misakiのオールジャンル時事評論!


by misaki80sw

カテゴリ:その他( 24 )

a0018138_18141912.jpg


マラソン乱入男に有罪 執行猶予付き禁固1年

 AP通信によると、29日のアテネ五輪男子マラソンで
 コースに乱入した自称、元司祭の男(57)に、
 ギリシャの軽犯罪を担当する裁判所は30日、
 スポーツ競技に関する法令違反の罪で、
 執行猶予付きの禁固1年と
 罰金3000ユーロ(約40万円)の判決を言い渡した。

 男に体当たりされたバンデルレイ・デリマ選手(ブラジル)は
 当時トップを走っていたがコース外に押し出され、
 数秒後にレースに復帰したがリズムを乱し、銅メダルに終わった。

 男はアイルランド出身で現在はロンドン在住。
 近くアテネからロンドンに戻る見通し。

   (共同通信)


刑が軽いように見えるけど、
この手の妨害行為を裁く法律って無いんでしょうね。
まあ、法的にはしょうがないのかな~

さて、この五輪史上に残るであろう馬鹿男。
アイルライド出身の自称元司教、
コーネリアス・ホラン容疑者(57)。
昨年のF1英国グランプリや、
テニスウィンブルドン選手権にも乱入した常習犯で、
この際には禁固2月の実刑判決を受けていた。

「キリストの再臨に備えて(デリマを)つかまえた」
と意味不明の供述をして、
精神的にも問題があるらしい。

現在はロンドン在住とのことで
英国籍なのかな?
写真で見ると赤いスカートと緑色のソックス、ベレー帽も緑色で、
いかにもアイルランド系の民族衣装だね。
あのシーンをテレビで見ていたアイルランドの人は、
一瞬、血の気が引いたんじゃないかな?

当然、妨害されたブラジルは怒り心頭で
国中が、あの男といい加減な警備に怒ってるとのこと。
*「ずさんな警備に国中が怒り

また、妨害されて金を失ったに等しいデリマ選手には、
国際オリンピック委員会は、
近代五輪の父クーベルタン男爵の名を関した特別メダルを
授与することを決定した。
それしかフォローのしようがないだろうね。

まあ、倫理や法律をこの際無視して
感情論のみで言うならば、
この阿呆男をブラジルに引き渡したらどうだ?
この人、どうともしてくださいって感じで。
いかようにも料理してくださいって。
[PR]
by misaki80sw | 2004-08-31 18:17 | その他

メダルより視聴率、ライバルは日本…報道にもお国柄

 メダルラッシュに沸く日本ばかりでなく、
 各国のメディアもアテネ五輪報道に力を入れてきた。
 喜びと失望が交錯し、時に怒りが爆発する報道ぶりは、
 それぞれのお国柄を映し出してもいる。

 ◆ 米 国

 「もはやバスケットボールは、米国のものではない」。
 プロのスター選手で固め、
 バルセロナ五輪から24連勝を続けていた男子バスケットボール、
 「ドリームチーム」が敗れた日、
 スポーツ専門ケーブルテレビ「ESPN」は、痛烈に批判した。

 お家芸の不調は、スポーツ超大国の地盤沈下を象徴するものだ。
 金メダル獲得数は、44個だったアトランタ、
 39個のシドニーに比べ、伸び悩んでいる。

 ところが、テレビ視聴率は悪くない。
 商業主義が徹底している米国では、
 ある意味でメダル獲得数以上に注目される数字だ。
 大会11日目までの平均視聴率は15・8%で、
 前回同時期を2ポイント上回っている。

 プロスポーツ王国・米国で、五輪人気が上昇か。
 USAトゥデー紙は懐疑的だ。
 「4年前よりケーブルテレビは普及したし、
 数字は上がって当たり前」

 ◆ 韓 国

 卓球の男子シングルス決勝で、
 韓国選手が中国選手を破って、
 88年ソウル大会以来の
 金メダルを獲得した時の報道が圧巻だった。

 「万里の長城を砕いて16年ぶりの快挙」(韓国日報)
 「2・7グラムの球で13億を泣かせた」(東亜日報)
 などの見出しが躍った。

 最近、古代王朝・高句麗が中韓どちらの歴史に含まれるかが、
 外交問題になった。
 見出しからは、感情的反発もうかがえる。

 国民が怒ったのは、体操の男子個人総合で
 韓国選手が採点ミスで金メダルを逃したこと。
 朝鮮日報は社説で取り上げ、
 「誤審」で1位になった米選手に金メダルを返すよう訴えた。

 韓国では、日本へのライバル意識が強い。
 韓国メディアは、日本勢の活躍に注目している。
 朝鮮日報は「日本大躍進に揺れ動くメダル競争」と題して、
 日本のメダルラッシュを紹介した。

 ◆ 中 国

 日本に注目するのは、中国も同じ。
 光明日報紙は「数年の臥薪嘗胆(がしんしょうたん)を経て、
 日本は米中があなどれない力量を備えた」
 とライバルの台頭を報じた。
 競泳では、
 「日本の経験を鑑(かがみ)とすべきだ」との指摘があった。

 2008年北京五輪を意識した報道も多い。
 メダルの獲得争いはもちろんだが、
 選手の立ち居振る舞いに焦点を当てたものも。

 中国青年報は、
 国旗掲揚時に中国選手が置く手の位置がばらばらだと指摘。
 表彰台での立ち方、視線、
 手に花束がある時にどうすべきかに至るまで、
 具体的に規定すべきだと強調した。

   (読売新聞)


商業主義の米国、愛国の韓国、余裕の中国、といった感じか。
ニュースではこれ以外にも「悲観的な」英国も載っていたが、
長くなるので省略しました。

三カ国の中でやはり興味深いのは韓国。
私も「朝鮮日報」や「東亜日報」の
五輪報道をチェックしてるけど、
やたらと日本を引き合いに出したがるね。
たとえばこの東亜日報の記事なんかもそう↓
アテネ五輪 復活する日本、低迷する韓国

まあスポーツに限らず他の分野でもそうだけど、
自国を語る時に、すぐに日本を引き合いに出して
比較考慮しないと気が済まない。

「東亜日報」の記事はわりと冷静だけど
普通は「でも、なんだかんだ言って、韓国の方が優れている」か、
「でも、なんだかんだ言って、ルーツは韓国に有り!」
で終わることが多いね(笑)。

ここらへん、大阪人とよく似ている。
大阪人は大阪を語る時にすぐに東京を引き合いに出す。
たまには「東京に負けている」と嘆くこともあるけど、
たいていは「でも、なんだかんだ言って、大阪の方が素晴らしい」
で終わりたがる(笑)。

まあ、大阪人も韓国人と一緒にされて不本意かもしれないけど、
やはり根底にあるのはコンプレックス。
ライバル意識、競争心。
でも現実は政治的・経済的に負けているという劣等感。
こういうのがごちゃ混ぜになってるんだろうね。
大阪の人、ごめんなさいね (^^*)

韓国のオリンピック報道で思い出したけど、
25日付けのニュースでこんなものがあった。

 ☆テコンドー・近代五種「終盤のメダルラッシュに期待を! 」

  テコンドーは韓国の「お家芸」で、
  男女各4階級で8個の金メダルが争われる。

  選手たちは今月19日までスペインで最終合宿を行い、
  ギリシャに入国した。
  26日から始まる競技に合わせ、
  ベストコンディションに整えた状態だ。

  韓国の目標は金メダル3個。
  韓国人師範が各国の代表監督として選手たちを鍛え、
  韓国の牙城に挑むため、厳しい戦いが予想される。

  審判陣(24人)に韓国人が1人しかいないのも不安ではある。

    (朝鮮日報)


まあ、テコンドーでメダルラッシュを目指すのはいいけどさ・・

 「審判陣に韓国人が1人しかいないのも不安ではある。」

これ、なんなの?
マジすか(笑)?

全く注釈抜きでボソッと書いてるということは、
読む側の韓国人にも、あれこれ書かずとも
無前提に意味は分かるだろうということでしょ。

悪く解釈すればいろいろと言えるんだろうけど、
世界の中で韓国人しか信用できないってこと?

良く解釈すればテコンドーの外国人審判は
審判技術が低すぎて信用できないってことかな?
まあそれを言うなら、テコンドーのような
韓国以外では流行ってないようなマイナースポーツを
五輪種目にするからでしょ。


ホント、五輪報道もお国柄が出てて、
読んでて飽きないわ (^◇^)
[PR]
by misaki80sw | 2004-08-28 10:05 | その他
a0018138_23435971.jpg


日本、アジア王座守る=サッカー・アジア杯、中国下し2連覇

 4年に一度サッカーのアジア王者を決める、
 第13回アジア・カップ最終日は7日、
 当地で決勝が行われ、日本が中国を3-1で破り、
 1992年大会、前回の2000年大会に続く、
 2大会連続3度目の優勝を果たした。

 福西(磐田)のヘディングシュートで先制した日本は、
 1-1で迎えた後半20分、
 右CKから中田浩(鹿島)が押し込んで勝ち越し。
 終了間際に玉田(柏)が加点した。

 日本は今回の優勝により、
 2006年ワールドカップ(W杯)ドイツ大会のプレ大会として
 来年ドイツで開催されるコンフェデレーションズカップの
 出場権を獲得した。

  (時事通信)


万歳、万歳!!!! ヽ(^o^)丿

やりましたね、日本。
反日大観衆のブーイングの嵐の中、
よくぞ勝って下さいました。
うう、感涙じゃ Y(>_<、)Y

一点先制したものの、すぐに追いつかれ、
なんだか嫌なムードだった。
私の心臓もバクバクしてた。

でも、妙な2点目が入り(笑)、
最後に玉田の駄目押しの3点目。
ここで中国観衆、勝ちを諦めてゾロゾロと帰途へ。
おいおい、まだ選手戦ってるんだぞ。

そして最後のホイッスル。
ああ、もう死ぬかと思った。
鳥肌立ちまくりだわ(笑)。

ひるがえってみれば、初戦のオマーン戦。
数万の中国人観客が、ホスト国の立場もへったくれもなく、
ヤジとブーイングの嵐。
なんだか異様な試合。
これが全ての始まりだった。
この段階では、試合をテレビ観戦した一部の人のみが、
不快感を表明したのみだった。

しかし、タイ戦、イラン戦、バーレン戦と重なるにつれ、
日本人の心の中で何かが沸騰し、
世論の後押しを受ける形で、
日頃、中国に対し及び腰のマスコミも政界も
ようやく非難の声を上げるようになった。

最初から、是は是、非は非と、
ホスト国としての中国の態度を非難し続けたのは
主に「ネット世論」だった。
この存在は大きかったと思う。
ここから中国非難の火がついたと思う。

今日もテレビには大多数の中国観衆に囲まれて、
けなげにも日の丸を振る日本人サポーターが映っていた。
もちろん、在北京の邦人もいただろう。
でも、やむにやまれぬ気持ちで押っ取り刀で
北京まで応援に行ったサポーターもいたんじゃないかな。

外務省は、やれ危険だとか、
競技場以外で日本代表レプリカユニホームは着るなとか
日の丸を持っていくなとか、
ああだこうだと責任逃れみたいなことを言っていたが、
あんな雰囲気の中で応援をしたサポーター達は偉いと思うよ。

これで日本人の対中感情は決定的に悪化しただろう。
これについて眉をひそめる人もいるかもしれないけど、
でも私は、真実が見えたってことはいいことだと思う。
今までの「日中友好」のかけ声が偽善すぎた。

なにかと「歴史」をちらつかせ、高圧的な中国。
いつまでもペコペコと頭を下げ、
言いたいことを言えない日本。
こんないびつな関係など長くは続くはずがない。

是は是、非は非だよ。
言うべきことを言えなきゃおかしいよ。
東シナ海の一方的な資源採掘はおかしいよ。
チベットへの侵略と人権弾圧、間違ってるでしょう。
特許権を無視し、日本製品の模造品を作るのおかしいでしょ。
一党独裁の非自由主義国家でしょ。それを何故非難しない?
尖閣諸島が自分の領土だって?馬鹿言ってんじゃないわよ。

このアジア杯、私はいろんな意味で考えさせられた。
そして多くの日本人も、
荒れ狂う中国人観衆を見ながら、
感じることは多かったんじゃないかな?
[PR]
by misaki80sw | 2004-08-07 23:49 | その他
a0018138_22294941.jpg



サッカー・アジア杯での反日行動 自民から中国批判

 開催中のサッカー・アジア杯で
 日本チームが中国観衆から激しいブーイングを受けている問題で、
 小泉純一郎首相は3日夜、官邸で記者団に対し
 「スポーツは友好の祭典だ。
 日本選手も、外国選手も温かく迎えてほしい」と述べた。
 同日午前、国会内で開かれた自民党役員連絡会では
 中国政府の対応を批判する声が続出。
 自民党執行部は「2008年の北京五輪への参加が危ぶまれる」と
 中国政府に毅然(きぜん)とした対応を求めるよう政府に要請、
 細田博之官房長官も同日の記者会見で、
 中国政府と対応を協議したいとの考えを示した。

   (産経新聞)


このアジア杯の一件、
何度か「娘通信」でも取り上げたけど、
日が経つにつれて私の周囲でも嫌中派が増えている。
皆さん、テレビを見て中国が嫌になったと口をそろえて言う。
そりゃそうでしょう。
あれを見て中国を好きになれなんて
どだい無理な話しさね。

それはネット上でもしかり。
オマーン戦、タイ戦、イラン戦、バーレン戦。
試合を重ねるごとに、
ネット上では反中国の言辞が猛烈な勢いで増えていった。
映像の効果ってでかいよね。
重慶住民様のお陰で、中国の反日の実態が露わになっていく。

当初、静観姿勢だった政界もやっと動き始めた。
上記ニュースもその一つ。

政界関係の動きを羅列すると、

日中関係のプラスにならず 外相が中国のファンを批判

反日ブーイングで対策要請=安倍自民幹事長

<サッカーアジア杯>政府、中国に「平静な対応」申し入れ

首相の靖国参拝も影響 ブーイング問題で神崎氏

反日サポーター対応見守る

ざっと、こんな感じ。

「首相の靖国参拝も影響:ブーイング問題で神崎氏」のニュースでは、
公明党の神崎氏が中国を非難しつつも、
「でも、これって首相の靖国参拝の影響かもね・・」などと、
すりすりと中国に媚態を示したのは実に不愉快。
そりゃ、公明党さんは
靖国よりも信濃町の方が重要でしょうから (^◇^)

で、一方の民主党はと言うと、

 ☆サッカー反日問題「私たちも不愉快」中国共産党書記

  来日中の中国共産党の何勇・中央書記局書記は4日午前、
  民主党本部で岡田代表と会談し、
  中国で開催中のサッカー・アジアカップで
  中国人観衆が反日感情を露骨に示している問題について、
  「不愉快なことが起こっていると十分認識している。
  自分たちも不愉快なことは望んでいない。
  中日友好で、より協力を進めることが必要だ」と釈明した。

  岡田氏は「日本の観客に厳しい対応がされている。
  背景は理解しなければいけないが、相互理解が必要だ。
  せっかくの交流の場なのに残念だ」と指摘した。

   (読売新聞)

だそうです。

中国共産党書記の発言はともかく、
民主党:岡田氏の
「背景は理解しなければいけないが」って、
これ、いったいなんなのさ!
ハァ?(-_-;)って感じだよね。

つまり、日中間には過去の問題があるから、
反日観客の粗暴な振る舞いも多少は理解ができるってこと?
この手のしみったれた「朝日的」論理って
私は大嫌いだね。

岡田氏は50歳前後ぐらいでしょ。
ちょうど日教組の左翼教育をモロに受けた世代。
この世代の政治家って似たようなタイプが多いね。

さて、話題を変えて、
この問題のマスコミの報道ぶりは如何に?

このアジア杯を中継してるのが
テレ朝とNHK(BS)。
二つとも大の親中派マスコミというのが笑える。
よりによって反日中国人の痴態を映しださなきゃいけないとはね。

試合前の「君が代」の斉唱中でのブーイングも、
NHKあたりはかなりボリュームを絞ってたらしい。
こういう偽善者のような配慮はやめてほしい。
ありのままを映してくれればいいのに。

新聞各社の報道も例によって例の如くで、
ガンガンやってるのが産経と読売。
朝日は当然の如く腰砕けで、
中国側マスコミがこの一件を反省的に報道したあたりから、
「じゃあ、僕もニュースにしてもかまいませんね」と
すごすごと報道を始めた。

ためしに各新聞社のニュースサイトで
「アジア杯 反日 中国」で検索してみると、
産経・読売は該当記事がガンガン出てくるのに、
朝日はいまのところ一件だけ。
この差は歴然。

さてさて、7日はいよいよ中国と決戦。
ここまで来た以上は絶対に勝ってほしいね。
なにしろ相手は、11人の選手+数万人の観衆+審判(笑)。
これに勝つのは大変だけど、
是非ともはねつけて優勝してほしい。

で、ブーイングと敵意の嵐の中で
優勝のカップを高々と掲げてほしい。
首都北京で勝つなんて最高じゃないの。
その後、暴動が起きるかもしれないけど、
勝手に暴れてろ!ってな感じ。
でも、選手の皆さんは素早く逃げてね(笑)。
[PR]
by misaki80sw | 2004-08-04 22:34 | その他

【アジア杯】中国サポーターに怯える各国代表

 アジア杯に参加している韓国と日本代表が、
 中国の熱狂的なサッカーファンのために困惑している。

 韓国は試合の度に中国サポーターの
 露骨な相手チームへの威圧とも争う二重苦を味わっている。
 韓国選手を萎縮させるための彼らの戦略だ。

 中国メディアもサポーターに同調するかのように
 韓国の戦力を叩くなどの報道を当たり前のようにしている。

 こうした現象は“恐韓症”のためだ。
 一度も韓国に勝ったことがないという事実が
 敵対感として現われるのだ。

 日本はそれ以上で、
 中国サポーターの脅威を感じてAFC(アジアサッカー連盟)に
 日本代表に対する警備強化を要請するほど。

 今月24日、
 タイとの試合終了後に起こった不祥事が原因となっている。
 試合終了後、インタビューに応じた中村と遠藤、一部スタッフが、
 日本代表の選手バスを中国サポーターが取り囲んだために
 乗ることができなかった。

 スタジアム内でも数百人に満たない日本サポーターが
 中国サポーターに水やペットボトルを投げ付けられる恐怖に
 震えなければならなかった。

 歴史的な民族感情に加え、
 昨年に広東省で発生した、
 日本人観光客による集団売春事件の影響で
 反日感情が高まっていたのではというのが日本メディアの分析だ。

 もし8強戦や4強戦で韓日戦が行われた場合、
 果たして中国サポーターはどちらを応援するだろうか?

   (朝鮮日報)


韓国メディアによるサッカー・アジア杯のニュース。
韓国代表も散々な目にあってるみたいね。

ただ、文中の「恐韓症」という言葉。
これ、ちょっと違うと思うんですけど・・・。
むしろ中国の場合、「嫌韓症」って感じじゃないかな。
恐れちゃいないだろ (^_^;

それに、2002年のW杯の時を思うと、
韓国が中国の熱狂応援を非難する資格なんかあるのかね?
あの時の韓国サポーターの狼藉ぶりは語りぐさでしょ。

私、思うんですけど、
この程度の記事ですら日本のマスメディアには載らないね。
せいぜい「中国人サポーターの熱狂的な敵国応援」とかそれぐらい。
対中国となると、すぐにオブラートでくるんだような、
事なかれの報道をしたがる。
どこが「中国人サポーター」だよ。
ありゃ、単なる「反日大衆」だろ。

 「もし8強戦や4強戦で韓日戦が行われた場合、
 果たして中国サポーターはどちらを応援するだろうか?」

どうでしょうね?
スタジアム、ガラガラだったら笑うし、
逆に、両チームとも罵倒だったら凄いよなあ。
そうなったらサポーターじゃないよね(笑)。
[PR]
by misaki80sw | 2004-07-27 00:58 | その他

日本タイに勝ち準々決勝へ サッカーのアジア・カップ

 サッカーのアジア・カップ第8日は24日、
 中国の重慶で行われ、
 1次リーグD組の日本はタイに4-1で逆転勝ちした。
 2連勝の勝ち点6でD組首位に立ち、準々決勝進出を決めた。

 2大会連続3度目の優勝を目指す日本は、
 前半12分に先制点を奪われる苦しい展開だったが、
 同21分にMF中村俊輔(レッジーナ)が
 直接にFKを決めて追いついた。
 後半12分にDF中沢佑二(横浜M)が勝ち越し、
 その後2点を加えた。

 日本は28日の1次リーグ最終戦でイランと対戦する。

   (共同通信)


いやあ、勝ちましたね、日本!!
中村のFKもよかったし、
福西のヘッドもよかった。
鈴木ののっけのオフサイドはマジかよ~って。

それにつけても、テレビを見ていた皆さん、
さあ、本音を語りましょう。
あのブーイングはなんだよ!
中国に開催国の資格無し!

ワールドカップの時の韓国ファンも無茶苦茶だったけど、
あの中国のサポーターもどきの観客はひどすぎ。
途中から音声消して見てたよ。
だって頭にくるもん。
でも、テレ朝の番組であの狂態は
ちょっと皮肉な気がしないでもないけどさ(笑)。

中国は80年代から反日教育に力を入れてきた。
経済発展によって共産党の求心力が弱まる中、
政治的エネルギーのはけ口として使われた反日。
国策で養成した排他的ナショナリズム。

あのブーイングを見てると、
この国と東アジアで共存していけるのか疑問に思ってしまうし、
莫大な対中ODAに虚しさを感じてしまう。
[PR]
by misaki80sw | 2004-07-25 00:26 | その他
a0018138_03254.jpg

オマーン戦は“欠陥スタジアム”で

 アジア杯に出場する日本代表は18日、
 試合会場となる重慶オリンピックスタジアムで練習を行ったが、
 肝心のスタジアムはまだ工事中。
 積み上げられたレンガ、放置されたアンツーカー。
 ペンキの缶は放置されたままだ。

 「雨が多くて作業を中止せざるを得なかった。
 試合までに完成するかどうか分からない」
 とイタリア人作業員マルコさん(30)は言う。

 コーナー付近はポストぎりぎりまでコンクリートのまま。
 CKのキッカーは負傷の危険がある。
 さらに芝は日本の物に比べて葉が広く、
 長さも長く、ボールの弾み方が異なる。
 芝の下の土も粘っこく足を取られる可能性がある。
 玉田が「やりにくい。ペコッとへこむ。
 ピッチが軟らかく足に来る」
 と証言するなど選手の感想は不評だ。

   (スポーツニッポン)


中国、いい加減すぎ。
ついでに対中ODAやめちゃえ(笑)。

一方の「スポーツ報知」には、

 ピッチ周囲も工事中。
 そのためほこりと悪臭が充満し、
 「暑さも湿気も我慢できるけど、
 この空気はちょっと」と苦情を訴える選手も。
 
 スタジアムは08年北京五輪に向けて造られたものだが、
 スタジアム関係者によると雨などにより工事が遅れたという。
 20日までに完成予定とはなっているものの
 「2日間徹夜で作業するが、
 明日(19日)雨が降ったら完成しない」と同関係者。

とのこと。

なんじゃそりゃ。
だいたい、20日完成予定のスタジアムで
20日に試合させるとは、
いい加減さも度が過ぎるぜ。

それに「雨が降ったら完成しない」って、
あんたらスイカ栽培かって!?
まったく、素人なみの工程だよ。

万が一、これが原因で負けたりしたら
私、明日はキレていいかしら? (-_-x)
[PR]
by misaki80sw | 2004-07-20 00:34 | その他

巨人も最悪ストなら一致団結

 労組・日本プロ野球選手会の
 副会長を務める巨人の高橋由伸選手会長(29)が12日、
 川崎市のジャイアンツ球場で練習に参加していた1、2軍選手に
 10 日の選手会臨時大会で
 ストライキを行う可能性を決議したことを報告し、
 スト決起に至った場合の同意を求めて選手側に了承された。

 高橋由会長は「最悪の場合はストをするかもしれない。
 その場合は一任してほしい」と説明。
 ナインも「12球団が一致団結していこう」と同意し、
 巨人選手会としての意思統一がなされ、
 「巨人の一員であるとともにプロ野球界の一員。
 (選手会内で)足並みをそろえないといけない部分がある」
 と続けた。

 ただ、巨人・渡辺オーナーは
 1リーグ制移行を推進する中心的存在。
 微妙な立場にあることも確かなだけに
 「巨人としてできること?難しい。
 できればストはやりたくない。
 だから話し合いの場を設けてほしい」と訴え、
 経営者側との協調路線を何とか模索しようと必死だった。

   (スポーツニッポン)


高橋由伸の心境。

 忠ならんと欲すれば孝ならず。
 孝ならんと欲すれば忠ならず。

ちょっと古いか(笑)?

結局ね、
巨人という、最強球団・最もファンが多い球団、
そして最も金を持ってる球団のトップが、
イコール、プロ野球界の最実力者であることが、
球界の問題なんじゃないかな?

だから何か変革しようとしても、
巨人の利害に反することは絶対に通らない。
嗚呼、がんじがらめの既得権益。

Jリーグは違うでしょ。
一時期、ヴェルディの名称問題で、
ネベツネ氏と、当時の川淵チェアマンが争ったが、
結局、「ネベツネ、ごねるならJリーグ脱退しろ!」と
川淵さんが押し切ったことがあった。
ここが野球界との違い。

この歪んだ構造。
ご本人以外の第三者にはハッキリと分かる、
日本プロ野球界の弱点。
1リーグ制うんぬんよりも
ここを是正しないと
プロ野球の未来も厳しいと思うよ。
[PR]
by misaki80sw | 2004-07-13 23:47 | その他
a0018138_12542.jpg

たかが選手が…ナベツネ、古田を一蹴

 巨人・渡辺恒雄オーナー(78)が、
 労組プロ野球選手会の動きを、はねつけた。
 ストライキ権行使を示唆していることには
 「どうぞ、やったらいい」と突き放した発言。
 選手会の動きは無視し、あくまで1リーグ制へと突き進む構えだ。

 9日に12球団の選手会代表者と球団代表クラスで、
 合併問題に関して意見交換の場が持たれる。
 これに加え、労組・プロ野球選手会会長であるヤクルト・古田は
 早期の問題解決のためにオーナー陣との話し合いを要求していた。
 だが、これも渡辺オーナーは一蹴した。

 「フッ、無礼なことを言うな。
 分をわきまえにゃいかんよ、たかが選手が」。
 さらに「(選手が)オーナーと対等に話をする、
 協約上の根拠は1つもない」。
 語気を強めて、追い打ちをかけた。

   (デイリースポーツ)


偉そうに。
これじゃあ、老害と言われてもしょうがないよ。

私はスポーツ新聞の論調って
あまり好きじゃない方だけど、
このナベツネ氏の発言を聞いてると、
この人の「悪名」も本人の不徳だなあと思ってしまう。

古田も単なる選手じゃなくて、選手団体の長。
であるならば「一国一城の主」として遇するべき。
それを、

 「無礼なことを言うな」
 「分をわきまえにゃいかんよ」
 「たかが選手が」

おいおい、ナベツネ君、常識もモウロクしたか?
「無礼」だの「分」だの、
あんた殿様かって。
長年、オーナーとかいって君臨してると、
この手の普通人の感覚が麻痺しちゃうんだろうね。

それにね、ネベツネさん、
いくら古田を軽く見ようとも、
あんたにヤクルトの正捕手なんか出来ないでしょ。
盗塁を刺すことも無理でしょ。
セカンドにボールすら飛ばないでしょ。
中井美穂だって、古田にゃ惚れても、
あんたにゃ惚れないでしょ。

ファンの熱気と選手の汗で
君がメシを食ってる事実も忘れずにね。
[PR]
by misaki80sw | 2004-07-10 01:27 | その他

渡辺オーナー芯からブチ切れ「古田君はバカ」

 ついに“キレ”た!
 巨人・渡辺恒雄オーナー(78)が18日、
 都内のホテルで会食後、取材に応じ、
 特別委員会の開催を要請する方針の
 労組・プロ野球選手会(古田敦也会長)に対し、
 「古田君はバカ」と一喝した。

 そもそも古田は、近鉄・オリックスの合併問題について
 「球団数を減らすことが球界発展につながるとは思えない。
 早急に(機構側と)話し合う場を作ってもらわないと」とし、
 特別委員会の開催を求める意向を示していた。

 これに対して渡辺オーナーが、
 今はゴチャゴチャいっている場合か-とばかりにほえたのだ。

 「古田君はバカだと思うよ。
 球界全体の活性化を考えることに抵抗しているんだから。
 今、考えているのは選手の救済だ。
 できれば(80人枠を)撤廃して、選手を全員救いたいんだ」

 またも勃発(ぼっぱつ)した渡辺オーナーVs古田のバトル。
 渡辺オーナーは「選手会に左右されることはない。
 オーナー会議で自由にやるよ」と強気なだけに、
 バカ呼ばわりされた古田の次の一手が見物だ。

   (ZAKZAK)


う~ん、果たして古田君はバカなのか?
少なくとも論点がずれてるのは事実だと思う。

好むと好まざるにかかわらず、
近鉄とオリックスは合併しようとしている。
近鉄もその前には水面下で
身売り相手の企業を探したのではないか?
でも、「パの近鉄」ってことで
買ってくれる相手もいなかったのだろう。

特別委員会を開催したところで
この流れは止まらない。
だって、企業の収支の問題だもん。
大赤字が連年続けば球団を手放さざるを得ないやね。
母体の企業まで共倒れするわけにもいかないし。

 「球団数を減らすことが
 球界発展につながるとは思えない。」

おっしゃるとおり。
要はプロ野球自体の人気の問題。
古田氏だって、ここ連年の各球団の赤字状況は知ってたはず。
問題にするんだったら、
その時に問題にすべきだったね。
このままじゃプロ野球はやばいですよ、と。

契約金の労使協議みたいなことを離れて、
野球人全体の懇談会みたいな感じで
議論しとくべき問題だったと思うよ。

もう、こうなったら合併後の
選手救済の方向にピントを絞るしかない。
その意味では渡辺オーナーの認識は正しいでしょう。
ただし、古田氏としても選手会としての存在意義を
見せなきゃいけないという意図で発言したのだったら、
それはそれで分かるけどね。
[PR]
by misaki80sw | 2004-06-19 20:00 | その他