作られたものならば、
 それを人為的に変えることもできる。
 固定的な役割分担は女性差別である。


この「ミード説」というものは
前に解説した「マネー理論」と同じで、

ジェンダーフリー考 その5・・ブレンダと呼ばれた少年

すでに米国では破綻した説に過ぎない。

ミードのチャンプリ族研究は
その後の再調査によって
誤りであったことが判明している。

米国のフェミニスト社会学者の
ジェシー・バーナードは

 男と女に使われている形容詞に注意を払わずに読めば、
 チャンプリ族は他の種族と変わらないのではないか。
 狩人は男であり、子供に食事を与えているのは女である。
 男女の役割が逆転しているように示しているのは
 ミードが使っている形容詞のみである

と述べている。

ミード自身も
「自分は性差の存在を否定するような実例を
見つけたなどとは、どこにも書いた覚えはない」
と述べている。

要は、フェミニスト達が
自らの論理補強に勝手に利用しただけ。

しかし、これも「マネー理論」と同じく、
日本のジェンダーフリー論者達は
この説を後生大事に抱え、
いまだに自分たちの思想の論拠としている。

まあ、彼女らが狂うのは勝手だが、
その破綻した学説が
何故、国語の教科書に掲載されるのか?
何故、子供達に教えられなければならないのか?

かくなる教科書の惨状。
しかし、これを是正しようとする動きも起きている。
以下、産経新聞の平成16年11月の記事。

ジェンダーフリー教科書「見直しが必要」文科政務官

 妊娠中絶や離婚を肯定的に表現している、
 高校の家庭科教科書などが
 検定を通過していることについて、
 下村博文・文部科学政務官は十七日、
 学習指導要領の見直しを含めた対応を
 とる考えを明らかにした。
 参議院「少子高齢社会に関する調査会」で
 山谷えり子委員(自民)の質問に答えた。

 下村政務官は、離婚や浮気を肯定したり、
 同性婚や人工中絶を基本的人権と
 表現している高校の家庭科教科書が、
 不適切ではないかとの指摘に
 「その可能性は十分ある」とした。

 その上で「文部科学省の中において、
 学習指導要領の在り方を含め、
 もう一度見直していくことは必要と思っている」と
 過激な性教育や性差を否定するジェンダーフリー思想が
 教科書に盛り込まれている現状に
 対応が必要との考えを示した。

おうおう、早いとこ対応してくれ。
っていうか、今まで何をしてたんだよ、文部科学省!


教育の要であり、
学習の基本である教科書がこの有様です。
もう呆然としか言いようがない。
完全にジェンダーフリーに汚染されている。

国会での山谷えり子議員の質問など
是正の動きもあるけれど、
そのスピードはあまりにも遅々としていて歯がゆく感じる。

私は、この勢力の教育分野への浸透ぶりに
危機感を感じざるをえない。
男女共同参画基本法の成立や、
内閣府の中に存在する男女共同参画会議のような、
国家の根幹の部分を
ジェンダーフリー論者に握られた「劣勢」を
嘆かざるをえない。


さて、次回は、
教育現場でのジェンダーフリー思想の浸透を
具体例や個別の学校名をあげて書きます。



Web版「正論」:
 子供たちに家族解体を教え込む教科書の恐怖


教育基本法改正案、会期延長なら提出
 下村文科政務官


のまりんの部屋:山谷参議の国会質問

新・国民の油断
 「ジェンダーフリー」「過激な性教育」が日本を亡ぼす
 西尾 幹二 (著), 八木 秀次 (著)


反フェミニズムサイト


娘通信♪関連過去記事
ジェンダーフリー考 その5・・ブレンダと呼ばれた少年
ジェンダーフリー考 その4・・保守の油断(後編)
ジェンダーフリー考 その3・・保守の油断(前編)
ジェンダーフリー考 その2・・尻尾の無い狐
ジェンダーフリー考 その1・・堂本県政の狂思想

左翼最後の悪あがき:「無防備地域宣言」運動。
ドイツと欧州、左翼思想と国家の衰弱。
外国人地方参政権問題その4・・オランダの荒廃。
[PR]
by misaki80sw | 2005-03-23 00:09 | 反ジェンフリ・反フェミニズム

 **** (1)からの続きです ****

電突隊ウオッチvol,006(^^)v・・人権擁護法(1)


408 外国人参政権に反対します ◆BJuB7ha/rA
  05/03/14 22:09:51

 電突の勇士の皆様、こんばんは。
 3/14 法務省(0335804111)に、
 人権擁護法案の件で電話しました。

 この法案について疑問点がいくつかありましたので、
 それについて質問しました。
 要点だけまとめて報告します。

 私:人権擁護法案について質問がある。
   法務省さんに何回か電話して説明してもらったため、
   法案の概要は理解できたが、
   まだ不明な点が何点かある。
   それを教えて欲しい。

 法:どんなことか?

 私:人権委員、および人権擁護委員は、
   外国人でもなれるのか?

 法:現在、その件については議論中だ。

 私:先週、自民党に説明した法案だと?

 法:先週の法案では、外国人でもなれる。

 私:差別を受けた本人、
   あるいは差別が行われている状況を見た人が
   「差別行為を受けた/差別行為があった」
   ことを知らせる場合、どこに通報する?

 法:人権擁護委員に知らせることになる。

 私:人権擁護委員に通報することができる人の条件は?
   例えば観光ビザで日本に観光に来ている外国人にも、
   その資格はあるか?

 法:ある。

 私:実際に差別行為があったかどうかを調査するのは誰?

 法:人権擁護委員だ。

 私:人権擁護委員は、
   捜査令状なしで強制捜査ができるのか?

 法:現在、その件については議論中だが、
   先週時点の法案だと
   令状なしでの捜査は可能だったと思う。

 私:その調査結果から差別か否かの判断をするのは誰?

 法:人権委員だ。

 私:人権委員、人権擁護委員に資格は必要か?
   例えば、弁護士なら司法試験に合格するといった、
   国家が認めた資格が必要だが、
   そのような条件はあるのか?

 法:必要ない。

 私:人権委員会の判断が正しかったかを
   調査する機関はあるか?

 法:それについては、今コメントすることはできない。

 私:差別者として対象となるのはどのような人?
   天皇陛下等の皇族、議員、省庁の役人も
   捜査対象となるのか?

 法:全員対象になる。

 私:皇族も差別者の対象になるのか?

 法:対象にはなっているが、
   実際、皇族が差別をしたとして
   調査されることは無いと思う。
   過去に、そのようなことは無かった。

 私:今までは無かったとしても、
   これからもそうだとは限らないのではないか?

 法:・・・、それは無いと思うが・・・。

 私:外国人が人権擁護委員になっていた場合、
   その外国人が皇居、首相官邸、国会、
   防衛庁や外務省といった国家機関の中に、
   捜査令状なしで立ち入って捜査する事ができるのか?

 法:そのような事はまず無いとは思うが、
   要請があれば捜査することになると思う。

 私:人権委員会の行動を監視、
   抑制する機関は存在するのか?

 法:ない。人権委員会は独立している。

 私:冤罪であった場合の名誉回復手段は?

 法:その人(差別の疑いを受けた人)が、
   名誉毀損の裁判を起こすことになると思う。

 私:人権委員が、マスコミ等を通じて
   「冤罪でした、ごめんなさい」
   という謝罪をする事はないのか?

 法:無い。

 私:私は、この法案で法務省が目ざしているような、
   「人権保護」が達成できるとは思えない。
   特定の思想を持った団体に利用される可能性が高い。
   これは危険ではないか?

 法:実際、そのような意見は非常に多い。
   国民の意見としてお受けする。

 以上です。
 法務省の人は、
 私の質問に対し丁寧に回答してくれました。
 周りの人に聞いたりして、対応は非常に良かったです。
 なお、報告では要点だけ記述しているため、
 法務省の人は即答しているように見えますが、
 そうではなく結構前置きが長いです。
 「現在、議論中」とか、
 「今までは無かったから、多分無いとは思う」とか。

 一通り話を聞いてみたところ、
 危険な法案であることを再認識しました。
 法務省は今までに無いから、
 これからも起こらないであろうと考えているようですが、
 甘いですね。
 それに冤罪だったとしても謝罪しないというのも
 本気なのだろうかと悩んでしまいます。
 どうも違う方向に行っているような気が・・・。

 電突の皆様、法務省に電突、メール突をお願いします。


413 マンセー名無しさん 05/03/14 22:14:58

 唖然、呆然、アッチョンブリケ!
 つまり人権委員は、防衛庁はおろか、
 天皇陛下よりも偉いのか!!!!!


428 マンセー名無しさん 05/03/14 23:01:29

 なんだこれ・・・・
 天皇陛下に在日が何するかなんてわかりきってるじゃん。
 これやったらマジで許さない。
 陛下に手をだすなんて許されないよ。
 法を超える権限を持つ人間を置くなんてそんなのありかよ!
 日本は法治国家じゃねえのかYO!!!!!!

 くたばれ法務省!つーか破防法適用しろよ!
 国家転覆する気かよ!


429 深淵 ◆tLy454Q/mI 05/03/14 23:01:36

 つまり、NHK番組の件で有名になった、
 「女性国際戦犯民衆法廷」から
 「民衆」の2文字を外すことができるということだな。

 「天皇ヒロヒト有罪」が、
 模擬判決ではなく、実際に有罪にできるというわけだ。


430 マンセー名無しさん 05/03/14 23:04:44

 つまりスパイが危険を冒さずに捜査の名の下、
 堂々と目的機関に入り、情報を収集できるわけだ。
 もちろん養護委員が外国人禁止となったとしても、
 スパイが外国人とは限らず、
 日本人や帰化人の可能性があるから恐ろしい。
 やっぱりスパイ防止法の法が先だと思う。
 ここら辺を、国会議員はどう思ってるんだろ?
 だれか凸よろしく。


438 マンセー名無しさん 05/03/14 23:15:52

 ていうか、本当にこの馬鹿げた法案が通過して
 人権委員とやらが好き勝手にやりだしたら
 さすがに無関心だった連中も黙っちゃいないだろ。
 陛下がいわれの無い人権侵害とやらで訴えられる?
 マジでテロが続発するぞ。
 あちこちで人権委員の暗殺が横行するかもな。


442 マンセー名無しさん 05/03/14 23:19:00

 これを各議員にメールしてくれ!


443 マンセー名無しさん 05/03/14 23:19:23

 「平和・平等・人権」
 この3つの言葉の多用こそ平和を乱し、
 不平等を横行させ、人権を侵害するね。


970 外国人参政権に反対します ◆BJuB7ha/rA
  05/03/15 22:30:21

 電突の勇士の皆様、こんばんは。
 3/15 法務省(0335804111)に、
 人権擁護法案の件で電話しました。

 昨日の報告の確認と、追加の質問をしようとしたのですが、

 私:人権擁護法案について質問がある。
   法務省さんに何回か電話して説明してもらったため、
   法案の概要は理解できたが、まだ不明な点が何点かある。
   それを教えて欲しい。

 法:人権擁護法案については、
   まだ国会に提出されていないので、
   質問等にお答えすることはできない。

 私:今日、自民党の法務部会に説明したのだろう?
   その法案について質問したいのだが。

 法:まだ国会に提出されていないので、
   質問等にお答えすることはできない。

 私:自民党の法務部会を通過したら、
   すんなり成立するのではないか?
   野党は賛成しているのだから。
   それでは遅い。
   法務部を通過する前に法案の概要を理解させてほしい。
   具体的には「人権委員、および人権擁護委員は、
   外国人でもなれるのか」こういった事が聞きたいのだが?

 法:・・・、質問を受け付けることはできない。
   申し訳ない。

 対応してくれた人は女性でした。
 言葉は丁寧なのですが、
 全く取りつく島が無い状態でした。

 昨日は詳細に回答してくれたんですが、
 何があったんだろうか?
 今日、法務省に電話された方はおられますか?


<電話突撃隊出張依頼所66>

26 マンセー名無しさん 05/03/16 01:05:42

 法務省に電話して人権擁護法案の件で電話した所、
 担当に回すとの事で電話をしました。

 俺:人権擁護法案の件で、
   判らない事が有るので質問したい。

 法:現在作成中なので、お答えする事が出来ない。

 俺:法務省のホームページに
   上がっている法案なのですが。

 法:何処に上がっています?

 俺:法務省の・・・インターネットの
   検索サイトのグーグルで
   人権保護法案を検索したら出てきます。

 法:それは過去に提出した法案だと思います。
   今作成中の法案と違うので、答える事が出来ません。

 うーん・・・作っている最中の法案は、
 法務省としては答えることが出来ないそうです。

 という事なので、質問を諦めて意見を言いました。

 ・人権擁護法案の全容が判れば
  法務省のホームページに公開して欲しい。

 ・NHK問題で挙った「女性国際戦犯民衆法廷」で
  天皇ヒロヒト有罪とする団体が、
  皇族や死者を合法的に糾弾しているし、
  某団体が
  「戸籍制度、天皇制は身分意識の強化につながる」
  と主張している。
  大量の告発が「必ず」行われて糾弾されると予想できる。

 ・昨日最高裁で合憲判決が出た、
  東京都の国籍条項で管理職試験拒否も、
  憲法で保障されている、
  国政、地方参政権および被選挙権も、
  日本国籍以外の者には与えられないので、
  大量の告発が行われると予想できる。

 ・マスコミ条項の凍結、廃止が論議されているが、
  マスコミ組織として告発対象にならないが、
  フリーのジャーナリストや
  報道機関に所属している「個人」を
  対象に告発される事が考えられる。

 ・人権保護法案は、告発を受ける立場になった人の
  人権の事を全く考えていないように思う。
  救済措置が自ら名誉毀損の裁判を行うというのは、
  人権侵害が有った事を前提にしてあまりにも異常。
  人権擁護委員は公費で裁判を行えるが、
  告発を受けた人は個人の財産で裁判を行えないと思う。
  これこそ人権侵害なので、
  こんな制度にはしないで欲しい。

 以上要望しました。
 法案がホームページにアップされたら又聞いてみよう。
 でも、私がこの人権擁護法案を知るのは
 国会に審議が掛けられてからだから
 どうなることやら・・・・。


312 外国人参政権に反対します ◆BJuB7ha/rA
  05/03/16 21:59:51

 電突の勇士の皆様、こんばんは。
 3/16 法務省(0335804111)に、
 人権擁護法案の件で電話しました。
 3/14の報告の確認と、追加の質問をしようとしたのですが、

 私:人権擁護法案について質問がある。

 法:人権擁護法案については、
   まだ国会に提出されていないので、
   質問等にお答えすることはできない。

 私:昨日、自民党の法務部会に説明したのだろう?
   その法案について質問したいのだが。

 法:作成中の法案なので、
   内容について説明することはできない。
   内容が変わる可能性もある。

 私:南野法相は、法案は変更しないと言っていたが?

 法:変更するかどうかも含めて検討中だ。

 私:では、いつ説明できるのか?

 法:それは、しかるべき時に。

 私:しかるべき時とはいつだ?

 法:それは、今お答えできない。

 私:自民党の法務部会を通過したら、
   すんなり成立するだろう。
   野党は諸手を挙げて賛成しているのだから。
   それでは遅い。
   法務部を通過する前に
   法案の概要を理解させてほしい。

 法:作成中の法案なので、
   内容について説明することはできない。
   今日はこれでご理解いただきたい。

 私:法務省のオフィスのレイアウト変更とかいった事なら
   身内でやってもらえば良い。
   しかし、この法案が成立すると、
   我々一般の国民が多大な迷惑を被ることになる。
   その辺を理解しているか?
   法務省には人権擁護法案の反対メールや
   電話が相当来ているのだろう?
   日本国民が、この法案を
   それだけ危惧しているか分からないのか?
   なぜ法案の内容を隠す?

 法:意見はたくさんいただいており、
   皆さんの考えも理解できる。
   いただいた意見等については上司に報告する。

 私:あなたが回答できないのなら、
   その上司と話をさせてほしい。

 法:誰に聞いたとしても、
   内容について説明することはできない。

 このような問答を結構長い時間しましたが、
 結局「作成中の法案なので、
 内容について説明することはできない」の一点張りでした。
 昨日から、明らかに法務省の対応が変わってます。
 今日、法務省に電話された方はおられますか?
 回答は引き出せましたか?


571 05/03/17 17:34:51

 次に人権擁護法案の件で
 反対派の自民党古川議員に応援電話。
 議員の法案反対の姿勢に賛意を伝え、
 法案の危険性について自分なりの意見を述べました。

 解同・総連だけでなく民潭も危険であること、
 国籍要件を盛り込んだところで
 その危険性はなんら変わりがないこと、
 自分が住む地域には
 そもそも部落差別自体が存在しないので、
 むしろこの法案が
 新たに火種をまく事も考えられること、等々。

 対応してくれた男性は
 時々相づちをしながら聞いてくれたのですが、
 最後にボソッと 「ただ有力議員の意向もあって
 なかなか難しいんですよね…」と言ってました。

 そこで議員の所属派閥を尋ねると
  「橋本派です」と一言。(←シラナカッタorz)
 ついでなので橋本派についても一通り批判してから、
 解放同盟とズブズブの民主党から
 この法案が出るならまだしも、
 保守政党の自民党から出ることが
 そもそもおかしいと指摘すると
 「そうなんですよねぇ・・・」と力なくまた一言。

 橋本派の中にあって
 法案に反対している古川議員を応援しているので、
 頑張って欲しいとあらためて伝えて電話を終えました。

 最後に自民党本部・公聴室に
 人権擁護法案について電話。

 自分:法案の内容について質問します。
    そもそもこの法案は
    どのような事態を想定しているのですか」

 担当の男性:「この法案については現在、
    党内で調整中なので
    内容等詳しいことはお答えできません。
    曖昧という事も
    党内に意見がありますので議論中です」

 自分:「では質問自体受け付けないという事ですか
    (曖昧だなんておれ言ってねーし)」

 担当男:「そうなりますね」

 自分:「ではこの法案について、
    一国民として意見を述べさせてもらいます」

 以下、上に書いたのと同じような事を言ったのですが、
 何を言っても何を訊いても
 「そのような意見も党内にありますので、
 現在議論の上調整中です」の一点張り。

 流れるように流暢で機械的なまでに平坦な、
 まるで流れ作業のようなご対応を頂きました。
 自分が話してる所に被せて喋ってくる有様。
 しかも棒読み。
 おまえらシロートに言われるまでもねーんだよ、
 といった態度がありあり。
 というより端から隠そうとしてない。

 終いには自分も
 「じゃあこの点ももちろん党内で議論中ですよね
 (へー、すごいや)」みたいな感じになってしまったので、
 「ま、あれだ。とにかくこの法案には断固反対なんで、
 そこんとこ一つ頼むわ。
 ほんじゃあとよろしく」みたいな感じで電話を切りました。

 ま、あれですよ。
 自民党がこういう対応をするとは思ってなかったので
 意外でしたね。


863 マンセー名無しさん 05/03/18 15:49:07

 人権擁護法案了承見送り 自民党 について
 【電凸先】自民党本部 03-3581-6211

 私:速報でこういう記事を見ましたが
   これは事実でしょうか?

 自:そうです

 私:そうですか、どういった内容だったのでしょうか?

 自:まだこちらでは分かりかねます

 私:まだそんなに時間も経ってないですからね、
   報道を見る限りでは
   今回の部会では
   国籍条項が議題に上がるとの事でしたが

 自:まだ内容はこちらでは分からないですが、
   そのような報道はあったようですね

 私:つまり、そんな事だけが
   問題なのではないと言うことでしょう。
   名前を出して申し訳ありませんが
   民主党に「白しんくん」という、
   元在日の議員さんがおられますが、
   この方当選したら
   すぐさま民潭にあいさつに行かれました。
   一例にしかすぎませんが、こういう事例を見ると
   国籍条項があるからと言っても私は非常に心配です

 自:はぁ、そうですか

 私:他の問題については申し上げませんが、
   引き続きこの法案は
   廃案にしていただきたく思っております

 自:わかりました、ありがとうございました


900 自民凸屋 05/03/18 16:59:41

 (`・ω・´)ゞ 結構前に
 「先生の選挙区民ですが、先生は賛成はなんですか?
 先生は拉致問題解決うたってて、
 そこを見込んで投票したのに
 こんな工作員擁護法指示するんだったら、
 もう投票しませんよ!!」
 つーメールを送ったんですが。

 返事が来ますた。

 要約すると

 ・たくさんの人から同様の内容で突っ込まれてる。
 ・だから、自分の立場をハッキリさせる。

 と、始まって

 ・今月に入って、
  人権擁護法案に協力してくれという要請が急遽入った。
 ・法案については、
  賛否両論が飛び交って意見の収束が出来ない状態。

 と、法案の流れを説明して……

 ・私はあくまで「法務部会長」であり、
  この法案に意見を述べる立場ではない。
 ・法案通すためには、議員の賛成が必要だが、
  現在賛成を得られてない。
 ・賛成取れなきゃ提出できないし、
  提出するつもりもない。

 と〆られてます。

  (´・∀・`) まあ、こんな感じです。 
 要するに「中立宣言」ですね。
 言い換えるなら「オレはこの法案とはカンケーネーヨ宣言」です。


     ◇            ◇


以上です。

この中で特に衝撃的であったのは、
以下の部分ですね↓

 私:人権擁護委員に通報することができる人の条件は?
   例えば観光ビザで日本に観光に来ている外国人にも、
   その資格はあるか?

 法:ある。

 私:人権委員会の判断が正しかったかを
   調査する機関はあるか?

 法:それについては、今コメントすることはできない。

 私:差別者として対象となるのはどのような人?
   天皇陛下等の皇族、議員、省庁の役人も
   捜査対象となるのか?

 法:全員対象になる。

 私:外国人が人権擁護委員になっていた場合、
   その外国人が皇居、首相官邸、国会、
   防衛庁や外務省といった国家機関の中に、
   捜査令状なしで立ち入って
   捜査する事ができるのか?

 法:そのような事はまず無いとは思うが、
   要請があれば捜査することになると思う。

 私:人権委員会の行動を
   監視、抑制する機関は存在するのか?

 法:ない。人権委員会は独立している。

 私:冤罪であった場合の名誉回復手段は?

 法:その人(差別の疑いを受けた人)が、
   名誉毀損の裁判を起こすことになると思う。

 私:人権委員が、マスコミ等を通じて
   「冤罪でした、ごめんなさい」
   という謝罪をする事はないのか?

 法:無い。

このくだりに関しては
他の多くのブログで引用され、
かなり波紋をよびました。
確かに、あの法案を文章通りに解釈すれば
そういう結論になります。

慌てた法務省は15日以降、
この法案に対する電話の問い合わせがきても、
「作成中の法案なので説明できない。」と
対応のスタンスを変更したようです。
これほど関心をよんでる法案を
国民に公開できないという論法もふざけてますし、
また、この電突隊の影響力の大きさを物語ってます。

3月23日現在、
法案は自民党内で賛否両論の真っ最中で
これに積極推進派の公明党が絡み、
予断を許さない状況となってます。

人権擁護法案 与党懇に差し戻し
 自民推進派 公明と連動、巻き返しへ


旗振り役の古賀誠自民党元幹事長は、
反対派の安倍晋三幹事長代理との会談で、

  「法案を国会に提出しなければ、
  公明党の選挙協力が得られなくなる」

と言ったそうですが、
実に奇っ怪な論理です。
国益ではなく、党益が法案推進の理由だそうです。
仮に腹の中で思っていたとしても
国会議員が公然と口に出していいことではありません。
国政と国民をナメてるとしか思えません。

いずれにせよ、
この馬鹿げた法案は廃止に持ち込むべきです。
自民党内の攻防を引き続き注視し、
私も微力ながら電突・メル突していきたいと思ってます。


    ∧_∧
   ( ・∀・)/ヽ  君らは
    ノ つつ  ● )  偉いぞ
  ⊂、 ノ   \ノ
    し'



2ちゃんねるハングル板・電話突撃隊

電話突撃隊出張依頼所過去ログ


娘通信♪関連過去記事
電突隊ウオッチvol,005(^^)v・・テレビ朝日に電突!
電突隊ウオッチvol,004(^^)v・・NHKと朝日に電突!
電突隊ウオッチvol,003(^^)v・・NHKに電突!
電突隊ウオッチvol,002(^^)v・・民主党に電突!
電突隊ウオッチvol,001(^^)v・・法務省に電突!
続報:「電話突撃隊出張依頼所」(^^)v・・流れ速すぎ!
2ちゃんの「電話突撃隊出張依頼所」・・これ最高! (^^)v

「人権擁護法」その1・・天下の雑法。
[PR]
by misaki80sw | 2005-03-22 14:00 | 2ちゃん散歩

例の「人権擁護法」に関して
2ちゃんでも電話突撃隊の面々が、
次々に突撃しています。

また、電突のみならず、
メル突(メールでの抗議・意見)を行う人も多く、
これが自民党の反対派有志の後押しとなっているようです。

今回はこの人権擁護法に対する電突を掲載します。
「電話突撃隊出張依頼所64」から「66」にかけて
該当する部分を抜粋させてもらいました。

ただ、あまりにも長文となったので
(1)と(2)に分けて掲載します。
(2)は本日の午後あたりに載っけます。

*なお、読みやすいように文体に手を加えさせてもらいました。
 文章の内容自体には変化はありません。
 ご了承ください。


<電話突撃隊出張依頼所64>

477 【報告】 05/03/10 20:31:18

 電突された方々、GJです。

 人権擁護法案のニュース報道について、
 NHKに電話で要望を伝えました。
 電話に出たのは若い男性で、丁寧に対応してくれました。

 我「今日、人権擁護法案が15日に
   閣議決定となる予定だったのが見送られたことについて、
   7時のニュースで報道されると期待していましたが、
   全く触れられてなかったと思います。
   この件について、10時のニュースで
   取り上げる予定はありますか?」

 N「ニュースは流動的なものなので、
   確実なことは答えられませんが、
   色々なところで取り上げられている件でもあり、
   今日のニュースでもあるので、
   取り上げる可能性はあると思います」

 我「この人権擁護法案の問題を
   報道することに関して要望があるのですが、
   この件については、単に報道するだけでなく、
   NHKのニュース内で長く時間を割いて
   大々的に取り上げてもらいたいと思います」

 N「はい」

 我「これまで、この法案については、
   殆どメディアで取り上げられていなかったと思います」

 N「はい、そうですね」

 我「それで、新聞などで取り上げられることもありましたが、
   メディア規制に関するものばかりで、
   肝心の国民の言論・表現の自由が規制されることについて、
   その問題点については、
   殆ど取り上げられていないと思います」

 N「はい」

 我「今回、閣議決定となるものが先送りになったおかげで、
   ようやく表沙汰にされたという感じだと思うのですが、
   これまで、ろくに報道もされていなかったわけですから、
   殆どの国民が、この法案自体を知らないと思います」

 N「はい」

 我「それに、仮に知っていたとしても、
   この法案が言論弾圧に繋がるような
   大きな問題があることを
   殆どの人が知らない状態だと思います」

 N「はい」
  (この辺りから、返事に真剣味が加わってきました)

 我「この法案は、国民の基本的人権に関わる、
   極めて重要な問題だと思うのですが、
   こうした経緯から、
   国民が何も知らないような状態になっています。
   今回表沙汰になったことで、
   世間もこの法案について注目すると思いますし、
   特に、こうした国民にとって重要な問題を
   報道することがNHK役割だと思うので、
   是非、NHKで大きく取り上げてもらいたいと思います」

 N「はい」

 我「この問題を報道する場合には、
   単に事実だけを流すのではなく、
   分かり易く問題点の解説を加えるなどして、
   大々的に報道してもらいたいと思います」

 N「はい」(メモを取り始めた?)

 我「最近話題になっている、
   フジテレビとライブドアの問題があると思いますが、
   この報道は、単なる事実報道だけではなくて
   分かり易く解説などが加えられて報道されています」

 N「はい」

 我「株の問題は、直接関わるのは
   一部の人間だけだと思うのですが、
   それでも、かなり丁寧に報道されていますよね?」

 N「はい、そうですね」

 我「それで、人権擁護法案ですが、
   これは国民全体に大きく関わる問題ですから、
   この問題を取り上げる場合は、それ上に分かり易く、
   より明確に問題点を取り上げて、
   解説などを加えて丁寧に
   報道するようにお願いします」

 N「はい」

 我「それと、今回先送りになったからといって、
   この問題は解決したわけではないですよね」

 N「はい」(少し驚いたような反応?)

 我「来週あたりにでもすぐに話し合いが行われるようですし、
 いつまた、すぐに成立に向けて
   動き出すかわからないような状態だと思います」

 N「はい」

 我「時間の余裕がない状況だと思うので、
   少しでも早く実行してもらいたいと思います」

 N「はい、わかりました。
   どうもありがとうございます。
   この件については、
   ニュース報道担当のものに伝えておきます」

 我「はい、よろしくお願いします」

 一方的にしゃべっただけでしたが、
 真剣に耳を傾けていたように感じました。
 閣議決定先送りは、
 世間にこの問題を知らせる良い機会だと思うので、
 各メディアへの報道要請をお願いします。


561 【報告】 05/03/11 00:31:19 ID:LIdSRvAY

 自民党と民主党に人権擁護法について電凸しました。

 私「ニュースで見たのですが、
   人権擁護法について意見を言わせてください。」

 自「はいどうぞ。」

 私「正直びっくりしました。
   自民党さんが出す法案だから
   本当に困った人を助ける法案かと思ったら、
   警察権を与えて
   裁判所の礼状無しで家宅捜索が出来たり
   外国人が委員になれたりするじゃないですか。」

 自「はい・・。私も他の方から電話で伺ったのですが・・・
   これは自民党から出したのですが
   まだ決まったわけではないのです。
   それが今出ただけですので・・。」

 私「正直言ってこの法案は
   昔の治安維持法よりひどいですよ。
   警察がすでにあるのに裁判所の礼状がないのに
   捜索が出来る時点で異常ですよ。この法律は。」

 自「何が人権擁護と言うことになりますよね。」

 私「そうですよ。この法律はすごく危険な法律です。
   この法律は廃案にしてください。
   私は自民党を支持しています。
   ですがこの様な法案を出すようでは
   応援できなくなります。」

 自「そうですね。わかりました。
   今の内容を執行部に伝えます。」

 私「必ずやって下さい。
   本当にびっくりしたんですからこの法律案には。」

 自「そうですね。
   私も令状無しで捜査ができると聞いたとき
   びっくりしました。」

 私「この法律を作ったのは野中さんですよ!!。
   あの人が自民党をダメにしたんです!!。」

 自「はい、この事も付け加えて伝えさせていただきます。」

 私「よろしくお願いします。」

 自民党には結構の量の電話が来ているようです。
 電話に出てくれた人も
 この法案はおかしいと感じていました。


562 【報告】 05/03/11 00:32:09

 次に民主党。

 私「ニュースで見たのですが、
   人権擁護法について意見を言わせてください。」

 民「はいどうぞ。」

 私「ニュースで見たんですが、
   この法律は裁判所の令状無しで
   勝手に捜査ができる法案だと聞いたんですよ。」

 民「勝手にと言うことはないと思うのですが・・・。」

 私「ですがこの法案では人権委員が
   『こいつは人権違反だ』と判断したら
   捜査ができるとなっていますし、
   人権委員は日本国民でなくても
   なれるとなっているんですよ。」

 民「その様には読めないのですが・・・。」

 私「その様に読めるのですよ。
   この法案は自民党さんが出しているのですが、
   民主党さんはこの法案に賛成なのですか?
   この法案は人権擁護と言いながら
   実質的には治安維持法のようなものです。
   この法案はどこが人権違反となるのか基準が分からない。
   そして人権違反と訴えられた人が
   反論する場が与えられていない。
   民主党さんがどの様に考えているか知りたいのですよ。
   賛成なのか反対なのか。」

 民「民主党では対案を考えておりまして・・・」

 私「その対案の内容はどの様なものなのでしょうか?
   おおよそで良いので教えて下さい。」

 民「FAXで流せるのですが。」

 私「今、出先ですので受信できません。
   この様な大切な法案は
   HPでも発表すべきだと私は思います。
   この法案について結局民主党さんは
   賛成・・・なのですね?。」

 民「賛成というわけではなく改正案を提出しています。」

 私「私が不安になっているのは次の3つです。
  1.令状無しで捜査が可能なこと
  2.外国人が委員になれること
  3.間違えて訴えられた人の反論が出来ないこと
 このままでは昔の治安維持法になってしまいますよ。
   この法律は。」

 民「貴重なご意見ありがとうございます。
   この意見は執行部に伝えさせてもらいます。」

 私「ともかく私はこの法案は大反対。
   民主党さんもこの法案には反対して欲しいです。」

 民「はい。」

 私「よろしくお願いします。」

 録音を聞きながら書き起こしましたが
 民主党の方は相手の声が小さかったので
 記憶を頼りにして書いた部分があります。
 はっきり言って民主は
 この法案を通したがっていると感じました。
 こちらが一方的に話す形になってしまいましたが、
 あまり言質が取れる事は言っていません、民主党は。

 自民党は結構この法案について
 色々考え出しているようです。
 自民党の中の人も「礼状無しで捜査ができる」ことに
 異常さを感じている人が出てきているようです。
 彼らの立場を強化して廃案に持って行くためにも
 電凸は効果があることが今日の電凸で判りました。

 この法案は本当に治安維持法になってしまいます。
 今動かないと後から後悔すると思います。
 一本の電話が
 自民党の中の良識派人の勇気につながります。
 がんばりましょう。


761 マンセー名無しさん 05/03/11 18:09:40

 多くの人々が危惧している人権擁護法案、
 自民党の法務部会でこの法案の問題点を鋭く指摘した、
 古川禎久議員の国会事務所にGJ電凸しますた。

 感謝の意を伝えたら
 応対された方は非常に嬉しそうでした。
 「ところで、どういったもので
 この事をお知りになられたのですか?」と聞かれたので、
 産経新聞とネットの掲示板(暗に2ちゃんとほのめかして)で
 見たと答えました。

 「これからも頑張ってください」と伝え電凸終了。

 人権擁護法案に対する自民党の賛否状況なども
 聞きたかったのですが、
 あわててしまい聞きそびれてしまいました。
 久々の電凸で緊張してしまいました。
 申し訳ないです。

 次はもっと突っ込んだ電凸をします。


868 【報告】05/03/11 23:28:58

 昨日に引き続き、
 人権擁護法案の報道についてNHKに要望を伝えました。

 最初に出たのは、中年女性でした。

 我「ニュース番組について要望があるのですが、
   よろしいですか」

 N「はい」

 我「その前に、人権擁護法案というものについて
   ご存じですか」

 N「少々お待ちください。上司と代わります」

 (1分近く待たされる)

 チ「お待たせしました。
   コールセンターチーフの○○と申します」

 我「人権擁護法案について、
   NHKがどのように認識しているのか教えてもらえますか」

 チ「それは、法案の内容をが
   どのようなものかということでしょうか。
   それとも、どのような見解で
   報道を行うかということでしょうか」

 我「両方お願いします」

 チ「ここは、放送した内容について
   お答えするところなので、
   放送していない内容については、
   お答えすることができません」(申し訳なさそう)

 我「そうですか」

 チ「この法案につきましては、
   (法務省で公開されていると思われる、
    人権擁護法案の定義を読み上げる)」

 チ「この法案は、言論の自由などの問題もありますので、
   慎重に考えていきたいと思います」

 我「番組に対する要望ですが、
   このまま続けてよろしいですか」

 チ「はい、このまま私が承って、
   担当の者にお伝えいたします」

 我「要望というのは、この人権擁護法案について
   取り上げてもらいたいというものなんですが」

 チ「ところで、お客様は、
   この法案についてどのようにお考えでしょうか」

 我「(言論弾圧、基本的人権を侵害する、
   人権委員会の権限が大きすぎるなど、主な問題点を列挙)」

 我「自民党の法務部会で批判されるなどして、
   この法案自体に問題があるのは当然だと思うのですが、
 それよりも、基本的人権が失われるかもしれない法案を
   政府が成立させようとしているのに、
   そのことを国民が殆ど知らないということが
   一番問題だと思います」

 チ「はい、殆ど知られていない」

 我「原因は、メディアの殆どが
   この問題を取り上げていないというところで、
   詳しく問題点にまで踏み込んで取り上げているのは、
   産経新聞くらいだと思います」

 チ「はい、殆ど報道されていませんね」

 我「主要メディアは、NHKも含めて、
   この法案について殆ど取り上げていません。
   取り上げるとしても、
   メディア規制のことについて触れるくらいで、
   基本的人権にかかわる問題は取り上げられていません。」

 チ「人権擁護法案を問題点も含めて
   取り上げる必要があるということですね」

 我「そうです」

 チ「しかし、この法案は、
   まだ成立前ということもありますので、
 そういったことを取り上げるのは難しいかと思われます。
   成立した際に、
   その内容を取り上げるということになるかと」

 我「それでは遅すぎます。
   この法案は、成立すれば、言論弾圧など
   基本的人権が侵害される危険がある法案です。
   成立してからでは、
   それを覆すことも殆ど無理になります。
   成立する前にこの問題を取り上げて、
   国民に知らせないと手遅れなんです」

 チ「成立前に問題を取り上げないと遅すぎる……
   はい、そうですね」

 我「今回は、一応、
   自民党の法務部会で閣議決定が先送りになりましたが、
   法務省は問題点を指摘されたにもかかわらず、
   修正せずに成立させようとしています。
   法務大臣がそういうコメントを出しています」

 チ「法務大臣……あの女性の方ですね」

 我「今、人権擁護法案の詳しい情報を入手できるのは、
   インターネットだけです。
   この法案の危険性や問題点を
   一番詳しく知ることができるのは、
   今のところインターネットだけです」

 チ「はい、インターネットだけですね」

 我「インターネットで問題点が指摘され、
   それが口コミで広がって自民党や首相官邸に
 多数の抗議が寄せられたという話もあります」

 チ「今回の先送りになったのは、
   そうした反対意見があったからということですね」

 我「そうだと思います」

 我「この法案は、人権擁護を隠れ蓑にして
   言論弾圧を行うような異常な法案ですよね。
   国民の基本的人権が侵害される危険があるというのに、
   メディアが殆ど報道しないから、
   国民の多くがその危険を知らない状態にあります。
   そんな状況で、政府が国民に法案を知らせることなく、
   秘密裏に成立させようとしています。
   だからこそ、今、この問題を報道してもらいたいのです」

 チ「この法案の問題の背景として」

 我「はい、そうです」

 チ「必ず担当の者に伝えます」

 我「ありがとうございます」

 以上です。
 真剣にこちらの意見に耳を傾けてくれたようで
 こちらが最後まで発言する前に、
 言わんとすることを返してくれる場面が何度もありました。
 おそらく、こちらの意図はしっかり伝わっていると思います。
 他の方からも、NHKへの報道要請をお願いします。


<電話突撃隊出張依頼所65>

268 駅前凸屋 05/03/14 09:16:32

 (`・ω・´)ゝ 人権擁護法案について、
 駅前で演説してる民主党議員に凸撃しますた!!

 ε~ ε~ ε~ (´-ω-) ネミ~ サミ~

 I・Mハッケン!!
 ( `・ω・)    ρ(・ー・ ) オハヨー ゴザイマス

 ドキドキ…
 (;´・ω・)    ρ(・ー・ ) 7月の区議会議員選挙が……
               皆様に激励していただき……

 話が一周した!! 今だ!!
 ε= ε= ε= ( `・ω・)  ρ(・ー・ ) オハヨー ゴザイマス

 俺:すいません。ちょっとよろしいですか?

 I・M:はい、なんでしょう?

 俺:法案のコトで少々お伺いしたいのですが……

 I・M:法案… ですか?

 俺:I先生は「人権擁護法案」が
   国会に提出されようとしていることは
   知っていますか?

 I・M:はい。 知っています。

 俺:私がこの法案を読んだところ、
   「非常に危険な法案だ」と感じたんですよ。

 I・M:申し訳ない。 
   法案があることは知ってるんですけど、
   どのような中身の法案か読んでいないんですよ。

 俺:そうなんですか……
   簡単に申し上げますと、この法案と言うのは
   ・差別を無くすために、
    「5人の人権委員」と「2万人の人権擁護委員」を作る
   ・差別の基準は明確ではなく、人権委員の裁量で決まる
   ・差別の疑いがある個人を、取り調べたり、
    令状なしで家宅捜索したり、証拠品を押収できる
   ……とまあ、この法案が通ると、
   戦時中の「特高」みたいなものが
   生まれてしまうんですよ。

 I・M:本当だとしたら、酷いことですね。

 俺:で、自民党でも若手議員を中心に
   猛反発が起こってるんですね。
   なのに、岡田さんは、この法案に賛成なんですよ。

 I・M:うちの党首の岡田ですか?

 俺:ハイ、そうです。 
   ですから、民主党の若手議員の方も
   この法案に賛成なのかを
   伺おうと思って話しかけたんですよ。

 I・M:法案の内容自体を知らないので
   なんともいえませんが、
   もし本当だとしたら私は反対です。
   後で調べてみます。

 俺:そうですか。 ありがとうございます(ペコリ)

 I・M:いえいえ、貴重なご意見ありがとうございます。
   では、いってらっしゃい。

 俺:では。 失礼します。

 m9(`・ω・´) 今回の凸撃でわかったけど
 議員の中には「法案があることは知ってるが、
 法案の中身はしらない」が多いのかもしれない。

 各自、自分の選挙区の議員センセーにメールを出せば、
 事態は好転するかもしれないぞ!!


344 マンセー名無しさん 05/03/14 14:54:17

 人権擁護法案の件で法務省に電凸しました。
 出たのは20代と思われるおねえちゃん

 俺「人権擁護法案について質問がある」

 法「どういったご用件で」

 俺「だから、人権擁護法案に質問がある。
   中身について疑問がある」

 法「何をご覧になってます?」

 俺「法務省のHPに載ってるやつだ」

 法「あれは以前の物です。
   今回のものは作業中なので、内容は言えないです」

 俺「報道見るかぎりでは、
   あまり変わってないんでしょ?」

 法「報道見てないので、何とも。
   とにかく今回の物はコメントできないです」

 俺「それでは質問も抗議もできんではないか。
   15日の部会でまた法案出すんだろ?」

 法「はい」

 俺「急ぎの問い合わせは『直接お電話で』と
   HPに書いてるから、電話したんだ。
   部会は明日だから、時間がないのだ」

 法「ご意見を伺って、伝えることしかできませんが」

 俺「わかった。
   伝えてもらうだけで良い」←仕方なく了承

 ・・・44条法令なしの捜索は憲法違反、差別の定義が曖昧、
 33条の私団体とは何だ?

 36条の表彰はいらん競争を助長する、
 41条人権侵害を行う恐れのある者に指導する
 とはどういう意味だ?、
 弁護士会に権限を与えすぎ等・・・を主張。
 復唱させるト正確にスラスラ答えたので、
 メモは取ってある模様。

 俺「で、誰に伝えてくれるの?大臣?」

 法「大臣に直接渡すわけではなく、局内の者に」

 俺「局長とか課長みたいな人?」

 法「それなりにルートがございまして」

 俺「あ、そう。色々言ってきたけど、
   最後に一番伝えてもらいたい事がある」

 法「はい、何でしょう?」

 俺「こんな法案は絶対!絶対!!反対だ。
   俺は何の権限も一国民に過ぎないが、   
   この法案は絶対認められない、認めたくない!!
   もっとまともな仕事をしろ!!と伝えておいてくれ」

 法「…かしこまりました」

 こんな感じです。
 伝えてもらうだけの形になって非常に残念です。
 数が物を言うので、皆さんも法務省へも電凸してください。
 こっちは納税者なんだから、堂々としてればいいです。


357 翔鶴 ◆QpSaO9ekaY 05/03/14 15:41:36

 人権擁護法案について、
 実家の選挙区選出の代議士である武部自民党幹事長に
 電凸するの段

 翔鶴「あ、もしもし武部先生の事務所で
    いらっしゃいますでしょうか?」

 秘書「はい。そうです(やや事務的な態度)」

 翔鶴「私ですね、実家が武部先生の選挙区にあるものです。
    後、私の十勝の親類が
    故中川一郎先生の後援会の幹部を努めていました
    (↑これ、事実です)ので、
    ちょっとご意見をお伝えしたく思いましたので、
    お電話差し上げました」

 秘書「あ、そうなんですか!?
    ありがとうございます!
    (態度一変。非常にかしこまった態度)で、
    どのようなご用件でしょうか?」

 翔鶴「いま、自民党内で取りざたされる人権擁護法案ですが、
    マスコミ報道等で内容を漏れ聞いたのですが、
    非常に問題のある法案だと思うんです。」

 秘書「なるほど……。
    どのような点に問題があると?」

 翔鶴「まず、人権擁護委員の資格から
    国籍条項が外された点です。
    また、解放同盟などの一部団体に
    恣意的に運用される可能性が高いように思われます」

 秘書「はあはあ」

 翔鶴「先ほど申し上げました通り、
    武部先生は現在、党の要職でらっしゃいますので、
    その辺の議論を党内で深めていただけるよう、
    ご高配いただきたく……」

 秘書「分かりました。必ず武部に伝えます!(力強く言う)」

 翔鶴「よろしくお願いします。
    武部先生のこれからのますますの
    ご活躍を期待していますので」

 秘書「はい。ありがとうございました!」

 大叔父さん、
 故中川先生の後援会の幹部をしてくれてありがとう。



**** (2)に続く ****
[PR]
by misaki80sw | 2005-03-22 06:58 | 2ちゃん散歩
a0018138_228629.jpg


「日本の植民地支配」擁護行為への処罰法案を推進

 最近社会的に大きな波紋を呼び起こした、
 韓昇助(ハン・スンジョ)元高麗大学名誉教授の
 日本による植民地支配「合理化」寄稿文のように、
 日本統治を擁護したり、関連事実を歪曲する行為を
 処罰する内容の法案が準備されている。

 ハンナラ党の元喜龍(ウォン・ヒリョン)議員は20日、
 「日帝強占下反民族行為真相究明特別法」の中の
 親日犯罪または親日反民族行為に規定している行為を
 擁護し賞賛する場合、これを処罰するようにする、
 「日帝侵略行為歪曲および擁護防止法案」を
 準備していると明かした。 

 同法案は公共の場所での公然たる扇動や
 メディア・出版を通じ日本統治期間の反民族行為、
 戦争犯罪、反人倫的犯罪行為などを
 賞賛したり擁護したりする場合、
 これを表現の自由の範囲に該当しないと見て、
 処罰するように規定している。

 元議員サイドは、
 「日帝侵略行為を賞賛することで発生する、
 被害者の人権侵害を防止する必要がある」
 と立法の趣旨を説明し、
 「フランスの水準の過去史清算のための法案を準備してきており、
 最近国内の関係者たちによる一連の『歴史歪曲』発言を契機に
 法案作りに拍車をかけている」としている。

   (朝鮮日報)


ここんとこ、韓国ネタが多いので
今日は控えようと思っていたけど
結局、書いてしまった。
っていうか、これは書かざるをえないでしょう。

上記ニュース。
唖然呆然、嘆息慨嘆。
嗚呼、韓ちゃんよ、君らはどこに行っちゃうの?

心理学者がモルモットの実験を見るように、
この狂乱ぶりを冷徹に見るのも
歴史と人文の格好の教材と言えなくはない。
この馬鹿っぷりは面白いといえば面白いし、
ブログにかっこうのネタを提供してくれる。

でもね、韓ちゃんよ。
人が己の過去を振り返り、
見たくもない現実を直視する中に人格の進歩があるが如く、
国家もまた、己の過去を冷静に振り返らなきゃいけない。
そこにある屈辱も栄光も陰惨も
すべては己の過去として受け入れなきゃいけない。

過去を恨み、
その過去をもたらした人間を恨み続け、
己の低迷を過去のせいにする態度は
自分を卑小にするだけだよ。

私がもし韓国人ならば、
自由な立場で発想できる韓国人ならば、
今の韓国の現状を憂うでしょう。

韓国が真に友好を保持すべき国は日本でしょう。
過去はともかくとして現在においては
これほど楽な隣国はないでしょう。

国力に比した軍事力は持たず、
冷徹な国家戦略で他国を犠牲にせず、
隣国の内政に干渉せず、
経済援助の大盤振る舞いと
自由主義経済の相互互恵の貿易国家。
これほど隣にいて楽な国はないでしょ。
血にまみれた北の同胞や、
大陸の膨張覇権国家に比べて
これほど気楽なお隣さんはいないと思うよ。

私が韓国人だったら間違いなく
日本との友好を国家戦略の第一義とする。
真っ当な目を持った人間ならば
皆、同じ結論に達するでしょう。

しかし、盧武鉉政権は禁断の麻薬を使い始めた。
「反日」という麻薬。
これは経済の低迷も政権の支持率低下も
全てのマイナス要素を隠せる禁断の政策。
いったん服用すれば劇的な効果があるが、
次第に国家を蝕み、外交関係を悪化させ、
未来への冷静な思考を失ってしまう。

結局ね、
韓国にとって当たり前の国家戦略とは、

1,日米との友好関係・日米による後援関係

2,自由主義陣営に属する

3,北の崩壊と取り込み、統一へ。

4,日米によって中国・ロシアを牽制させる。

この4要素。

この4つの路線の大前提が
1の「日米との友好関係・後援関係」。
これが大前提。

彼らは今、これを放棄しようとしている。
これがいかに危険なことか、
彼ら自身は気づいていない。
ここに至っては、もはや後戻りはきかないのかな。
悲劇だね。

この朝鮮半島の運命を決する時期に
この「反日」という麻薬を服用したことは、
韓国にとって取り返しのつかない結果を生むでしょう。


さて、韓国の視点だけでなく、
日本側の視点も書いておきます。

今回の韓国の狂態を見るにつけ、
ハッキリしたことは、
この国との同盟関係や深い友好関係は
今後、韓国人の性情が変わらない限り
あり得ないということ。

この意味においては、
日本は、もはや韓国を見限るべき。
共に志を戴き、理念を共有できる相手ではない。
緩やかな友好関係を保持しつつ、
是々非々の態度でかの国に臨むべき。

期待も同情も無用。
過去から来る自責や悔悟も不要。
国益に照らして、利益を共に追求すべき時は追求し、
外交ゲームのカードに使えそうな時は
冷徹にかの国を道具として使えばいい。

妙な幻想をいだく時代は終わった。
もはや、この隣国は単なる他人。



韓国大統領「竹島」で米の支持要請、ライス長官無反応

韓国は誰が敵なのかハッキリさせるべき

「独島は日本領土」などネットの親日コミュニティーを閉鎖


娘通信♪関連過去記事
韓国、竹島問題・・亜細亜東方の悪友を謝絶する
島根県「竹島の日」条例成立・・韓国狂乱反日火病
盧武鉉、日本に謝罪と賠償要求・・漢文風日韓史。
「北朝鮮始末記」その3・・「開城団地」という踏み絵。
韓国「親日究明法」・・21世紀の魔女狩り。
[PR]
by misaki80sw | 2005-03-21 22:12 | 韓国・北朝鮮関連

本日の雑談 2005/03/19


<昨日と今日の更新>

中国で巨大イチゴ発見!・・そのイチゴ、凶相につき

韓国、竹島問題・・亜細亜東方の悪友を謝絶する

国連PKOの一面・・青いヘルメットの軍隊商売

「人権擁護法」その1・・天下の雑法。


今日はけっこう多忙だったので
「ジェンダーフリー考」の6回目は
次回更新時に持ち越しです。

途中から人権擁護法なんかが入ってきて、
シリーズものがやたらと増えてきました。
こいつの鍵は意志と持続、
ホント、それに尽きるわ (^^;)

今日書いた「国連PKO」の話しですが、
タイムリーな話題とは全く無関係ですな。
まあ、たまにはこういうのもいいでしょう。
いつも「竹島」「ホリエモン」「人権擁護」ばかりでは
見る方も書く方も疲れちゃいますね。

ああ、そうそう。
話しは急に変わりますが
米国経済がそろそろやばそうですね。
ドルの基軸通貨離れが徐々に進行中。
いずれ、これも記事にしなきゃなあ。

まだ「三国無双4」はやってません。
なんでしょうか、この多忙さは。
ってなわけで、今日は補欠ニュースはお休みで、
雑談のみとなりました。トホホ (ーー;)
[PR]
by misaki80sw | 2005-03-20 03:08 | 補欠ニュース

人権擁護法に関しては
他のブログやサイトでもあらかた取り上げてますし、
今さら当ブログが「その問題点とは?」なんて言うのも
おこがましい気もするんですが、
ちょいと出遅れ気味だったんで
シリーズもので書いていこうと思います。

法案の条文上の問題点は他所で書いてるんで
うちでは詳しくは書きません。
こっちでも見てくれた方が早いと思います(笑)

西尾幹ニのインターネット日録:
 「人権擁護法」という狂気の法案


Irregular Expression:
 人権擁護法案で得する奴は誰だ?


人権擁護法(案)


私がこの法案を見てて感じたのは3つです。

1,人権の定義?

2,人権侵害と心理要素

3,法案推進者の理念

以下、この3つを柱に書きます。


<人権の定義?>

多くのブログで揶揄の対象になっているのは
この法案の中における「人権」の定義が曖昧なこと。

 第二条 
 この法律において「人権侵害」とは、
 不当な差別、虐待その他の人権を侵害する行為をいう。

それじゃあ「人権侵害とは人権を侵害する行為である」と
言っているのに等しいじゃんと。
法案作成者の頭の中身にはどうなってるんだと。
まあ、突っ込まれてもしょうがないですな。

それに対して法案を担当する法務省側は

 「人権は人権という言葉を使わず定義することが難しい。
 中身自体が拡大していく概念だ」

と答えている。

人権擁護法案 国会提出へ「メディア規制」凍結を条件

「人権」を定義するのが難しい?
そうじゃないでしょ。
人権とは何か、分かってないから定義出来ないんでしょ。

人間存在とは何か?
生きるとは何か?
人間の倫理とは何か?

国家としてこれを定義できない。
答えられない。
それは哲学の領域、倫理学の領域だと逃げている。
国家としての統一見解がない。

戦後、倫理的なるもの・宗教的なるものを
国家の屋台骨から外した日本は、
このいう哲学的テーマに関しては全く答えられない。
「人間存在について」が定義できないならば
「人権とは何か」について答えられないのが当たり前。

 人権は、
 人権という言葉を使わず定義することが難しい。
 中身自体が拡大していく概念だ

そうじゃないよ。
分ってないから答えられないんだよ。

人権とは何かが定義できないなら
「人権侵害とは何か」が定義できないのは当然のこと。
それでもあえて書こうとするならば、
個々のケースごとの具体例を書いていくしかない。

でも、個々のケースごとに書いていたら、
そのケースから外れる事柄は
法案の適用外になってしまう。
ここが、法案作成者のジレンマでしょう。

賛成論者は言う。

  「言葉の定義」の曖昧さをことさらに問題視して
  法案を全否定する意見には賛同できない。
  「人権侵害」を詳細かつ具体的に定義すれば、
  法案は骨抜きとなってしまう。

  *人権擁護法案10年史

まあ、気持ちは分かりますよ。
でも、曖昧だったら法律になりませんよ。
定義もできない曖昧なものならば
道徳訓として飾っとけばいいんですよ。


<人権侵害と心理要素>

それと、付け加えておきますと、
「人権侵害の定義が難しい」
「個々のケースを書くしかない」
そうなってしまうもう一つの理由は、
人権侵害なんて、実損でもでない限りは
心理的な要素が大きいということ。

つまり、個々の人間の感受性に左右される。
A君にとって何でもない言葉が、
B君にとっては許せない人権侵害と映ってしまう。
それぞれ個々の心理状態に左右される。
よって、一律な条文で書くことが難しい。

私は思うんですが、この手の事柄って、
他者に対する侵害が具体的な行為や結果として出れば
それを規制したり罰したりすればいいんであって、
人の心理状態や価値観で左右されるようなことまで、
法の規制にかけるべきではない。

それは現行法の強化とか、
あるいは「メディアの行き過ぎた取材攻勢」などの
個々のカテゴリーの法律として作るべきであって、
「人権擁護法」なんていう巨大なカテゴリーで
くくるべきではないと思う。

確かに「差別用語」ってのは存在する。
ただ、社会を運営する有権者の知恵として、
これは国民モラルの向上という観点から考えるべきであって
法という投網で一網打尽に罰を与えるべきではない。
それは全体主義の発想。

それをやって差別が無くなるのか?
無くなるわけないよ。
差別は人の心が発してるのであって、
言葉だけを規制しても意味がない。
別な「隠語」が生まれるだけだね。
枝葉を刈り取ることに夢中になっても、
人の心という幹の部分が同じだったら、
また枝葉は伸びてくるよ。

これは「モラル向上」の観点で考えるべきで、
表面上の言葉を規制しても意味がない。


<法案推進者の理念>

私は今、ジェンダーフリーに関して
シリーズものであれこれ書いてますが、
その過程で「男女共同参画基本法」なんてものを
いろいろ調べましたけど、
結論として分かったことは
法というのは、内容が曖昧であればあるほど、
法案作成者や推進者の理念に引っ張られるということ。

条文が細かく規定されていれば
価値中立的に法律は発動するけど、
条文が曖昧であれば、必ず法律作成者や推進者の
「社会はこうあるべきだ」という理念に
法律の方向性が引っ張られてしまう。
これは官僚の「前例主義」や
「典拠主義」に由来してるのかもしれないけどね。

この「人権擁護法」を作成した人の
政治理念なり、社会理念なりは分からない。
一応、下記の人々が作ったわけですが、

人権擁護推進審議会

この人たちの理念までは分からない。

ただ、唯一ハッキリしてるのは、
法案推進者の理念だね。
この法案を推してるのが
部落解放同盟+野中広務。

この部落解放同盟に関しては
後日詳しく書くつもりですが、
人権の名の下で「同和利権」をむさぼり、
糾弾集会とういう名の「私刑」を行って
広島県下で学校校長を複数人、
自殺にまで追いやってるのは周知の事実。

こういうご立派な推進者がいるわけで、
この曖昧な法案が通れば
法を行使する際に、
彼らの理念の影響力が強まることは確実だと思う。

彼らの「差別に対する憎悪」「社会に対する憎悪」や
「結果の平等」「富者や成功者に対する憎悪」に
この法律が引きずられて、
多くの国民がしょっ引かれてはたまらない。

そういう社会を良しとする人はいいのだろうが、
私はゴメンですな。


さて、この「人権擁護法」に関しては
シリーズもので書いていきますが、
「ジェンフリ考」と違って、
あまりカッチリした書き方はしません。

思いついたことを書くというスタイルで
連載していこうと思います。



これも人権侵害? 全国弁護士会、次々「勧告」
[PR]
by misaki80sw | 2005-03-19 23:23 | 人権擁護法

国連コンゴ監視団の1人解雇、6人停職
 性的虐待疑惑


 国連の報道官は17日、コンゴ民主共和国(旧ザイール)で
 平和維持活動(PKO)にあたる、
 国連コンゴ監視団(MONUC)の要員が
 避難民の少女などに性的虐待を加えた疑惑で、
 17人の文民要員を調査し、1人を解雇、
 6人を停職にしたことを明らかにした。

 このほか1人が処分を免れるために辞職したという。

 報道官によると、6人はなお調査中で、
 残りの3人は虐待の証拠がなかった。
 処分した要員の出身国などは明らかにしていない。

 コンゴのPKOでは多くの兵士が
 少女買春などを行っていたことが判明したが、
 性的虐待は文民要員の間でも広がっていたことになる。
 虐待にかかわった比率は
 文民要員の方が高かった可能性も出てきた。

   (読売新聞)


日本人は国連というものを
なにやら神聖にして正義の味方のように捉えがち。
これは戦後教育の結果でもあり、
マスコミ論調の影響でもあり、
さらに日本人独特の「お上」意識の反映なのかもしれないけど、
それはあくまでも理念としての国連像に過ぎない。

国連といえども人の集う組織体であって、
馬鹿もいれば、阿呆もいる。
愚行もあれば、腐敗もある。
まあ、当たり前の話だわね。

私が常々思うのは、
国連って内部のチェック機関ってどうなってるんだろう?
何らかの監査組織とかあるんだろうか?
拠出金を分担する各国の存在も
一つのチェック機能になってるんだろうけど。

米国なんか国連に対して手厳しいしね。
「国連改革やらなきゃ滞納しちゃうぞ」と脅している。
実際に滞納もしょっちゅうやってるし。
あの国は国連に対して微塵も幻想を抱いてない。
単なる道具だと思っている。

上記ニュースの国連コンゴ監視団とPKO部隊の不祥事。
そういうこともありえるでしょう。
国連PKO部隊って日本人が想像してるような
整然としたものではない。
カンボジアや東ティモールに派遣された自衛隊のような、
ああいう軍紀厳正な集団とは限らない。

私の手元に一冊の本がある。
「だから、国連はなにもできない」
ソマリアなどの国連PKOについて書かれた本。
日本人の国連幻想を醒ましてくれる。

1990年代の10年間、
ソマリアでは慢性的な内戦状態が続き、
部族同士の抗争と破壊と飢餓が国を覆った。

1991年、アリ・マハディ・モハメッド大統領と
アイディード将軍の衝突に端を発した武力抗争は
ソマリア全土に波及し、国土は疲弊、
飢餓民の群は食料を求めさまよい、
死者の数は日に日に増え続けた。
赤十字やNGOが食料の供与を行なうが、
アイディード将軍派はこの食料を略奪し、
反対派への武器として使った。

1993年3月26日、
安保理決議814により、憲章第7章のもとで
第2次国連ソマリア活動部隊
(UNOSOM II)が結成され、
33ヶ国が国連に兵を提供した。

1993年10月18日。
米軍の特殊部隊が首都モガディシオにおいて
アイディード派の幹部を急襲。
しかし、作戦の失敗によりソマリア民兵の大軍に包囲され、
米兵18名が死亡、負傷者多数を出した。
いわゆる「ブラックホークダウン事件」である。

この事件の衝撃により
米軍はさっさと撤退してしまった。
しかし、国連PKO活動は継続され、
最終的には1995年3月に
「これ以上の駐留は意味なし」と全部隊が撤退した。

この本を見てて面白かったのは、
派遣各国の個々の事情である。

暴風雨のように大軍で押し寄せてきて
さんざんドンパチを繰り広げ、
ヘリが撃墜され、死傷者が出ると共に
暴風雨のように去っていった米軍。

ソマリアの旧宗主国で利権の復活をもくろむイタリア。
国連から頼まれてもいないのに派兵をねじ込み、
「押しかけPKO部隊」を派遣した。
他国の部隊とは一線を画し、現地の軍閥と癒着して、
非難轟々の中、撤退していった。

大軍を派遣し、常にゲリラの標的となり、
死傷者が続出したパキスタン軍。

米軍と共に撤退しようとし、
国連から「派遣軍司令官」の地位で
懐柔されてしまったトルコ軍。

そんな中でも私が驚いたのは、
「こんな国が!」というような国が部隊を派遣していること。
ソマリアPKO派遣国をざっとあげておくと
米国、ドイツ、イタリア、カナダ、エジプト、
ギリシア、ナイジェリア、ネパール、マレーシア、
ルーマニア、韓国、アルゼンチン、オーストラリア、
ノルウェー、アイルランド、フランス、インド、
パキスタン、トルコ、バングラデッシュ、
ニュージーランド、インドネシア
シンバブエ、ボツワナ、ナミビア、等々等。

まさに世界中から集まった軍隊。
中には、自分とこの国の方が
PKOが必要なんじゃないかという国までが、
軍隊をソマリアに派遣していた。

これには彼らなりの切実な理由がある。
彼らは国連の崇高な使命に殉じようと
部隊を派遣してるわけではない。
世界平和につくそうと燃えてるわけでもない。

では、如何なる理由か?

◇小国なりに外交上の存在感を出すために派兵

◇国連や大国に恩を売る。

まあ、こういう意図もある。

ただ、その数倍、数十倍の理由は
国連からもらえる高額な月給が目当ての派遣。

軍隊というのは存在してるだけで金を喰う。
それ自体は全く利益を生まず、
保持してるだけで軍事費が飛んでいく。
先進国ですら痛い出費。
途上国にとってはかなりの負担となる。

そこで国連PKO。
派遣するだけで兵一人につき、
一ヶ月に千ドルの費用が支給される。

多くの途上国は
この給与をそのまま兵には渡さない。
国が一括して国連から貰い受け、
ここから多くをピンハネしたうえで兵に渡す。
この額が途上国にとって相当の利益となる。
そういうカラクリなんですよ。

さて、上記ニュースのPKO軍兵士の事件。
まあ、こういうこともありえるでしょう。
現在、世界で16件のPKOミッションが行われ、
100ヶ国から軍隊が派遣されている。
その兵士たちの大半は途上国、
中でも経済的には最貧国の部類に属する国々からやってくる。
このうちの多くは月給ほしさの派遣。
PKOという名の軍隊商売。
青いヘルメットをかぶった現代の傭兵達。

日本は米国に次いで国連拠出金第2位の国。
言わば、国連にとってみれば「大旦那」。
己の払った金がどう使われているのか、
費用対効果に見合ってるのか、
国連の聖俗入り混じった実態というものは
もう少し把握しておく必要があると思うよ。



だから、国連はなにもできない
 リンダ・ポルマン (著)


国連広報センター:国連平和維持活動

国連による平和強制:ソマリア


娘通信♪関連過去記事
国連、日独にODA増額を要求 (-_-;)
スマトラ地震援助金、国連は即金払いを希望。
日本、常任理事国入りの是非は?・・取れそうなら取っとけ。
[PR]
by misaki80sw | 2005-03-19 20:46 | その他諸国・国連