misakiのオールジャンル時事評論!


by misaki80sw

<   2004年 10月 ( 95 )   > この月の画像一覧


中国ガス田開発:メジャー撤退 日本政府が働きかけ

 東シナ海で中国が進めている天然ガス田開発プロジェクトから
 欧米メジャー2社が撤退を決めた背景に、
 日本政府の水面下の働きかけがあったことが30日、
 明らかになった。
 米国政府などを通じて、国連海洋法条約上、
 開発区域の権利関係が確定していないことを説明、
 投資リスクがあることを間接的に両社に伝えたとみられる。

 両社は03年8月、中国側と、探鉱から開発、生産、
 販売までを含む共同探鉱開発契約を締結したが、
 1年後に契約を見直す項目も含まれていた。
 日本側は、資源埋蔵データの提供に応じない、
 中国側への対抗策として、
 今年7月から独自の海洋資源調査を始める一方、
 「見直し時点での契約終了」を視野に、
 米国政府などを通じて働きかけた。

 両社は契約時、
 中国側に各1000万ドルを支払ったとされるが、
 東シナ海をめぐる日中間の摩擦が
 今後も尾を引くと予想されることから
 「今後のリスクも総合的に考え、
 撤退がプラスと判断したのではないか」(外交筋)とみられる。
 中国側は新たな出資者を探すことも予想されるが、
 「別のメジャーが参画するとは考えられない」
 (石油業界幹部)とみられる。

 一方、日本政府が今年7月7日から、
 調査費30億円をかけて排他的経済水域(EEZ)付近の
 幅約30キロの水域で物理探査を実施している。
 探査終了は台風の影響などで11月ごろまでずれ込む見通し。
 その後、データを分析・解析し、年内に結果をまとめ、
 中国側との交渉の際の基礎データにしたい考えだ。

   (毎日新聞)


外交で久々に痛快なニュース!
これ、働きかけを行ったのは
外務省かな、経産省かな?
いずれにしても(*^ー゚)b グッジョブ!!

頭脳戦だね。
相手の契約内容を調べて
そこから突いたんでしょう。
中国政府そのものより、
油田掘削の技術を提供するメジャーを離反させたわけね。

まあ、これには
現在良好な日米同盟が大いに寄与してるんでしょうね。
イラク派兵の代価だもん。
これぐらいは回収しとかないと(笑)。

取りあえずはホッと一安心だけど、
やはり中国の意志は固いでしょう。
日本も油断は出来ない。

大陸パワーと海洋パワーの角逐は
まだまだ続くでしょうね。


ガス田開発からシェル撤退 東シナ海事業 中国、大幅見直しも

INDEX:排他的経済水域(EEZ)

進展する中国の東シナ海石油開発と海洋調査

国際派日本人養成講座「ランドパワーとシーパワー」

日中境界海域に施設 Life Lineまとめサイト
[PR]
by misaki80sw | 2004-10-02 01:11 | 中国・台湾関連

150年後の最速は女性 100M8秒08と予測

 陸上競技の100メートルの男女の記録差は徐々に縮まり、
 152年後の五輪2156年大会では、
 ついに女性が男性を抑えて「人類最速」の金メダルを獲得-。
 英オックスフォード大の研究者らがこのような予測を
 30日付の英科学誌ネイチャーに発表した。

 過去約100年間と同じペースで記録短縮が続き、
 生物学的な限界はないという、
 かなり大胆な前提に基づく予測で、
 アテネ五輪での女子優勝記録を3秒近く縮める、
 約8秒08という驚異的なタイムが達成可能で、
 男子の約8秒10を上回るという。

 論文によると、五輪100メートルのタイムは
 1920年代に男子が10秒台、女子は12秒台。
 その後はほぼ直線的に短縮し、
 アテネ五輪では男子9秒85、女子が10秒93になった。
 女性の方が急速に短縮しているため、
 この傾向が続けば2156年の直前で
 男性と逆転するとしている。

   (共同通信)


科学者の考えることはわかりまへん。

 生物学的な限界はないという、
 かなり大胆な前提に基づく予測で、

あのね、人間なんだから。
ケダモノじゃないんだから。
マグロの回遊速度じゃなんだから。

前提自体が間違ってると思うんですが (^_^;
[PR]
by misaki80sw | 2004-10-01 22:44 | 科学・技術関連ニュース

「規格乱立が音楽ダウンロードの足かせに」
 MP3開発者が警告


 消費者を困惑させる競合技術の乱立により、
 緒に付いたばかりの音楽ダウンロード市場では
 接戦が起きるよりも、企業の破綻が増えるだろう。
 MP3技術の開発者の1人が9月29日に語った。

 「この問題は確かに、
 ダウンロードビジネスを減速させてきた。
 ガジェット市場に対しても同様の影響を及ぼしている」と
 独フラウンホーファー研究所で
 電子メディア技術ディレクターを務める、
 カールハインツ・ブランデンブルグ博士は語る。

 昨今では消費者は
 数千曲をポケットサイズのデバイスに格納したり、
 携帯電話で音楽やビデオを再生したり、
 ボタンを1回クリックするだけでアルバムを購入できる。

 しかし残念なことに、多数の再生圧縮技術や
 不正コピー防止技術が競合しており、
 どの曲がどのデバイスで再生できるのかに戸惑うことになる。

 Apple Computer、RealNetworks、ソニーは
 それぞれ独自の再生技術と
 DRM(デジタル権利管理)技術を開発している。
 AppleのiTunesストアで購入した楽曲は
 同社のiPodでしか再生できない。
 ソニーについても同様だ。

   (ロイター)


音楽ファイルの圧縮形式は
私が知ってるだけでも、

◇MP3
◇WMA
◇AAC
◇Atrac3
◇OggVorvis

などがある。

MP3は、言わずとしれた音楽ファイル界の覇者。
圧縮界の帝王。
辺境の蛮族出身のアングラ野郎。
著作権保護にルーズなところが
逆にMP3の業界征覇につながった。

WMAは、マイクロソフトが開発した形式。
お馴染みのウィン・メディアプレーヤーの
デフォルトのファイル形式。
反マイクロソフト派の私にとっては
不倶戴天の仇敵(笑)。

AACはアップル社いち押しの形式。
かの「iTunes」ではこれがデフォルト設定。

Atrac3は天下のソニー御用達。
だけど、著作権保護でグダグダやってる間に
スタートダッシュに遅れ、
今や気息奄々の周回遅れ。
ソニーの面子と技術と低迷の象徴。

OggVorvisはまだまだマイナーだけど、
将来期待大のニューフェイス。
ライセンスフリーの圧縮技術で
MP3より圧倒的に高性能。
隠れたる臥竜か鳳雛、未来の覇者候補。

ざっと主なものでもこれだけあって、
音楽圧縮の規格は乱立している。
そして、それぞれの圧縮方式に対応した機器を使用しないと、
これらの音楽ファイルは再生できない。

たとえば「iPod」では、
対応する音楽圧縮形式は
AAC・MP3・WAV・AIFFなどで、
マイクロソフトのWMAには対応してない。
WMAの音楽ファイルを持つ人には
宝の持ち腐れというわけね。

さらに、乱立するのは音楽圧縮形式だけでじゃなく、
ニュース中にもあるように、
不正コピー防止のためのDRM(デジタル権利管理)技術も
群雄割拠の乱立状態。

マイクロソフトのWMT。
ソニーのOpenMG。
アップルのFairPlay。
などなど。

このDRMの乱立を打破するのが、
アップルのスティーブ・ジョブス氏から
「ハッカーみたいな野郎だ!」と罵られている、
RealNetworksのハーモニー。
ややこしくなるから解説は省くけど(笑)。

まあ、使う側から見ると
この春秋戦国みたいな割拠状態は
じつに面倒くさい限り。
私も「iTunes」と「iPod」を使ってるけど、
最初、どの音楽圧縮形式でエンコードするか、
非常に迷った。
MP3にするか、AACにするか。
寄らば大樹のMP3か、
高性能サクサク圧縮のAACを選ぶべきか?
結局、業界主流のMP3に身を任せたけどね(笑)。

もうちょい競争が進めば、
弱小・劣悪勢力は淘汰されて、
1つか2つの形式のみが生き残り、
それが標準の形式になるんでしょうね。
[PR]
by misaki80sw | 2004-10-01 22:26 | IT・ネット関連ニュース

いろんなブログやサイトに取り上げられて、
今や憤激の大問題と化している、
本宮ひろしの漫画「国が燃える」。
集英社発行のヤングジャンプに連載されている。

さっそく私も読んでみたけど、
なんなのよ、これは!!
もろに歴史の捏造じゃないの。

私はこの人の漫画を読んだことがある。
中学生の頃かな、兄貴の書棚に置いてあった、
楚漢の争いについて書いた漫画。
タイトルは忘れたけど、
当時、司馬遼太郎の「項羽と劉邦」を
読み終えていた私にとっては、
なかなか面白い漫画だったなあ。
あの終わり方にはガッカリしたけどね。

だから、今回名前を聞いて、
「ああ、あの項羽と劉邦の・・」という感じ。
どっちかというと好イメージだった私には、
この「国が燃える」はショックな内容。

ストーリーは私も全部見たわけじゃなので
よくは分からないけど、
戦前の日本・中国・満州などを舞台にした漫画らしい。

まあ、百聞は一見に如かずですな。
下記サイトからご覧あれ。

本宮ひろしと集英社に抗議を!!

例の「南京大虐殺」のシーンが出てくる。
これを現在衰退中の大虐殺肯定派の論拠でのみとらえ、
あたかも日本軍が殺人嗜好集団のように
中国人を虐殺しまくったように書いてある。
もう無茶苦茶だね。
今、裁判で係争中の虚構の「百人斬り」を思わすような
シーンも平気で出てくる。

ここで肯定派VS否定派の論争をする気はないけど、
国民党の便衣隊が跳梁していた南京で、
結果として少数の殺害はあったかもしれないけど、
軍としての組織的な虐殺行為は無かっただろう。
だって、組織というのは命令と文書で動くもので、
軍隊といえども例外でない。
実際の組織的殺戮などを示す文書など全く出てきてない。
あるのは伝聞等の傍証のみ。

当時の南京の人口は、外国人記者の記録で15万人、
最も多く見積もっても25万人。
その内、国民党軍(蒋介石軍)の兵数が3万から5万人。
よって「市民」の数は20万人前後と言うのが妥当。
30万人虐殺だの40万人だの
年を追うごとに増えていく中国側主張の被害人数など、
アホらしくて相手にする必要も無し!
だいたいまともに考えて、
数十万の人間をどうやって殺すんだ?
武器も弾薬も常に欠乏状態の日本軍が。

捏造の一例をあげよう。
この画像と漫画の一コマを比較してほしい。

http://www.nextftp.com/tarari/Matsuo/ryojoku94.jpg
http://sakura777.web.infoseek.co.jp/2014-sumi.jpg

画像は「南京大虐殺」の証拠写真として使われ、
後に事実無根と判明した写真。
当初、日本兵が女性を乱暴した後の写真とされてきたが、
もともと写真の出所や撮影日時が不明だし、
しかもこの兵らしき人物は日本軍の軍服じゃない。
というわけで、あっさりと捏造がばれてしまった。

ところが本宮ひろしは、
この写真を日本兵の軍服にすり替えて書いている。
明らかに確信犯だね、この人。
何が狙いなんだろう?

この漫画の89話に、
主人公の松前洋平という人物が
南京を占領した日本軍司令官、
松井石根大将を怒鳴りつけるシーンがでてくる。

 この俺もアジア人として
 大アジアの敵、日本という狂犬に
 百万回噛み殺されようが甦って戦いつづける

狂犬はあんたでしょ、本宮ひろし。
自らの心の中に巣くう歪んだ価値観を、
己の漫画に投影してるに過ぎない。

何が「国が燃える」だよ。
あんたのひねくれた精神が燃えてるんでしょ。

今、この漫画が載っている、
ヤングジャンプを発行している集英社に、
抗議と非難が殺到しているらしい。
当たり前だよ。
それでこそ日本の良心だよ。

さらに、ここで何度か取り上げた、
2ちゃんねるの「電話突撃隊」でも、
皆さん、この「本宮事変」に憤激して、
集英社は格好の突撃の的になっている。


最後に2ちゃんに載っていた文章を紹介する。


 南京大虐殺か…
 罪もない女子供を何万人も…何百万人?も
 殺すための武器弾薬があったなら、
 どうして私の祖父は
 弾の切れた銃を抱えて砲弾の嵐をくぐりぬけ、
 亡くなった戦友や敵の銃を拾って
 それで応戦してたんだろう。
 笑いながら遊びで
 100人斬りに賭け事に興じるほど兵が余ってたなら、
 どうして私の祖父は、亡くなった戦友に銃を構えさせ、
 生きてる兵士が多いように 必死に偽装したんだろう。

 どうしてですか、本宮先生。
 祖父は前線で命を懸けて戦って、走れなくなりました。
 遠泳と剣道が自慢で、いい月夜には家族で縁側に出て、
 全員で和歌を詠むのが好きな、
 孫に大きな声を出したこともない祖父でした。

 本宮先生はご自身を仮託した妄想キャラクターを
 かっこよく見せるためなら、
 本当に命を懸けて戦った人の名誉も人格も
 踏みにじって平気なんですね。
 それがあなたの男らしさですか、そうですか。

 一生許さない、集英社

 ・゚・つД`)・゚・


本宮ひろし殿。
さっさと謝罪して、
頭でも丸めて引退しなさい。

これ以上、日本と晩節を汚さないように。


眞悟の時事通信:
 「暑さの中、しきりに思うこと・・・処刑された戦犯」

[PR]
by misaki80sw | 2004-10-01 21:23 | 日本(社会・世相)

他人のヅラひっぺがしは有罪です。

 ペンシルベニア州の男性が
 他人のかつらをひっぺがしたとして有罪判決を受け、
 23ヶ月の執行猶予刑となった。

 ポール・ゴウディ被告(25)は、
 この罪で23ヶ月の執行猶予のほかに
 500ドル(約5.5万円)の罰金と謝罪の手紙を書くことになった。

 被害者の男性は60歳で、
 1月に食事をレストランでしていたところ、
 突然ゴウディ被告からかつらを剥ぎ取られた。

 ゴウディ被告は友人の26歳の男性と飲んでいたところ、
 この友人から「あの爺さんのかつらをはがしたら
 100ドル(1万円)やる」と言われて犯行に及んだという。

 ゴウディ被告はかつらをひっぺがした後に走って店を出たが、
 高校の同級生だった人物が店に居て、
 卒業写真でゴウディ被告と身元が確認された。
 ゴウディ被告と友人は
 475ドル(5万円)のかつらの弁償代も求められている。

 しかし、ゴウディ被告によれば、
 「かつらをはがしたら貰えるというお金を
 まだ受け取っていない」という。

   (ABC振興会)


このニュース、ABC振興会という、
お馬鹿ニュース系サイトに載っていたやつだけど、
くだらないちゃあくだないけど、大笑いだな~。

 「あの爺さんのかつらをはがしたら
 100ドル(1万円)やる」と言われて
 犯行に及んだという。

馬鹿なことやってるよなあ。
これ、罪状はなんだろうね? (^◇^)


ABC振興会
[PR]
by misaki80sw | 2004-10-01 17:51 | 仰天・脱力系ニュース