misakiのオールジャンル時事評論!


by misaki80sw

カテゴリ:IT・ネット関連ニュース( 83 )

a0018138_2240522.gif


iPodで読むバイブルがひそかな人気に

 携帯型の電子機器を使って神の導きを求める人のために、
 「BiblePlayer」というカリフォルニアの新興企業が、
 iPod用の電子版聖書を無償配布している。

 カリフォルニア州ロサンゼルス在住のプログラマー、
 Pablo Mendigocheaが独自に考え出したBiblePlayerは、
 iPodの「ノート」機能を使って
 同デバイスの画面で読める聖書の
 3種類の異なるテキストを用意している。
 同製品にはデラックスバージョンのCD-ROMもあり、
 聖書をMP3で音声化したものが29ドルで販売されている。
 どちらの製品も、
 第3もしくは第4世代のiPod全機種に対応する。

 10月初めの登場以来、
 BiblePlayerの無償バージョンには
 約7000件のダウンロードがあった。
 Mendigocheaによると、
 妹の誕生日プレゼント用としてiPodを購入したところ、
 ユーザーが画面上で
 テキストを読めるようにするノート機能があるのを発見し、
 同ソフトの開発を思いついたという。

 BiblePlayerには聖書の欽定訳のほか、
 国際英語版とスペイン語版新約聖書がある。
 Mendigocheaは、旧約聖書のダウンロードに加え、
 聖書のオランダ語訳、フランス語訳、
 およびドイツ語訳の投入も計画している。

 iPodと聖書の組み合わせは、
 電子書籍へとつながる同小型デバイスの
 ポテンシャルを浮き彫りにしている。
 電子書籍は、成長が期待される潜在市場として
 長年注目されてきたが、
 幅広い支持を得ることができずにいる。
 Mendigocheaは、画面サイズがノート機能で
 テキストを読むには比較的小さいものの、
 iPodが電子ブックを読むためのツールとして
 注目されつつあると信じている。

   (CNET Japan)


このニュース見ながら思い出したけど、
かなり前に書店なんかで
「カセットで読む書籍」みたいなのが置かれてたでしょ?
今もあるのかな?
全然見かけないけど。
あれが頭に浮かんだなあ。

電子書籍とかが一時期、けっこうもてはやされて、
専用端末としてソニーの「リブリエ」や、
松下の「シグマ・ブック」なんかが発売されたけど、
いまいち、パッとしなかったね。
むしろ携帯で読む人の方が多かったりする。
私なんかもたまに携帯で読むけど。

上記ニュースの「iPod」を使った電子版聖書。
これは秀逸なアイデア。
携帯音楽プレーヤの画面でテキストを読んで、
耳からはMP3で音読を聞く。
これは革命的じゃないかな。
すんなりと浸透しそうな気がするよ。

携帯プレーヤーも40GB、60GBと
ズンズンとHD容量が増えてきて、
いずれ100GBを突破するのも時間の問題。
そうなると音楽だけじゃなくて
他のジャンルにもHDをお裾分けしたいでしょ。
書籍として使うとは考えたもんだね~。

ソニーなんかも、
HDD内蔵ウォークマンが「iPod」に遅れをとって、
今頃になって「MP3に対応」なんて焦ってるけど、
リブリエの経験を生かして、
電子書籍の機能を組み込んでみたら面白いかも。

私個人でいうならば、
コンテンツさえ面白ければ使ってみたい気がする。
軽めの内容よりも、繰り返し読むような重い内容がいいね。
上記の「聖書」もそうだけど、
詩集とか古典とかいいね。
受験生には参考書なんかいいかも。
英単語の暗記とかさ。

コンテンツの流通が活発になって
コストさえ下がれば軽めの内容もいい。
ただ、ポイントはテキストと朗読音を
どう関連づけるかだね。
人の読書のスピードは朗読よりも遙かに早いので、
ここらへんの関連づけがまずいと
見向きもされなくなってしまう。

まあ、瓢箪から駒じゃないけど、
「iPod」から聖書だね(笑)。
製品と使用法の組み合わせ次第で
可能性って広がっていくもんだなあ。



書籍が抱える問題を解決する電子ブック

電子書籍、購入経験はわずか1割
 「読みにくさ」がネックに


電子書籍の本命は、実は携帯?
[PR]
by misaki80sw | 2004-11-08 22:46 | IT・ネット関連ニュース

Windows:海賊版に業煮やし無料更新停止か

 米マイクロソフト社の最高経営責任者(CEO)、
 スティーブ・バルマー氏が、
 中国やマレーシアのパソコンにインストールされている、
 ウィンドウズの95-98%が海賊版であると指摘。
 無料で提供しているセキュリティパッチの
 アップデート(更新)サービスの停止も
 考えていることを明らかにした。
 3日付で新浪科技が伝えた。

 ドイツ誌「Wirtschaftswoche」の
 インタビューに答えての発言。
 「これほど多くの海賊版ソフトが
 出回っていることを知ったとき、
 無料提供のセキュリティ更新サービスを
 続けるべきか自問せずにはいられなかった」とした。

 03年8月に、マイクロソフト社は莫大な投資を行い、
 ウィンドウズのセキュリティを最大限まで強化している。

 なお株式会社サーチナが、
 上海新秦信息諮詢有限公司(上海サーチナ)を通して
 中国一般消費者の
 ソフトウエアに関する意識調査を実施したところ、
 海賊版を「今後も存続すべき」と答えた人が
 全体の27.08%ほどを占めていた
 (有効回答件数:5564、
 調査期間:9月15-20日)。
 依然として、中国の海賊版に対する問題意識は低い。

   (サーチナ・中国情報局)


これじゃ、バルマー氏ならずとも怒るよなあ。
95-98%が海賊版って無茶苦茶だよ。

実際、中国でウィンXPの海賊版は
日本円で100円以下で売られているらしいね。
子供のお駄賃じゃないんだから(笑)。
コンビニでパン買うのと変わんないって。
ソースネクストも仰天だよ。

中国ではハードメーカーも
この現状に合わせた形で、
OS抜きのPCや、
なんと、DOS入りの激安PCを販売しているらしい。
買ったらすぐに海賊版XPが入るのを
前提にしてるわけね。

これに対し、マイクロソフトは中国での海賊版の流通に
相当、神経を尖らせていて、
莫大な労力と金をかけて撲滅しようとしている。

自分とこのホームページに
海賊版ソフトウェア通報専用ホットラインを設置したり、
定期的な市場検査を実施して、
海賊版が発見されるや否や
マイクロソフト社の代理人を通して、
当局にガンガンと法的措置を訴えるらしいね。
でも、結果はご覧の有様だけどさ(笑)。

ちなみに上記ニュース中の
ニュースサイト「サーチナ」主催の
中国ソフトウエア調査の詳細結果は以下。

Linuxは普及せず、ウイルスソフトで国産好調

ソフト正規版離れは「高い価格に見合わぬ品質」

ソフト品質で正規版に勝る海賊版、意識が育たず

このうちの3番目の調査結果に
興味深いことが書いてある。

 また海賊版は、正規版がカバーし切れていない点も
 カバーしていることも中国の一般消費者にとっては
 「魅力」のようだ。
 正規版に望むこと(複数回答)を聞いたところ、
 最も多かったのは
 67.56%を占めた「頻繁なアップデート」であったが、
 これに関して海賊版は、正規版と比較して
 「アップデートのスピードが速い」との回答が
 47.97%を占める。

なんじゃそりゃ。
なんで海賊版の方が
アップデートのスピードが速いわけ?
海賊版業者はアフターサービスも
充実してるんだね(笑)。

そういうことなら、
バルマー氏の発言の、

 無料で提供しているセキュリティパッチの
 アップデート(更新)サービスの停止も
 考えていることを明らかにした。

これ、あんまり意味が無いってことになるね
私も技術的なことは分からないけど、
仮にこういう措置を取ったところで
この「セキュリティパッチ」すら、
海賊版業者がCDかなんかで
無料か、極めて安価に流通させそうな予感がするな。

ちなみに、中国は国策として
リナックスの普及を図っているけど、
実際の市場占有率は、ウィンの97.61%に対して、
リナックスはわずかに0.86%に過ぎない。

結局、ウィン海賊版の猛威に
国策リナックスも押されてるわけで、
中国当局としても海賊版の蔓延は頭の痛いところ。

まあ、地道にだね、
法整備と民度向上を心がけるしかないよ (^◇^)



中国ビジネス相談Q&A--海賊版ソフトウェア

海賊版WindowsがLinux PCを後押し――Gartnerが報告
[PR]
by misaki80sw | 2004-11-05 23:41 | IT・ネット関連ニュース
a0018138_2322146.jpg


“たった一つの魅力的な製品”で息を吹き返したpalmOne

 当初は懐疑的だった米国の携帯電話会社が
 palmOneのスマートフォン「Treo」を絶賛している。
 スマートフォン市場の規模はまだ小さいが、
 palmOneはこの製品で元気を取り戻したようだ。

 PDAメーカーの米palmOneは昨年、
 ワイヤレス情報端末のラインアップ拡大を目指して
 同業のHandspringを買収した。
 だが、この合併には、
 最初から暗雲が立ちこめているように見えた。

 1990年代、Palmという旧社名で
 「PalmPilot」をはじめとする、
 PDAの市場を切り開いたpalmOneだったが、
  Handspringの買収に乗り出すころには、
 売り上げの伸びの鈍化と株価の下落で、
 利益をほとんど出せない状態になっていた。
 かたや Handspringは、携帯電話とPDAの機能を合体した、
 「Treo」に未来を賭けていたものの、
 資金枯渇の状態にあった。

 しかし、2003年6月発売の
 “スマートフォン”「Treo 600」は、
 持ち歩く機器を軽めにしたいと考える専門職の間で、
 着実に人気を上げている。
 AT&T Wireless ServicesやSprintなど、
 米国の携帯電話会社を通じたTreoの販売台数は、
 100万台を突破した。

 そしてpalmOneは今、
 デジカメと、QWERTY配列のフルキーボード、
 MP3プレーヤーを装備したTreoを、
 企業戦略とラインアップ拡大の中核に据えつつある。

 palmOneは10月25日、
 バックライトキー、キーサイズ拡大、
 カラー液晶の改良などを特徴とする、
 新型スマートフォンの「Treo 650」を発表した。
 同社がTreoを同時に
 複数モデル販売するのはこれが初めてとなる。
 2005年末までには、
 ユーザー層別にさらにラインアップを拡大し、
 若者向けにはマルチメディア機能、
 モバイルプロフェッショナル向けには
 電子メールとWebサーフィン機能を強化する考えだ。

   (ITmedia)


「Treo」は絶好調らしいね。

一時、パームの売り上げが激減して
ソニーが買収するんじゃないかという噂も流れたけど、
「Treo」が救世主になったんだなあ。

パーム陣営って
全体的に縮小気味のイメージがある中で、
この「Treo」の健闘は
パーム贔屓の私には嬉しい話し。

まあ、所詮は海の彼方のニュースで
日本人には関係無いちゃ無い話しだけど、
今後のPDAのあり方を示唆してるようで興味深い。

PDAの進むべき道は私は2つだとと思う。

◇PIM機能に特化した簡素バージョン
◇スマートフォン化+音楽携帯プレーヤー機能搭載の
 重装甲タイプ。

この後者の道が「Treo」の選んだ道。

「スマートフォン」とは、
コンピュータを内蔵し、音声通話以外に
様々なデータ処理機能を持った携帯電話の分類名称。
単純に言うならば、メール機能やブラウザを搭載し、
ネットに接続することができる携帯電話のこと。
だから広い意味では日本の携帯の大半がスマートフォン。

でも、「Treo」が日本の携帯と違うところは、
元がPDAだからPIM機能が滅茶苦茶充実していることと、
それ以上に、このキーボード搭載だね。
ちゃちいながらもQWERTY配列のフルキーボード。
これは大きいよ。

それと私はよくは知らないけど、
普通のパーム系のソフトも
入れることができるわけでしょ?
仕様ガチガチな日本の携帯に比べて、
自由にソフトをカスタマイズできるのもいいね。

日本だと、クリエなんかもその方向に進んでほしいね。
あと、ザウルスもね。
ソニーもシャープも携帯を作ってるわけだから
ノウハウは豊富でしょう。
シャープはスマートフォン系OSの
「Symbian OS」搭載の携帯電話を
2005年に投入することを表明してるしね。

シャープ、Symbian OS搭載の携帯電話を2005年に投入へ

世界の携帯の中で
技術的にはトップレベルを行く日本の携帯だけど、
足りないのは、このPDAとの融合の部分だな。
PIM+キーボード+音楽が不足。

この「Treo」も日本の携帯キャリアで
発売してくれないかな。
そうしたら喜んで買うんですけどね。



米palmOne、スマートフォンの最新モデル「Treo 650」を発表

高くても売れるTreo 600、PalmOneの業績改善

IT用語辞典 e-Words:
 スマートフォンとは(smart phone)

[PR]
by misaki80sw | 2004-11-02 23:24 | IT・ネット関連ニュース
a0018138_0435425.gif


ターボリナックス ホーム
 9つのアイコンでパソコンライフをぐっと身近に


 『ターボリナックスは、
 「ターボリナックス ホーム」を発表した。
 これまでの同社ディストリビューションにおける、
 コンシューマを強く意識した方向性を一層強化、
 年賀状作成ソフトウェアの
 「筆ぐるめ」などがバンドルされる。
 価格は16,590円で11月12日の発売予定。

 「ターボリナックス ホーム」は、
 デスクトップに配置された9つのアイコンを
 クリックすることで、
 インターネットブラウジングやメールの送受信・作成、
 デジタルカメラからの画像取り込みと加工、
 年賀状の作成といった様々な機能を
 手軽に実行することができる。

 同社では、エントリーユーザの取り込みに際して
 デスクトップの有効活用による面倒な操作の低減を目指す。
 デスクトップには9つのアイコンが配置されており、
 それぞれウェブブラウザやMUA、
 筆ぐるめといったソフトウェアの起動を行うことができる。
 階層構造のメニューをたどって起動するのに比べて、
 ユーザが何をしたいかを直感的に理解することができる、
 アプライアンス的なUIとなっている。

 「ターボリナックス ホーム」の登場により、
 同社のLinuxラインナップは
 サーバ向けの「Turbolinux 10 Server」、
 従来より企業向けを意識する「Turbolinux 10 Desktop」、
 ホームユーザを強く意識した「ターボリナックス ホーム」
 となる。』

   (MYCOM PC WEB)


知ってる人は知っている。
知らない人は全く知らない「ターボリナックス」。
ほとんど私個人の嗜好で選んだニュース(笑)。

半年ほど前だったかな?
リナックスを使ってみたいと思って、
このターボリナックスの「Turbolinux 9 Desktop」と、
あのライブドアの「リンドウズOS」を
比較検討してみたことがあった。

結局、回線接続の面で
リナックスの採用は断念したけど、
これまで一部の通向けのOSだったリナックスが、
ようやく象牙の塔から出て
一般人ユーザーに焦点を向け始めたことが感じられた。

上記ニュースの「ターボリナックス ホーム」は、
通常版の「Turbolinux 10 Desktop」を、
PC初心者でも使えるように、
GUI(グラフィカル・ユーザーインターフェイス)を
「素人衆御用達」向きに変えたもの。

「Turbolinux 10 Desktop」のGUIも相当分かりやすくて、
ウィンユーザーならすぐにでも移行できるぐらいだけど、
「ホーム」ではこれを徹底している。

ニュースを見て思ったのが
GUIがマック並の鮮やかさだね~
これは驚いたなあ。

それと、通常のリナックスは
起動する時には必ずユーザーごとに
パスワードを入力しないといけない。
ウィンの場合は任意だし、
リンドウズOSなんかも任意の設定になっている。
そこらへんが「リンドウズはリナックスの異端児」と
呼ばれる所以なのだが、
「ターボリナックス ホーム」もこれに追随し、
デフォルトのユーザーに関しては、
システムの起動・終了や環境設定を
パスワードなしで行うことができるとのこと。
これはリナックスの感覚からすると異例の設定。

果たしてリナックスが一般に浸透するか否か?
これはひとえにGUIのレベルと
対応ソフトの充実と
用語の分かりやすさにかかってると思う。
GUIに関しては充分分かりやすくなったし、
ソフトも豊富になってきた。
問題は「用語」だね。

「Turbolinux 9 Desktop」も
GUIに関しては合格点だったけど、
用語が本当に分かりづらかった。
ちょっと不明な点があってヘルプを開くと、
そこには意味不明のリナックス界用語がずらずらと。
あれは「ホーム」では改善されたのかな?
そこらへんが興味津々です。



Turbolinuxサイト

「ターボリナックス ホーム」ニュースリリース
[PR]
by misaki80sw | 2004-10-25 00:46 | IT・ネット関連ニュース
a0018138_1744064.jpg


新ウイルス「ZAKU」現る

 『米Trendmicroはこのほど、
 新種ワーム「ZAKU.A」を警告した。

 VisualBasicで作成されたワーム。
 Windows 95/98/Me/NT/2000/XPで感染する。

 実行すると、
 自身のコピーをWindowsのシステムフォルダに投下し、
 レジストリを書き換える。
 また日本語らしきドメインネームのサイトを
 Webブラウザで開いたりする。
 システムフォルダなどの全ファイルを
 削除することもあるという。
 Aドライブにコピーを書き込むことで拡散を試みる。

 プログラム中に
 「T_T CHOBITS by DarkChii」と書かれていたほか、
 レジストリに「CHOBITS」「Chii?」といった文字列も
 書き込むという。』

   (ITmedia)


出ました!
新種ウイルス、その名も「ザク」。
・・・こ、これがジオンのザクか(笑)。

このニュース、アニメ系のサイトやブログで
妙な盛り上がりを見せてるのが笑える。

 Aドライブにコピーを書き込むことで拡散を試みる。

Aドライブって、
なんかいかにも旧式な発想なんだけど。
そこがザクのザクたる所以か。

 プログラム中に
 「T_T CHOBITS by DarkChii」と書かれていたほか、
 レジストリに「CHOBITS」「Chii?」といった文字列も
 書き込むという。

ウイルス作者はどうもアニオタっぽいなあ(笑)。

ウイルス名自体は、
ウイルスソフト大手のトレンドマイクロが付けてるんだけど
トレンドマイクロの該当ウイルスのページには

 This worm attempts to spread
 by dropping copies of itself as A:\Azuka.exe.
 The drive A: is usually the system's floppy drive.

とある。

この「A:\Azuka.exe.」が命名の由来だろうね。

ウイルス作者のアニオタぶりに呼応したんでしょう。
新種ワーム「ZAKU.A」の命名と相成った。
たぶん、トレンドマイクロの社員にも
アニオタがいるんでしょうね。

そのうち、亜種「グフ」とか出てきそうな予感 (^◇^)


トレンドマイクロ「WORM_ZAKU.A」
[PR]
by misaki80sw | 2004-10-22 17:42 | IT・ネット関連ニュース

a0018138_22331860.jpg


KDDI、厚さ1.3cmのauデザイン端末を発表

 KDDIは10月13日、厚さ1.3cmのau向け携帯電話端末、
 「talby(タルビー)」を発表した。
 「au design project」モデルの第3弾で、
 プロダクトデザイナーのマーク・ニューソン氏の
 デザインによるもの。
 12月上旬より販売を開始する。

 2.1インチのQVGA液晶やFlash、
 33万画素のCMOSカメラを搭載する。
 EZアプリやEZナビウォーク、
 2次元バーコードなどにも対応した。

 大きさは幅4.5cm、長さ13.2cm、厚さ1.3cm、重さ79g。
 連続待受時間は約250時間、連続通話時間は約190分。
 販売価格はオープンだが、
 市場想定価格は1万5000円前後としている。

   (CNET Japan)


おおっ、これはカッコいいよなあ!
インフォバーも良かったけど、
こいつもいいね~。

似たような携帯が多い中、
確かにこいつをもってれば目立つこと請け合いだな。
だからって、私はauの手先じゃないわよ(笑)。

上記ニュースに補足すると、
色は、Hornet Green、Orange Orange、Hole Blackの3色。
日本語入力機能として「ATOK/APOT」が搭載される。
内蔵メモリは8MB。
外部メモリカードスロットは無し。

また、音楽家のNick Wood氏が新たに書き起こした楽曲、
「Free」が着うたとして内蔵され、
背面に装備した直径20mmのスピーカーで楽しめる。
ただし、「talby」ではauの新サービスである、
EZ「着うたフル」は利用できない。

販売時には「talby」専用の袋でユーザーに手渡される。
またauショップでは専用の革製ソフトケースが
オプションとして販売される予定。
こちらの価格は未定だが、
2,000~3,000円程度になる見込みとのこと。

auってさ、
「洗練」「斬新」のイメージを確立しつつあるね。
昔はこの分野は旧Jフォンの領域だったのにね。



auサイト:「talby」

「talby」プレスリリース

ケータイWatch:
 au、フラットデザインに高機能を搭載した「talby」


ITmedia:こだわりのデザイン端末「talby」ついに登場
[PR]
by misaki80sw | 2004-10-14 22:34 | IT・ネット関連ニュース
a0018138_2254543.gif


アップル、カラーLCD付き「Photo iPod」を年末商戦に投入か

 Apple Computerが年末商戦に向けて
 カラー画面を搭載したiPodの準備を進めているとの報告を受け、
 Mac関連の各サイトは米国時間8日この話題で持ちきりになった。

 Mac関連のニュースと噂を扱うThink Secretサイトによると、
 60Gバイトのハードディスクを搭載したこのモデルは、
 現行の第4世代iPodに近い形になるものの、
 高解像度カラー画面付きで写真を表示できるという。
 この499ドルの新モデルはまた、
 音楽に合わせてスライドショー形式で写真を表示したり、
 それをテレビへ出力することもできると同サイトは記している。

 Appleは自社の新製品に関して口が堅いが、
 Think SecretはG5 iMacをはじめ、
 ここ最近登場した多数のMacの詳細を正確に探り当てている。
 なお、Appleの関係者からコメントを得ることはできなかった。

   (CNET Japan)


どーなんでしょ?
ガセか、真実か?

まあ、60GB化はすんなり納得できるよね。
東芝も60GBの携帯プレーヤー出したし。
ギガビートだっけ?
iPodもそうなるのは自然な流れ。
だから60GBは大いにけっこう。

問題はこれだね。

 「高解像度カラー画面付き」
 「写真を表示」
 「音楽に合わせて
 スライドショー形式で写真を表示」
 「テレビへ出力することも」

こんな機能載っけたら、
ただでさえバッテリーが貧弱なiPod様が、
たちまちスタミナ切れ起こすと思うのは
私だけでしょうか? (^_^;)

実際、スティーブ・ジョブスも
iPodの動画再生機能搭載には否定のコメント出してたしね。

私としては
そんなソニーの「バイオ・ポケット」みたいな、
めったやたらの機能満載なんていらんよ。
iPodは音楽に特化したシンプルさが一番!

もし、機能を増加するというのなら、

◇FMチューナー
◇液晶リモコン
◇バッテリー増量

この3つを頼むぜ~

あとはいらん、いらん (--;)ノ''


噂の出元のサイト「Think Secret」

アップルサイト:iPod+iTunes
[PR]
by misaki80sw | 2004-10-12 22:10 | IT・ネット関連ニュース
a0018138_21325945.gif


ライブドア、携帯向けメールリレー配信サービス「メルエモン」

 ライブドアは10月1日、
 携帯電話向け高速メールリレー配信サービス
 「メルエモン」の提供を開始した。

 携帯電話向けに、
 1時間に最大50万通のメールを指定時間に配信できるサービス。
 シエラおよび富士通と協力し、
 シエラの携帯電話向け高性能メール配信エンジン、
 「シエラエンジン」と、
 富士通の高機能組み込みカートリッジ型コンピュータ、
 「IP-processor」でシステム構築を行っている。

 ライブドアは、
 自社で運営するフルマネージドホスティングサービス、
 「データホテル」を通じて同システムを運用し、
 携帯電話向けメール配信サービス「メルエモン」として提供する。

 年間契約の場合、初期費用は20万円。
 月額費用は30万円から。
 また10月1日から同31日までの期間中、
 「1カ月お試しキャンペーン」および
 「携帯電話メールアドレスクリーニングサービス
 無料キャンペーン」を実施する。

 1カ月お試しキャンペーンでは、
 先着30ユーザに同サービスを18万円で提供。
 メールアドレスクリーニングキャンペーンでは、
 メルエモンを契約した先着30ユーザに対し、
 宛先不明アドレスを峻別するサービスを無料で提供する。

   (ITmedia)


ライブドア。
もともと私は、この企業に対していいイメージは持ってない。
過去にこの会社から2つのソフトを買ったこともあるけど、
売るばっかりで使う側への配慮をこれぽっちも考えてない。
ユーザーインターフェースの杜撰さ。
例の「リンドウズ」売り出しの時にも思ったけど、
宣伝広告はうまいけど中身が伴ってないね。

「怪しい」「うさんくさい」
この手のイメージが先行している同社。
斬新で積極果敢なのは評価するけど、
マイナスイメージの半分は事実のような気がするなあ。

さてさて、ホリエモンが提供する「メルエモン」。
このネーミングはナイスで大笑いだし、
ここらへんがライブドアの軽妙さなんだろうけど、
内容はいただけませんな。

 1時間に最大50万通のメールを
 指定時間に配信できるサービス。

これね、一般企業が
顧客やメール登録したユーザーなんかに
メールを一斉送信する時に使うだけならいいけど、
たぶん、スパム業者が嬉々として買うよ。
これはまずいでしょ。

で、ライブドアのプレスリリースね↓

世界初!携帯電話向け高速メールリレー配信サービス
 「メルエモン」開始


この中でけっこう際どいことが書かれている。

 携帯電話のメール配信では、
 「1台のサーバで高速かつ大量にメールを配信したい」
 「携帯電話メールがキャリア側で
 システム的にブロックされて送信できない」
 などの企業やメール事業者からの声が多々ありましたが、
 現状のサービスでは解決できませんでした。

 これらの問題を解決するためにライブドアは、
 シエラ株式会社(以下シエラ)、
 および富士通株式会社(以下富士通)と協力し、
 シエラの携帯電話向け高性能メール配信エンジン、
 「シエラエンジン(※1)」と
 富士通の高機能組み込みカートリッジ型コンピュータ、
 「IP-processor(※2)」で新規にシステムを構築しました。

わ~い、スパム業者万々歳!
ライブドアのおかげでブロック突破の一斉送信だ~。
・・・・ふざけんな、こら (--#)

まあ、実際問題、
ライブドアがどういう売り方をするかにかかってるけど、
プレスリリースの中には、
その手の業者には売らないとか言う文言は一切無い。

さらに上記ニュースにも書いてるけど、

 メールアドレスクリーニングキャンペーンでは、
 メルエモンを契約した先着30ユーザに対し、
 宛先不明アドレスを峻別するサービスを無料で提供する。

おいおい、これなんか
スパム業者へのお色気攻勢じゃないの。
「メールアドレスクリーニングキャンペーン」
名前からしてやばいよ。
裏金の「マネーロンダリング」みたいだな~。

これに対するドコモやauのコメントが是非聞きたいね。
[PR]
by misaki80sw | 2004-10-04 21:35 | IT・ネット関連ニュース

「規格乱立が音楽ダウンロードの足かせに」
 MP3開発者が警告


 消費者を困惑させる競合技術の乱立により、
 緒に付いたばかりの音楽ダウンロード市場では
 接戦が起きるよりも、企業の破綻が増えるだろう。
 MP3技術の開発者の1人が9月29日に語った。

 「この問題は確かに、
 ダウンロードビジネスを減速させてきた。
 ガジェット市場に対しても同様の影響を及ぼしている」と
 独フラウンホーファー研究所で
 電子メディア技術ディレクターを務める、
 カールハインツ・ブランデンブルグ博士は語る。

 昨今では消費者は
 数千曲をポケットサイズのデバイスに格納したり、
 携帯電話で音楽やビデオを再生したり、
 ボタンを1回クリックするだけでアルバムを購入できる。

 しかし残念なことに、多数の再生圧縮技術や
 不正コピー防止技術が競合しており、
 どの曲がどのデバイスで再生できるのかに戸惑うことになる。

 Apple Computer、RealNetworks、ソニーは
 それぞれ独自の再生技術と
 DRM(デジタル権利管理)技術を開発している。
 AppleのiTunesストアで購入した楽曲は
 同社のiPodでしか再生できない。
 ソニーについても同様だ。

   (ロイター)


音楽ファイルの圧縮形式は
私が知ってるだけでも、

◇MP3
◇WMA
◇AAC
◇Atrac3
◇OggVorvis

などがある。

MP3は、言わずとしれた音楽ファイル界の覇者。
圧縮界の帝王。
辺境の蛮族出身のアングラ野郎。
著作権保護にルーズなところが
逆にMP3の業界征覇につながった。

WMAは、マイクロソフトが開発した形式。
お馴染みのウィン・メディアプレーヤーの
デフォルトのファイル形式。
反マイクロソフト派の私にとっては
不倶戴天の仇敵(笑)。

AACはアップル社いち押しの形式。
かの「iTunes」ではこれがデフォルト設定。

Atrac3は天下のソニー御用達。
だけど、著作権保護でグダグダやってる間に
スタートダッシュに遅れ、
今や気息奄々の周回遅れ。
ソニーの面子と技術と低迷の象徴。

OggVorvisはまだまだマイナーだけど、
将来期待大のニューフェイス。
ライセンスフリーの圧縮技術で
MP3より圧倒的に高性能。
隠れたる臥竜か鳳雛、未来の覇者候補。

ざっと主なものでもこれだけあって、
音楽圧縮の規格は乱立している。
そして、それぞれの圧縮方式に対応した機器を使用しないと、
これらの音楽ファイルは再生できない。

たとえば「iPod」では、
対応する音楽圧縮形式は
AAC・MP3・WAV・AIFFなどで、
マイクロソフトのWMAには対応してない。
WMAの音楽ファイルを持つ人には
宝の持ち腐れというわけね。

さらに、乱立するのは音楽圧縮形式だけでじゃなく、
ニュース中にもあるように、
不正コピー防止のためのDRM(デジタル権利管理)技術も
群雄割拠の乱立状態。

マイクロソフトのWMT。
ソニーのOpenMG。
アップルのFairPlay。
などなど。

このDRMの乱立を打破するのが、
アップルのスティーブ・ジョブス氏から
「ハッカーみたいな野郎だ!」と罵られている、
RealNetworksのハーモニー。
ややこしくなるから解説は省くけど(笑)。

まあ、使う側から見ると
この春秋戦国みたいな割拠状態は
じつに面倒くさい限り。
私も「iTunes」と「iPod」を使ってるけど、
最初、どの音楽圧縮形式でエンコードするか、
非常に迷った。
MP3にするか、AACにするか。
寄らば大樹のMP3か、
高性能サクサク圧縮のAACを選ぶべきか?
結局、業界主流のMP3に身を任せたけどね(笑)。

もうちょい競争が進めば、
弱小・劣悪勢力は淘汰されて、
1つか2つの形式のみが生き残り、
それが標準の形式になるんでしょうね。
[PR]
by misaki80sw | 2004-10-01 22:26 | IT・ネット関連ニュース

100GBのメールアカウント!!
 米バイク専門サイトが利用者に無料提供


 米国のオートバイ・サイト「HellaciousRiders.com」が
 利用者に対して容量100GBのEメールアカウントを無料提供する。

 HellaciousRiders.com は、
 オートバイに関連した情報やクラシファイド広告を提供している。
 情報技術サービスを本業としていないが、
 同サイトに直接アクセスできるツールバーを用意するなど
 技術の活用には積極的。
 GoogleがGmailを発表した際の人気ぶりに触発されて、
 8月に3GBのEメールアカウントの提供を開始した。

 その後、約1カ月半の間に3,600万人以上が新規に登録。
 この成果に気を良くした同社は、話題性を維持するために、
 100GBのメールアカウント提供に踏みきった。
 ちなみに100GBのスペースでは、
 400万通以上のメールを受け取れるそうだ。
 同サービスの添付ファイルの上限は500MB。
 Gmailが対応していないPOP3をサポートする。

 現時点でEメールサービスは
 HellaciousRiders.comの宣伝ツールに過ぎない。
 予想を上回る登録申し込みを受けて、
 同サイトを運営するiTrade Groupは、
 Eメール事業の独立や
 有料Eメールサービスの提供などを検討しているという。

   (MYCOM PC WEB)


おいおい、100GBかよ!?
ほとんどハードディスク並み。
君ら、自分のやってることが分かってるのか (;^_^A

100GBのメール容量なんて
普通に使ってたら一生かかっても使いきれるもんじゃない。
スパム業者だってこんなに使わないよ。

これ、無料でやって採算とれるのかね~

 「よし、よそが1GBなら、うちは100で勝負だ!」
 と社長の鶴の一声で決まりました。

なんて内情じゃないでしょうね?
それはそれで面白いけどさ(笑)。


HellaciousRiders.com
[PR]
by misaki80sw | 2004-09-29 23:55 | IT・ネット関連ニュース