misakiのオールジャンル時事評論!


by misaki80sw

<   2005年 03月 ( 51 )   > この月の画像一覧


<本日の更新>

安倍幹事長代理インド訪問・・遠交近攻、中国包囲網

「人権擁護法」その3・・川崎市の人権擁護条例


今日のバーレーン戦、
前半の途中から見ました。

薄氷を踏むような勝利とはこのことでしょう。
って、いつも同じような気がするけど。
たまには余裕綽々で勝ってほしいものです。
ホント、心臓に悪いよ (ーー;)

ボランチに下げられた中田ですが、
なんだかんだ言いつつ、
後半は前に出てましたね。
ここらへんは貫禄ですなあ。

中田、インタビューなんかでも
昔と違って剣呑な感じが消えてきました。
彼も苦労したんでしょうか。
人間として成熟した印象を受けます。

オウンゴールのバーレーンの選手ですが、
今頃、眠れぬ夜を過ごしてるんでしょうなあ。
うん、気持ちは分かるよ。


さて、本日の補欠ニュースです。
今日は睡眠不足なので短めに。


<国際>

中国新華社電「独島は歴史上韓国領土」

 単なる日本憎しの感情というより、
 朝鮮半島統一を視野に入れて
 「韓国に猫なで声の中国の図」ってわけでしょう。

 願わくば味方であれ。
 そうでなくば中立であれ。
 これが中国の対韓戦略。


地震の死者1000人以上に
 孤立する被災地、救援難航


 インドネシアの相次ぐ災難。

 どうも環太平洋火山帯が
 活発に動き出したような感じだな。


国連総長の責任追及と米議員
 政府も捜査の行方注視


 私は、近々米国が
 国連の大手術に乗り出すような予感がします。


金総書記が対独戦勝記念日の式典出席も

 君らはなにもしてないでしょ。


「軍国主義復活」韓国の日本非難
 米議会調査局専門官ラリー・ニクシュ氏に聞く


 韓国の火病っぷりに米国も慌ててます。


盧大統領の国政支持率、50%肉薄

 反日マジックは健在です。

 「これだからやめられませんな(笑)」
 by 盧武鉉+歴代大統領


<国内・政経>

東アジアの脅威三本柱「中国・北・海上テロ」 防衛研報告書

 東アジアの脅威三本柱。

 1,北朝鮮

 2,中国

 3,海上テロ

 さすが、いい読みをしています。
 全く同意です。


首相訪朝など実現、田中外務審議官が夏めど退官へ

 せいせいしました。


<国内・社会>

万博で弁当食べられる…楽しく安上がりと首相指示
ギア様訪問に首相ご満悦

a0018138_326191.jpg


 こういう気安さが
 この人の人気の秘密なんだろうなあ。


<人権擁護法>

人権擁護委員選任に国籍条項設けず…南野法相答弁

 南野法相、何が取り柄で閣僚になったのか?


<ホリエモンVSフジテレビ>

「つくる会」教科書を疑問視?
 ライブドアの堀江社長-韓国紙

堀江氏、亀渕氏と会談…業務提携など提案か
現代自動車は西武球団買収を…堀江社長、韓国紙会見で

 ホリエモン、韓国紙のインタビューで
 「新しい歴史教科書などで世の中変わらない」と
 改めて発言。

 10年ぐらい山に籠もって
 読書でもしたほうがいいよ。


<IT系>

新世代スキャナが仕事を変える?
 ペーパーレス化はビジネスマンの夢


 確かに。
 スキャナの発達はビジネスを変える。
 事務処理を変える。

 最近の会社って
 データ至上主義だもんね。
 なんでもかんでもデータでほしがる。


「なんちゃってiPod shuffle」
 「Super Tangent」に改名


 いいから早く発売開始してくれ。


<他のサイト・ブログ紹介>

♪すいか泥棒 日曜版:枯れ木は山を賑わさない

 悪質トラックバックの話し。
 同じブログ運営人として共感できる内容。
 
 うちもいくつかTB拒否してきましたよ。
 「News T○○y」とか「N○○s Today」とか(笑)。

 同じサイトを複数作って
 TBしまくってアフィリエイトで
 金儲けしようとしているブログ↓

 *http://newstoday-9.seesaa.net/

 *http://newstoday-8.seesaa.net/

 *http://newstoday-7.seesaa.net/

 *http://newstoday-6.seesaa.net/

 *http://newstoday-5.seesaa.net/

 *http://newstoday-4.seesaa.net/

 *http://newstoday-3.seesaa.net/

 *http://newstoday-2.seesaa.net/

 *http://newstoday-1.seesaa.net/

 最近、更新が止まっております。
 労力の割には儲かってないみたいです (^◇^)


rx178の最近気になる朝鮮半島:
 俄かVIPPER見参。


 韓国人の妄説、
 「日本語の『竹島』は『独島』に由来」について。

 rx178さん、ほとんど笑い死にしてます。
[PR]
by misaki80sw | 2005-03-31 03:32 | 補欠ニュース
a0018138_2354114.gif


各方面で物議をかもしてる人権擁護法ですが、
私としては、大手マスコミの反応が鈍いのが驚かされます。
彼らは「メディア条項」の取り扱いのみに興味関心をよせ、
それ以外の部分を黙殺するか、過少に扱っている。

この反応の鈍さはなんだろう?
要するに想像力の欠如なんでしょう。
頭の中でシミュレートができない。
こういう法が国法として成立すれば
いかなる状態が現出するのか?

しばしば、人権擁護法賛成派は反対派を嘲笑う。
「神経過敏すぎる」と。
人権の名のもとに多くの人が不当告発されるなんて
そんな恐怖政治みたいなことってありっこない、と。
根拠不明の楽観論で反対派の心配を杞憂と片付ける。

彼らは日常の平穏に慣れすぎてるのだろう。
平和な日本の安定した秩序に
思考までがどっぷりと浸かってしまっているのだろう。
未来とは現在の延長線上にあると思っている。
この想像力の貧困さよ。

では、そういう君らに実例を出してあげよう。
神奈川県川崎市の「川崎市人権オンブズパーソン条例」。
人権擁護法の自治体版である。

川崎市人権オンブズパーソン条例

人権擁護法の中の人権委員会のような存在は、
この条例の中では「人権オンブズパーソン」と呼ばれている。
何故、横文字なのかいまいち理由がわからないが、
オンブズパーソンは定員2名、任期3年。

川崎市民に人権侵害が及んだ場合、
オンブズパーソンに申し立てし、
これに応じて彼らは
申し立て内容が人権侵害に該当するか否かを判断する。

彼らの人権侵害の基準は、

川崎市子どもの権利に関する条例

男女平等かわさき条例

川崎市制定のこの2つの条例を基準とし、
「これは人権侵害に該当する!」と認められた場合は、
以下のような措置を行う。

1、人権侵害に関する相談に応じ、
  必要な助言及び支援を行うこと。

2、人権侵害に関する救済の申立て又は
  自己の発意に基づき、
  調査、調整、勧告、是正要請等を行うこと。

3、制度の改善を求めるための意見を表明すること。

4、勧告,意見表明等の内容を公表すること。

5、人権に関する課題について意見を公表すること

ここで、人権侵害の目安となる条例の一つ、
「川崎市子どもの権利に関する条例」
について解説します。

1989年の国連総会で採択された「児童の権利条約」。
日本は1994年に批准した。
この条約は子供の権利を拡大視し、
子供を「保護の対象」ではなく
大人と同等の「権利の主体」と見ている。
人格形成の途上にあり、
完全に自己責任を負えない未熟な子供たちに、
無条件に「自己決定権」を認めようという条約で、
制定当初から批判が多かった。
米国などはこれを問題視し、
未だ、この条約を批准していない。

この条約を基に日本の各自治体では
「子供の権利条例」を制定する動きが相次いだ。
この川崎市の「子どもの権利に関する条例」もその一つ。

内容を見てみましょう。

 「子どもは、権利の全面的な主体である」

 「同時代を生きる地球市民として
 国内外の子どもと相互の理解と交流を深め、
 共生と平和を願い、自然を守り、都市のより良い環境を
 創造することに欠かせない役割を持っている」

 守るべき子供の権利として、

 第11条 ありのままの自分でいる権利

 (1)個性や他の者との違いが認められ、
    人格が尊重されること。
 (2)自分の考えや信仰を持つこと。
 (3)秘密が侵されないこと。
 (4)自分に関する情報が不当に収集され、
    又は利用されないこと。
 (5)子どもであることをもって
    不当な取扱いを受けないこと。
 (6)安心できる場所で自分を休ませ、
    及び余暇を持つこと。

 第12条 自分を守り,守られる権利

 (1)あらゆる権利の侵害から逃れられること。
 (2)自分が育つことを妨げる状況から保護されること。
 (3)状況に応じた適切な相談の機会が、
    相談にふさわしい雰囲気の中で確保されること。
 (4)自分の将来に影響を及ぼすことについて
    他の者が決めるときに、
    自分の意見を述べるのにふさわしい雰囲気の中で表明し、
    その意見が尊重されること。
 (5)自分を回復するに当たり、その回復に適切で
    ふさわしい雰囲気の場が与えられること。

 第14条 自分で決める権利

 (1)自分に関することを
    年齢と成熟に応じて決めること。
 (2)自分に関することを決めるときに、
    適切な支援及び助言が受けられること。
 (3)自分に関することを決めるために
    必要な情報が得られること。


とまあ、こんな具合です。

私なんかからすると、
「クソ生意気なガキどもに手厚すぎるわい!」
と思うんですけどね。
まあ、いくらでも拡大解釈が可能な条文です。

で、この「子供の権利条例」を基準に、
川崎市の「人権オンブズパーソン」達は
これは人権侵害だと判断した場合は、
調査、調整、勧告、是正要請等を行い、
その内容を公表することが出来る。

この調査権というのは
人権擁護法の人権委員会のように
ゲシュタポもどきの強烈なものではない。
特に民間相手に勝手に踏み込んで調査などは出来ない。

しかし、相手が市の公的機関の場合は、
その保有する書類を自由に閲覧したり、
提出を命じたり、自由に立ち入ることが出来る。

実は、この「人権オンブズパーソン」制度によって
一番打撃を被っているのが川崎市の教員たち。

では、実例を見てみましょう。
このブログの記事をご覧あれ↓

川崎市の教育を考える会(仮):
 川崎市人権オンブズパーソンの悪弊


まあ、他人様のブログなので
引用するのは遠慮いたしますが、
ある教師が、言うことをきかない生徒に対して
正当な叱責を行ったところ、
それが人権侵害と訴えられ、
人権オンブズパーソンが介入して、
「君の行為は人権侵害だ」と認定されてしまい、
教師と校長は謝罪に追い込まれてしまった。

さらに、その経緯が
市の報告書としてホームページなどに公開される。

人権オンブズパーソン平成15年度報告書:
 第3章 救済申立て・相談事案から


 ◇事案:教員の暴言等による不適切対応

 ◇救済申立内容

  1,被権利侵害者:小学校低学年の児童

  2,権利侵害者:担任教員

  3,相談者:保護者(児童の両親)

  4,救済申立内容:
    児童は教室内で悪いことが起きるたびに、
    担任より大声で叱責を受けるなど、
    一年間つらい思いをしながら学校に通っていた。
    保護者は、担任教員の指導が適切でないと
    校長に訴えていたが、誠意ある対応がないため、
    救済を申し立てた。

 ◇救済活動等

  人権オンブズパーソンは、救済申立てに基づき、
  教育委員会をとおして学校に調査実施通知書を送付し、
  担任教員や校長の面談を行った。
  
  面談で、救済内容について事実確認をしたところ、
  担任教員は、児童の授業中の立ち歩きや、
  クラスメイトとのおしゃべりにより
  授業の中断を余儀なくされた時などに大声で注意をしたり、
  聞き入れられない時には腕を強くひっぱるなどの
  言動があったことが判明した。
 
  人権オンブズパーソンは、校長と担任教員に、
  担任教員が児童の心を傷つけるような
  行き過ぎた言葉や行動があり、
  教育的配慮に欠けていたことを指摘した。
 
  その指摘に対して、担任教員は事実を認め、
  自ら反省し、校長とともに保護者に謝罪した。
  また、校長は教育委員会に相談し、
  児童への行き過ぎた指導について
  反省を促すための研修を担任教員に対し行った。


(((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

なんでしょうか、これは?

  児童の授業中の立ち歩きや、
  クラスメイトとのおしゃべりにより
  授業の中断を余儀なくされた時などに
  大声で注意をしたり、
  聞き入れられない時には
  腕を強くひっぱるなどの言動があったことが判明した。

なんか問題あるんでしょうか?
授業中の立ち歩き?
クラスメイトとのおしゃべり?
そんなもん、頭をはたいてやれ。
怒られて当然だろ!

とまあ、こんな調子で訴えられ、
最終的に謝罪に追い込まれたりしたら、
教師はうかつに叱れなくなる。
「人権侵害教師」のレッテルを貼られてはたまらないもんね。

実際問題、川崎市の教育現場では
生徒に対して叱ることが難しくなっているらしい。
生徒もそれをいいことに、やりたい放題やる。

さらに上記ブログにも書いてますが
この条例の恐ろしいところは
人権擁護法と全く同じで、
訴えられた側に異議申し立ての機会を認めてないこと。
当然ながら弁護士もつかない。
不服であれば自腹で裁判を起こすしかない。


この川崎市の人権オンブズパーソン条例は
いわば人権擁護法のミニ版。
人権擁護法ほど強烈ではなく、
その権限も軽度で限られたものである。

しかし、その限られた権限であっても
「掣肘する存在がない」「止める人間がいない」
という点においては同一であり、
人権の名の下、他人を糾弾することが出来る。
その弊害は川崎市の教育現場において
すでに現れ始めている。

この雛形のような条例を見て、
さらに強力な人権擁護法が通った時の
日本の状況を想像してみればいいと思う。

告発・糾弾・立ち入り調査・弁明の機会無し。
誰もが人権委員会の権威に怯え、
己の言動を掣肘され、
言いたいことも言えず、
行動すべき時にも行動できない。

まるで暗黒の世じゃないですか。



川崎市の教育を考える会(仮)

月刊「正論」2002年7月号:
 「反人権」教育が子供を救う


人格と家庭を破壊する危険持つ「子どもの権利条例」


川崎市子どもの権利条例サイト

川崎市人権オンブズパーソンサイト


娘通信♪関連過去記事
「人権擁護法」その2・・部落解放同盟
「人権擁護法」その1・・天下の雑法。
[PR]
by misaki80sw | 2005-03-31 00:05 | 人権擁護法
a0018138_21216.gif


インドと天然ガス開発・日本政府、夏にも探査

 日本、インド両政府は
 ベンガル湾沖合のアンダマン諸島付近で
 天然ガスの共同開発に着手することで基本合意した。
 今夏にも日本の独自探査を開始し、
 早ければ来年から民間主導で共同採鉱を始める。
 日本政府は天然ガスの輸入先を多角化するとともに、
 エネルギー分野の協力で
 インドとの関係強化に弾みを付けたい考えだ。

 天然ガス資源開発は
 インドを訪問した自民党の安倍晋三幹事長代理が
 22日のシン首相らとの会談で大筋合意した。
 4月末の小泉純一郎首相の訪印をにらみ、
 両政府は詰めの交渉を進める。

   (日経新聞)


安倍幹事長代理のインド訪問。
なかなかの歓迎ぶりだったみたいね。

インド側も、日本の保守党のホープの訪印とあって、
政治的思惑も兼ねて大歓迎となったのだろう。
それは日本に対する期待のジェスチャーであり、
同時に中国に対する見せつけでもある。
「ほれほれ、見てみろ、中国よ」ってな感じ。

インドの仮想敵は2つ。

1、パキスタン

2、中国

パキスタンは眼前の小敵であり、
中国は遠方の大敵。

最近、中国と反目している日本は
「遠交近攻」策の一環としてインドへ接近し始めている。
4月末には小泉首相のインド訪問が予定されており、
安倍訪印はその露払い。

アジア一帯の地図を俯瞰して見るならば、
最近の中国の東南アジア・南アジアへの進出は凄まじい。

今年1月、米ワシントン・タイムズ紙は、
中国がエネルギー戦略の一環として、
中東から南シナ海までのシーレーン沿岸国に
海軍基地やコンテナ港施設などを
積極的に建設していると報じた。

同紙が入手した米国防総省の内部文書によると、
中国は、ペルシャ湾に近い、
パキスタンのグォダール港に海軍基地を建設中で、
そこには既に中国の諜報(ちょうほう)部門が設置され、
ホルムズ海峡やアラビア海を通行する船舶の
監視を行っているという。
ミャンマーにも海軍基地を建設しているほか、
マラッカ海峡に近いベンガル湾の島々にも
情報収集施設を設置したとのこと。

ワシントン・タイムズの分析によると、
この中国の動きは台湾問題に連動しており、
中国が台湾へ武力侵攻すれば、
米国は中国のシーレーンを封鎖することが考えられるため、
その防御として沿岸各国に基地を建設してるとのこと。

う~ん、まあ外れちゃいないけど、
それだけではないでしょう。
目的はあと2つ。

◇日本と台湾のシーレーン封鎖

◇インド洋の資源確保

上記の中国の基地建設の動きに関しては
メルマガ「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」が詳しい。
そこから情報だけ抜粋します。

パキスタンのグォダール港。
中国政府はパキスタンに資金を提供し、
ここに一大貿易港兼軍港を作ろうとしている。
グォダール港からカラチまでの
高速道路工事が急がれており、
最終的にはアフガニスタンを経て
新彊ウィグル自治区までをつなぐ。
これにも中国は膨大な資金援助を行った。

また、中国はミャンマーとも関係を深めており
アンダマン海沖の二つの島を
ミャンマー政府から租借して海軍基地を構築した。

時は90年代後半から2005年にかけてであり、
日本がせっせと対中ODAを貢いでる間に、
彼らはパキスタンやミャンマーに軍港を造っていた。

さらにインドの隣国バングラディッシュは
中国との古くからの友好国で、
特に軍部同士が仲がいい。
中国製の廉価な武器を
貧国バングラディッシュは必要としている。

中国は、バングラディッシュが生産する、
良質な石炭の鉱区開発を狙っている。
また、バングラディッシュ沖合には
ガス油田が発見されている。

まあ、こんな感じなんですね。
中国は続々とインド洋周辺に進出しつつある。

日本はシーレーン防衛の観点から、
この中国の動きを封殺すべき。
インドと結ぶのも良策だけど、
それ以外に、ミャンマー・バングラディッシュに働きかけて
彼らを親中同盟から脱落させるべき。

すでにミャンマーでは、
インドと中国による綱引きが始まっている。
逆にミャンマーは
両国を天秤にかけて双方から援助を引き出そうとする。
ここらへんはシビアな外交戦。

日本は、ASEANに影響力を強めることにより、
ミャンマーを自勢力圏に組み込み、
インド・バングラディッシュとの友好関係を高めるべき。
これにより、シーレーンを保持し、
中国に対する南方からの封鎖網を構築する。

その意味では、先般のマラッカ海峡の海賊人質事件。
「あ~解放されてよかった♪」で終わっちゃったけど、
本来ならば、それで幕を引いてはいけないよ。

むしろ、これが普通の国ならば、
普通に国益を追求する国ならば、
たとえば、これが中国のような国ならば、
「奇貨おくべし!」とばかりに
海峡の安全通行の保持と海賊撲滅を言い立てて、
インドネシアやマレーシア・シンガポールと組んで、
国際的な海峡警備機構の創設などを行うでしょう。
そしてマラッカ海峡周辺に
自国の勢力を扶植しようと務めるでしょう。

日本は集団的自衛権の絡みで
そういうことが難しいのは百も承知だけど、
それ以前の問題として
政治家から、そういう発想すら出てこないのは
いったいどういうこっちゃ?

戦略的発想で自国を取り巻く状況を見ないと、
いつまでも米国におんぶに抱っこじゃ、
この繁栄も長続きしないでしょう。



メルマガ:宮崎正弘の国際ニュース・早読み

軍事情報:アンダマン・ニコバル諸島の現状


娘通信♪関連過去記事
日米「共通戦略目標」発表・・中国封じ込めと攻守同盟
李登輝氏、来日へ・・日中台米の思惑。
米国退勢、覇権の移行、日本の戦略は如何に?
イラク戦争の様々な観点:大量破壊兵器とユーロ建て決済
[PR]
by misaki80sw | 2005-03-30 21:08 | 日本(政治経済)

<ここ3日間の更新>

盧武鉉、外交転換発言の真意は?・・米経済と韓国軍部

南米マフィア、手作り潜水艦で麻薬密輸!?

「人権擁護法」その2・・部落解放同盟

タコが二足歩行!?・・米大学チームが撮影 ミ(。:)

「ベルリンの壁復活を望む」・・ドイツ、東西統合の蹉跌

ジェンダーフリー考 その8・・教育の惨状(後編)


久々に3日連続で更新しました。

今日は私は、お休みをいただいてまして
外が雨だったこともあり、
じっくりとブログの更新と読書にいそしみました。

最近読んでる本は、
やっぱ、ブログのネタに近いやつが多いですね~

◇中国人民驚話国

◇野中広務:差別と権力

◇中国の嘘

◇台湾問題:中国と米国の軍事的確執

私は同時並行的にあれこれ読むのが好きなので
だいたい常時3~5冊は読んでます。
こうやってラインナップを見てると
何だかんだ言って中国系がほとんどですね。

さて、今日は「ジェンフリ考」の8を書きました。
いかがだったでしょうか?
私としては、このシリーズ最大の激戦区、
「過激性教育」を書き終えてほっと一息です。
あ~ノドが乾いたぜ ( -_-)旦~ フゥ...

本文にも書いたとおり、
このシリーズもあと一回で終了です。
我ながらよく書いたなあ。

それと今日は「ドイツ、東西統合の蹉跌」を書きました。
当初、記事の候補は3つあって、

◇安倍たん、インド訪問記

◇中国「反国家分裂法」

◇東西ドイツ統一問題

どれにしようか迷いましたが、
結局、ドイツを選びました。
あとの2つはまた後日に書きます。

それと前々から書いている「真・三国無双4」ですが、
やっと昨日、プレーしました。
10日前に買って以来、やっとできました。

なんかブログを始めて以来、無茶苦茶忙しくて、
一日が、仕事・ブログ・読書の
3つで終わってしまいます。
他の入り込む時間がありません。
前にホームページをやってた時も
ここまでは多忙じゃなかったと思う。
そういえば最近、カラオケ行ってないなあ。
コンパもご無沙汰だよなあ。
彼氏・・・私の青春はどうなるんだ (ノ_・。)


さて、本日の補欠ニュースです。


<国際>

中国・上海が出産奨励策
 超高齢化恐れ「第2子」容認


 中国社会の高齢化のスピードは凄まじい
 例の一人っ子政策が影響してるわけだが、
 その転換が始まったらしい。

 でも、上海に限ってるのはどういうことか?
 おそらく実験的な意味もあるんだろうね。
 それと、大都市に限定しないと
 地方で実施すると中央政府の威令が及ばないために
 たちまちなし崩しに広まってしまう。
 それを恐れたのでしょう。


北朝鮮で鳥インフルエンザを初確認
北朝鮮の鳥インフルエンザ感染拡大防止で
 支援の用意=韓国


 すでに15日に、
 韓国紙が報じたこのニュース。
 やっと北朝鮮当局が認めた。
 すでに日本の農水省は
 北朝鮮産の鶏肉輸入を停止している。

 食糧難の上に、今度は鳥インフルエンザ。
 黙示録的な「亡国の予兆」だな。


日韓首脳会談、予定通り 中止理由ないと盧大統領

 いや、逆に日本から中止を表明すべき。

 あれほど酷いことを言われ放題言われて、
 小泉さんも会談なんかよくやる気になるなあ。

 盧武鉉氏も、どの面下げて会談するのかね。


キルギス 露、暫定政権承認へ 議会混乱
 機能不全の恐れ


 これ、いずれ記事にしないとなあ。
 中露はビビってるでしょうね。

 中央アジアの政局って興味深い。
 石油と天然ガスと独裁制とイスラム化。
 どこも判で押したように同じ。


何清漣氏著「中国のベールを剥ぐ」
 党のマスコミ支配暴露


 これは邦題「中国の嘘」という本ですが
 今、熟読しています。
 非常に面白いです。

 いずれ、これを元ネタに記事を書く予定。


<国内:政経>

東シナ海ガス田開発、政府の対処方針が判明

 それはいいんですが、
 問題は中国が積極的に妨害行動に出た時の対処だな。
 今は音波で邪魔したりする程度だけど、
 いずれは、軍事的な妨害・威嚇・衝突も考えられる

 そうなった時にどうするのか?
 日本政府に想定計画はあるのかな?


不法残留20万7000人・4年ぶり前年比1万人超減

 不法残留者が減ったとのこと。
 大いに慶賀、慶賀。

 でも、基本は
 はなっから国内に入れないこと。
 それが出入国管理の根本だと思うよ。


<人権擁護法関連>

安倍・自民幹事長代理、人権擁護法案の提出に反対

 前々から反対を表明していた安倍たん。
 改めて人権擁護法反対を表明。
 ほとんどこの人、
 日本の保守の希望の星になりつつある。
 
 目端の利く政治家や官僚は
 この人の周りに参集を始めてるでしょうね。


<国内:社会>

「日本におけるドイツ年」開幕へ
 各地で700の多彩な催し


 そうだ、そうだドイツ年だ!
 日韓友情年なんて
 釜山沖にでも捨てちまえ (^。^)/ ⌒-~ ポイ!


竹島と独島 これを「友情島」に…の夢想

 朝日の馬鹿コラムニストが電波全開の発言。

  例えば竹島を日韓の共同管理にできればいいが、
  韓国が応じるとは思えない。
  ならば、いっそのこと
  島を譲ってしまったら、と夢想する。

  見返りに韓国はこの英断をたたえ、
  島を「友情島」と呼ぶ。
  周辺の漁業権を将来にわたって
  日本に認めることを約束、
  ほかの領土問題では日本を全面的に支持する。
  FTA交渉も一気にまとめ、
  日韓連携に弾みをつける――。

 春になると、こういう手合いが多く出る。


<ホリエモンVSフジ関連>

SBI、日テレにもファンド出資打診…氏家会長明かす
ライブドア堀江、SBI北尾両氏の会談が中止に
フジとライブドア、提携に関し協議継続を再確認
買収防衛策の相談が急増 慌てる企業、セミナー盛況
フジと提携 ソフトバンク前向き 情報内容充実へ意欲

 ソフトバンク系の介入で
 今や冷や汗たらたらのホリエモン。

 そう言えば、この人のブログ「社長日記」って
 食べ物の話しと自社製品の宣伝ばっかりなんだよなあ。
 
 読者はそんな話しはどうでもいいと思ってるよ。
 君に食べ物の講釈聞いてもしょうがないよ。

 *livedoor 社長日記

 ちなみにホリエモンのブログは
 もう一つの「堀江貴文のお仕事相談Blog」と合わせて、
 合計2つあるわけだが、
 その謳い文句が笑わせてくれる
 
  「livedoor社長日記」と「堀江貴文のお仕事相談Blog」
  が読めるのはlivedoorキャリアだけ!

 あんた、鳥山明かって(笑)


<IT関連>

広がるRSS配信、投資や中古車情報も

 ネスケの開発したRSS技術が
 今や爆発的に広がっている。
 実際、便利だもんね。


乗り換えたい携帯キャリアの人気トップはau

 私もそう思う。


Google Newsで相次ぐ失点
 自動ニュース集約サービスが議論の的に


 この「Google News」って、よくよく考えてみれば、
 ホリエモン提唱の
 人気ランキングによるニュースサイトを
 すでに先取りしてるんだなあ。


スイカもキャッシュも1枚で…JR東日本とみずほ提携

 便利は便利だけど、
 問題は落とした時の対策だね。

 いかに悪用されずに済むか。
 これが今後のポイントだな。


<仰天・脱力系>

「尻をムチで打つセラピー」が中毒患者に効果的と
 科学者が発表


 単なるSMじゃないかと思うのは
 私だけでしょうか? (^^;)


失恋男、35階の窓から全てを投げ捨てる

  香港で失恋した男性が怒りのあまり
  35階の自宅の窓から
  家財道具いっさいを投げ捨てて逮捕され、
  現在精神鑑定を受けている。
  けが人はなかった模様。

 なんか妙に可笑しい。


美人を前に大奮闘「男は単純」
 氷水我慢実験で明確に


 この実験の結論は、

 ◇男は単純

 ◇美人はお得

 この2点。

 そうですか、そうですか (ーー;)


<他のブログ紹介>

川崎市の教育を考える会(仮):
 婦人公論4月7日号「迷走する学校でのジェンダーフリー」


 反ジェンフリ系のブログ。

 婦人公論掲載の記事が興味深い。


退屈をブッつぶせ!:
 人権擁護法案を考える緊急集会


 オモチャさんのブログ。
 「人権擁護法案を考える緊急集会」の
 告知が載っている。
 
 私も行ってみようかな~。
 でも、月曜だから仕事終わらないだろうなあ。


退屈をブッつぶせ!:
 さぁ~て、来週のiPodは?


 同じく「退屈をブッつぶせ!」から。

 iPodCMサザエさんヴァージョンの紹介。

  「エネルギーとエレクトロニクスの
  アップルがお送りしました。」

 この部分をクリックすると
 サザエさんヴァージョンが見られる。

 これは面白いな~。
 何度も繰り返し見ました。
 マスオさんのギタープレーもいいけど、
 波平と船のダンスも最高!


散歩道:要するに韓国人はマゾである。

 韓国人の「火病」に対する分析。


新・柏原日記:私の男女均等観は如何に

 柏原日記さんの男女論が
 連続シリーズものへ。
 
 私のはジェンフリ批判だけど、
 この人のはジェンフリをおちょくってるなあ(笑)


<おまけ:今日のAA>

サハリン州全体の税収の4割を稼ぐ
 主力の水産加工場が全焼 択捉島


盧大統領「首脳会談は予定通り6月に行う
 中止理由ない」改めて強調 その1


盧大統領「首脳会談は予定通り6月に行う
 中止理由ない」改めて強調 その2


中国新華社電「独島は歴史上韓国領土」その1

中国新華社電「独島は歴史上韓国領土」その2

中国新華社電「独島は歴史上韓国領土」その3

中国新華社電「独島は歴史上韓国領土」その4

中国新華社電「独島は歴史上韓国領土」その5

中国新華社電「独島は歴史上韓国領土」その6

中国新華社電「独島は歴史上韓国領土」その7

【北朝鮮】ささやかな日流? 日本製自転車が人気
 価格5倍に=女性に昨年「解禁」

[PR]
by misaki80sw | 2005-03-29 02:37 | 補欠ニュース
a0018138_20483740.jpg


ジェンフリ考の8回目。
「教育の惨状」の後編です。
今回は過激な性教育の実態を書きます。

「百聞は一見に如かず」ですから、
私がああだこうだと語るより
画像を多く掲載する形にします。

ただ、過激画像をそのまま載せると
エキサイトがビビって削除しかねないので、
画像はリンクで対処します。
あらかじめご承知ください。


2003年7月、衆院決算行政監視委員会で、
山谷えり子議員が小泉首相に
教育現場における過激性教育について質問した。

この時、山谷議員は
全国の教育現場で多く使われている、
「スージーとフレッド」という性器のついた人形を使って
小泉首相に質問しようとしていた。
しかし、これに生中継するNHKから待ったがかかった。

 「山谷先生、そんな卑猥なもの、とても放送できません」

NHKで放送できないようなものが
小学校低学年の授業で使われている。
この馬鹿げた現実。

ちなみに、これが「スージーとフレッド」↓

スージーとフレッド

もともとは米国で
性的虐待を受けた子供の証言のために作られた人形。
それが日本では児童の性教育で使われている。

この「スージーとフレッド」が
この問題に危機感を持つ人たちの耳目に触れたのは、
東京都の都立七生養護看護学校の
性教育問題がきっかけだった。

以下、平成16年2月3日の産経新聞より。

都立の養護学校、過激性教育 校内文書で判明

 過激な性教育や教員の服務違反などが発覚、
 教職員が大量に処分された、
 東京都立七生養護学校(日野市)の問題で、
 児童生徒が暮らす寮や
 一部保護者からたびたび同校に対し、
 実施された性教育をめぐる疑問や批判、
 苦情が寄せられていたことが
 産経新聞が入手した校内文書の記録などでわかった。
 性教育を受けた後、性器の名称を公然と口走ったり、
 人前で触るなどの事例があった。
 都教委も深刻に受け止めており、
 同校の正常化を急ぐ方針だ。

 同校では平成八年ごろから一部教員らによって、
 性器を具体化した教材などで
 独自の性教育が始まった。

 同校の性教育をめぐる会合の
 会議録など校内文書によると、
 児童生徒は性教育を興味本位にとらえがちで、
 時や場所を踏まえずに性器の名称を口走ったり、
 性器をいじる、見せ合う、触り合う、
 といった行動が寮に広がり困る-などの苦情が
 保護者や学校に隣接した寮の職員から寄せられた。

 特に寮職員からは
 「女子生徒同士が裸で布団に入っていたのを見つけた」
 として当惑した例も。
 「女児が先生に抱き付いたりべったり身体を預けて
 歩いていく姿を見かけ気がかりだ」
 「男女を問わずに生徒が結婚してほしいと持ち掛けてしまう」
 といった出来事に違和感を抱いた職員もいた。

 なかには皆が集まった集会室で
 いきなり自慰行為を始めたので注意すると
 「学校で自慰行為は恥ずかしいことじゃないと教わったよ」
 と答えた男子生徒などの報告も。
 「教わった内容を使い分けできない子供に
 どこまで必要なのか」と教育内容への疑問もあった。

 学校では寮側の困惑に一定の理解を示しつつも
 「悪いとしかるのでは羞恥心を
 しっかりと育てることにはつながらない」
 「自分の身体を触るのは自分の権利」などと説明。
 「気持ちいいと思うのを大事なことと
 肯定的にとらえて(自分の身体を触る)
 時間と場所を保障しましょう」
 などと寮側を“啓発”していた。

 保護者からも「新たな言葉を次々に覚え、
 校外で何の脈絡もなく
 子供が『セックス』などと口走り困る。
 わが子には性教育は不必要だ」
 といった訴えなどもあった。

 都教委指導部でも「そうした実態は
 学校関係者からの聞き取りや調査で相当判明しており、
 切実な声として深刻に受け止めている」と話しており、
 同校の正常化を急ぐとともに、
 保護者からの声にもさらに耳を傾けたいとしている。


七生養護学校は過激な性教育で知られ、
全国のその種の学校の「模範」となっていた。

しかし、父兄から苦情の声があがり、
平成15年7月、東京都教育委員会と
都議会議員らが同校に視察を行った。
古賀俊昭、田代ひろし、
土屋たかゆきの各都議会議員、
町田の大西宣也市議、日野の渡辺眞市議、
杉並の松浦芳子区議達。

東京都教委と各議委員たちは驚愕した。
教材として使われている性人形と道具の数々。

日野市渡辺眞市議の撮った写真

古賀俊昭都議の撮った写真

これに驚いた東京都教育委員会は
これらの性教育グッズを「不適切教材」として押収し
同校の教育正常化を働きかけた。
現在、七生養護学校では
過激性教育は鳴りを潜めてるという。

この押収された教材の中に一つのビデオがあった。
「こんなときはノー!といおう」という題名。

こんなときはノー!といおう

内容は、大人による子供への性的虐待を描いている。
小学校低学年の時に父親・兄・おじから、
性的被害を受けるというアニメビデオ。
このビデオは各地の小学校で見せられている。

以下、月刊『正論』平成15年9月号掲載、
古賀俊昭・土屋たかゆき両都議の文章から。

アダルトグッズが乱舞する教室

 父親に夜ベッドで本を読み聞かせてもらった、
 幼いころの思い出を持っている人も多いだろう。
 「こんなときはノー!といおう」(アー二ー出版)では、
 夜ベッドで添い寝をしながら本を読んでくれている父親が、
 娘の体を触る場面がある。
 その種のアダルトビデオではない。
 
 プロレスごっこをしている叔父さんが体を触る、
 兄が妹の風呂を覗く場面もある。
 娘や妹、姪に性的いたずらをする、
 3人の男が登場するこのビデオ、
 東京都町田市の小学校の授業で使われている。

 実践した教諭によれば、見知らぬ人への警戒心を
 今の小学生はある程度持っていると解説する。
 ところが、身近な人からの性被害に関しては
 どう対応したら良いのかを知らないために、
 近親からの性的虐待について、
 指導する必要があると力説する。
 
 相手は小学生だ。
 近親からのそうした事例はないとは言えないが、
 教室でその種のビデオを流す必要があるのだろうか。

 ある日突然、それも学校の授業の中で、
 お父さんが体を触る、お兄さんが
 風呂を覗く変質者に「なり得る」と教わった。
 お父さんは不潔、あんなに優しいお兄さんも
 何を考えているか分かったもんじゃない。
 「そばに寄らないでよ不潔!」ということになる。
 実際、町田市では、
 「今日からお父さんとお風呂に入らない」と
 父親を拒絶するようになった例もあるといい、
 現在、大西宣也市議が調査を実施している。


私がこの「こんなときはノー!といおう」を
試みにグーグルで検索してみたところ、
なんと、長野市の男女共同参画意識啓発用の
貸し出しビデオ一覧に入っている。
さらに、福岡県飯塚市の視聴覚ライブラリーの
ビデオ教材のリストにも入っている。

長野市:貸出用啓発ビデオ一覧表

飯塚市視聴覚ライブラリー:教材ビデオ

ちなみに、このビデオを作っているのが
性教育の教材製作を行っている「アーニー出版」。
代表は北沢杏子という人物。

北沢杏子と性を語る会

この人物は全国の小学校で
性教育の講師として引っ張りだことのこと。


まず、いくつかの事例をあげましたが、
この日本の教育界の性教育に
大きな影響力を持っているのが
「“人間と性”教育研究協議会」という団体。
略称「性教協」。
この団体を創設したのが故山本直英氏。

“人間と性”教育研究協議会/Seikyokyo

この山本氏に関しては、
前にジェンフリ考2の「尻尾の無い狐」で触れた。

ジェンダーフリー考 その2・・尻尾の無い狐

以下、再掲します。

日本のジェンダーフリーの論客で
今は故人となった山本直秀という人がいる。
あの宮台真司氏などと複数の共著がある。

この人物、性教育にえらく熱心で
教育研究協議会(略称・性教協)という教育団体を創設し、
ジェンダーフリー譲りの性教育と性的自己決定権を
年端もゆかぬ小中学生に鼓吹してまわった。
一連の過激性教育の風潮は、この人物の影響が大きい。

彼の年来の主張は

  「人類の21世紀におけるユートピアは
  『エロスコンミューン』の実現にある」

  「エロスとは、全ての人間の根底にある、
  人とのゆるぎない性的ふれあい」

  「コンミューンとは
  管理や抑圧や統治されることから自らを解放する、
  自覚的な個人と個人の共同体」

  「いつ誰とどんな状況で性交するかは
  まったくその人の生き方であって、
  人から指示されたり規制されたりすることのない、
  主体性にかかっている」

  「男と女とは、たとえ結婚に結びつかなくても、
  婚前でも、婚外でも、たとえ親子の不倫でも、師弟でも、
  まさに階級や身分や制度を越えて
  愛し合うことが可能なのである」

婚前でも、婚外でも、はたまた親子でも・・
絶句としかいいようがない。
それって近親相姦ってことでしょ。
こういう人物が教育現場で子どもに性教育を教えていた。

さて、この山本直英氏が信奉していたのが、
ジェンダーフリーの淵源の一人、ヴィルヘルム・ライヒ。

ヴィルヘルム・ライヒ。
フロイトのもっとも有能な弟子の一人。
マルクス主義と精神分析を総合し、性の全面開放を訴えた。
性的エネルギーの開放を阻害する道徳・制度などが、
性障害や神経症の原因であり、
抑圧を解き、性を開放することが
社会革命の根本と説いた。

ライヒ曰く、

  「結婚まで純潔を
  守らなければならないという考え方は
  ブルジョアが発明したものだ」

マルクス主義の影響がプンプンと臭っているね。

彼は家庭を壊すことが革命につながると考え、
家庭を壊すために性を解放する必要があると語った。

  「まっさきに保守主義の
  イデオロギー的雰囲気がはぐくまれる場所が
  権威主義的な家庭だ」

  「保守主義の考え方によれば
  家庭こそ基盤、つまり人間生活の中心というわけだ」

彼は意図的・戦略的に家庭を崩壊させ、
国家秩序・資本主義、
そして社会道徳の解体を構想した。

狂ってます。
狂ってるとしか思えません。
こういう人物がこの団体を創設し、
さらに日本の性教育に影響を与えている。

性教育グッズ秘宝館:
 「性教協」の先生による授業「実践報告」


「正論」平成15年12月号:
 過激性教育の“伝道者”たちよ、そんなに批判が怖いのか!


この「性教協」だが、運営資金を
性教育の書籍販売や、
学校の性教育テキストの監修を行うことで賄っている。

彼らが監修した教育テキストの中に
川崎市の男女共同参画センターが高校生向けに発行した、
「21世紀を生きるあなたへのメッセージ」がある。

21世紀を生きるあなたへのメッセージ

これは発行された当初、
週刊誌が取り上げて社会問題になった。
初版は平成13年3月。
改訂版は15年3月に発行されている。

以下、内容です。

◇性別について
 「女は・・・・」「男は・・・・」という言い方には
 ほとんど生物学的な根拠がないということになります。

◇セックスについて
 人間は妊娠の心配なく、
 セックスの喜びを味わえるように、
 避妊という方法を考え出しました。
 女性が子供を産みたいと思うときにだけ妊娠し、
 その他は快楽や安心感や生きるエネルギーを得るために
 セックスができるようになったのです。

◇自慰行為について
 この行為は自慰とかセルフプレジャーと
 表現されることもありますが、
 このテキストでは自分ひとりでする性行為という意味で、
 シングルセックスという言葉を使いたいと思います。

◇セックスはインサートだけではない
 女性が性的快感を得るところは、
 人によってもいろいろですが、
 その中でも男性のペニスに当たるクリトリスが
 最も敏感と言われています。

◇結婚について
 女性は「愛という名のもとに」喜んで自分よりも
 家族を優先することを強いられ、
 男性は強くたくましく弱音を吐かずに
 妻子を養っていくことを強いられてきたわけです。

◇Q&A
   
 Q:精液を飲んでも大丈夫ですか
 A:精液そのものには害はありませんが、
   性感染症があれば感染の危険があります。
   
 Q:器具を使ってやってもいいですか。
 A:快楽を得られるひとつの方法として
   考えたらどうでしょう。

 Q:10代でもピルの服用は大丈夫でしょうか。
 A:必ず産婦人科の先生に相談してください。
   月経周期が確立している人にとっては、
   10代でも適切な避妊方法のひとつです。

 Q:コンドームが破けてしまったときは
   どうすればいいのでしょう。
 A:排卵日前後にぶつかっているようなら婦人科に受診し、
   72時間以内なら緊急避妊という方法もあります。


ハイ、これが市が高校生に配った「教育本」です。
もう唖然です。

・・・それと、言っておきますが、
当ブログはエロブログではありません。
念のため。

川崎市市教委によると、このテキストを教材として
市職員が市内の高校で授業を行う「出前講座」が
平成13年度と14年度に5校で計7回実施され、
受講した生徒全員にテキストを配布したとのこと。

産経新聞の取材に市教委は当初、
「記述は指導要領の範囲内で問題はない」と釈明したが、
後になって「指導要領を大きくは逸脱していない」と修正。
「こうした教材が必要な生徒が個別にいるのは事実で、
回収や使用中止は全く考えていない」としている。


もう一つ、過激な性教育本をあげておきます。
物議をかもした「ラブ&ボディBOOK」。
厚生労働省が130万部作って全国の中学生に配布した。
中学生向けの「性教育」小冊子。
避妊方法を教え、特にピルの使用を勧める。

内容は以下。

 「ピルは男の子に頼らず女の子が
 自分で避妊できるのがメリット。
 世界中で広く使われている薬だよ」

 「月経が始まった日から21日間、
 毎日1錠ずつ飲むんだけど
 きとんと飲めば避妊効果抜群」

 「コンドームによる避妊は失敗が多いんだ。
 失敗率12%」

 「エッチな想像するのは正常なことだ。
 マスターベーションするのも悪いことじゃない」

 「もしきみが同性愛だと感じるのなら
 自分の正直な気持ちに従って生きていいと思う」

 「世の中には自分の子の性器をむりやりさわったり、
 セックスや性的行為を強要する親がいる。
 お母さんが息子に、ということもあるけど、
 圧倒的に被害にあっているのは女の子。
 相手は実の父や義理の父だったり、
 兄だったり、おじさんだったりする。
 これは親の性虐待、性暴力、性犯罪だ」

これでいいのか?性教育:
 思春期のためのラブ&ボディBOOK


これでいいのか?性教育:
 「ラブ&ボディBOOK」問題


ピルは副作用があり、若年から多用すると
不妊症になったりする危険性などには
全く触れられていない。

実はこの本、ピルの製薬会社8社が
発行に資金提供をしていた。

これに怒ったのが山谷えり子議員で、
国会でこの問題を取り上げ、
ついに厚生労働省はこの本の回収を表明した。
しかし、回収は不完全で
子供の手元に残ったままになったり、
ほとぼりが冷めたと言うことで再配布している学校もある。


さて、矢継ぎ早に実例をあげていきます。

◇横浜市立今宿小学校の過激な性教育。

3年生副教材「生命はどうやってできるか」

3年生用教材「いのちの単元構想」


◇京都府宇治市大開小学校の性教育

性教育プリント1

性教育プリント2


◇大阪府吹田市立西山田中学の性教育

のまりんの部屋:吹田市の性教育 ついに産経新聞に!

西山田中学:不適切教材!!!

西山田中学:出産フィルム上映


さてさて、いろいろ実例を挙げてきました。
最後に性教育総論といきます。

彼らが何故、こういう過激な性教育を
児童に施そうとしているのか?
理由は2つです。

1,子供の「性の自己決定権」の尊重

2,家庭と道徳の破壊

1は末端のジェンフリ信者が
常々口にする思想です。

 性の自己決定権:リプロダクティブ・ヘルス/ライツ

子供だろうが何だろうが
自分のことを自分で決定する権利がある。
性に対してもしかり。

ただ、彼らが恐れているのは「妊娠」です。
フリーセックスの推奨は必然的に妊娠につながる。
よって、性交渉の仕方や避妊の仕方を教え、
あるいは中絶について教え、
望まぬ妊娠から子供を守る必要がある。

こういう発想の順序で
彼らはどう考えても過激な性教育を
小学校低学年の児童に教え込むわけです。

次に2の「家庭と道徳の破壊」。
これはジェンフリの上級者用の思想です。

たとえば上述の
山本直秀氏のエロスコンミューンのように、
マルクス主義の影響を受けて、
現秩序と道徳を破壊しようとしています。
これが彼らの考える「革命」です。

おそらく、末端の連中は
こういう発想は知らないでしょう。
彼らは「性の自己決定権推進はいいことだ」と
無邪気にも思いこんでいます。

それを山本氏のような
マルクス主義的革命観を持った連中が
利用している構図です。

私がこの過激性教育で危惧するのは

 「羞恥心の消滅」

 「家庭と秩序の破壊」

この2つです。

過激性教育を行っている教師達が
判で押したように言う言葉が

 「性はいやらしくないものだ。
 それを子供に教えたい」

一見、まともな言葉に見えますが、
こういうあけすけな教育を実践していけば、
間違いなく性の神秘性は薄れ、
性に対する羞恥心も消えていくでしょう。

日本人の道徳は「恥」の文化だといいますが、
「恥ずかしいことをするな」という基準が消えたら、
それは日本という国の変質です。
もはや日本が日本では無くなると思います。

性が恥ずかしいものという意識が消えれば、
フリーセックスは当たり前になるでしょう。
夫婦の規範、恋人の規範も消えゆくでしょう。
そこから家庭の崩壊が始まります。

このブログの読者は
20代~40代が中心だと思いますが、
それよりも1世代から2世代下あたりが
この過激性教育の嵐を受けつつあります。

彼らは未来の日本を支える人材です。
もはや事態は取り返しのつかないところまで
来つつあります。


さて、次回は
この「ジェンダーフリー考」の最終回です。
ジェンダーフリーに対する総論と
各回で書ききれなかったことを補足として書きます。



新・国民の油断
 「ジェンダーフリー」「過激な性教育」が日本を亡ぼす
 西尾 幹二 (著), 八木 秀次 (著)


のまりんの部屋

これでいいのか?性教育-教室はアダルトショップ-

長尾誠夫のHOTPAGE

人づくり県民ネットワーク

山谷えり子議員サイト

国際派日本人養成講座:
 山谷えり子 ~ お母さん議員、奮闘す


フェミナチを監視する掲示板

税金で言いたい放題!やりたい放題!の
 フェミたちを晒すサイト


産経Web:教育を考える


娘通信♪関連過去記事
ジェンダーフリー考 その7・・教育の惨状(中編)
ジェンダーフリー考 その6・・教育の惨状(前編)
ジェンダーフリー考 その5・・ブレンダと呼ばれた少年
ジェンダーフリー考 その4・・保守の油断(後編)
ジェンダーフリー考 その3・・保守の油断(前編)
ジェンダーフリー考 その2・・尻尾の無い狐
ジェンダーフリー考 その1・・堂本県政の狂思想

左翼最後の悪あがき:「無防備地域宣言」運動。
ドイツと欧州、左翼思想と国家の衰弱。
外国人地方参政権問題その4・・オランダの荒廃。
[PR]
by misaki80sw | 2005-03-28 20:51 | 反ジェンフリ・反フェミニズム
a0018138_13181322.jpg


多くのドイツ人が「ベルリンの壁」復活を望む

 土曜日に発表された調査結果によると、
 冷戦の間、東西のドイツを分けていた壁が
 撤去されてから15年以上たった今、
 およそ4分の1の旧西ドイツ人と、12%の旧東ドイツ人は、
 「ベルリンの壁」を復活させて欲しいと
 思っていることが明らかになった。

 この世論調査は、西側では生活水準が低くなり、
 東側では経済混乱が起こっている状況は、
 東西ドイツ統一がもたらした高い代償だという、
 根強い抵抗感を反映している。

 また、世論調査によれば、
 旧東ドイツ人の47%が
 「西ドイツは東ドイツを植民地かのように手に入れた」
 という表現に同意している。
 これに対して、58%の旧西ドイツ人は、
 「東側は自己憐憫に浸っている」と答えている。

   (Excite ニュース)


2004年4月、
ドイツ政府は「旧東独復興の中間決算報告」を発表した。

それによると、1990年より2003年の13年間で、
旧東独復興に使われた予算は1兆2500億ユーロ。
しかし、東独側の生産性は全く高まっておらず、
経済成長は横ばい状態。
*1ユーロは約138円。

一方の旧西独側は
毎年GDPの4%、年間約830億ユーロを
東独復興のために費やし、経済は疲弊状態にある。

ドイツの経済成長率は
ここのところ4%を下回っているため、
ドイツ全体のインフラの整備や公共投資などに
重大なしわ寄せが出始めている。
ドイツは、約435万人にもおよぶ失業者を抱えており、
旧東側の失業率18.3%で
旧西側の8.4%の2倍以上と深刻な状態である。

つまり、この報告書が言わんとしてしていることは、
 
 「旧東独復興は失敗に終わった」

と、いうこと。

この事実はドイツ国民を震撼させた。
東西それぞれの国民が衝撃を受けたが、
中でも、投資元であり、
金を一方的に払い続けた西側の住民にとっては
ショックだっただろうね。

何故、失敗したか?
1990年のドイツ統一時に話しはさかのぼる。
統一前の東西ドイツの通貨レートは
1西独マルク:6東独マルク。
公式のレートはあくまでも1:1だったが、
闇の実勢レートは1:6だった。
また、東独マルクは東独内でしか使えず、
外国に持って行けば単なる紙切れでしかなかった。

それが東西ドイツ統合時に
時のコール政権の政治的配慮から
1:1の交換レートと定められた。
東独住民達は喜んで消費し、西側の文物を買いあさった。
「紙切れ」が西独マルクと同価値となった。

また、東独住民の雇用賃金や
公的保障(生活手当・失業手当等)は
同じドイツ国民であるという建前から
生産性の低さなど関係なく、西側と同一と定められた。

◇東西マルクの通貨レートは同じ

◇雇用賃金は同じ

◇公的保障も同一。

しかし、旧東独地域の生産性は低かった
東西の生産性の格差は45%の開きがあった。

で、何が起こったか?
東独の企業は資本主義社会に組み込まれ、
生産性の低さからバタバタと潰れ、
東側では失業者が急増した。

40年間、社会主義体制下にあった東独住民は
資本主義社会特有の勤勉さやタイムマネジメント、
その種の発想に欠けていた。
かつて、国が雇用の面倒をみてくれた。
100人の仕事を千人で分かち合った。
働き者も怠け者も等しく国が面倒を見てくれた。

西独側の企業にしてみれば
何を好きこのんで東独地域に進出する必要があるのか?
西側と同一賃金・同一保証で生産性の低い東独住民を雇う。
馬鹿馬鹿しい。
これならポーランドやチェコに進出した方が
よっぽど人件費が安くていい。

かくして東側企業の倒産は相次ぎ、
西側の企業は東への進出を見送った。
残ったのは東側の失業者の山である。

本来ならば、
東西に格差をつけるべきだった。
特に東側の雇用賃金を生産性に見合った形で低く抑え、
西側企業の誘致を行うべきだった。
一国の内部に先進国地域と途上国地域が
突如として生まれた状況では
「一国二制度」が取るべき選択ではなかったのか?

結局、この統一時の経済統合の失敗が
後になって響いてくる。
彼らは建前を優先させすぎた。
あるいは経済的実情よりも政治的配慮を優先した。

「基本的人権」と「同じドイツ国民」
この理念と建前のために
全てを同一にしたことの失敗である。

2004年9月、
ドイツ大統領ホルスト・コーラーは、

 旧東独地域に対しては、西に対して
 賃金などを差別化することもやむをえない。

と発言した。
ちなみにコーラーは元経済専門家である。

この発言にドイツ国内は騒然となり、
他の政治家や新聞各紙は以下のように論評した。

 「適当でない発言」

 「思慮に欠けた発言」

 「正論を述べることと、
 正義の側につくことは同一でない」

 「政治家は何を言おうが
 どんな約束をしようが許されるが、
 ただ一つ、国民のさらされている状況が
 本当はどうなっているのかという、
 真実だけは決して述べてはならない」

つまりコーラーは
言ってはならない真実を公言してしまったわけである。
誰もが人権の名の下に目を塞いでる真実を言ってしまった。
「王様はハダカ」だと。

現在、旧東独地域から西側へ、
若年層と技術者の流出が続いている。
1991年には1810万人だった東独の人口は、
今や1700万人にまで落ち込んだ。

ドイツ政府は報告書の発表後、
東独復興政策を見直し始め、
東独にまんべんなく投入していた援助金を、
政策の成功が見込まれる経済成長地域に
重点的に投資すべきだ、という意見も出始めた。

この東西ドイツの経済統合の失敗は
多くのことを示唆してくれる。
経済的実情を無視して、
「人権」を優先させることの危うさ。
政治的配慮を優先させることの危うさ。
それは、今後にあり得るかもしれない、
朝鮮半島の南北統合にも多くのヒントを与えてくれる。

かつて、かの鉄血宰相ビスマルクは

 愚者は経験から学び、
 賢者は歴史から学ぶ

と言った。

ドイツは、この手痛い「経験」から学び、
今後の復興策を転換させるべきでしょう。
また、同一の境遇にある韓国は
この「歴史」から学ぶべきでしょう。



「ドイツは苦悩する―
 日本とあまりにも似通った問題点についての考察」
 川口マーン惠美 (著)


外務省:ドイツ連邦共和国


娘通信♪関連過去記事
ドイツ、苦悩の少数民族問題・・自由と権利の旗の下に。
ドイツと欧州、左翼思想と国家の衰弱。

「北朝鮮始末記」その3・・「開城団地」という踏み絵。
[PR]
by misaki80sw | 2005-03-28 13:24 | その他諸国・国連
a0018138_2340424.jpg


メジロダコ:2足歩行を撮影
 米カリフォルニア大のチーム


 タコが2本の足で器用に「歩く」様子を、
 カリフォルニア大バークリー校などのチームが撮影し、
 25日付の米科学誌「サイエンス」に報告した。
 2本足歩行は、筋肉が骨を支えている動物だけが
 できると考えられているが、
 チームは「運動学的にみて歩行と呼んでもいい」と
 分析している。

 メジロダコは、
 8本のうち2本の足を規則的に交互に動かし、
 後ろ向きに移動していた。
 はうように進む通常の移動よりわずかに速く、
 残る6本は胴体に巻きつけていた。
 このタコはサンゴ礁などの砂地に生息し、
 ココナツの殻を巣にすることから
 「ココナツタコ」とも呼ばれる。

 ハファードさんは
 「海底を転がるココナツの殻に見せかけることで、
 捕食者にさとられないよう速く移動できる」と推測した。

   (毎日新聞)


面白いね~。
タコの二足歩行ですか。

連続写真で見たい方はこちら
動画で見たい方はこちら

ちなみにタコって学習能力が高いそうで
器用に瓶のフタを開けたりとかできるそうです。

タコの学習能力

頭がいいんだろうね。
それに軟体だから器用だし(笑)。
[PR]
by misaki80sw | 2005-03-27 23:40 | 科学・技術関連ニュース

自民党の人権擁護法可決の動きは
ひとまず小休止といった感じですが、
単なる「嵐の前の静けさ」かもしれず、
私も手を抜くことなく、第二弾を書いておきます。

イエス・キリストが

 その木が良い木か悪い木かは、
 実る果実を見れば分かる

と言ってますが、
私は逆も真なりと思っています。

即ち、

 その果実が良い果実か悪い果実かは
 その元の木を見れば分かる。

「人権擁護法」が良い法律か否かは
法の作成者・推進者の顔ぶれを見れば分かる。

この観点から言うならば
熱心な推進者の一つ、
「部落解放同盟」という団体を見れば
この法律の良否がおぼろげに見えてくると思います。

マスコミはこの団体について
今まで詳しく触れようとはしませんでした、
彼らの「抗議活動」を恐れたからです。
しかし、ネットの発達と匿名性が
最近になって彼らの実態をさらし始めています。

何回かに分けて
この団体の行状について書きます。
今日は一般的な情報にサラッと触れる程度で。


江戸時代の士農工商の埒外に置かれた人々が
明治以降に差別撤廃を求めて作った団体が「全国水平社」。
彼らは次第にマルクス主義に傾斜を深め、
時の政府から弾圧を受け、前大戦中に消滅する。

戦後の1946年。
水平社の流れを引き継いで生まれたのが
「部落解放全国委員会」。
これが1955年に「部落解放同盟」となる。

部落解放同盟は行政に働きかけ、
一連の同和対策の法案が可決されていく。

◇1969年:同和対策事業特別措置法
            ↓
◇1982年:地域改善対策特別措置法」
            ↓
◇1987年:「地域改善対策特定事業に係る
       国の財政上の特別措置に関する法律」

最終的に、2002年で法律の期限が切れ、
国による同和対策関連事業は終了した。

この同和対策事業によって
各被差別部落のうち、行政の地区指定を受けた区域が、
「同和地区」と呼ばれるもの。
これらの区域は優先的にインフラ整備が行われた。
逆に、指定により更に差別を招くのではという恐れから、
地区指定を受けずに同和対策事業を受けていない例も多い。

現在、日本の部落解放運動団体は5つ存在する。

部落解放同盟

 39都府県に組織、会員公称約20万人。
 略称「解同」。
 民主党の友好団体で
 民主党内に国会議員を送り込んでいる。

 一番有名な団体。
 ある意味、本家。

全国地域人権運動総連合

 1973年に部落解放同盟から分派。
 「全国部落解放運動連合会」から改称。
 共産党系組織。
 略称「全国人権連」。
 35都府県に組織、会員公称約8万人
 部落解放同盟とは対立している。
 「糾弾集会」などの部落解放同盟の手法には反対。
 
 ちなみに人権擁護法には
 共産党と共に反対している。

部落解放同盟全国連合会

 1992年に部落解放同盟から分裂した。
 中核派系の部落解放運動団体。
 略称「解同全国連」又は「全国連」。
 反日共・反解同を標榜する。
 差別糾弾主義の徹底をはかる。
 
 こちらも人権擁護法に反対。
 最も過激な団体。
 公安調査庁や警視庁公安部、
 各都道府県警察警備部の監視を受けている。

全日本同和会

 部落解放同盟の過激さに反発する保守系の人々が
 自民党の働きかけにより、1960年に結成。
 一応、穏健派融和系団体。
 しかし、現在は自民党の支持を半ば失っている。

自由同和会

 全日本同和会幹部が不祥事を起こした際、
 それに批判した人が集まり組織。
 「全国自由同和会」から改称。
 現在、ここが自民党と連携関係にある。
 22都府県に組織、会員公称約9万。

*文車堂様の御指摘で訂正させていただきました。
 ありがとうございました m(__)m


5つも混在して
それぞれに解放やら何やらと名乗ってて
非常にややこしいのだが、
この中で過激なのは解放同盟と中核派系の全国連。
それはサイトを見れば一目瞭然。
闘争、糾弾、闘争、糾弾。
全編に戦闘意識と猛々しさがみなぎっている。

彼らは「糾弾」と称して
己の基準から見て「差別」発言をした者に対して
つるし上げを行っている。

特に広島県下で日教組と組んだ、
学校校長や教頭・教員に対するつるし上げは有名で
過去に複数人の自殺者が出ている。

広島県では 、部落解放同盟広島県連、
広教組(広島県教職員組合)、広高教組の三者が
教育界を牛耳っている。

この連中のつるし上げで
ここ数年では、

◇1999年2月、
 県立世羅高校の石川敏浩校長が自殺。

◇2003年3月、
 尾道市立高須小学校の慶徳和宏校長が自殺。

こういう痛ましい事件が起こっている。

国際派日本人養成講座:自分の選ぶ道がどこにもない

彼らは「差別」「人権」を錦の御旗とし、
これを声高に叫ぶことによって他人を叩頭させ、
「糾弾」という名のつるし上げを行う。
人権の名を借りた「人権破壊」と「心理破壊」。


彼らの前身の水平社は、
戦前にマルクス主義に接近し、
弾圧を受けて壊滅しまった。
両者の主張・思想には親和性があり、

 「極端な結果平等主義」

 「現秩序への憎悪」

 「富者・成功者への憎悪」

これがマルクス主義に結びついたのだろう。

歴史を俯瞰すれば、この種の人なり団体が、
被差別意識が他人に対する攻撃性や
現秩序に対する破壊衝動に転化して、
時の権力から弾圧されたり、社会から阻害され、
壊滅する事例をしばしば見かける。

この団体は構成員が20万ということだけど、
中には穏当な人もいるんだろう。
実際に差別に苦しむ人もいるんだろう。
ただ、団体自体が
あまりにも政治化・利権化し過ぎている。
また、過激な路線が他者の人権と人生を踏みにじっている。

私はこの団体についていろいろ資料を読んだが、
その闘争と破壊の観念には吐き気すら感じた。
まるで地獄の釜の中で殺し合っている亡者のようだ。

憎悪を握ってるうちは憎悪から自由にはなれない。
他人を憎悪する者は憎悪の中で人生を生きていく。
理性と「許し」の要素がなければ
彼らの運動は世の共感を得ることは永遠に無いでしょう。



部落問題 - Wikipedia

国際派日本人養成講座:自分の選ぶ道がどこにもない

国際派日本人養成講座:閉ざされたクラスルーム

国際派日本人養成講座:閉ざされたクラスルーム-証言編


娘通信♪関連過去記事
「人権擁護法」その1・・天下の雑法。
[PR]
by misaki80sw | 2005-03-27 22:00 | 人権擁護法

手作り潜水艦でコカイン大量密輸未遂

 コロンビア警察では、
 およそ2億ドル(200億円)相当の
 コカインが密輸できる手作り潜水艦を
 発見したと発表した。

 国家安全保障部の捜査官によれば、
 内偵していた警察がエクアドル国境付近の
 トゥマコに隠されていた潜水艦を発見したが、
 逮捕者は居ないという。

 コロンビアで発見された潜水艦を使っての麻薬密輸は
 今回が2件目にあたる。
 2000年には、海岸からはるかに遠いアンデス山脈にある、
 首都ボコタで潜水艦が発見された。

 「周りから怪しまれないように
 始めは小さな部品から組み立てて、
 6ヶ月かけて潜水艦を組み立てたようです。
 今月末のイースター(復活祭)には
 警察の警備が手薄になると思って、
 イースターの日を狙っていたと思われます」
 と担当者は語る。

 この潜水艦がどこを目指して、
 どのくらい遠くまで移動できるかは
 明らかにされていないが、
 10トンのコカインが運べる大きさで、
 米国の末端価格で
 およそ200~300億円のコカインに匹敵する。

   (Exciteニュース)


必要は発明の母と言いますが。。(^_^;

手作り潜水艦たって、
これ、相当の技術が必要だよ。

水密性、潜行浮上の能力、推進力、等々等。
潜行中の周囲の視界はどうやって確保したんだろうね?
単に窓を付けてるのか、
あるいはソナーみたいなのを積んでるのか?

それに、当たり前だけど
潜行中は周囲は海なわけで、
乗組員の酸素の確保が問題になる。
さらに推進機関に酸素を供給しないといけない。
シュノーケルでも付いてるのかね?
是非とも写真をみてみたいなあ。

こういう潜水艦まで作るってことは
麻薬ビジネスが相当儲かっているということで、
じゃなきゃ、コスト的に潜水艦なんて割に合わない。

また、作成できるだけの技術力、
あるいは組織力も必要となる。
出港・整備には港に基地が必要となるし、
普段のメンテも欠かせない。
背後にいるのは、よほど大きな組織なんだろうなあ。

・・・と、「仰天ニュース」のはずが
マニアック系やシリアス系の文章になっちゃいました(笑)。
[PR]
by misaki80sw | 2005-03-27 12:14 | 仰天・脱力系ニュース

国民と共に考えてみるべき盧大統領の同盟観

 盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は22日、
 陸軍士官学校の卒業式で
 「これから私たちは韓半島だけでなく、
 北東アジアの平和と繁栄のため、
 “バランサー”の役割を果たしていく」とし、
 「今後、我々がどのような選択をするかによって、
 北東アジアの勢力図は変化するだろう」と述べた。

 政府の高位関係者は大統領の発言の背景について
 「韓国が韓・米・日の南方三角同盟の一角を担っていた、
 北東アジアの秩序は冷戦時代に作られたもの」とし、
 「我々がいつまでもその枠に
 閉じ込められていることはない」と説明した。

 盧大統領の発言が
 実際にこのような認識をもとにしているとすれば、
 この発言の影響は
 大統領府が「盧武鉉ドクトリン」と名付けた、
 「駐韓米軍の北東アジア投入反対宣言」より
 はるかに大きい。

 「北東アジアの“バランサー”の役割をする」と
 「我々の選択によって北東アジアの勢力図が
 変化するだろう」という大統領の言葉を、
 北東アジアの国際的な現実にそのまま適用すれば、
 韓国は一方では米国と日本、
 もう一方では北朝鮮、中国、ロシアが対立している構図の
 どの側にも入ることなく、
 事案ごとに協力する陣営を選択すると
 解釈せざるを得ない。

 これはこれまでの50年間、
 韓国が生存の基盤にしてきた、
 「韓米日の安保体制」から事実上、
 離脱するということを意味する。

 このような状況の中、
 「これまで大きく成長した韓国の国力」を掲げ、
 この地政学的火山帯の中で
 まるで韓国に決定的役割ができるかのように考えることは
 いかにも勇敢な発想ではあるが、
 国家の存立という面では危険この上ない試みだ。

   (朝鮮日報)


韓国の保守系新聞から
呆れられている盧武鉉大統領。

中央日報もこんな感じ↓

盧大統領の対日談話、手放しで歓迎せぬ

大胆な発言。
大胆すぎるね。

 「韓国が韓・米・日の南方三角同盟の
 一角を担っていた北東アジアの秩序は
 冷戦時代に作られたもの」

 「我々がいつまでもその枠に
 閉じ込められていることはない」

 「北東アジアの“バランサー”の役割をする」

 「我々の選択によって
 北東アジアの勢力図が変化するだろう」

上記の朝鮮日報の記事にも書いてるけど、
これは米韓の同盟体制、
日韓の友好体制からの離脱を意味する。

この盧武鉉氏の発言は
あまりの強烈さにもの凄い反響を呼んだ。

米国の反応↓

「韓米は決別を準備すべき」という米国

まだ、米政府の公式な反応はありませんが、
盧武鉉大統領の真意を探ってる段階かな。

この韓国大統領発言に関して
私が思ったことを2つ書いておきます。

◇盧武鉉発言と米国の今後

◇韓国軍部の動向


<盧武鉉発言と米国の今後>

日米韓の三国体制からの離脱?
君、正気か?
単純に一本気にそう思ってるのか?
あるいはその背景に
何らかの深い意図なり読みなりがあるのか?

まあ、単純に火病を起こして、

 もう、離脱してやる!
 すでに我は強大国なり!

と思ってるなら別ですが、
あえて深読みするならば、
私は盧武鉉の読みとして
米国経済の行く末に
悲観的な予測をしてるのではないかと。

実際、米国の財政赤字・経常収支の赤字は
もはや末期症状にまで至っている。

米経常赤字が3年連続最大 04年、6659億ドル

財政赤字拡大は経済に大きな脅威
 退職給付問題に対処必要=FRB議長


普通の国なら
とっくに80年代末あたりに潰れている。
これが潰れずにここまで来たのは

◇ドルが基軸通貨であること。

◇日本が米国債の購入でドルを支えていること。

この2点。

ところが最近では
ユーロという新たなライバルが現れ、
ドルの地位を脅かし始めた。
米経済の危機的状況を懸念して
外貨や国際決済をドルからユーロ建てに
変更する動きも加速化している。

中国などはこの動きを逆手に取り、
米国債をある程度購入することで、
「いつでも売ってやるぞ」とドル崩壊を仕掛けることで
米国に対する交渉材料に使っている。
ここらへんのふてぶてしさは大したもんだな。

私自身は米経済に行く末に悲観的です。
経済がボロボロなのに
一方では軍拡に金を使い、
イラクでは巨額の軍事費が泥沼に吸い込まれていく。
この現状では、保って数年だと思うよ。
おそらく各国の関係者も、米経済の行方に固唾を呑み、
「米国以降」の国際情勢のシミュレーションを
すでに始めているでしょうね。

で、韓国の盧武鉉大統領。
彼の国家戦略の変更表明も
この米経済の危機的状況に呼応したものかもしれない。

 米が潰れれば、中とくっつく。

こういう発想の上での発言かもしれない。
つまり半島国家にとっては海洋勢力の衰退は、
必然的に大陸勢力との関係強化につながる。

さあ、どうでしょうね?
彼の発言がこういうことを念頭においたものか?
あるいは、単なる火病に過ぎんのか(笑)?


<韓国軍部の動向>

かつて、朴正煕・全斗煥と、
韓国の軍部はクーデターにより政権を奪取してきた。

金泳三以降の文民政権下では
そういう動きは鳴りを潜めているが、
上記の如き大統領の発言に
韓国軍部は何を思っているんでしょうね?

1994年の米国との協定改訂以降、
韓国軍の指揮権は
平時は韓国大統領が持ち、戦時は在韓米軍が持つ。
かつては平時・戦時問わず、
指揮権は在韓米軍が持っていた。

この改訂もそうだけど、
韓国政府による軍部に対する文民統制は
強まっていると思うし、
以前の如く平気でひょいひょいと
クーデターを起こせるような状況ではないと思うが、
可能性は全く無いとも言い切れないでしょう。

軍部とはどこも保守的なもので、
ことに韓国軍は米軍との結びつきが強い。
もともと親北朝鮮の大統領に苦い思いをしている軍部が、
大統領の米韓同盟からの離脱をほのめかす発言に
何を思っているのか?

また、米国も
果たしてこのまま手をこまねいているのか?
実際の行動として、
韓国の同盟離脱と対中接近が加速化するなら
米国が黙って見てるとは思えないね。

朴正煕や全斗煥の軍部クーデーターも
指揮権を持つ米国の黙認があってこそ可能となった。
今回も米国が、彼らの裏で糸を引く可能性も
充分あり得るでしょう。

青瓦台の盧武鉉氏も
軍部の動きには神経を尖らせてると思うよ。



娘通信♪関連過去記事
韓国、親日言論処罰法案・・隣国を見限る時。
韓国、竹島問題・・亜細亜東方の悪友を謝絶する
「北朝鮮始末記」その3・・「開城団地」という踏み絵。
韓国「親日究明法」・・21世紀の魔女狩り。

米国退勢、覇権の移行、日本の戦略は如何に?
イラク戦争の様々な観点:大量破壊兵器とユーロ建て決済
[PR]
by misaki80sw | 2005-03-26 22:29 | 韓国・北朝鮮関連