misakiのオールジャンル時事評論!


by misaki80sw

米国へ輸出の中国製玩具、9・11テロをイメージ。

a0018138_154359.jpg


同時テロの玩具自主回収 米国でキャンデーのおまけ

 米メディアは27日、
 高層ビル2棟に航空機が突入するのを模した、
 プラスチック製の玩具を含む、
 おまけ付きキャンデー1万4000袋以上が米国市場に出回り、
 販売元の食品卸売会社リジー(フロリダ州)が
 自主回収に乗り出した、と報じた。
 玩具が、2001年9月11日の米中枢同時テロで
 航空機が突入し崩壊したニューヨークの世界貿易センタービルを
 描写しているためという。
 
 玩具は中国製で、
 輸入伝票には「おもちゃのブランコ」と記載され、
 消費者から苦情が来るまで
 同時テロをイメージしたものとは気付かなかったという。
 同社幹部はおもちゃの内容を知り「傷ついた」と話している。

   (共同通信)


ひどいね、これは。
あのテロで亡くなった人をなんだと思ってるんだろう。

高層ビル2棟の間に4発エンジンのジェット機。
写真では見えないが、
台座には「9・11」の数字が刻まれているとのこと。

このオモチャ、中国製とのことだが、
さすがに米国輸出のためにわざわざ製作したとは思えないから、
中国国内で普通に流通している物なのだろう。
で、何かのきっけで輸出が決まったんだろうね。

もちろん、このふざけたオモチャの製作を、
中国全体に当てはめて論評する気はないけど、
前に産経新聞の記事で、
9・11のテロの時に、米政府が招いた中国人一行が
貿易センタービル崩壊の様子をテレビで見ながら
拍手して喜んだという記述を見たことがある。
あれを思い出したな。

こんなもの子供向けに作る感覚自体が異常だが、
百歩譲って、輸出が決まった段階で
「これは米国に持っていってはまずい」
と思わなかったんだろうか?
売れればいいやと思ったのか?

米国人が怒るのも当たり前だよ。
[PR]
by misaki80sw | 2004-08-30 01:07 | 中国・台湾関連