misakiのオールジャンル時事評論!


by misaki80sw

カテゴリ:IT・ネット関連ニュース( 83 )

a0018138_19332133.jpg


米HP、スキンでパーソナライズ可能なiPodなど
 デジタル家電製品を強化


 米HPは、
 MTV Music Video Awardsが開催されるフロリダ州マイアミで、
 「Apple iPod from HP」やフラットパネルTVなどの
 デジタル家電製品を発表した。

 同社の販売チャンネルに加えられるiPodには、
 PC向け機能の追加が期待されていたが、
 Appleの第4世代iPodに変更を加えずに販売する。
 ただし、同社の強みであるプリンター製品を活用できるように
 「HP Printable Tattoos」というステッカーを用意している。
 ユーザーは、Printable Tattoosに写真やイラストなどを印刷し、
 iPodに貼り付けてパーソナライズできる。
 簡単にはがせるが、丈夫で耐水性もあり、
 iPodを保護するスキンとして利用可能。

 Apple iPod from HPは、20GBと40GBモデルが用意されており、
 それぞれ299.99ドルと399.99ドルとなっている。

   (MYCOM PC WEB)


ヒューレット・パッカード(HP)版iPod登場!
日本でも発売されるのかな?

以前の記者会見の時は
CEOのフィオリーナさんは青いiPodを手にしてたけど、
今、HPのサイトを見る限りはアップルと同じ白みたいね。
なんだ、つまんないの。

上の写真のタトゥーバージョンは
発売記念の特別版とのこと。

色もそうだけど、
あまりアップル版と違いはない。
ニュースにも書いてあるように
HPのプリンタを使って外見をカスタマイズするぐらいか。

これじゃあ、HPもなんのために
iPodを売り出すのか意味不明。
単なる代理店稼業じゃないの。
いずれは独自性を出すつもりなんだろうけど
ちょっと失望でございます。

ちなみにHPのiPodコーナーには
早速「iTunes」のダウンロードコーナーが出来ていた。
まあ当然といえば当然なんだろうけど、
なんだか新鮮な感じがしたね。

さて、一方のアップルにとっては
この連携は意味はあったのか?
消極的に考えるならば
自社製ハードの売れ行きがそれだけ減るということ。
積極的に捉えるならば、
HPの販売網を使ってiPodとiTunesのシェアを拡大し、
独占の利益をむさぼろうということ。
目指せ、携帯プレーヤー界のマイクロソフト!ってわけ。
う~む、果たして結果はどっちに転ぶかな?

他社と協同するのが苦手なアップルだけど
今回は珍しくHPを取り込んだ。
ここらへん過去の失敗から学んだのだろうね。
スティーブ・ジョブスも大人になったということか(笑)。


HPサイト:「iPod」コーナー
[PR]
by misaki80sw | 2004-08-29 19:34 | IT・ネット関連ニュース

ケータイにOperaブラウザ、au向けにBREWで提供へ

 ノルウェーのOpera Softwareは、
 同社のWebブラウザ「Opera」のBREW版を、
 KDDIのau携帯電話向けに
 提供する予定であることを明らかにした。
 これがリリースされた場合、
 携帯電話でフルブラウザの機能が
 利用できるようになると想定される。

 Operaブラウザは、
 軽快で高速な動作で一定のシェアを確保するWebブラウザ。
 さまざまなプラットフォーム向けに提供されている点も特徴で、
 DDIポケットの京セラ製端末、
 「AirH"PHONE AH-K3001V」にも搭載、
 PHSからPC用サイトを閲覧できる点がアピールされていた。

 BREWは、
 au携帯電話で採用されているアプリケーションプラットフォーム。
 iアプリなどでも利用されているJavaと同様に
 アプリケーションを携帯電話上で実行させるためのものだ。
 Javaよりも高速で動作するとされており、
 Operaでは以前からBREW版の開発意向を示していた。

 今回BREW版Operaを提供することに対して同社では、
 OperaのCEOであるJon S. von Tetzchner氏は
 「Operaブラウザによって、KDDIの端末は
 すべてのオープンなWebの標準をサポートするブラウザを
 手に入れることになる」と語る。

 auでは現在、3G端末として
 CDMA2000 1xとCDMA 1X WINの2種類を用意。
 特に現在力を入れている1X WINではパケット定額制を導入、
 最大2.4Mbpsという高速通信が可能だ。
 これにOperaブラウザが搭載されると、
 PCで利用するように携帯電話からWebサイトを
 閲覧できるようになることが期待できるだろう。

   (MYCOM PC WEB)


おおっ、京ぽん危うし!
BREWでオペラが動くようになったら、
DDIはこけちゃうんじゃないの?

上記ニュース中にあるように
「京ぽん」ことDDIの京セラ端末「AH-K3001V」は、
オペラ搭載+定額制の、
モバイラーにとっては神とも言うべき端末。

それが、オペラがauケータイに搭載されて
定額制でバリバリ使われてたら、
DDIも商売上がったりだろうね。
せっかくPHS起死回生の策が見つかったというのに・・。

ただ、私が疑問に思うのは、
オペラ側が「BREWに載せるぜ!」というのは勝手だけど、
auは果たしてそれでいいのかな?

auの定額制は、所詮はメールと
携帯用の半人前ブラウザで情報量の限られたコンテンツを
見るだけだからこそ成り立っているのであって、
利用者がネット上の普通のサイトをバリバリ見るようになると、
au自体がパケ死するんじゃないの(笑)?

それと、auの稼ぎの元であった有料携帯コンテンツも
普通にネットが見れるようになったら、
果たして今のように利用してもらえるだろうか?
う~ん、難しいとこだね。

だから、今回のオペラのBREW組み込みは、
ひょっとしてかなり高額の手数料を要求されるのかもしれない。
そうでもしないとauも元が取れないでしょ。

でも、携帯のフルブラウザ化は時代の流れだと思う。
最終的には各キャリアも
その方向に踏み切らざるを得ないだろうね。

フルブラウザ+定額制。
これが当たり前の時代になるだろう。
[PR]
by misaki80sw | 2004-08-29 00:49 | IT・ネット関連ニュース

スパムの発信元は米国がダントツのトップ

 セキュリティ対策企業のSophosによると、
 全世界に出回るスパムのうち
 約43%が米国を送信元とするものだという。
 米国では今年1月から、
 電子メールを利用した詐欺行為に刑事罰を適用する、
 「Can-Spam Act」という法律が施行されている。

 米国から送り出されるジャンクメールの量は、
 第2位の韓国や第3位の中国からのものを大きく上回っている。
 Sophosが24日に発表した報告によると、
 韓国からのジャンクメールは15%、
 中国からのジャンクメールは12%を占め、
 第4位のブラジルは6%だったという。

 Symantecによると、
 スパムは全世界のメール流通量のうち65%以上を占めているという
 同社はまた、ハッカーがいわゆる「ゾンビPC」を利用して
 自動的に送信したジャンクメールが
 全世界のスパムの約40%を占めたことも報告している。

   (CNET Japan)


そうかそうか。
米韓中がスパムオリンピックの金銀銅というわけね。

私は昔、自前のサイトやメルマガを運営していたことがあって、
メールアドレスをもろに公開していたために
スパムとウイルスの大群に悩まされたことがある。

で、実際のところ、
メルアドをネット上に晒すと
どのぐらいスパムが来るんだろうと思って
実験したことがある。

よく言われるのが、スパムメールに返信すると
さらに大量のスパムを呼ぶという法則。
でも、日本のスパムメールにオトリ専用のメルアドを使って、
片っ端から送信してみたが、
意外に大したことはなかったな。
国産ものは案外、おとなしかったよ(笑)。

じゃあってんで、
スパムの本拠地、米国のスパム事情を試そうと思って、
複数の米国の怪しげな通販関係のサイトに、
「資料請求」みたいな感じでアドを登録したら、
もう来るわ来るわ!
その数は幾何学的な勢いで伸び続け、
10日経った時点で千を超したね。
ああ、ぶったまげた、驚いた (@_@;)
一旦、アドが流失すると、
業者間で売買されちゃうみたいね。

英語の件名から類推するに、
来たメールの5割がエロ系。
あと、怪しげなクスリ系や、
健康食品、化粧品の宣伝などなど。

韓国や中国の文字化けスパムもたまに見かけるけど、
米国系スパムの猛威に比べたら、まだまだ半人前。
ましてや国産スパムなんて、ヒヨッコ同然の可愛さだね(笑)。
[PR]
by misaki80sw | 2004-08-27 23:30 | IT・ネット関連ニュース

ウェブカムでプライバシーも筒抜けに--新型のトロイの木馬ワーム発見

 ユーザーのPCだけでなく、
 家庭内にも侵入しようとする新型ワームが発見された。

 「Rbot-GR」というこのワームは、
 Microsoft製品のなかにあるセキュリティ脆弱性を悪用し、
 感染したマシンにトロイの木馬をインストールする。
 そして、感染したマシンに接続するウェブカメラ(ウェブカム)や
 マイクを乗っ取ってユーザーを監視し、
 ハッカーに画像や録音した音声を送信する、
 とウイルス対策ソフトメーカーのSophosは述べている。

 このワームを利用したハッカーは、
 世界中の家庭や企業のなかの様子を覗けるだけでなく、
 感染したマシンのハードディスクに保存された情報を見たり、
 パスワードを盗んだり、
 あるいはDoS攻撃を仕掛けたりもできるという。

 このウイルスに感染しているユーザーは、
 自分のすべての行動が
 ハッカーに監視されていることに気づいていないかもしれない。
 ウェブカムには使用中であることを示すランプ付きのものもあるが、
 こうしたランプがついていないカメラの場合、
 ハッカーに監視されていることは全くわからない。

   (CNET Japan)


ウイルスもここまできたか!
君たち、覗き稼業に手を出してしまったのね(笑)。

この記事やソフトメーカーのSophos情報ページだけだと
いまいち覗きの原理がよくわからないけど、
感染率はそれほど高くはないようね。

でも、恐いよね。
うちはPCにカメラやマイクを接続してないからいいけど、
チャットとかでカメラをつけてる人も増えてきてる。
ある日、気づいたら
自分のプライベートのあられもない姿がネット上に晒されて・・。
うう、やだやだ。
部屋の中は整理整頓しとかないと(笑)。


Sophos「W32/Rbot-GR」情報ページ
[PR]
by misaki80sw | 2004-08-25 23:17 | IT・ネット関連ニュース
a0018138_21434126.gif


グーグルがGmailにデスクトップ通知機能を追加

 You've got Gmail--
 Googleが提供する無料電子メールサービスのユーザーは、
 Gmailサイトにログインしなくてもメールの受信状況が分かるようになる。

 米国時間20日、
 GoogleのGmail Notifierという新しいアプリケーションが
 ダウンロードで入手できるようになった。
 今回リリースされたのはテストバージョンで、
 新しい未読メッセージがあるとユーザーのデスクトップに
 アラートを表示してくれる。
 MicrosoftのWindows 2000以降にのみ対応する。
 同ソフトウェアを使うと、PCにアイコンが表示され、
 新着メッセージの件名、送信者、本文の一部が分かる。

 Googleは、このアプリケーションを使って
 個人情報の収集/保存を行わないと述べる。
 同社は、Gmailのテストバージョンを4月にリリースしており、
 正式リリースは今後を予定している。

   (CNET Japan)


グーグルの「Gmail」に
新機能「Google Notifier」が追加。

Gmailで受信した新着メールを
デスクトップ上にポップアップ表示するとのこと。
インストールするとタスクバーに、
受信状況がわかるアイコンが表示され、
2分ごとにGmailをチェックする。
メールが届くと最大30件まで、
メールの件名、送信者、本文の一部がポップアップ表示される。

1GBというべらぼうなメール容量を誇る「Gmail」。
現段階ではテスト版に過ぎないが、
こいつが発表されるやいなや、
各WEBメールプロバイダーは
一斉に容量増加の競争に走った。

ホットメール、ヤフーメール、
さらに同じ1GBを表明したライブドア・メール。

「Gmail」の有用性に関してはいろいろ議論されてるけど、
結局、争点は、

 1GBも大容量が必要か否か?

これですよね。

1GBって一生分のメール容量に近いと思うんだけど、
要は過去のメールをサーバー上に保存する価値があるのかどうか?
ここがポイントだね。

普通に受信したメールでもパソコンの中に保存は出来るけど、
新しくパソコンを買ったらデータを移行しなくちゃいけないし、
不意のPCクラッシュでぶっ飛んでしまう可能性だってある。

プライベートなメールのやり取りに関しては、
確かに思い出に残したいメールもあるだろう。
でも、それはごく少数で、
普段の友人間などのメールのやり取りって
「今日は暑いね~」とか「ああ、眠たい」とか
実に他愛もない内容が多い。
こういうのは10年後も保存したいとは思わない。

むしろ、業務用とか趣味とかで、
なんらかの有益な情報をメールとして蓄積したい場合だよね。
この時に1GBの容量は意味を成すと思う。

私の場合は、こういうニュース系ブログをやってる関係で
大量のニュースメールに目を通すし、
書く以上は、それなりにニュースに解説を加える以上、
関連する資料の把握も必須。
よって時事系のメルマガも膨大に取っている。

だから、一年前のメルマガの資料を
ふと読みたいなと思った時に、
サーバー上に保存してあれば
それはすごく便利なことだと思うね。

よって結論としては、
普通にちまちまとメールのやり取りする分には、
あまり1GBなんて意味がない。
でも、業務や趣味で膨大にメールを受信する人にとって
この「Gmail」は有用性があると思う。


「Gmail」サイト

「Gmail Notifier」ダウンロードサイト
[PR]
by misaki80sw | 2004-08-23 21:47 | IT・ネット関連ニュース
a0018138_2031168.jpg


Netscapeは消えず! 最新バージョン7.2リリース

 米Netscape Communicationsは、
 Webブラウザの最新版「Netscape 7.2」の配布を開始した。
 Mozilla 1.7.2をベースに、
 パフォーマンスの向上やセキュリティ機能の強化が施されている。
 現在、Netscape Browser Centralで、
 英語版のWindows用/Mac用/Linux用が
 ダウンロード公開されているほか、
 CDバージョンとガイドブックのセットを14.95ドルで販売している。

 バージョン7.2は
 レンダリングやアプリケーション起動のスピードが向上し、
 軽快に動作する「最速のNetscape」になっているという。
 ポップアップ・ブロック機能は、
 オフ時でも開かれるポップアップ・ウインドウ数に
 制限を設けられるなど、より詳細な管理が可能になった。
 パスワードを管理するパスワード・マネージャーが新たに追加され、
 Windows版にはMacromediaのFlash 7プラグインが含まれる。
 また、Composerにテーブル編集のコントロールが追加された。

   (MYCOM PC WEB)


おお、ネスケ復活!!
死んだと思っていたが、どっこいネスケは生きていた。

前バージョンの7.1が出た時点で、
誰もがネスケは終わったと思っていた。
かくいう私もその一人だった。


1993年、イリノイ大学の学生のマーク・アンドリーセンらが
現在のブラウザの始祖にあたる「モザイク(Mosaic)」を開発。
インターネットの世界に革命をもたらした。

やがてアンドリーセンらは
紆余曲折を経てモザイクと決別し、
新型ブラウザ「ネットスケープ・ナビゲーター」を世に送り出す。
これが1994年。
ネスケの誕生である。

無料でネット上からダウンロード出来たネスケは
瞬く間に全世界を制圧した。
輝かしき黄金時代。

しかし、ネスケの絶頂期は長続きしなかった。

ネスケに敗れたモザイクは
Spyglass社を経てマイクロソフトに買い取られる。
マイクロソフトはこれを土台にIEを開発。
ここにネスケとIEの「ブラウザ戦争」が始まった。

技術の応酬とシェアの競い合い。
結局、OSにバンドルされ、
豊富な資金力と業界への多大な影響力を
行使するマイクロソフトのIEが
じりじりとその勢力を拡大し、
ネスケは凋落の道を歩んだ。

その途上で、
JAVAとの連携。
「独占禁止法」を駆使したマイクロソフトへの法廷闘争。
などの打開策が図られたが、どれもこれもがうまくいかず、
最後の切り札だった、
「Mozilla Project(モジラ・プロジェクト)」の立ち上げと
オープンソフトウェアへの戦略転換も、
ネットスケープ社がAOLに買収されることにより、
停滞の憂き目にあった。

AOLの傘下に入ったネットスケープ社は
苦心の末、モジラ・プロジェクトを推進し、
ついに「Mozilla 0.9」を開発。
2001年、これを基に「Netscape 6」をリリースした。

しかし、この「Netscape 6」は失敗作だった。
野心的に多機能を盛り込んだ結果、
動作が鈍く、散々の評判だった。
慌てたネットスケープ社は、
改良版の「Netscape 6.1」を発表し、失地挽回を図ったが、
一旦下落した評価は取り戻せなかった。

そして、2003年6月、
親会社AOLはマイクロソフト社との
係争関係に終止符をうち、裁判で和解した。
AOLは今後、IEを使い続けることを明言し、
ネスケ開発部門の人員を大幅に削減した。

そう、ネットスケープの命運は尽きた。
栄光の歴史に終止符が打たれた。
と、世間は思った。
私も涙した。

しかし、ネスケは復活した!
AOLも一旦は打ち切りを考えたんだろうけど、
モジラの開発が順調に進んでることや、
IEがセキュリティの問題で
シェアをわずかに減らし始めていることが、
今回の復活につながったんでしょうね。

実のところ、モジラをベースにするわけだから、
開発費用はごく僅かで済む。
当初の「モジラ・プロジェクト」立ち上げの意図が
今になってやっと生きてきたわけね。

今回の最新版「Netscape 7.2」は、
「Mozilla 1.7」が下地になっているとのこと。

「Mozilla 1.7」は
レンダリングエンジンを大幅に改良したバージョンで、
旧バージョンに比べ、動作が異常に軽くなっている。
「もっさりした動作」と揶揄されたモジラが
面目を一新したバージョン。

実際、「Netscape 7.2」はかなりの軽さらしいね。
各掲示板では「速い!軽い!」の感嘆の声が上がっている。

まだ英語版しかリリースされてないけど、
日本語版が出た時点で私も入れてみるつもり。
その時は誌上レビューでもお目にかけましょう。
楽しみだなあ (^-^)


英語版「Netscape 7.2」ダウンロードサイト

ネットスケープ・ジャパン

もじら組
[PR]
by misaki80sw | 2004-08-19 20:08 | IT・ネット関連ニュース
a0018138_22513528.jpg


あれもこれも“変漢”ミス、公募の20例を公表

 「正解はお金です」と打ったつもりが「政界はお金です」――。
 財団法人「日本漢字能力検定協会」が7月の1か月間、
 思わず笑ってしまうような漢字の変換ミスの例を
 一般から募集したところ約1600例が寄せられ、
 このうち特に面白いと同協会が判断した20例が16日、
 インターネット上で公表された。

 同協会が「“変漢ミス”コンテスト」と題して始めたこの試みは、
 IT化が進む社会で漢字を正しく使うことの難しさを、
 多くの人に再認識してもらうのが狙い。

 来年5月まで、月ごとにユニークな変換ミスの例を募集し、
 ネット上の投票で「月間賞」や「年間賞」を決める。

 最初の募集となった7月は、
 「正解は……」のほか、
 「根気よく待ったかいがあった」が「婚期よく待ったかいがあった」、
 「誤りの無いようにしなさい」が「誤りの内容にしなさい」――
 などのミス例が寄せられた。

 同協会では、これらの中から選んだ20例を
 来月14日までネット上に掲載し、第1回の「月間賞」を選ぶ。

 ◆公表された変換ミスの例(抜粋、記事中の例を除く)◆

 正しい変換    変換ミス

 原料が高価   →減量が効果

 評価、解析   →氷菓、懐石

 模様替え日   →模様が海老

 渡しといて下さい→私と居て下さい

 ひびきあい活動 →日々気合活動

 西郷どん    →最後うどん

 正式名称が   →正式名生姜

 美白      →美は苦

 威嚇用     →烏賊供養

 雨天決行    →雨天結構

   (読売新聞)


あるよね、変換ミス。
パソコン使ってる人なら皆が実感するのでは?

私の場合は、職場はMS-IME2000で
家ではATOK16を使っている。
やっぱ、IMEの方が誤変換が圧倒的に多いね。
とくに脱力系がやたらと多い。

 「佐藤さん」→「差党さん」

 「静かにする」→「静香にする」

 「都市銀」→「と詩吟」

 「公正明大に執行する」→「攻勢命題に失効する」

攻勢命題に失効してどうするんだよと言いたくなるわ(笑)。

職場の書類なんかでも
慌て者や新人君の打った文書って
やたらと誤変換が多い。

こないだも、

 「お暑い中、ありがとうございました」

のはずが、

 「お熱い中、ありがとうございました」

となっていて、
すかさず周囲から
「お前はカップルか!」
と突っ込みが入っていた(笑)。

あと、

 「売買の最中に」

のはずが、

 「バイバイの最中に」

になっていて、
すかさず周囲から
「サヨナラかよ!」
と三村調の突っ込みが入った(笑)。

やっぱ、これってIT時代特有の爆笑現象だね。


変換ミスコンテスト

ゆかいな誤変換
[PR]
by misaki80sw | 2004-08-17 22:56 | IT・ネット関連ニュース
a0018138_21493657.gif


Gartner、低価格版Windows XPをこきおろす

 Microsoftが先日発表した東南アジア向けの低価格版Windows XPを、
 調査会社のGartner Asia Pacificがこきおろしている。
 同社は報道機関に対し、
 消費者に確実に同社のこうした見方が伝わるよう働き掛けるという、
 異例の動きを取った。

 「Windows XP Starter Edition」は
 タイ、マレーシア、インドネシアで今年10月、
 低価格デスクトップPCにプリインストールされて登場する。
 Microsoftによれば、年内にさらにもう2カ国を
 パイロットプログラムに加える計画だ。

 だがGartnerのアナリスト、マーティン・ギリランド氏は、
 「われわれとしては基本的に、
 誰に対してもこの製品の購入を勧めない。
 (この製品は)この状態では誰にとっても無価値だ」と述べている。

 同社アナリストは8月13日発行のプレスリリースで、
 Microsoftはこの製品のターゲットの初心者ユーザーにとっての
 向上の道というものを考えていないと非難した。

 また、この製品にアップグレードパスがないため、
 このソフトに慣れ、さらに先に進みたいと思うユーザーにとって、
 選択肢は、Windows XP Homeに正規料金を払うか、
 あるいは海賊版を買うかしかなくなるだろうとも指摘している。

   (インターネットコム)


11日に発表されたWindows XPの低価格版、
「Windows XP Starter Edition」。
こいつのパイロット版が
タイ、マレーシア、インドネシアで10月から出荷される。

低価格版Windows XP、5カ国で導入へ

東南アジア一帯で横行するウィンの海賊版や
リナックスのシェア拡大に危機感を抱いたマイクロソフトが
打ち出した措置の一つ。

ちなみに上記の画像はインドネシア版のデスクトップ画面。
まったりムードですなあ(笑)。

Starter Editionは
Windows XPの基本的な機能が利用可能・・・なんだが、

◇同時実行可能なプログラムの数は3つまで。
◇1つのプログラムで実行可能なウィンドウ数は、
 それぞれ3つまで。
◇ディスプレイ解像度は最大で800×600ピクセル。
◇PC対PCのホームネットワーキング、プリンタ共有は無し。
◇1台のPCにユーザーアカウントは1つまで。

とまあ、こんな感じで機能を制限されてるわけ。

「ディスプレイ解像度は最大で800×600ピクセル」
これは致命的。
今時、800×600はないだろう。

さらに「実行可能なプログラムの数は3つ」。
これはきついよね~。
ブラウザとメーラーを起動させたら残りは1個だけ。

「実行可能なウィンドウ数は3つ」
IEだとタブブラウザじゃないから
これも厳しいやね。

まあ、いくら機能制限の低価格版とは言え、
正直な話し、これで金を取るマイクロソフトは凄いやつ。
しかもまだパイロット版なのに。
逆に尊敬するよ(笑)。

ウリはWindows XPの低価格版でソフトを共有できるというだけで
それ以外の部分はいいとこなし。
機能だけだったらリナックス買った方がいいと思う。
あるいはウィンのMeやCEの方がよっぽど使えるな。

海賊版の横行やリナックスに対抗するために
マイクロソフトが発表した低価格版だけど、
本当にこれで売れるのかね?
疑問に思えてしまう。

むしろ、私が思うに
低価格版がインストールしたパソコンを買って、
すぐに海賊版のウインドウズXPに入れ替えられるのを
マイクロソフトは見越してるんじゃないかな?
リナックスの勢力がこれ以上拡大するよりはマシだというわけ。
これが本音じゃないかな?

まあ、とにもかくにも低価格版の発売。
誰かこれを日本語化する裏技考えてくれないかなあ。
そしたら好奇心で私も一個ほしい。
ほとんどコレクターの心境だね(笑)。
[PR]
by misaki80sw | 2004-08-14 21:56 | IT・ネット関連ニュース

旅行先にもネット端末を持って行きたい人が58%~リサーチプラス調査

 アイブリッジが運営するインターネット調査サービス、
 「リサーチプラス」は12日、
 「休暇とインターネット利用の関係」についての
 アンケート調査の結果を発表した。

 長期休暇中の旅行先にもインターネット端末を持って行きたいと
 回答した人が約58%あったが、
 昨年の調査よりも若干増加するに止まった。
 インターネットの利用自体は増えていることから、
 「持って行く派」と「持って行かない派」が
 半数ずつで定着してきたと指摘している。

 リサーチプラスがインターネットユーザー300人を対象に
 7月下旬に実施した調査によると、
 ノートPCなどのインターネット端末を
 旅行先にも持って行きたいと回答した人は175人で、
 その比率は昨年よりも約3ポイント増の58.3%だった。
 その理由として、半数以上の人が
 「メールチェックだけはこまめにしたい」と回答したほか、
 「現地の情報を入手するのに便利」「持っていないと不安」
 「仕事上、いつメールで連絡が入るかわからないから」
 といった声が挙げられた。

 一方、「持っていきたいと思わない」と回答した125人については、
 ほとんどの人が「オフの時に仕事のことは考えたくない」
 などの煩わしさを挙げたほか、
 「必要ならばネットカフェに行けばよい」という回答も多かったという。

   (internet.watch)


この質問の答えいかんで
「ヘビーネットユーザー度」が分かるよね。

私の場合、間違いなく持っていく!
だって「娘通信」更新できないじゃん(笑)。
旅先や帰省先でも間違いなく更新します。
更新しなきゃ落ち着かない。
私、こういうとこ貧乏性なんだよなあ。

ただし、持参するのは
重いノートパソコンよりもPDAのザウルスかクリエ。
旧式タイプを両方持ってます。
これにエアーエッジの組み合わせで快適更新ってわけ。

さてさて、上記ニュースでは58.3%が持参派とのこと。

 「メールチェックだけはこまめにしたい」

気持ち分かるなあ。
携帯メールじゃ物足りないもんね。
メル友泣かせるわけにもいかないし(笑)。

 「持っていないと不安」

これも同意。
私は、この「娘通信」やってる関係上、
ニュースチャックが日課となっている。
しかもRSSリーダーとか使って
数百ぐらいのニュースをチェックしてるから、
それが切れちゃうと禁断症状。

 「仕事上、いつメールで連絡が入るかわからないから」

これは私は無い。
でも、売れっ子ビジネスマンの諸君はそうだろうね。
現代は一瞬一秒の情報戦の時代だもんね。

まあ、こうやって書いてると
いかに自分がネット中毒だかよく分かるよ。
これってやっぱり健全じゃないよね? (;^_^A
[PR]
by misaki80sw | 2004-08-12 22:57 | IT・ネット関連ニュース

ユーザーがIE 7に求めるものは?

 Microsoftは最近ユーザーや開発者から
 積極的にIEへの意見を募っており、
 こうした活動が「IE 7」登場の憶測を呼んでいる。
 今のところはCSS・PNGのフルサポートや
 タブブラウジング機能などを求める声が寄せられている。

 これまでにない新たなブラウザ戦争に直面する米Microsoftが、
 主力製品Internet Explorer(IE)に関して
 新しい作業を始動しており、
 新版「IE 7.0」が登場するとの憶測が広がっている。

 オンラインセキュリティに不安を抱くユーザーのIE離れが進む中、
 Microsoftは信頼を取り戻す取り組みを強化している。
 有名なLonghornエヴァンジェリストをIEチームに復帰させたり、
 ブラウザ開発者向けの広告展開、
 そしてユーザーからのフィードバックを求める広範な、
 オンラインプロジェクトを立ち上げている。

 このようにIEをめぐる活動が活発化したことで、
 MicrosoftがLonghornの登場前に
 新版ブラウザのリリースを計画しているとの噂が立ち始めている。
 これについて同社は、
 「IEを革新すること、そしてこれをエンドユーザー、
 企業、開発者に最良のWebブラウジング体験を
 もたらす製品にすることに専心している」
 との型どおりの回答を述べるにとどめ、
 IEのリリース計画について詳しく語ることを避けた。

   (インターネットコム)


「IE7」ですか。
そろそろ出てもおかしくはないよね。

IEの歩みは止まっている。
ここ数年は目立った進歩もない。
革新的機能が搭載されることもない。

最大のライバルだったネットスケープ(以下ネスケ)を
膝下に組み伏せた瞬間からIEの進化は止まった。
まあ、勝者の余裕だね。
四海は皆、朕の威光にひれ伏してるぞって。

ところがところが、
ここに新興勢力が登場、IEの覇権を脅かし始めた。
ネスケの後継者「モジラ」と北欧の小覇王「オペラ」。
まさに怪獣大決戦(笑)。

進化の止まったIEを尻目に、
タブブラウザをバサッと展開させて、
軽量快適・多機能サクサクのブラウジングで
IEの独占シェアをわずかながらも浸食し始めた。

実際、IEは2つの新興ブラウザに比べ、
機能的には劣るし、外観も貧相。
OSにバンドルされてるお陰で市場を独占している、
単なる「おまけブラウザ」に過ぎない。

で、マイクロソフトが久々に発憤したわけだ。
王者の貫禄を見せたろか!
IE7を出したるで~ってね(笑)。

まあ、私は反マイクロソフト派だけど、
仮にIEに要望するならば、
ニュース中にもあるように、
「タブブラウジング機能」の搭載だね。
これが一番でしょ。

タブブラウジングってのは、
1つのウィンドウから複数のサイトが開くことができる機能。
こいつが有ると無いとじゃ大違い。
つまらんリソースを食わずに、
多くの画面を展開できる。
なんで、こんな便利な機能を搭載しないの?

普段からIEばっかり使ってる人には、
この機能の良さがわかんないだろうなあ。
一度、モジラかオペラを入れて試してみるといいよ。

あと、付け加えるならば、
RSSリーダー機能!
これも是非つけてほしい。
ニュースをメールのようにRSSで読み取ってほしい。
これがあると便利。
でも、これはOEの領域になるのかな?

さてさて、ロングホーンリリース前に
IE7が出るのでしょうか?
私は出ると予想する。
ビルゲイツもこれ以上は、
IEの貧相さに耐えられんと思うよ。(笑)


モジラ:日本語サイト

オペラ:ライブドアサイト
[PR]
by misaki80sw | 2004-08-09 23:57 | IT・ネット関連ニュース