misakiのオールジャンル時事評論!


by misaki80sw

韓国、ウラン濃縮実験問題(その2)・・マスコミは仕事しろ!


ウラン濃縮実験、韓国政府の関与焦点に

 韓国科学技術省の関連施設が
 2000年1―2月に極少量のウラン濃縮実験をしていた問題が
 国際社会に波紋を広げている。

 韓国政府は3日、釈明の記者会見をしたが、
 政府の関与、国際原子力機関(IAEA)規定との
 関連をめぐり疑問点も残る。
 IAEA査察チームは4 日まで韓国で調査するが、
 結果次第では北朝鮮核問題に関する6カ国協議に影響する恐れもある。

 韓国外交通商省高官は3日の会見で、
 政府傘下の韓国原子力研究所の科学者が
 ガドリニウム、タリウム、サマリウムといった他の物質の
 分離実験をした際にウラン濃縮も実施したと指摘。
 0.2グラムの濃縮ウランを得たと説明。
 (1)実験に政府は関与せず科学者らが独断で実施した
 (2)韓国は核拡散防止条約(NPT)を順守する
 (3)実験を隠した事実はない―と強調した。

   (日経ネット)


ああ、すっかり深夜になってしまった。
この問題を追いかけてると
時間があっという間に経っていく。
というわけで「その2」です。

昨日から今日に至る流れをざっと箇条書きにすると、

◎韓国政府の反応

  発表は同じ内容。
  知らぬ存ぜぬ、政府は関与せぬの繰り返し。
  ◇一部科学者の実験の過程で起きたこと
  ◇国家として関与していない。
  ◇拡散防止条約(NPT)に違反していない。

  だけど報道によっては内容は二転三転。

  ◇【ウラン濃縮実験】政府「科学者が好奇心で抽出」
      ↓
  ◇韓国ウラン濃縮、「一度だけ実験許可」 所長が証言
      ↓
  ◇ウラン濃縮実験は3回前後 韓国原研所長が言明

  韓国政府、案外慌ててるかも。
  ふてぶてしく構えながらも
  内心はけっこうビビリまくってるのかな。


◎韓国マスコミ

  強気、強気。
  なんであそこまで強気なんだか分からないなあ。

  ◇【社説】ウラン濃縮実験、大騒ぎすることではない
    (中央日報)
  ◇レーザー・ウラン濃縮法は申告の対象外
    (中央日報)
  ◇「韓国のウラン濃縮自主公表、NPT順守の典範」
    (中央日報)
  ◇政府、「高濃縮ウラン分離実験」波紋を注視
    (朝鮮日報)
  ◇【ウラン濃縮実験】政府「科学者が好奇心で抽出」
    (朝鮮日報)
  ◇韓国のウラン濃縮実験、IAEA総会では不問の見通し
    (朝鮮日報)
  ◇韓国のウラン濃縮実験、国際社会に微妙な波紋
    (東亜日報)

ざっと、こんな感じ。

 「大騒ぎすることではない」「微妙な波紋」
 「不問の見通し」「NPT順守の典範」

官民挙げて沈静化に走り回ってるような印象。
いや、単に事態の深刻さが分かってないのか?
外国から国が非難されたら、
普段は政府と仲の悪いマスコミも
総力を挙げて政府を庇おうとする。
愛国精神の権化だね。


◎米国政府の反応

  気まずいだろうね。
  イラク・イラン・北朝鮮を「悪の枢軸」と罵ったら、
  同盟国の一国が、
  兵器レベルのウラン濃縮実験をやってたんだから。

  ◇韓国のウラン濃縮、米が不快感
    (読売新聞)
  ◇米が韓国ウラン濃縮調査 技術転用を懸念
    (共同通信)
  ◇韓国のウラン分離実験を批判、自主申告は評価・米国務省
    (日経新聞)
  ◇ブッシュ氏、「同盟国」で韓国触れず
    (東亜日報)

  イラクで泥沼にはまり、北朝鮮と敵対している米国は、
  韓国を必要以上に追いつめる気は無いんじゃないかな?
  最近、北寄りの姿勢が目立っていた韓国に
  これを機会にお灸をすえる程度でしょう。


◎日本政府の反応

  「遺憾」「遺憾」
  こればっかり。
  あと「IAEAにお任せ」とかさ。

  ◇韓国のウラン濃縮実験、日本政府が遺憾表明
    (朝鮮日報)
  ◇外務大臣会見記録(平成16年9月)
    (外務省)

  特に「日本政府が遺憾を表明」のニュース、
  これ、ヤフーで探したけど
  日本のマスコミのニュースからはなかなか見つからなかった。
  やっと朝鮮日報の記事が引っかかった程度。
  私の探し方がまずいのか?

  外相順子ちゃんの記者会見は、もう論評する気無し。
  「韓国とIAEAの問題」
  これが結論だそうな。


◎日本のマスコミ

  今回は異常ですよ。
  問題の重要性に比べて、あまりにも触れなさすぎる。
  
  ネット経由はまだそれなりにニュースになってるが、
  テレビの報道がほとんど無いのは異常と言っていい。
  これって、冬ソナ効果ですか(笑)。

  特に産経などは最初は強気だったのに、

  ◇韓国でウラン分離実験 IAEAが調査団派遣
    (産経新聞)

  なんか、だんだん尻すぼみに・・・

  ◇「核兵器開発の意図なし」 ウラン濃縮で韓国
    (産経新聞)
  
ニュースの大半がロシアのテロ事件ばっかりで、
まあ、あれは大変なことだとは思うけど、
大局的な視野に立つなら、
こっちの方がよっぽど重要な問題でしょ。

テレビ局はほとんどこの件を無視。
あんたら、事の軽重も分からないわけ?
玄界灘漁船沈没事件」のように
無視して抹殺するつもりじゃないでしょうね?

「民家にクマが立て籠もり」な~んてニュースを
面白おかしくやってる暇があったら、
もっとこの問題を取り上げなさいよ。
ね、フジテレビさん?


さて、今日も資料を載せておきます。

 天然ウランには、
 核分裂性のウラン235が0・7%しか含まれていないため、
 核兵器製造に利用するには濃度を高める必要がある。
 原発では3―5%程度の低濃縮ウラン、
 核兵器では90%以上の高濃縮ウランが使われる。
   (西日本新聞:「ウラン濃縮とは」

今回の韓国のウラン濃縮は80%以上の濃度。
明らかに原発のエネルギーとしてではなく、
核兵器としての利用を目論んでいたことが分かる。

あと、もう一つ資料を。

 専門家、韓国の説明に疑念 ウラン「偶然に濃縮できない」

 韓国が国際原子力機関(IAEA)に事前申告せずに
 高濃縮ウランを生産していた問題は、
 日本の原子力研究者や核不拡散の専門家にも波紋を呼んでいる。

 韓国政府は、同国西部大田の韓国原子力研究所で
 原子レーザー法によるガドリニウムなどの物質の濃縮研究を行い、
 その過程で0.2グラムのウラン濃縮を実施していたと説明している。
 レーザー濃縮に詳しい研究者は、
 「ガドリニウムは原発用のウラン燃料に混ぜると
 燃料の寿命を延ばすことが出来ることから、
 濃縮の研究対象とすること自体は不自然ではない。
 ただ、ガドリニウムとウランでは、そもそも原料が違うわけで、
 研究過程で偶然にウラン濃縮が出来ることはない」という。

 核不拡散の専門家は、
 「少数の科学者らが自主的に行った」という韓国政府の説明
 に疑念を持つ。
 「約80%という兵器級の高濃縮ウランは、
 厳格な研究計画なしには無理だ。
 純粋な研究ではない。
 『少量なら発覚しないだろう』と思っていたのでは」と指摘した上で、
 「核開発を進める北朝鮮への対抗か、
 高濃縮技術を開発したいという科学者の意図のいずれかがあった」
 と推測する。

   (読売新聞 2004/09/04 朝刊 7面)


取りあえず、今日はここまで。

明日、「その3」を載っけます!


FEPC-原子力発電の基礎知識

原子力百科事典 ATOMICA
[PR]
by misaki80sw | 2004-09-05 01:41 | 韓国・北朝鮮関連