misakiのオールジャンル時事評論!


by misaki80sw

<   2005年 02月 ( 55 )   > この月の画像一覧

a0018138_21344032.jpg


EU、中国への武器売却の禁止措置を解除する方針

 2月22日、フランスのシラク大統領は、
 欧州連合(EU)が中国への武器売却の禁止措置を
 解除する方針であることを明らかにした。
 EU首脳会議に先立ち、
 ブッシュ米大統領と会談した後に記者会見したもの。

 シラク大統領は、「中国に関しては、
 EUは対中関係の最後の障害物を取り除くつもりだ」と語り、
 中国の民主化運動鎮圧後の
 1989年に発動された武器売却禁止措置は、
 もはや正当化できないと指摘した。

   (ロイター)


これが何を意味してるか?
単なる中国の軍事力増大や、
武器売却の商売の枠内で捉えるべきではないと思う。

歴史でたとえるならば、
幕末の「雄藩の台頭」。
これと構図が同じですな。
つまり、米国中心の秩序にガタが来て、
雄藩が台頭してるということ。
世界と歴史を大局的な観点で捉えるならば、
そういうこと。

まあ、EUや中国を
維新の志士を輩出した薩長にたとえるのは
ちょっと忸怩たる気持ちもありますが(笑)。

◇米国の国力の低下

◇EUの台頭

◇中国の台頭

米国の秩序がもっとカッチリしたものならば、
こういう事象は起きえないでしょう。
少なくとも冷戦期にはあり得なかったこと。

また、この武器解除の中心役である仏と独。
さらに当事者の中国。
ここらへんは自らを世界活劇の「プレーヤー」として、
米国の国力を削ぐことを明確に意図している。
あと、ロシアなんかもそうだね。

冷戦期の二極世界の単純な枠組みは崩壊した。
従来の発想で世界を捉えれば判断を過つでしょう。



米大統領、EUによる中国への軍事技術移転に
 強い懸念表明


娘通信♪関連過去記事
EU、対中武器輸出解禁の動き・・仏独枢軸と日米台。
イラク戦争の様々な観点:大量破壊兵器とユーロ建て決済
中国、EU「ガリレオ計画」に参入・・天空の欧中同盟。
日本、対中武器輸出に「反対!」・・外交転換記念日。
[PR]
by misaki80sw | 2005-02-24 21:35 | その他諸国・国連

ライブドア世論操作? HP「世論調査」突如削除
 「フジ策に賛成」票増えたら


 ライブドアの世論調査は世論操作?
 ライブドアのホームページ上で行われていた、
 新株予約権の是非についての公開世論調査が24日午後、
 突如削除されたことが分かった。
 ネット上では「都合の悪い結果になり、
 危機感を抱いて削除したのでは」と
 同社の世論操作の可能性を指摘する声が飛び交っている。

 世論調査は24日未明に開始され、
 「新株予約権の発行についてどう思いますか?」の質問に、
 賛成と反対どちらかにだれでも何度でも投票が可能だった。
 賛成票と反対票の累計がリアルタイムで表示されていた。

 当初はライブドア側を支持する反対票がリードしていたが、
 関係者によると、24日昼前ごろからその差が詰まり始め、
 同日正午すぎ、突如として世論調査そのものが消滅した。
 別のテーマの世論調査「テレビとネット、連携は?」
 という項目も同時に消え去った。

 ライブドアの身勝手な行動に
 同ページのまったく関係ない世論調査、
 「新東京タワーの場所はどこがいい?」の意見欄に
 「アンケートの項目が削除されているのは
 どうしたわけですか?」
 「堀江ヤバイよ」などネットユーザーの抗議の声が
 次々と書き込まれている。

 ライブドア広報は「某大型掲示板にリンクを張られ、
 誹謗中傷が多くなり、
 調査のバランスがおかしくなったため中止した。
 対策を取り次第再開する」と話している。

   (ZAKZAK)


ここです↓

livedoor ニュース フォーラム:世論調査

替わって、以前からあった「読者が選ぶ『新東京タワー』」が
トップの質問事項となっている。

でも、怒った連中が
この新東京タワーの項目に
「新株予約権の投票はどこにいった?」
「ほりえもんがいらない」
とか書き込んでいるね。
ZAKZAKの該当記事のリンクも貼られてるし(笑)。

読者が選ぶ『新東京タワー』:意見を見る

なんだか、この企業が
マスコミを手中におさめた時に未来図みたいだなあ。

 「某大型掲示板にリンクを張られ」

たぶん2ちゃんだろうね。

格好の意見表明の場だもん。
そりゃ、反ホリエモン派が好機とばかりに殺到するさ。

まあ、ZAKZAKも
敵失を見つけたと大はしゃぎなわけだけど (^◇^)
[PR]
by misaki80sw | 2005-02-24 20:12 | マスコミ・ネット・媒体関連

<本日の更新>

「北朝鮮始末記」その3・・「開城団地」という踏み絵。

ソニー、CLIE生産終了!・・嗚呼 (ノ_・。)

グーグル蔵書検索、アメリカンナイズと価値観の浸透


久々の補欠ニュースです。
しかも「雑談」付きで帰って参りました。

今日はなんだか風邪気味で、朝は熱もあったので
仕事を休んで家でゆっくりしてました
と言いつつ、ブログはしっかり更新しましたが(笑)。

例の「週刊:ホリエモン考察」ですが、
第三弾はちょっと遅れそうです。
次回の内容を、ホリエモンのキャラクター論でいくか、
ライブドアの経営論でいくか、
選択に迷ってます。
もう少々お待ちくださいませ。

今日は本当は
久々に「拝啓エキサイト様」シリーズでも
書こうと思ったのですが、
グインサーガの最新刊を読む方を選びました(笑)。
次回更新時に書きたいと思います。

今日書いた「北朝鮮始末記」の3ですが、
あの中で開業工業団地と韓国の太陽政策に触れてますが、
あれこれ資料を読んでる過程で、
「ああ、意外に韓国政府も考えてるなあ」と。

はなっから馬鹿にしてた「太陽政策」ですが、
一応、戦略的な裏付けはしてるんだなあと。
多少は韓国政府を見直しました。

ただし、「太陽政策」というものは
経済の観点から見れば意味のある戦略だと思いますが、
政治の観点から見れば的はずれです。
ドロドロの国際政治の中では
単なる幻想のお人好し政策でしかありません。


   ◇       ◇


さて、本日の補欠ニュースです


<国際>

<米大統領>米欧が共同し「新時代の始まり」の
 必要性を強調

「ライスはオオカミ」「家来にならない」独元首相

 ブッシュ大統領欧州訪問。

 まあ、ブッシュさんがあれこれ言っても
 米欧間の溝は埋まらないでしょう。

 これは構造的問題。
 単独覇権を指向する米国と、
 EUとユーロで自信をつけ始めた欧州。
 この構造に変化が無い限りは
 米欧間の亀裂はますます広まっていくだろうね。


米日声明は台湾危機暴発を招く恐れ 専門家指摘
日米安保協議:共同発表に台湾問題
 中国「深刻な関心」


 先日の「日米2プラス2」。
 早速、中国が反発してます。
 自業自得です。
 無視しましょう。


6カ国協議への復帰示唆=離脱を否定
 訪朝の中国党高官と会談・金総書記

金総書記の“軟化”メッセージ
 計算された行動か


 米国の反応にビビったのか、
 自らの核保有宣言が逆効果になったのを悟ったのか、
 北は慌てて媚態を取り繕っている。

 こういう軟体動物みたいな節操の無さが
 この国のウリで、
 師匠の中国といい勝負をしている。

 所詮は演技と虚言。


レバノン前首相追悼デモに数万人「反シリア」一色に

 レバノン前首相の暗殺に関しては
 このブログの記事が分かりやすい↓

 *国際ニュース::Ishikawa-News.com
  レバノン内戦の悪夢再び


 かなり能力と人望のあった人みたいね。


<国内:政経>

宇宙技術は安保に必須 経団連、取り組み強化要望

 おっしゃるとおり!

 宇宙開発って内容が壮大だから、
 投資効果ってなかなか見えてこない。
 でも、50年~100年のスパンで考えるならば
 国家に益すること大だと思う。

 日本はもうちっと真剣に取り組むべし!


もう野党と呼ばないで 民主「政権準備政党」と自称

 自称「青年実業家」みたいなもんだな (^◇^)

 「野党」という一般用語を使わずに
 自集団の中でのみ通用する言葉を使うとは
 発想がカルト教団や北朝鮮と同じだな。

 とても国民政党の感覚とは思えんね。


<国内:社会>

猿害対策:やはり犬に頼る
 長野・大町市が予算化


 農作物を荒らすニホンザル対策。
 名付けて「モンキードッグ」事業。
 農家の飼い犬4頭を県警察犬訓練所で3カ月ほど訓練し、
 サルを犬で撃退させるとのこと。

 アイデアは秀逸だと思うね。
 でも「モンキードッグ」の名称が安直すぎ。
 そのまんまだろって(笑)。


<ホリエモンVSフジ関連>

ライブドアのニッポン放送持ち株比率、40%超す
ライブドア擁護の考え…民主「次の内閣」金融担当
フジテレビ、労組もライブドアに「NO」
ニッポン放送株、フジが30%超を確保へ
ニッポン放送株 村上ファンド売却か
 証券関係者指摘

ライブドア株280万株 リーマン社追加売却
ホリエモン、日テレにマジギレ…生放送中に「帰るよ」

 ホリエモン、毎日寝れてるのかなあ。
 「時の人」という表現がピッタリだね。

 ホリエモンVSフジは
 双方が持ち株比率を上げている。
 いまや日本中が注視する攻防。


<IT関連>

Yahoo! JAPAN、音楽配信参入でATRAC3採用
ヤフー、音楽配信に参入 7万曲、今月中にも開始

 げげっ!
 ヤフーよ、マジですか?
 
 ATRAC3採用なんて勝算があるのかね?


フォークソノミーは世界を変える?

 これは面白そうだね。

 早速、やってみようかな
 *はてなブックマーク


<仰天・脱力系>

国歌に著作権料を払うのはこりごり
 韓国で論争


 というか、なんで国歌に著作権料!?
 それは世界的には常識なのかね?


スワジランド国王が車の写真撮影禁止令

 貧国の小贅沢王の話し。


南アの警察官カップル 仕事熱心で自分の結婚式に遅刻

  南アフリカの警察官カップルが
  自分たちの結婚式に遅刻して到着した。
  彼らは教会へ向かう途中に、
  武装した3人組が運転中のドライバーに
  銃をつきつけているのを見つけ、
  現行犯で逮捕していたのだ。

  カーチェイスを展開して襲撃犯たちを追いつめ、
  3人を逮捕して違法の銃器を押収した。
  そのあと彼らは結婚式に向かった。

 ほとんど映画のノリだね。
 君ら最強カップル。


<他のブログ紹介>

rx178の最近気になる朝鮮半島:
 今日は竹島の日。


 この記事の最後辺りに
 「今日のウリナラ穴埋め問題」ってのがあります。
 無茶苦茶爆笑しました(笑)。


<おまけ:今日のAA>

日米協議に期待感 日台防衛ホットラインの意向も

「ライブドア批判するのは、見識がない」
 民主党・岡田氏、自民幹部らを批判 その1


「ライブドア批判するのは、見識がない」
 民主党・岡田氏、自民幹部らを批判 その2


"一部から失笑も・・" 民主党、「野党」をやめ
 「政権準備政党」自称へ その1


"一部から失笑も・・" 民主党、「野党」をやめ
 「政権準備政党」自称へ その2


"一部から失笑も・・" 民主党、「野党」をやめ
 「政権準備政党」自称へ その3


"一部から失笑も・・" 民主党、「野党」をやめ
 「政権準備政党」自称へ その4

[PR]
by misaki80sw | 2005-02-23 02:36 | 補欠ニュース
a0018138_23123599.gif


ネット図書館構想に反対「米の価値観が支配」と仏

 フランス国立図書館のジャンネイ館長は18日までに、
 米検索最大手グーグルが進める、
 米英の主要大学・図書館と提携した、
 オンラインで蔵書を閲覧できるサービス計画について
 「米国の価値観の圧倒的な支配をもたらす」として、
 反対を表明した。
 
 館長はこれに対抗して
 「欧州連合(EU)の指導者がフランスや欧州の側で
 同様の(オンライン蔵書閲覧)計画を持つべきだ」と求めた。

 フランス公共ラジオによると、館長は
 「蔵書に番号を付ける瞬間から権力を感じる。
 必ず米国の精神による選択となる」と懸念を示した。
 また、ロイター通信に対し、
 蔵書の選択が英語の書籍に偏る恐れがあるとして
 「私はフランス革命を
 米国が選んだ本だけで語らせたくない」と述べ、
 価値観と言語の多様性が重要だと強調した。

   (共同通信)


なるほどね。
言われてみればそのとおりだね。
そういう発想もあり得るわけか。

去年の12月。
米Googleは、世界の大規模図書館の蔵書をスキャンし、
インターネットから全文検索できるようにする、
プロジェクトを発表した。

これは「Google Print」という機能の拡張版で
現在、Googleと提携関係にある、

◇米ハーバード大学

◇米スタンフォード大学

◇米ミシガン大学

◇英オックスフォード大学

◇ニューヨーク公立図書館

などの、それぞれ数百万冊の蔵書がスキャンされる。

著作権が切れている蔵書は、
書籍全文がGoogleによって公開される。
著作権者が権利を保有している書籍は、
検索語と関連している文書の一部だけを引用表示。
同時に書籍に関する情報も表示されるため、
そこから出版社に注文して書籍を購入できる。
出版社の売上にもつながるとともに、
同時に表示される広告によってGoogleも収入を得る。

また、図書館や大学側は、
自前でデジタル化によって書籍を整理することなく
Google任せで整理できる。
さらに、統一的な検索手法を使って、
世界中の人々が図書館の蔵書を自由に検索できるようになる。

これがいつから正式開始になるかは分からないけど
社会的意義は大きいと思うよ。
世界中のどこからでも大学の蔵書が見れるわけだもんね。

さて、上記ニュースにあるとおり、
フランス国立図書館の館長がこれに反対を表明。

理由は、

 「米国の価値観の圧倒的な支配をもたらす」
 
 「必ず米国の精神による選択となる」

いかにもフランス人らしい視点だね。
彼らは米国文化の流入に
ことのほか神経を尖らせている。
大フランスの誇りとでも言おうか。

実際、ごもっともとしか言いようがない。
このGoogleのプロジェクトで米国の大学がメインになれば、
全世界の好学者たちは、
利便性の追求で米国の蔵書にアクセスし、
米国的な価値観を知らず知らずにまとう結果になる。

すでにハリウッド映画や
米国製のテレビ番組・書籍・音楽を通じて
「米国的価値観」は全世界に広まっている。

価値観の浸透というのは恐ろしいもので、
各地の民族や国家が持っている固有の価値基準や文化は、
享楽性と利便性、合理性と科学性の旗のもと、
アメリカンナイズの波に侵食されている。

そして、このGoogle蔵書検索プロジェクトの登場。
仏人館長が異を唱えた気持も理解できるなあ。

 「私はフランス革命を
 米国が選んだ本だけで語らせたくない」

これを日本的に言うならば、

 「明治維新を
 米国が選んだ本だけで語らせたくない」

 「東京裁判を
 米国が選んだ本だけで語らせたくない」

私は寡聞にして、このプロジェクトに
日本から反対の声が上がったのを聞いたことがない。
「これは文化侵略につながりかねない」と。
「これは米流価値観の拡散である」と。

日本人は私も含めてこういう点は鈍感だね。
そういう発想すら浮んでこないんじゃないかな?



米Google、大図書館の蔵書のほとんどを
 検索可能にするプロジェクト


「1500万冊以上を検索」
 米Googleが米英学術機関の蔵書デジタル化


発表資料:Google社のプレス・リリース(英文)

Google Print


娘通信♪関連過去記事
フランス、仏版CNN構想・・国策ニュース戦争。
[PR]
by misaki80sw | 2005-02-22 23:17 | その他諸国・国連
a0018138_21593342.gif

ソニー、クリエの新機種投入を終了
 現行機種は7月末まで生産


 ソニーが、PDA「CLIE(クリエ)」の新機種投入を
 終了することが明かになった。
 現行機種の生産は7月まで行なわれる。

 CLIEは、2000年に登場したPalm OS搭載のPDA。
 「エンタテインメント性のある携帯情報端末」として、
 動画再生などのAV機能の充実を特徴としていた。

 しかし、携帯電話の高機能化などにより、
 日本を除く海外市場では、
 2004年6月に新機種の投入中止を発表。
 日本市場では「PEG-TH55」などが好調だったが、
 PDA市場自体の縮小もあって、今回の決断となった。
 2004年9月発表の有機ELディスプレイ搭載機「VZ90」が
 最後の機種となる。

 ソニーでは、
 「CLIEというプラットフォームは、これで終了となるが
 “エンタテインメント性のある携帯情報端末”、
 というコンセプトは、継続していく」としており、
 PSPや携帯電話などの
 プラットフォームでの展開が期待される。

   (ケータイ Watch)


( ̄Д ̄;) ガーン

ソニーよ、これマジですか?
日本市場一位のメーカーでしょ?
ほとんど市場を独占してるのに。
この根性無しが!

PDA業界の未来に希望がもてないのは分かるけど、
やっぱり最近の「ソニー迷走」のあおりを
PDA部門が食らったってことじゃないかな。
まだまだ他分野と融合すれば充分発展すると思うよ。

私としては、

◇携帯HDD音楽プレーヤーとの融合

◇PIM機能への特化

この2つの路線を期待していたのに・・。

まあ、ここらへんはソニー内の
他の部門にやらせるってことでしょうね。
ニュース中にもあるように
PSPや携帯電話、さらにHDDウォークマンとかさ。

じゃあ、日本メーカーでまともに残るのは
シャープのザウルスぐらいなもんか。
ザウルスの天下ですか。
あ、カシオって最近作ってたっけ?
あと、パーム陣営にとっても打撃だね。

結局、とうとうクリエは
まともなキーボード付きクリエを出せずに終わったな。
ザウルスを越えるようなものを作れなかった。
私はPDAの基本はPIM機能だと思ってるけど、
クリエの敗因は手を広げすぎたことだと思うよ。
動画とか、音楽とか、無線LANとか。
あれをやっちゃったから他部門とだぶっちゃって
ソニー本体から見て「無駄部門」に見えたんじゃないかな?
動画やら音楽機能を満載したクリエは
最後までPDA界の異端児のままだったね。

クリエの代表作を挙げるとしたら、
やっぱり、「PEG-TH55」と「PEG-TJ25」かな。

「PEG-TH55」は典型的クリエで
全方位的な万能選手。

a0018138_21573580.gif


「PEG-TJ25」はPIM機能に特化した、
PDAの原点みたいなやつ。

a0018138_21575517.jpg


ちなみに私はこの「PEG-TJ25」を持ってるけど
サクサク動いて実に快適だよ。
最もパームっぽいクリエだった。

こういうラインナップを見たらもったいないね。
ここまでせっかくブランドを育てたのに。

去りゆくクリエに万感の思いをこめて。
[PR]
by misaki80sw | 2005-02-22 22:04 | IT・ネット関連ニュース
a0018138_14211798.jpg


韓国、北朝鮮の工業団地に電力供給へ
 分断後初めて


 韓国統一省は18日、
 北朝鮮の開城工業団地に電力を供給するため、
 韓国電力を協力事業者として承認したと発表した。
 早ければ来月上旬に南北分断以来初めて、
 韓国の電力が北朝鮮に提供されることになる。

 開城工業団地は、韓国土地公社や現代グループが
 南北協力事業として開発を進めている。

 北朝鮮が核兵器保有と
 6カ国協議参加の「無期限中断」を宣言した厳しい状況の中、
 韓国政府は、核問題とは直接関連付けず、
 工業団地建設を推進する姿勢を示したといえる。

 韓国電力は514億ウォン(約53億円)を投資、
 現在一部が稼働しているテスト団地地域に
 1万5000キロワットを、
 本団地に10万キロワットを供給する。

 また、韓国政府は来月中に電話やファクスなど
 南北を直接結ぶ通信回線(150回線)も開通させる予定。
 現在は現地で発電し、通信は国際電話を利用している。

   (日経新聞)


開城は北朝鮮の直轄都市であり、
38度線に面した国境の町。
朝鮮半島の主要都市の中では最も板門店に近い位置にある。
古くから高麗の王都として栄え、
朝鮮八道では京畿道に属する。
この開城の地に、
韓国・北朝鮮共同による「開城工業団地」が建設中である。

2000年8月、北朝鮮の金正日総書記と
韓国現代グループの鄭夢憲会長の合意を受け、
2002年11月、北朝鮮は開城周辺の
開発区域約66平方キロを経済特区に指定。
以後、南北間協議を経て
両国の共同開発団地として03年6月に本格着工した。

約2600ヘクタールの工業団地などを建設する計画で、
第1期として07年までに330ヘクタールの造成を完了、
早ければ06年に300企業が生産に入る。
最終的には2012年に完工する予定で、
1000社以上が入居し、
10万人以上の北朝鮮労働者が働くと見込まれている。

先行稼働する約10ヘクタールのパイロット団地には
すでにいくつかの韓国の中小企業が進出し、
去年の12月には
最初の製品である鍋1000セットが生産され、
その日のうちにソウルのデパートに並んだ。

韓国側からの道路も開通している。
いずれは南北を結ぶ鉄道京義線・東海線が結ばれ、
並走道路が完全に連結されれば、
釜山~仁川~ソウル~開城~平壌~新義州と、
南北の主要都市を結ぶことが可能となる。
これにより、北朝鮮は工業団地建設段階から
年平均10億ドル以上の経済効果が
得られるという試算もある。

工業団地の開発、団地に隣接するベットタウンの建設、
さらにインフラの整備。
これらの費用は全て韓国持ち。
そこに韓国企業が進出し、北朝鮮の労働者を雇う。

ソウルから2時間の絶好の立地条件で、
韓国は、同じ言語の安い労働力で製品を生産し、
北朝鮮はその対価として賃金を得る。
安価な中国製品に押されて焦慮の韓国と
外貨がほしくて身悶えしている北朝鮮にとって
まさに双方両得のウハウハ工業団地。

ちなみに北朝鮮人の賃金は中国よりも安く、
日本円にして月給約6千円。
ぶっ飛びの安値だね。
このうち800円分は北朝鮮当局の取り分となる。
まあ、実際はもっとピンハネすると思うけどさ(笑)。

両国の合意から最初の製品生産まで
いろいろと紆余曲折があったものの、
万事、硬直的官僚主義の北朝鮮が
韓国側が驚くほどこの計画に熱意を示し、
途中で他の分野の南北対話を中断した時でも、
北朝鮮は工業団地開発協議を特別扱いで推進してきた。


さ~て、ざっと開城工業団地の概要を見てきましたが、
これがここにきて、北朝鮮の核保有宣言で揺れている。
まあ、当然だわね。
このプロジェクトは日米両国にとって利敵行為に等しい。
工業団地が軌道に乗れば
北朝鮮にじゃらじゃらと外貨が流れ込む。

当然の如く米国内では、北朝鮮の核保有宣言後、
この工業団地の是非をめぐって議論が沸騰している。
2月18日には米下院の委員会でこの件が取り上げられ、
韓国の太陽政策への批判と
工業団地プロジェクトの中止を求める声が相次いだ。

  「対北朝鮮太陽政策は、
  金政権を支えただけに過ぎなかったし、
  北側からは持続的な軽蔑と
  非協調だけが帰ってきただけ」

  「盧武鉉大統領が本心から
  北朝鮮の核を容認しないというなら、
  開城工業団地事業など、南北間すべての経済交流を
  直ちに打ち切ると宣言しなければならない」

しかし、これに対して韓国は、

北への経済協力、予定通り実施へ=韓国

  韓国外交通商省当局者は18日、
  核兵器の製造などを宣言した北朝鮮外務省声明と関連して
  「状況が悪化しない限り、進行中の南北経済協力事業は
  予定通りに行うというのが、
  韓国政府の立場と理解してほしい」と語った。


韓米間の言葉に差がある背景は

  (潘基文外交通商部長官は)「開城工団についても、
  推進速度と規模をめぐり韓米間で意見の差はあるが、
  韓国政府は「予定通り推進する」という立場を
  明らかにしている。


というわけで韓国は「いや続けるよ」と。
従来通りの南北経済協力の推進と
開城工業団地開発の継続を表明している。

韓国政府のこの件に対する説明は
ほとんど詭弁みたいなもので、

核解決まで大規模協力なし 韓国外相
 肥料支援も慎重


  韓国の潘基文外交通商相は16日の定例会見で、
  北朝鮮の核問題が解決しない限り、
  大規模な南北経済協力事業を行う考えはないと述べ、
  北朝鮮から要請を受けた、
  50万トンの肥料支援についても
  「状況を見て検討する」と慎重な構えを見せた。
 
  潘外交通商相は
  ただ「人道的な経済協力は推進する」とし、
  開城工業団地も「南北協力と和平の象徴」と強調。
  進行中の協力事業に
  大きな変更はないとの意向も示した。

なんだよそれ。
無茶苦茶矛盾してるじゃないですか。

何故、韓国はこのプロジェクトを
こうまでして必死で守ろうとするのか?
所詮、単なる経済協力の一つに過ぎないではないか?
しかし、韓国はそうは思っていない。
それはこのプロジェクトが
彼らの国家戦略の象徴のような存在だから。

私は、この工業団地プロジェクトは
ただの南北の経済協力だとは思っていない。
北朝鮮側の思惑はどうであれ、
韓国はこの事業を
半島統一後の南北の経済システム統合への
テストパターンと認識してると思う。

彼らはドイツの統一から多くを学んだでしょう。
「人権」と「平等」の名の下で
東西を急進的に合体させることが
結果的に後進地域の発展を妨げることを学んだと思う。

急激な統一と経済の統合は
韓国の財政と経済を破滅させる。
ではどうしたらいいか?
南北を緩やかに分断させたまま、
韓国の資本と北朝鮮の安い労働力を合体させ、
北の後進地域を徐々に発展させる。
その上で南北の完全な統合を行う。

おそらくこれが彼らの戦略で
その意味でこの「開城工業団地」は
韓国的には今後の半島経済のモデルケースであり、
「北を経済成長させ、徐々に体制変換を促し、
ゆるやかに南北を統一する。」という太陽政策の理念そのもの。
単なる経済協力プロジェクトではない。
韓国の国家戦略そのものを体現している。


さて、逆に日本などにしてみれば
北朝鮮に経済制裁を加えたところで、
この工業団地プロジェクトで
韓国からザクザクと外貨が北に流れ込む状況は、
なんとも馬鹿馬鹿しい話し。

実は韓国は、
昨年11月に正式合意したシンガポールとのFTA交渉で
この工業団地で生産された製品が
「北朝鮮製」ではなく、「韓国製」と表示されることを
シンガポールに認めさせている。

今、進行中の日韓のFTA交渉でも
いずれ、韓国側は
この件を俎上に上げてくるのは間違いなく、
その時に日本が明確に「NO!」と言えるかな?

「北朝鮮の工業団地製品も韓国産」 日韓FTA交渉

この「産地表示」が韓国となれば
開城工業団地で生産された物品は対北経済制裁に関わりなく、
韓国製品として大手をふるって
日本や全世界で売ることが可能となる。
皆様、この件は要注目ですぜ。


日米両政府は公式的には
いまだ、この工業団地プロジェクトの
中止を要請してない。
今は韓国の動きを注視してる段階なんでしょうね。

しかし、状況がこのまま推移すれば
米国が圧力をかけるのは必至で、
韓国の対応が注目される。

これは韓国にとって言わば「踏み絵」。
開城工業団地プロジェクトは
彼らの国家戦略「太陽政策」の象徴的存在であり、
これを踏むか、踏まぬか。
米国につくか、北と融和するか、
盧武鉉政権にとって決断を迫られることになる。

以降、米国は北朝鮮に対して、

◇六カ国協議への復帰と核廃棄の働きかけ
    ↓  
◇経済制裁等の圧力
    ↓
◇軍事力行使

三段階に事を進めてくるのは間違いなく、
この流れに乗るか、逸れるか、反するかの選択を
韓国は選ばなければならない。

これは苦渋の決断となるだろうね。



ニュース用語集:開城工業団地

開城工業団地の発展と核問題

【北の核保有声明】開城工団入居企業が緊張

北の開城工団で初生産された鍋セット、ソウルで販売


娘通信♪関連過去記事
「北朝鮮始末記」その2・・中朝の間隙。
「北朝鮮始末記」その1・・米国・中国・韓国の思惑。

北朝鮮、核兵器保有を宣言・・自己過信と自爆。
北朝鮮、リビアにウラン輸出・・対北強硬論と経済制裁
北の核と米国の軍事行使・・彼らの発想と原則。
対北朝鮮「経済制裁」の是非・・金体制崩壊の剣。
北朝鮮:金体制崩壊とシミュレーション Part,3
北朝鮮:金体制崩壊とシミュレーション Part,2
北朝鮮:金体制崩壊とシミュレーション Part,1
[PR]
by misaki80sw | 2005-02-22 14:34 | 韓国・北朝鮮関連

ネット上で拾ってきたネタです。

人力検索サイト「はてな」。
知りたい事柄を質問すると、
その道に通暁した一般素人が
質問に教えてくれるサイトですが、
ここに2月8日、珍妙な質問が載せられた。


  征夷大将軍になれば幕府を開けると習いました。
  可能であれば幕府を開いてみたいと思うのですが、
  とりあえず何から始めればよいのでしょうか。

はてな 征夷大将軍になれば幕府を開けると習いました。


これに皆さん、大まじめに答えている(笑)。
私、歴史好きだから大いに楽しませてもらいました。

私の案としては、
同じような答えも出てたけど、
政治家か自衛隊の幹部にでもなって
クーデターで独裁権力でも握る。
そして「南朝の末裔」みたいな人を探し出して
これを担いで、勅命で征夷大将軍になる。
で、幕府を開く。
これが最短ルートじゃないかなあ。

ま、質問者ご本人は
出来るだけ合法的に幕府を開きたいようで
ちょっと荒っぽい方法は無理みたいね。

"o(-_-;*) ウゥム…



人力検索サイト「はてな」
[PR]
by misaki80sw | 2005-02-20 22:18 | ネット流行情報
a0018138_1848835.jpg


日米2プラス2 世界規模の脅威に対処
 中国「封じ込め」も視野


 日米安全保障協議委員会、
 (2プラス2)で合意される「共通戦略目標」は、
 米中枢同時テロで顕在化した世界規模の「新たな脅威」と、
 北朝鮮、中国というアジア太平洋地域の「不安定要因」に、
 日米がより強力に共同対処していくという、
 今後の針路を明確にしたものだ。
 米軍の変革・再編(トランスフォーメーション)に伴う、
 自衛隊と米軍の役割分担や、
 個別の基地再編案を検討するうえでの「基本理念」となり、
 日米同盟の強化へ向けた協議は
 ようやく「出発点」(大野功統防衛庁長官)に立った。

 米軍は、冷戦時代のソ連、冷戦後の地域紛争への対処から、
 テロや大量破壊兵器拡散という、
 「新たな脅威」への対処に転換し、
 軍事革命(RMA)を背景に再編を進めている。
 日米間の再編協議もこの一環で、
 共通戦略目標は
 「9・11後の世界に日米同盟が安全保障面で
 どう立ち向かっていくのか」
 (政府筋)を打ち出している。

 日本政府は昨年十二月、
 新たな「防衛計画の大綱」を閣議決定。
 米政府も来年二月の策定に向け、
 「四年ごとの国防計画見直し」の取りまとめを進める。
 その過程で合意される今回の共通戦略目標は、
 両政府がそれぞれ描いてきた安全保障戦略を“屋台骨”に、
 認識の細部まですり合わされた。

 その過程で、最大の焦点になったのが中国に関する記述だ。
 昨年十一月、中国原子力潜水艦が
 日本の領海を侵犯した事件を受け、
 「脅威認識を明確に指摘すべきだ」
 (自民党国防関係議員)との見方も浮上した。

 しかし、最終的に日米が中国との協力関係を発展させ、
 地域の平和と安定に建設的な役割を果たさせることで、
 中台問題の「平和的解決」を図るとの記述で落ち着いた。

 これは「緩やかな囲い込み戦略」だ。
 中国に日米への協調路線をとるよう促すが、
 ひとたび中国が挑発的な行動に出れば、
 「封じ込め」へと転換する含みがある。

   (産経新聞)


日米2プラス2。
日本側は、町村外相、大野防衛庁長官。
米国側は、ライス国務長官、ラムズフェルド国防長官。

この協議の内容に関しては
町村大臣・ライス長官の共同声明という形で
米国務省のサイトにすでに掲載されてます。

Joint Statement of the U.S.-Japan
 Security Consultative Committee


私は早いところ日本語で読みたかったんだけど、
外務省のサイトにはいまだ掲載されてないんですよ。
たぶん、土日だから週明けの掲載ってことでしょうね。
土日も関係なく働けよって。

あ~読みたいなあと思っていたところに
おあつらえ向きのブログが↓

中岡望の目からウロコのアメリカ:
 日米の外交・防衛協議で何が話し合あわれたのか
 「2プラス2会議」後の共同声明の全文


ここで日本語訳文が全文掲載されてます。
興味のある方は参照されてください。

一応、新聞各社もあれこれ論評してますが、

読売:アジア安定、中国に「建設的役割」要求へ

朝日:台湾問題、中国に平和的解決要求

毎日:中朝にらみ同盟強化 戦略目標で合意

どいつもこいつもサラリとなぞるだけで
ろくに解説になってないね。
特に読売はどうにかならんもんか。

まともなのが上記の産経の記事と、
毎日が、正式な共同声明が発表される直前に掲載した、
こっちの記事が読み応えがある↓

日米安保協議:
 共通戦略目標は朝鮮半島と台湾海峡の安定


かなりズバッと書いてます。

  共同発表文に盛り込まれる、
  「朝鮮半島の平和的統一」への支持は、
  北朝鮮の金正日体制の崩壊を視野に入れたとみられ、
  北朝鮮への影響力が大きい中国に対しても
  「責任ある建設的役割」を期待する内容になる。

ハッキリ「崩壊を視野」と書いてますね。

さらに、

  日米両政府の共同発表文書に
  台湾海峡への警戒感が盛り込まれるのは初めて。
  米国としては、日米共同対処をちらつかせて
  中国をけん制するとともに、
  台湾側にも自制を求める思惑がある。

  戦略目標として、台湾有事での
  米軍と自衛隊の協力が明記されているわけではない。
  しかし、中台の緊張に備えて、
  自衛隊による対米協力に布石を打つ狙いが
  共同文書からはにじみ出ている。
  米国は米中軍事衝突に発展しかねない台湾海峡問題を
  潜在的にはより大きな脅威と見なしており、
  台湾海峡をにらんだ日米同盟強化に
  中国が警戒感を募らせるのは間違いない。

ここもあけすけに書いてますね~

  「中台の緊張に備えて、
  自衛隊による対米協力に布石を打つ狙いが
  共同文書からはにじみ出ている。」

確かににじみ出てますな(笑)。

最初の産経の記事とこの毎日の記事を読めばわかるとおり、
この「2+2」の共同声明は中国への牽制球であり、
事態が悪化すれば
「中国封じ込め」に移行するという含みがある。

さらに毎日の記事は、
AP通信とワシントンポストを引用する形で、

  18日付の米紙ワシントン・ポストは
  「日本が米国の台湾政策に参加」
  との記事を1面に掲載。
  「日本は中国との争いを回避する傾向にあったが、
  北朝鮮の脅威と中国の台頭への懸念が刺激となって
  約60年間の平和主義を転換しようとしている」
  と報じた。

  さらにAP通信は
  「日米は安保条約改定を議論し、
  中台の緊張を初めてアジアの発火点と確認する」
  とまで報道。
  米国務省のバウチャー報道官は
  「改定などしない」と即座に否定したが、
  米国での中台問題への関心の高さを示す動きだった。

ここまで明確に書いてるね。
自分の言葉じゃなく
他人に語らせる根性が理解できないけど、
これが「普通の外交感覚」での読みってもんでしょう。
少なくとも中国と台湾はそう受け取ったでしょう。

ちなみに、これが台湾の反応↓

アジア安保に日本積極関与 台湾、協議を注視

日本の新聞各紙はこんなものだが、
毎日が引用したワシントン・ポストは
もっとハッキリ書いてます。

以下、訳文です。

  日米両国は土曜日に合意書を発表し、
  台湾を相互の安全保障上の関心事項と
  宣言する予定である。
  この声明によって日本は中国に対抗して
  台湾を擁護する立場を鮮明にすることになる。

  この共同宣言では台湾の安全保障を
  日米の共通の「戦略的目的」とする。
  
  日本側の高官によれば、台湾海峡有事になれば
  日本の果たせる役割には制約があるが、
  共同声明は日本の果たす共同作業の基礎を
  作るために有効である。
  「日本は中国を友好的な国と考えているが、
  同時に中国には予想しがたいところがある」
  とある日本の高官は述べた。
  「もしも中国が攻撃的な態度をとるのであれば、
  日本はただ傍観するわけにはゆかない」


おおっ!
ここまでくれば日米の「台湾防衛宣言」ですな。
少なくとも米国のマスコミは
ここまで読んでるということ。


で、私自身のこの共同声明の感想を言いますと、
これは戦後の日米安保体制の転換です。
もっとハッキリいうならば
東アジアにおける日米の「攻守同盟」化です。

日本のマスコミはこの共同声明の
表向きのソフトな文章に幻惑されているけど、
これは日米安保条約の改変宣言に等しい。

その眼目は、

◇東アジアでの日米攻守同盟への指向。

◇世界的に、同盟の緊密化。利害共同体化。

◇北朝鮮崩壊を視野に入れ、
 日米が歩調を合わせる。
 中国への共同圧力。

◇日米の台湾防衛宣言。

◇事態の推移次第では「中国封じ込め」。

こんなところでしょうね。

まあ、外相・防衛庁長官レベルで
よくもこんな重要な宣言をしたなあと思うけど、
これは中国に対する配慮とジャブだろうね。
首脳会談でこれを宣言したら、
インパクトはハンパじゃなかったでしょう。

さて、なかなかヘタレ外交の日本も
たくましくなったなあと思いますが
ここで醒めた言い方をしますけど、
私は米国経済は衰退傾向にあると見ているので、
この日米同盟緊密化の成果も、
おそらく、ここ数年のあだ花で終わると思います。
最も日米同盟が華やかだった時代と
記憶されることになると思います。

まあ、日本は
衰微する米国からアジア地域の覇権と秩序を
漸進的に受け継いでいけばいいんじゃないかな。
片方の手で中国を封じ込めつつ、
もう一つの手で、アジアの覇権を
ソフトに米国から引き継いでいけばいいでしょう。



娘通信♪関連過去記事
李登輝氏、来日へ・・日中台米の思惑。
米国退勢、覇権の移行、日本の戦略は如何に?
イラク戦争の様々な観点:大量破壊兵器とユーロ建て決済
[PR]
by misaki80sw | 2005-02-20 18:53 | 日本(政治経済)
a0018138_1258143.jpg


初代はネグロポンテ氏 米国家情報長官

 ブッシュ米大統領は17日、
 米中枢同時テロを未然に防げなかったことを教訓に
 昨年12月に新設が決まった初代国家情報長官に
 ジョン・ネグロポンテ駐イラク大使(65)を、
 また同副長官には国家安全保障局(NSA)の
 マイケル・ヘイデン局長を指名した。
 上院の承認が必要。
 
 長官は、中央情報局(CIA)など
 米国の15の情報機関を統括するポスト。
 今回の決定により、
 米国の防衛に向けたブッシュ政権の新体制が整った。
 
 同ポストは、2001年の中枢同時テロを検証した、
 独立調査委員会の最終報告書の勧告を受け、
 ブッシュ大統領が進めた情報機関改革の目玉。

   (共同通信)


去年の7月22日。
2001年に起きた9・11テロをめぐり、
事実関係を検証してきた米議会の独立調査委員会が
最終報告書を発表した。

独立調査委員会は、
9・11テロの犠牲者遺族の要望で02年11月に設置。
メンバーは元議員や元州知事らの計10名。
9・11テロの事実関係の検証と
今後の安全対策を練り上げるために
現職の主要な閣僚らを含む約150人を
公聴会によんで徹底的に調査した。
ブッシュ大統領、チェイニー副大統領からも直接聴取。
面接調査はのべ1000人以上に及ぶ。
こういう執念というか徹底ぶりは、いかにも米国らしいね。

そして発表された報告書は、
567ページにもおよぶ分厚いもの。
クリントン前政権時までさかのぼり、
情報機関をはじめ米政府が
テロの脅威への理解が欠如していたと批判した。

この内容に米国民は衝撃を受ける。
政府のテロリストに対する安易な判断、
政府機関同士の縄張り争い、
そしてCIAやFBIなどの情報機関同士の確執。

その中で最も衝撃的な部分は、
クリントン・ブッシュ両政権が十回にわたって
テロ計画を事前に防止する機会を逃していたことだった。

たとえば、

◇CIAはウサマ・ビンラディンの
 居場所を数回正確につかんだが、
 暗殺権限がないと断念していた。

◇FBIはテロ直前に容疑者の1人を逮捕しているのに
 本格的な捜査を怠った。

◇CIAの工作員は、
 容疑者がアメリカに入国したことを知っていたのに
 FBIに通報しなかった。

◇実行犯の入国ビザ申請の不実記載を見逃し、
 一部実行犯の偽造旅券も見抜けなかった。

報告書ではこれらの失態を
事前に犯行を抑止できた「10回の機会」と呼んでいる。

結論として、
クリントン・ブッシュ両政権ともに
「脅威の重要性を認識していなかった」とし、
CIAとFBIの連携ミスなど、
「深刻な組織的欠陥」が重なったとしている。

さらに今後の対策として、
対テロ情報を集約するため国家対テロセンターを再編し、
CIAなどを含めて現在全部で15ある情報機関の
縦割りの弊害を無くすため、
閣僚級の国家情報長官(NID)の設置を提言した。

そうなんです。
上記ニュースの「国家情報長官」とは
これがきっかけで生まれたものなんですね。

現在、米国の情報機関は主なもので15存在し、
総額約四百億ドル(約四兆四千億円)の予算を使っている。

私が知ってる主なやつでも、

◇CIA:中央情報局

◇FBI:連邦捜査局

◇NSA:国家安全保障局

◇DIA:国防情報局

◇NRO:国家偵察局

◇INR:国務省情報調査局

ざっとこんな感じで、
まあ、確かに多すぎだし、
非効率ちゃあ非効率ですわね。

この国家情報長官(NID)は
年400億ドルの情報関連予算と
各情報機関の人事権を持つ。
実際の情報収集・分析は傘下の各機関が行うが、
情報長官の下に新設されるテロ対策センターが
各機関からの情報を集約し、一元管理を行う。

長官の権限はハンパじゃないね。
米国と世界のあらゆる情報を
ほとんど一人の人間で握ることになる。

ただ、不意透明な部分も多い。
情報収集はいいとして、
問題はこれら情報機関の陰の部分、
すなわち諜報工作の領域だね。
ここまで長官が統率するのか?

さて、この初代長官に指名されたオジさんですが、
この人物がなかなかに興味深いんですよ。

ジョン・ネグロポンテ氏。
1939年7月21日、ロンドン生まれ。
米エール大卒。
米外交官としてアジア、欧州各地に赴任。
国務次官補などを経て2001年から国連大使。
04年6月から駐イラク大使。

まあ、額面上はピカピカのエリート高官なんですが
実はこの人、かなりの札付き。
海千山千の強者なんですな。

2001年。
ネグロポンテ氏はブッシュ大統領によって
国連大使に指名された。
しかし、上院の猛反発を受けて、
半年間承認を得ることが出来ず、
身分が宙ぶらりんのままだった。
 
その原因は彼のホンジュラス大使時代にあった。 
ホンジュラスの反体制派狩り・人権弾圧に
ネグロポンテ氏が関与していたかが問題になったわけ。

米政府は80年代に、
ニカラグアの左翼政権を潰す秘密工作を展開していた。
ホンジュラスはその工作の本拠地のひとつで、
1984年にはニカラグアの反体制ゲリラ、
「コントラ」を訓練する施設も米国によって建設されている。
米国はホンジュラスに軍事援助を行い、
援助額は400万ドルから7740万ドルにはね上がった。

ネグロポンテ氏がホンジェラス大使を務めたのは
この秘密工作真っ盛りの1981年から85年にかけて。
この間、ホンジュラスでは反体制派狩りの嵐が吹き荒れ、
アメリカの教会関係者を含む多くの人が犠牲になり、
200名近くが行方不明となった。

ホンジュラス軍事政権による残虐行為を
ネグロポンテ氏が知らなかったはずはない。
彼の前任の大使は
軍事政権による人権弾圧を強く批判していた。
ネグロポンテ氏は虐殺を黙認していたわけね。

むしろ、黙認していたというよりも
彼は、この軍事政権に積極的に加担すべく、
米政府が送り込んだ人材なのだろう。

このネグロポンテ氏の「臭気」を嫌い、
米議会は半年に渡って国連大使就任を承認しなかった。
ところが、ここで時勢はガラリと転換する。
9・11事件である。
米議会はこの2日後に彼の国連大使就任を認めた。

そしてイラク戦争勃発とフセイン政権の崩壊。
バクダットに置かれた要塞のような米大使館に
彼らは初代大使として赴任した。
 
で、今回の初代国家情報長官に指名。
ブッシュ氏にはかなり買われているみたいだね。
何故なら、第二期のブッシュ政権の要職は
はやばやと人選が決まっていったが、
この国家情報長官だけは最後まで決まらなかった。
おそらく、イラクの議会選挙が
落ち着くのを待っていたんでしょう。
そして駐イラク大使のネグロポンテ氏を外して
初代長官に持ってくると。

このネグロポンテという男。
ホンジェラスといい、イラクといい、
必ず戦乱の巷に派遣される。
そして9・11以後の初代情報長官に指名。
修羅場に強く、荒芸をバリバリ行うタイプなんでしょうね。

私は今、日本の情報機関について
あれこれと調べている真っ最中なんですが、
この米国の情報機関の統合集約と再編。
そして初代長官のキャラクター。
なかなかに興味深いニュースですな。



論説:米テロ調査委報告書
 情報機関改革し戦略再考を


Ishikawa-News.com:
 米、57年ぶりに情報機関大再編成へ

[PR]
by misaki80sw | 2005-02-19 13:14 | 米国関連
a0018138_324069.gif


第二弾です。

ホリエモン対フジのニッポン放送株攻防戦も
一段落をむかえたみたいで、
昨日あたりから関連ニュースがぐっと減りました。

今、焦点となっているのは
フジの25%超の株集め。
そして村上ファンド保有株の行方でしょう。

フジの25%超集めは、商法の規定によって
ニッポン放送によるフジへの議決権を消滅させる狙い。
取りあえず、いろいろ報道を見てる限りでは
これは成功しそうな雲行き。

さらにフジが各株主からかき集めれば、
上位10位の大株主だけで80%以上の保有率となる。
すると規定でニッポン放送株は上場廃止となり、
おそらくそれを見越して株価は下落、
大株主ホリエモンは大打撃を受けるというわけ。

問題は村上ファンドの所有株ですな。
2月8日のライブドアによる大量買い占めの際に、
この村上ファンド所有の18%の株が
流れたのではないかとも言われていた。

ところが下記のニュース↓

<ニッポン放送株>村上ファンド売らず
 ライブドア大購入日


村上氏は売ってなかったそうですね。

で、ここからが
フジとホリエモンによる村上ファンド株の争奪戦。
どっちに売るかで局面がガラリと変わってくる。

いろんなニュースを読んでると
「長期戦に入った」という表現が多いけど、
こういう世界は一寸先が闇。
明日にでも劇的な展開があるかもしれません。
しばらくはハラハラドキドキものです。


さて、ここからが本論です。
いくつかの章立てで話しを進めていきます。


<ホリエモンの言動>

ここでフジサンケイグループ傘下の
各会社に対するホリエモンの言動を
報道・媒体からまとめておきます。

まず、フジテレビについて。

 「今やっている方々が一番良い方法を知っていて、
 考えていると思う。」
 
 「見ている人が喜ぶような番組を作ればいい。
 我々がこういう番組を作れ、というものではない。」

 「視聴者の意見を聞いて、視聴者が役に立つと感じる、
 視聴者本位でやっていけばいいと思う。」

ここは割に殊勝ですな。
ただ、この「視聴者本位」の取り方が、
前々から書いてるように
彼の市場本位、需給本位に通じるように思う。

次に、スワローズとベイスターズ。

 「会社の経営というものを考えると、
 同業他社が親会社の球団の株を
 持つと言うことについては
 考え直した方が良いのではないかと考える。」

 「どっちかに統一した方が良い。
 グループでマイナーシェアな野球球団を
 2つ持っている件については
 考え直した方が良いと思う。」

両球団のファンはたまったもんじゃないでしょうが。

ポニーキャニオン。

 「単体で持っていてもしょうがない。
 それを核にして他のレコード会社や
 音楽出版社をM&Aで増やしていく。」

 「ポニーキャニオンを大きくしたら、
 僕らは音楽配信のところで関わっていく」

さらに、フジサンケイグループの資産。

 「一等地の不動産を持ってる必要はない。
 東京大手町のビルやフジテレビの社屋などは
 売り払えばいい。
 家賃を払うことにすればいい。
 売却によって得た資金は、
 M&Aなどの事業投資に回す」

お台場の華麗なビルも賃貸になるわけね。

そして、産経新聞及び扶桑社。

 「夕刊フジ・サンスポ・SPA!、
 そういうのを合わせてエンタメ系の
 強力な新聞・出版社にしたい」

 「(産経は)金融・経済情報の
 ニュース配信というビジネスが考えられます」

 「あのグループにオピニオンは異色でしょう。」

 「新聞がワーワーいったり、
 新しい教科書を作ったりしても、
 世の中変わりませんよ」
 

まあ、あれこれ言ってますが
私は別に彼の発言の全てを否定する気はない。
経営的に合理的な判断もあると思うし、
それについてはとやかく言う気はない。

問題は産経の部分です。
「正論」路線の否定です。
これが大問題です。


<ニュースの情報収集について>

ニュース報道ってものは
単純に言うと二段階に分かれる。

1,情報の収集
    ↓
2,情報の加工(分析・解説・批評)

もちろん、1どまりのものもある。

 「A県B市の車道で、車が衝突しました。
 死者は無し。怪我人一名」

こういう単純な情報は1次情報のみの解説無し。

情報の収集には一定の組織力がいる。
日本の新聞社のほんとんどが
大なり小なり通信社配信の記事に依存しているのも、
情報網が全世界に及ばないため。

おそらくホリエモンが
「産経を経済紙に」と言うのは、
この情報網を一から整備するのが難しいからでしょうね。

前々からライブドアは
「東京産業新聞」という商標を登録しているから、
経済紙を作ろうという意図は
以前から持っていたのだろう。
でも、自前の情報網構築は金がかかる。
既存の情報網をそのまま使った方が早い。
だから、産経を経済紙にしたいのでしょう。

もちろん、ライブドアは
自前の「記者」というのを採用して
あれこれとニュースを書かせちゃいるけど、
この連中は要するに「情報加工」が主。
身近な地域の情報とかは別だけど、
世界的な諸問題・世界中の情報に関しては、
記者個人でバリバリ収集できるものではない。

ライブドアの記者は投稿に対する投稿料をもらうだけ。
それ以上は何も無し。
やはり情報収集には一定の組織力が必要となる。
そこで既存の産経を改造する狙いなんだね。


<情報の重要性とは?>

ここで前回紹介したジャーナリスト江川紹子さんの
ホリエモン・インタビューを一部再掲する。

*江川紹子ジャーナル:
 「新聞・テレビを殺します」~ライブドアのメディア戦略


  「市民記者」を募集したりして、
  新しいメディア作りに乗り出しているが、
  何をやろうとしているのかを伺いたい

   「あんまりそんな、肩肘張ってないんですけどね」

  編集方針とかはどうするのか。
 
  「そんなもん、何もないですよ。」

  事実が確認されれば、あとはどんな話も載せる、と?
 
  「紙面が許す限りですけどね。
  あとは人気ランキングだけですよ。」

  人気?

  「注目度が高い記事はアクセス数が多くなる。
  それを紙にする時に、見出しを大きくする。」

  ある程度の方向性がないと、
  何でも載せますというわけにはいかない。
 
  「世の中の意向は
  アクセスランキングという形で出てくるんですから、
  その通りに順番並べればいいだけでしょ。」

  例えば、イラクのこととか、
  新聞ではもうあまり載らない。でも……
 
  「いいんですよ、
  (そういうことは)みんな興味ないんですから。」

  ランキングは低くてもいいから入れていこうとか、
  そういうことはないのか?

  「ゴミみたいな記事を
  無理矢理載せたってしょうがない」

  フリージャーナリストで
  イラクなどを取材している人がいても、
  今ではなかなか大きなメディアには載らない。
  そういうのを入れていこうとは思わないのか
 
  「(この話は)重要だといって、
  あえて能動的に吸い上げようと?
  それって、メディアの意思が入っているじゃないですか。
  人気がなければ消えていく、
  人気が上がれば大きく扱われる。
  完全に市場原理。
  我々は、操作をせずに、
  読み手と書き手をマッチングさせるだけだから。」


これを再読して思うんだけど、
この人は情報の値打ちってものが分かってない。

 「人気優先」
 「ランキング優先」

これを記事の掲載順位にしたらどうなるか?

ハッキリ言えるのは、
世間が好む情報が取り上げられ、
好まない情報は取り上げられない。
世間が注目する情報は取り上げられ、
世間が軽視する情報は日の目を見ない。

この観点から言うならば、
2流の情報と3流の情報の選別にはつながるでしょう。
だれがどう見てもしょうもないアホらしいニュースは
掲載されなくなってくる。
まあ、これはいいでしょう。
問題は1流の情報までが掲載されなくなること。

では、1流の情報とは何か?
それはある時点においては
その重要性が分かる人間には分かるが、
多くの人々には理解されない希少性を持った情報。

たとえば、2001年9月11日以前に、
アルカイダの組織力と戦略性を見抜いた人間がどれだけいたか?
その種のニュースが流れても
どれだけの人間がそれに振り向いたか?
少数の人間がビン・ラディンとアルカイダについて
悲鳴のような警鐘を鳴らしていたが、多くの人間は無視した。
つまり需要が無かった。

北朝鮮の核問題・拉致問題。
70年代から80年代・90年代にかけて、
この件に問題意識を持ってる人間がどれだけいたか?

中国の軍拡・覇権の伸張。
かつて日中友好の雰囲気の中で、
警鐘を鳴らす情報は無視され続けた。
そして今になって中国の脅威に怯えている。

日本のバブル崩壊と経済の低迷。
かつての80年代の絶頂期。
ハードの効率的生産と日本式経営。
貿易で稼いだ膨大な富が
行く先を失って土地になだれ込み、地価は上昇し続けた。
誰もが繁栄に酔っていたあの頃に、
警鐘鳴らすニュースや明日の停滞を予測する情報を
人々はどれだけ受け入れられたか?

例を挙げればきりがないよ。
人は往々にして現在の延長線上で未来を計る。
しかし、時として歴史は大きく転換する。
今日の常識は明日になれば
単なる固定概念に過ぎなかったと気づく。

未来への種子はあちこちに転がっている。
しかし、それは種子ゆえに
大輪の花を咲かすのか、
道ばたの雑草に過ぎないかは
なかなか分からない。
眼力を持った人間でなければ分からない。

未来の怪物は卵に潜んでるかも知れない。
それは外見だけでは分からない。
卵から孵化し、幼獣が成長し、
社会と国家を暗澹たる結末に陥れなければ、
人々はそれに気づかない。

宝石の如き1流の情報は
それを見抜ける認識力がある人間でなければ
その価値は分からない。
千人の好む情報と十人が好む情報の
どちらが価値があるか?
情報の価値とは人気で決まるものではない。

ホリエモンの言うとおり、
人気の高い情報は金銭を生む。
しかし、それが真の意味において
重要な情報とは限らない。
この人物の欠点は、
「金銭的に価値が高い=重要度が高い」
と思っていること。
私は、この人物の不明さを嗤う。

ホリエモン流でいくと
最もジャーナリズムにとって重要な役割である、

 「先覚者としての警鐘」
 「時代への警鐘」

というものが顧みられなくなってしまう。

ホリエモンが人気とランキングで
2流の情報をかき集め、
自前のマスメディアを作り上げるのなら
それはそれでかまわない。
勝手にすればいい。
そういうマスコミの選択肢もあっていい。

だが、それをやりたければ
新たに報道組織を作ってやってくれ。
自前で一から作ってくれ。
産経を2流マスメディアに変えるなどと
阿呆なことはやめてほしい。
質を劣化させ、金銭を生んで
あんたの懐は増えるかもしれないが、
日本のメディアは貧しくなる。

金を銀に変えるなかれ。
玉を河原の石に変えるなかれ。
黄金に銀メッキをして
劣化を喜ぶなんて馬鹿なことはやめてくれ。



読売新聞:ライブドアVSフジテレビ

ニッポン放送の株式買付け記者会見レポート! 
 ライブドア、放送業界への展望を発表



娘通信♪関連過去記事
週刊「ホリエモン考察」vol,01・・市場という神。

ホリエモン「産経新聞を経済誌に変える」 (-_-#)
ライブドア社長、進取と饒舌と野心と。
[PR]
by misaki80sw | 2005-02-18 03:35 | マスコミ・ネット・媒体関連