misakiのオールジャンル時事評論!


by misaki80sw

<   2004年 12月 ( 73 )   > この月の画像一覧

a0018138_20403817.jpg


土星の月に小型探査機放出 米欧の探査機カッシーニ

 米航空宇宙局(NASA)と欧州宇宙機関(ESA)の
 土星探査機カッシーニは米東部時間24日夜
 (日本時間25日昼すぎ)、
 小型探査機ホイヘンスを
 土星最大の衛星タイタンに向けて放出した。
 来月14日、謎の多いタイタンの凍える大地に、
 人工物体として初めて軟着陸する予定だ。

 ホイヘンスは
 土星の周回軌道上でカッシーニから切り離された。
 20日ほどかけてタイタンに接近し、
 時速2万2000キロで大気圏に突入した後、
 パラシュートを開いて
 約2時間半かけて地表に向けて降下する。

 その途中、搭載したガスクロマトグラフ質量分析装置で、
 タイタンの大気に主成分の窒素とメタンのほかに
 どんな成分が含まれるかを詳しく調べる。
 また、未知の大地や地平線、空の画像も撮影し、
 地球へ送信する。

 タイタンの地表は零下180度ほど。
 保温のためのバッテリー容量に限りがあるので、
 ホイヘンスが着陸してからデータを送信できる時間は
 最大でも30分間ほどしかないと、NASAはみている。

   (アサヒコム)


カッシーニ計画に関しては、
以前書いたことがある。

土星の衛星「タイタン」最新画像・・メタンの大気と海。

土星の衛星タイタンを精査する計画で、
NASAと欧州宇宙機関(ESA)、
及びイタリア宇宙事業団が組んでいる。
総費用は約34億ドルで
惑星探査史上最大の予算が投入されている。

10月にタイタンに再接近し、
メタンのもやにつつまれる神秘の映像を送ってきた↓

a0018138_20411557.jpg


メタンですよ、メタン。
大気はメタン。
海はメタンとエタン。
陸はエタンとタール。
どういう世界なんだって(笑)。

地球に住む我らには
全く想像もつかないタイタンだけど、
実は科学者によると、
原始地球時代の有機物質が
存在するかも知れないと考えられているとのこと。

そこで、タイタンの周りを
グルグル回って写真を撮ってるだけじゃ物足りんと、
探査機ホイヘンスを地表に向けて打ち込んだ。
上記ニュース中にあるように、
ホイヘンスは20日ほどかけてタイタンに接近し、
時速2万2000キロで大気圏に突入した後、
パラシュートを開いて
約2時間半かけて地表に向けて降下する。

当然、その間の映像が送られてくるわけで、
こりゃ旦那、ワクワクものですぜ。
メタンの海とやらを
たっぷりと拝見しようじゃございませんか。



タイタン

タイタンにメタンの雲、補償光学技術が映し出す新映像

カッシーニ計画サイト


娘通信♪関連過去記事
土星の衛星「タイタン」最新画像・・メタンの大気と海。
[PR]
by misaki80sw | 2004-12-26 20:42 | 科学・技術関連ニュース
a0018138_020894.jpg


もてない雄はずっともてない?
 北米の「クリスマス鳥」


 北米で「クリスマス鳥」と呼ばれる、
 渡り鳥ハゴロモムシクイの雄は、
 雌にもてないと、交尾や子育てが遅れ、
 冬に備えて南へ渡る最中に羽根が抜け換わり、
 みすぼらしい姿になることが分かった。

 雄は尾羽などの黄色い部分の鮮やかさで
 セックスアピールするが、
 次の繁殖期ももてないことになる。
 カナダのクイーンズ大などの研究チームが
 24日付の米科学誌サイエンスに発表した。 

   (時事通信)


なんか・・悲しいやつだね (ノ_・。)

 雌にもてない。
   ↓
 交尾や子育てが遅れ
   ↓
 みすぼらしい姿になる
   ↓
 次の繁殖期ももてない

じゃあ、永遠にもてないということか・・。

鳥類の現実って厳しいのね。
人間と変わらないじゃん。
[PR]
by misaki80sw | 2004-12-26 00:21 | 仰天・脱力系ニュース

「札幌に中華街を」
 駐日中国大使、知事に要請 /北海道


 王毅・駐日中国大使が24日道庁を訪れ、
 高橋はるみ知事と懇談した。
 王大使は
 「札幌で中華街を作りたいと言っている中国人がいる。
 経済発展にも寄与するいいアイデアだ」と協力を要請。
 高橋知事は「札幌市長とも話を進めたい」と応じた。

   (毎日新聞)


王毅たん、なんだか偉そうな口ぶりですね。

中華街って
具体的にどういう内容になるんですか?
単なる中華ラーメン街ってわけじゃないでしょ?
つまり中国人街を作るってことでしょ?

自分とこの国民だけの
「民族街」を作らせてくれなんて、
普通、そういうことを言うかね。
王毅たん、あんた何様なのよ?

冗談じゃないよ。
どの国でも少数民族問題は大きな問題。
治安や文化上の大問題だよ。
ただでさえ、在日中国人は犯罪が多いというのに
よくもシャアシャアと「中華街を~」なんて言えたもんだ。

このニュースをご覧あれ↓

沿海地方 中国人 流入止まらず
 人口減少で労働力不足 “逆転”本気で心配


まあ、王毅氏の腹の中はよく分からない。
単なる思いつきで言ったのか、
深刻な意図があって言ったのか。

でも、日本として警戒すべきですよ。
札幌に中国人街区なんて冗談じゃない。
でも、上田市長は歓迎しそうで恐いよ。
[PR]
by misaki80sw | 2004-12-25 23:53 | 日本(社会・世相)
a0018138_21521563.jpg


「防衛費大幅削減!?」シリーズのパート3です。

パート1では、財務省VS防衛庁の抗争と、
官僚主導の防衛体制構築に疑問を投げ、
パート2では、MD(ミサイル防衛)導入と、
そのしわ寄せの正面装備均等縮小について書きました。

さて、自衛隊の組織と装備体系について書きます。

「財務省VS防衛庁」の削減バトルの中で、
保守層の間ではどっちかというと
同情をかっている防衛庁側ですが、
私は防衛費削減には大いに反対だし、
財務省の役人が自衛隊の装備体系を定めてしまう、
この国の馬鹿馬鹿しさに腹が立ちますが、
だからといって今の自衛隊の組織体制が
いいと思ってるわけじゃない。

削減には反対だけど、
「防衛費は聖域」というぬるま湯に浸って、
冷戦期の軍事思想を引きずってるような
今の自衛隊のあり方は大いに疑問です。


パート1でサクッと触れましたが、
軍隊の組織編成や装備を決める際には
以下の流れがあります。

政治と軍事と国家戦略の関係を具体的に書くと、

1,国家理念
   ↓
2,国家戦略
   ↓
3,軍事戦略
   ↓
4,軍事費及び組織編成・装備の策定

国家理念の追求のために国家戦略を構想し、
国家戦略の一部として軍事戦略を策定し、
軍事戦略に準拠した軍事費と組織編成を定める。

これが正しい流れですな。

分かりづらいかもしれないので
ここで100年前の日本の状況を例にとってみましょう。

1904年12月。
ちょうど日露戦争の真っ最中。
有名な旅順要塞の要衝203高地は陥落し、
要塞攻略に弾みがついた頃。
満州では日露両軍数十万が睨み合い、
ロシア軍は黒溝台への冬季攻勢の動きを見せつつある。

海上では、ロシアの極東艦隊は
旅順港に閉塞したまま全滅し、
この危難を救うべく、本国バルチック艦隊が
はるか欧亜の地から前人未到の大回航を行っている。
一方の連合艦隊は旅順沖を去り、
来るべき海戦に備えつつあった・・・。

という状況の中で、
当時の日本の、
「国家理念」
「国家戦略」
「軍事戦略」
「軍事組織・装備体系」
は、いかなるものであったか?

◇国家理念:1904

 欧米列強の脅威から国家の独立を維持する。
 内においては殖産興業によって国力を富ませ、
 外にあっては精強な国軍を編成し、国を守る。

 *この時代の日本は、
  国勢の拡張よりも、列強からの防衛的な発想が主であり、
  海外への勢力伸張を明確に志向しはじめるのは、
  日露戦争後である。
 
  維新後わずか30年にして、
  満州の荒野にて世界最大の陸軍国と激突した日本は、
  まだまだ欧米列強から比較すると
  小さな小さなアジアの新興国家に過ぎない。


◇国家戦略:1904

 外交・軍事上の最大の脅威はロシアの南下政策である。
 極東において利害を共有する英国と同盟を結び、
 ロシアに対抗する。

 
◇軍事戦略:1904

 ロシア軍の南下に対し、朝鮮半島を防衛ラインとする。
 
 いざ開戦後の戦略としては、

 陸軍:ロシア軍主力の撃滅

 兵を二軍に分け、第一軍は朝鮮半島に上陸、
 半島内のロシア駐留部隊を撃破する。
 第二軍は遼東半島に橋頭堡を立て旅順要塞を孤立させる。
 両軍は満州にて合流し、ロシア軍主力と一大会戦を行い、
 これを撃滅する。

 海軍:制海権を握り、陸軍部隊の補給戦を確保

 旅順港を母港とするロシア太平洋艦隊を撃滅し、制海権を確保。
 ロシア本国より回航する第二太平洋艦隊を迎撃殲滅する。


◇軍事組織・装備体系:1904

 陸軍:常備兵力20万人
    13個師団

 海軍:軍艦の総排水量・約26万トン
    戦艦6隻、一等巡洋艦6隻他


ざっとこんな感じですな。

反復すると、
○国家理念・・国家の独立維持。
○国家戦略・・英国と同盟し、ロシアの南下を防ぐ。
○軍事戦略・・ロシアを仮想的とし、
       朝鮮半島を防衛ラインとする。
       陸軍:満州での敵主力の撃滅
       海軍:制海権の確立、陸軍の補給線維持。
○軍事組織・装備体系・・13個師団・戦艦6隻。

これを見てると、
国家理念から軍事組織構成に至るまでの流れが、
目的主義的に先鋭化されているのが分かる。
実に無駄の無い流れだと思う。

当時の日本は新興の貧乏国であり、
乏しい国力と人的資源をやりくりせねばならず、
軍事組織に余計な予算と人力や
余分なエネルギーを使う余裕など無かった。
それゆえの目的思考のスリムな軍政だった。

兵力の13個師団と戦艦6隻体制は、
当時の日本の国力ギリギリの限界。
ロシアとの開戦が不可避との見方から、
乏しい国家予算をやりくりして編成した。


では、現代日本のパターンを考えてみましょう。

まず前提として言っておきたいのは、
以下に記すことは私自身の考えや希望じゃなくて、
日本国民の最大公約数の発想を書きます。


◇国家理念:2004

 自由主義・民主主義の国家体制と、
 資本主義経済と自由貿易による繁栄の維持。

 *他の覇権国、米国や旧ソ連のように
  自国の理念を他国に輸出しようとか、
  中国のような覇権の拡張を希求するとか、
  そういう意味のアクの強さは無いね。

  自国の事のみに汲々としてるというか。
  良く言えば「覇権を求めない」
  悪く言えば「自国のことしか考えてない」

  
◇国家戦略:2004

 米国との同盟関係を主軸とし、
 国際的地位と発言力の保持に務める。
 外交や経済協力によって友好国を増やし、
 経済交流や通商の発展に努める。

 *これが「戦略」に該当するのか分からないけど(笑)、
  取り合えず、これが国家戦略。


◇軍事戦略:2004

 柱として3つで、
 領土・領海・領空及び国家権益の防衛。
 海上通商路(シーレーン)の確保。
 日米同盟による米軍の救援。


だいたい、こんなとこでしょうか。

では、この「国家理念」「国家戦略」
「軍事戦略」に基づいて、
日本の現国力と経済規模を勘案しつつ、
「軍事組織・装備体系」を検討してみましょう。


ちょっと雑談から入ります。

今回、防衛費は大幅削減となりましたが
最後までもめたのが陸上自衛隊の定数。
防衛庁は16万人超を要求し、
財務省は12万人と譲らない。
結局、どこでどう妥協となったのか
15万5千人で落ち着いた。

で、防衛庁側は財務省案の削減に反論する根拠として
以下の3つをあげたとのこと。

1,北朝鮮の特殊部隊の脅威。
  特殊部隊対策は人員の頭数が無ければ無理

2,地震等の大規模災害時に支障が出る。

3,PKOなどの国際貢献の際に、
  12万人体制ではやりくりがきかない。

私はこれを見て思ったんですが、
薄弱たる根拠ですな。
特に2と3は理由になってないよ。
自衛隊の主任務は国家と国民の軍事的防衛でしょう。
それが本筋であって、
地震やPKOなんか理由にならんよ。

国家が膨大な金を払って軍隊を雇用しているのは、
いざ戦時に備えるためであって、
地震やPKOのためじゃない。
小銃や戦車を持ち、ミサイルや魚雷をぶっ放して
戦車や潜水艦を買い与えているのも
軍事的な防衛のためでしょう。

災害出動やPKOなんて、それは支目的に過ぎず、
だから16万じゃなきゃ嫌だって言うなら、
本末転倒だよ。
ほとんど、組織防衛のためのこじつけですな。

さて、残りの1の北の特殊部隊対応ですが、
防衛庁側は例として、
1996年の韓国での北朝鮮工作員侵入事件をあげたという。

1996年9月、韓国北東部に北朝鮮の潜水艦が侵入し、
北朝鮮の特殊部隊員ら26人が韓国に上陸した。
これに対して韓国軍は50日にわたり
約6万人を投入して包囲したが、
特殊部隊員らの反撃によって16人が殺された。

防衛庁は、この事件で少数の特殊部隊員に対し、
韓国軍が6万人を動員したことを例に挙げ、
特殊部隊対策には人員の頭数が必要との見解。

事実、ここ数ヶ月ほど、
誰かが意図的に情報を流してるのか、
「北の特殊部隊の脅威」
「それに対する自衛隊の包囲作戦」
に関する報道がけっこう流れている。

朝鮮半島有事の日米共同作戦判明
 工作員の侵入想定


日本海沿岸に警備部隊 北の侵攻想定 伊丹に移動監視隊

陸自が北朝鮮テロ対策 2500人侵入想定
 原発など135施設防衛


北朝鮮特殊部隊、5%は内陸部潜入
 十数人包囲に6千人-防衛庁シミュレーション


私は思うんですが、
逆に防衛庁に質問してみたいことが2つあります。
一つ目は、
仮に北朝鮮の特殊部隊の脅威が無いとなった場合、
陸自の定数はいくら必要だと思いますか?
10万人ですか、12万人ですか?
それともやっぱり16万人ですか(笑)?

もし、「12万人だ」との答えが返ってきたなら、
じゃあ、4万人分が特殊部隊対策なんですか?
それと、今後、北朝鮮情勢が落ち着いたら、
12万人に減らしていいわけですね?

まあ、意地の悪い質問かもしれないけど、
さらにもう一つ。
26人の特殊部隊を鎮圧するために
6万人が必要だったとのことですが、
単純な疑問で申し訳ないけど、
いつ来るか来ないか分からない26人のために、
国家は毎年、営々として6万人の軍隊を
常備し続けなければならないわけですか?

当たり前の話しをするようだけど、
国の予算は無限じゃない。
限られた金をやりくりしなきゃいけない。
これは国に限らず、企業や個人の家計もそうであって、
あれもほしい、これも必要だではきりがない。

北の特殊部隊対策のための
一定の人員が必要だとの「必要性」は理解するよ。
でも、26人に備えるために
6万人を常備するという論法は、
どう考えても効率が悪いと思うんですが・・。
軍事予算の合理性という観点からしても
無駄が多すぎだよ。

金の使い方の基本は「優先順位」でしょう。
何を優先して、何を劣後におくか。
優先度の高いものから使うべし。

日本が国家の存亡をかけた脅威にさらされるのは、

◇国土に対する正規軍の直接侵攻

◇シーレーンの途絶

◇主要都市に対する核攻撃

この3つ。

であるならば、この3つにまず備えるべき。

北と開戦して、特殊部隊が数十から数百侵入しても、
国家が滅亡するわけじゃない。
あれこれ被害は出るでしょうけど、
国の死命を制さるる状況じゃない。

で、今の国際環境からいって、
「国土に対する正規軍の直接侵攻」は考えづらい。
せいぜい、尖閣諸島に少数の中国軍が
政治的な目的で上陸する程度のオプションに過ぎない。

問題とすべきは、
「シーレーンの途絶」
「主要都市に対する核攻撃」
この2つ。
優先順位から考えれば
こっちに重点を置くべきでしょう。

もちろん、北の特殊部隊の脅威は理解できます。
私が言いたいのは、
「16万人必要」との理由付けを、

1,北の特殊部隊対策
2,災害対策
3,PKO要員の確保

な~んて、枝葉末節を挙げるなってこと。

結局、陸自自体が、
冷戦期の対ソ防衛とソ連軍侵攻への防御を
主眼とした体制から抜けきれてないんですよ。
「16万人云々」は陸自の組織防衛でしょう。

じゃあ、防衛費を削減した方がいいのか?
冗談じゃございません。
日本の地理的条件と
上記の国家戦略・軍事戦略の根本に立ち返り、
海空主体の布陣に切り替えるべし!


さて、本日はここで稿が尽きました。
今回は「前編」としておきます。
次回「後編」において
実際の自衛隊の組織体系・装備を検討してみましょう。



陸上自衛隊 - Wikipedia

陸自定数15万5000人 新防衛大綱

北朝鮮の軍事素顔1:フグ戦略 特殊部隊・兵器も選別

首相官邸:安全保障と防衛力に関する懇談会

日露戦争 - Wikipedia


娘通信♪関連過去記事
防衛費大幅削減!? Part,2・・MD導入と陸海空縮小。
防衛費大幅削減!? Part,1・・財務省VS防衛庁。
[PR]
by misaki80sw | 2004-12-25 22:00 | 日本(政治経済)
a0018138_057035.jpg


中古護衛艦の輸出、政府が検討…「3原則」例外で

 政府は21日、海上テロ・海賊対策のための
 東南アジア各国への中古護衛艦などの輸出について、
 武器輸出3原則の例外として認めることを
 前向きに検討する方針を固めた。
 来年1月にシンガポールやマレーシアに
 表明する予定だ。

 輸出する船としては、
 海上自衛隊が沿岸海域用に保有する、
 1000―2000トン級の小型護衛艦や、
 海上保安庁の巡視船が検討対象となる。
 実際に引き渡す際は、大砲など、
 海賊などの取り締まりには不要な
 重装備は取り外すことにしている。

 大砲や銃を装備した艦船は従来、
 武器輸出3原則に抵触するため、輸出できなかった。
 今月10日に新たな「防衛計画の大綱」を
 閣議決定した際の官房長官談話で、
 「テロ・海賊対策支援」などの場合は、
 個別の案件ごとに検討するとして、
 3原則を緩和する方針が打ち出された。
 海賊取り締まりなどに再利用するために
 退役した中古艦船を輸出しても、
 「国際紛争の助長にはつながらない」
 との判断によるものだ。

   (読売新聞)


先日、武器輸出について書きましたけど、

政府、武器輸出3原則見直し・・国家の理念次第でしょ。

だいぶ話しが具体化してますね。
大いにけっこうでございます。

まだ「海上テロ・海賊対策」に
用途を限定してるのが気にくわないけど、
まあ、これも進歩と見なすべきでしょう。

輸出するのは海自の小型護衛艦や
海保の巡視船とのこと。
海自の地方隊所属の護衛艦で
「DE」と呼ばれてるクラスでしょうね。

上記画像の護衛艦は、
大湊地方隊所属の「ゆうぐも」。
「やまぐも」型護衛艦の6番艦。
まあ、これが輸出されるのかは分からないけど、
するとしたらこのクラスでしょう。

ゆうぐもは昭和53年に就役した古い艦だけど
装備は、

◇50口径76ミリ連装速射砲×2
◇SUM(ASROC)8連装ランチャー×1
◇ASR(ボフォース)4連装ランチャー×1
◇3連装短魚雷発射管×2

と言う感じで、
なかなかのものを持っている。
輸出時には、この武装も
全部取っ払っちゃうんでしょうね。
もったいないなあ~。

まあ、こういう、
せこせこした輸出じゃなくて、
いずれは大型護衛艦や潜水艦の輸出まで
こぎつけたいものだ。

日本は、自由主義と自由貿易を国是とする国。
理念を共有できる諸国ならば、
武器を輸出したって何の問題があろうか。

そういう志を同じくする国が、
大国の覇権主義や
全体主義国家の富国強兵に押されているならば、
優れた武器を輸出してその国を支えてあげるのも、
素晴らしいことだと思うよ。

武器輸出をネガティブな面のみで捉えないように。
物事にはコインの裏表、功罪の両面がある。
悪しき面のみを見つめて、
自らの良き行動を自縄自縛しませんように。



娘通信♪関連過去記事
政府、武器輸出3原則見直し・・国家の理念次第でしょ。
[PR]
by misaki80sw | 2004-12-24 01:00 | 日本(政治経済)

「ネコならいいの?」
 羽生駅自由通路の管理条例「犬の散歩」禁止に反発


 駅の通路で犬の散歩をしてはならない-。
 羽生市は二十二日、十月に新駅舎ができた、
 羽生駅の自由通路での
 禁止行為などを定めた管理条例を公布した。
 「犬の散歩」が
 禁止行為の一つとして盛り込まれたこの条例に、
 二十一日の市議会で「猫ならいいのか」の声が出るなど、
 一部で強い反発を招いた。

 秩父鉄道と東武伊勢崎線が乗り入れる羽生駅の新駅舎は、
 ホームをまたぐ形で造られ、
 駅舎内に市負担でできたの約百二十メートルの自由通路は、
 市の東西を結ぶことになった。
 管理条例には禁止行為として「犬の散歩」のほか、
 「自転車の持ち込み」「球戯・ローラースケート」など
 十一項目が盛り込まれている。

 条例案の審議では、一部の市議が、
 禁止行為があまりに細か過ぎると反発。
 「市民のモラルにまかせるべきだ。
 犬は禁止だというが、猫やアライグマならいいのか。
 盲導犬はどうなる」との批判が出た。

 担当する財政課では
 「表現に不十分な面はあったかもしれないが、
 最低限のことを並べた。
 モラルを当てにしにくい時代なので、
 行き過ぎた行為があった場合、条例などの根拠がないと、
 職員が注意することもできない」と説明している。

   (産経Web埼玉版)


この議員連中、
何をくだらないことを言ってるんだろう。

 犬は禁止だというが、
 猫やアライグマならいいのか。
 盲導犬はどうなる

暇な議会だなあ(笑)。

まあ、盲導犬はともかくとして、
羽生駅をアライグマなんか通るわけ無いだろ。
大阪じゃあるまいし。

駅の自由通路で犬の散歩を禁止するのは当然のこと。
フンの害だってあるしね。

ニュース中にも書いてあるように、
規則というのは明確に定めなければいけない。
「法的根拠」「ルール上の根拠」を
カッチリとした形で作っとかないと、
注意しようにも注意できないし、
後で問題が生じた場合、市側の立場が弱くなる。

この議員連中は
注意する立場に立ったことが無いんだろうね。
根拠が無ければ注意なんか出来ない。
注意する側の人間の身にもなれって。

惜しむらくは表現の問題だね。
「動物の散歩禁止」
こうすればよかった。
当然、アライグマも禁止だよ(笑)。
[PR]
by misaki80sw | 2004-12-24 00:25 | 日本(社会・世相)
a0018138_22514066.jpg


ソニー、中国のプレステ海賊版生産組織の実態を明らかに

 22日付のフィナンシャル・タイムズ(FT)紙は、
 ソニーが、中国における同社のゲーム機、
 「プレイステーション」の海賊版問題で
 5年間にわたって調査してきた結果、
 海賊版を生産した組織の実態が明らかになった、と報じた。

 同紙によれば、
 刑務所で部品が組み立てられている事例もあったという。

 5年に及ぶこの調査では、
 少なくとも10の下請け業者から成る、
 ネットワークの存在が明るみに出た。
 この組織は、1日に5万台のプレステのコンソールと
 コントローラーおよび
 「修正用」半導体の生産能力を持つという。

 ある事例では、
 下請け業者の工場で荷物を積み込まれたコンテナが、
 深センの刑務所に運び込まれ、
 受刑者が組み立てを行うのに十分な期間、
 そこにとどまっていた。

 ソニーの「プレイステーション2(PS2)」は、
 同社にとって高収益をもたらす製品で、
 2000年に日本で発売されて以来、
 2004年9月末までに世界で7400万台が販売された。

 中国の最高人民法院(最高裁)は前日、
 知的所有権侵害を犯罪と認定し、
 罰しやすくする方策を取ったばかりだった。

    (ロイター)


ふざけてるね、これは。

だって、刑務所で作ってるわけでしょ。
公的機関が偽物を作るなんて、もう無茶苦茶だな。
そりゃ、刑務所で作ったら人件費はかからないし、
儲け放題でしょう。

 1日に5万台のプレステのコンソールと
 コントローラーおよび「修正用」半導体の
 生産能力を持つという。

5万台ですか!
よっぽど大がかりにやってるんだろうね。
背後に相当大がかりな組織なり、大物なりがいると見た。

ここまでやられたら、
ソニーは絶対に儲からないでしょう。
これは単にソニーだけの問題じゃ済まないよ。
日本は猛抗議すべき。

中川経産相あたりに、
「中国はトラブルメーカー」発言を希望します。


ソニーPSP、非正規ルートで成都市内で販売

そっくり商標は「不可」…ホンダ、中国で勝訴

海賊対策を強化する中国、実効性のほどは……?
[PR]
by misaki80sw | 2004-12-23 22:55 | 中国・台湾関連

先日、北の核と米国の対応について書きましたけど、

北の核と米国の軍事行使・・彼らの発想と原則。

その余韻を引きずりつつ、もう一発書いときます

まずはこのニュースから。


核移転なら厳しい対応…米特使が昨年「北」に伝える

 米国のプリチャード前朝鮮半島和平担当特使は21日、
 読売新聞との会見で、現職の特使だった2003年8月、
 北朝鮮に対し、米国が核関連物質の第三者への移転を
 「真の限界線(レッドライン)」と設定し、
 「この段階を越えた場合は厳しい対応を取らざるを得ない」
 との見解を伝えていたことを明らかにした。

 ブッシュ政権はこれまで
 限界線の存在を明確にしてこなかったが、
 元高官がこれについて明言し、
 北朝鮮に伝達していたことを認めたのは初めて。

 プリチャード氏は
 「北朝鮮の当局者との議論のなかで伝えた」としており、
 ニューヨークの外交チャンネルを通して伝えたとみられる。
 同氏は「個人の見解として述べた」としているが、
 「北朝鮮側は米国の政策として受け取った」
 (外交筋)のは間違いない。

 北朝鮮は昨年4月に
 北京で開かれた米中朝の3か国協議で、
 米国代表のケリー国務次官補に
 「核保有」を宣言するとともに、
 「核の移転」の脅しもかけた。
 しかし、プリチャード氏が限界線について伝えた8月以降は、
 核移転による威嚇を控えている。

   (読売新聞)


先日も書いたように、これが米国の限界線。
核の拡散は現国際秩序の根幹にかかわる問題。
たかが東アジアの局地的な不安定状態とは
レベルが違う問題であり、
米国はこれを座視出来ない。

でも、北は北で経済崩壊のヘロヘロ状態で、
局面打開の妙手は、核+弾道ミサイルの開発、
さらにはその技術の輸出しかなく、
ここままいけば米国が武力行使を選択するのは
ほぼ必然に近いと思う。

武力行使の目的は2つで、

1,核とミサイル関連の施設と技術の破壊

2,北朝鮮又は金体制の崩壊

1だけに限定するか、
1+2でいくかのどっちか。

まあ、北としちゃあ、
米国の軍事力にさらされるのは
出来るだけ避けたいのはやまやまで、
あの手この手の策を考えてるんでしょうね。

私もいろいろ考えてみたけど、
いくつかの北の局面打開のウルトラCが考えられる。
そのうちの一つが、
「韓国との連邦構想」だと思う。
これ、「SAPIO」の今週号に触発されました。


最近の韓国の親北化は凄まじい。
あっちゃこっちゃで北との民族的一体感を協調し、
「むしろ憎むべきは米国だ」みたいな発言が
ガンガンと飛び交っているのは驚かされる。

この風潮の先頭に立っているのが、
誰あろう盧武鉉大統領自身で、

盧大統領のロス発言、水面下では緊張

盧大統領はAPEC首脳会議の前に、
ロサンゼルスの国際問題協議会の会合で演説し、

◇対北封鎖政策は不安と危険を長期化させるだけ。

◇北朝鮮の体制崩壊は韓国国民にとって大きな災いとなる。
 対話以外には方法がない

◇核兵器の開発疑惑は十分にあるが、
 北朝鮮は1987年以降、テロを行ったり支援したことはなく、
 今もテロ組織と関わっているという根拠はない。

◇核とミサイルが外交の脅威から
 自身を守るための抑止力という北朝鮮の主張には一理ある。

◇北は核を放棄しなければ
 米・韓・中・ロからの支援が期待できないため、
 北朝鮮は核を必ず放棄するだろう。

と、言ったんですなあ。

すごいね、この人。

 北朝鮮は1987年以降、
 テロを行ったり支援したことはなく、

おいおい、正気ですか?
1996年に北朝鮮の小型潜水艦侵入事件が起きて、
北朝鮮特殊部隊と韓国軍が銃撃戦を行い、
韓国軍は17名が死亡したことを忘れてるのかね。
あれがテロでないのなら何なんですか?

この人の北擁護発言は続く。

北朝鮮の崩壊「ほぼない」・韓国大統領

盧大統領「一部国家の体制転覆論で北に危機感」


 「北が崩壊する可能性はほぼないようだ」

 「今後も金正日総書記による体制が続く」

 「北韓が崩壊しないように中国が多くの援助をしている」

 「韓国も崩壊を望んでいない」

 「米国内には政権とは別に強硬策を訴える人が多い」

 「われわれは忍耐し時間をかけて解決しなければならない」

 「米国と一部欧州国家が、北朝鮮体制が
 結局崩壊すべきではないかという考えを持っているため、
 北朝鮮がさらに不安がり、危機感を感じている」

 「もちろん、これまでも国際慣例から
 そのような問題提起は名分のあるものだったが、
 今回の北朝鮮問題の解決において、
 それ(体制問題)を取り上げては歩調が狂ってしまう」

 「(北朝鮮体制の)崩壊を望まない中国と韓国、
 政権交代をすべきだとする一部国家や一部の人々の
 歩調が合わないようになっている」

 「そのようでは北朝鮮核問題は解決されないため、
 いかに歩調をあわせるかがわれわれの課題」


とまあ、こんな感じなんですなあ。

さらに、この人の子分の発言。

韓国統一相、北朝鮮への圧力強化に反対・北京で講演

鄭統一相、呉委員長に盧大統領の親書伝える

統一長官「北朝鮮問題、米国の概念に合わせない」


 「軍事的圧力や経済制裁を取り上げる人々がいるが、
 われわれはそうした解決方法は望まない」

 「相変らず一部では体制変更論、
 北朝鮮崩壊論が取り上げられているが、
 韓国政府の立場とは距離がある」


北は当然、この盧大統領とその閣僚の発言を
「へっへっへ」と思ってるでしょう。
思う壺君だよねと。

北は核問題などの交渉事は
全て米国が相手だと思っており、
韓国など、せいぜい米国のパシリ程度にしか思ってない。
韓国が何を言おうと、己のやりたい放題振る舞い、
ゲリラを侵入させた時は侵入させ、
悪口を言いたい時は悪し様に罵倒し、
金がほしければ「経済援助をよこせ」と言い、
38度沿いの数千の長距離砲で、
ソウルを火の海にするべく照準を定め続けている。

これほどコケにされても
韓国民や盧大統領が親北発言をする根性が理解できないけど、
北の武力の恐怖と、崩壊時の混乱への懸念と、
同一民族としての親近感と、
様々な感情が入り交じっているんでしょうね。
まあ、誘拐犯人と人質の間で芽生える、
あの奇妙な「ストックホルム症候群」みたいなものか?


さて、本題に戻りますけど、
北が己の崩壊と米国の武力行使を避けるための手法、
「南北連邦制構想の推進」とは、
この韓国の「奇妙な」心理を利用する術策。

もともと両国には「連邦制」の構想は古くからあったが、
それを焼き直したウルトラC的奇手。
韓国世論の民族意識と北との連帯感を煽った上で、
盧大統領と交渉し、両国の「連邦制」の実現を持ちかける。

「連邦制」たって、南北の実態は変わらない。
韓国と北朝鮮の上に「~連邦」という名称が乗っかるだけ。
単なる名義上の問題に過ぎないけど、
これが実現すれば米国は武力行使が出来なくなる。

また、連邦制の実際に実現までにこぎ着けなくとも、
両国首脳が、
「5年後の何月までに連邦制への移行で合意した」
「そのため共同で、連邦制移行合同委員会を設立する」
な~んて、空証文でもいいから宣言しちゃえば、
米国は北に手出しが出来なくなる。
韓国の裏切りに呆然となるでしょう。

まあ、これをやるには、
韓国国民や議会の説得、
さらに米国や日本との関係悪化を覚悟せねばならず、
韓国にとってそうそう安易な手段ではないことは確か。

でも、北朝鮮としては、
事態がこれ以上悪化するならば
このオプションを遂行するため、
あの手この手の工作を仕掛けてくる可能性は充分あるね。
韓国の大統領がああいう人だもん。
北がこの奇手に一縷の望みを託しても
不思議じゃないと思うよ。



「北朝鮮問題」 統一長官とハンナラ党の舌戦激化

米ネオコン、盧武鉉政権の対北政策を痛烈批判

「盧大統領の北核発言」米国の韓国専門家らは…?

ストックホルム症候群について


娘通信♪関連過去記事
北の核と米国の軍事行使・・彼らの発想と原則。
対北朝鮮「経済制裁」の是非・・金体制崩壊の剣。
北朝鮮:金体制崩壊とシミュレーション Part,3
北朝鮮:金体制崩壊とシミュレーション Part,2
北朝鮮:金体制崩壊とシミュレーション Part,1
[PR]
by misaki80sw | 2004-12-23 21:26 | 韓国・北朝鮮関連

お知らせ:2004/12/21


**** お知らせ ****

「本日の補欠ニュース」は年末超多忙につき、
お休みとさせていただきます。

また、告知していた「防衛費大幅削減パート3」も
全く遺憾の同様でございます。

スンマセン m(__)m
[PR]
by misaki80sw | 2004-12-22 04:49
a0018138_23542980.jpg


逃走するロシア船

 韓国で船舶修理費と埠頭資料用を支払わず、
 逃走したロシア船が19日午後、
 東海上で海警と追撃戦を繰り広げている。
 MBCテレビ撮影。

   (朝鮮日報)


修理代払わずに逃走するロシア人と、
それをマジで追撃する韓国人。

これは笑えました。
国情がよく出たニュースです。
[PR]
by misaki80sw | 2004-12-21 23:56 | 仰天・脱力系ニュース