misakiのオールジャンル時事評論!


by misaki80sw

ベルギーの高校、厳しい出席管理・・でも、正論だと思う。


高校にタイムレコーダー…欧州初となった“国情”

 生徒の出欠状況を瞬時に把握したり、
 無断欠席を防止するため、
 ベルギー東部マースメッヘレンの国立高校が、
 今月1日の新学期から
 一般企業で使われているタイムレコーダーを導入した。

 タイムレコーダーの製造会社によると、
 学校での導入は欧州で初めてだという。

 ベルギーの公立高校は授業料が無料。
 無断欠席が続くと
 「税金の無駄遣い」として保護者が処罰される。
 このため、生徒の出欠の管理は教師ではなく、
 学校当局が行っており、
 職員が毎朝、教室を回って出欠を確認する。
 時間と手間のかかる作業で、
 タイムレコーダー導入の背景にはこうした事情もある。

 仕組みは、学校の入り口の穴にキーを差し込めば、
 登下校時間がコンピューターに記録される。

 導入から一週間。
 学校側によると、父母には
 「子供が校内にいるかいないかすぐ分かる」
 「出欠の間違いがなくなった」などと好評。
 生徒からも「管理強化」との反発はないそうだ。

   (ZAKZAK)


欧州の学校って自由闊達なイメージがあったけど、
全然違うのね。
まあ、これはベルギーで
他の国はどうだか知らないけど。

前に、日本の同じようなニュースを
載っけたことがあったけど、
あれと正反対だな。
*『「遅刻生徒は帰宅」を撤回・・大阪の中学校。

 ベルギーの公立高校は授業料が無料。
 無断欠席が続くと
 「税金の無駄遣い」として保護者が処罰される。

この部分は日本の教育関係者にとっては
羨ましい限りでしょ。
権利偏重の一部の馬鹿な父兄とマスコミを気にせずに
正論で堂々と対応できるんだから。
[PR]
by misaki80sw | 2004-09-07 22:03 | その他諸国・国連