misakiのオールジャンル時事評論!


by misaki80sw

米、リアルタイムの「戦争コスト時計」・・国家窮乏の時計。

a0018138_21145729.jpg


「戦争コスト時計」NYに登場

 ニューヨークの繁華街タイムズスクエアに25日、
 イラク戦争や同国の治安維持に掛かっている経費が
 いくらかをリアルタイムで示す「戦争コスト時計」が登場した。

 「時計」はデジタル式で、
 ビル屋上にある広告掲示板を利用して、
 リベラル派のシンクタンク「米国進歩センター」などが設置した。
 1345億ドル(約14兆8000億円)から始まり、
 1時間当たり740万ドルの割合で
 刻々と金額が加算されていく仕組み。

 同センター幹部は
 「テロ警戒のため実行されるべき事柄が多い時に、
 イラクにどれだけの経費が掛かっているかを知ることは重要だ」
 と語った。

   (産経新聞)


米国ニューヨークに「戦争コスト時計」がお目見え。

この「時計」の数字の根拠がどこにあるのかは
ニュースには触れてないけど、
イラク戦争とその後の泥沼に伴う膨大な予算は
米国経済を圧迫してるのは確か。

この手の「リアルタイム時計」は
人の心に危機感を与える。

同様の趣旨だと、
Cost Of War」というサイトがある。
こっちの時計は27日21時現在で1297億ドルになっている。
これも生々しいね。

あと、これは有名だけど、
ジャーナリストの財部誠一さんのサイトに
日本の借金時計」というコーナーがある。
こちらも必見!
日本人にとってはこっちの方が
より「リアル」で、ぶっ飛びそうになる。

こういうのを霞ヶ関や永田町、丸の内あたりに
特大の電光掲示板で表示してほしいね。


財部誠一オフィシャルサイト
[PR]
by misaki80sw | 2004-08-27 21:14 | 米国関連