misakiのオールジャンル時事評論!


by misaki80sw

岡田党首、世襲制限と女性増員案・・党改革と悪平等。

a0018138_0495731.jpg


世襲制限、女性増員を提唱 民主・岡田氏が党改革案

 民主党の岡田克也代表が、
 30日告示の党代表選に向けてまとめた、
 「党改革ビジョン」の内容が23日明らかになった。
 (1)国政選挙での世襲立候補制限
 (2)10年後に女性国会議員の割合を
    全体の3割以上に引き上げることを目標とした支援策
 (3)政権交代の実現に向けた代表直属の
    「政権戦略委員会」の新設
 などが柱。
 岡田氏は24日に記者会見して正式に立候補表明し、
 同ビジョンを発表する。

 代表選は、
 参院選での躍進を受け岡田氏の再選は動かない情勢だが、
 小沢一郎前代表代行らは
 岡田氏の安全保障政策などを理由に支持を留保しているほか、
 一部若手に立候補や対抗馬擁立を模索する動きも残っている。
 岡田氏の党改革ビジョンは、
 党内の反発を招きかねない内容も含んでおり、
 代表選に微妙な影響を与えそうだ。

   (共同通信)


岡田氏の「党改革ビジョン」。
上記ニュースでは省略して書いてるが、
正確には以下。

◇次期総選挙・参議院選挙に勝利するための改革
◇迅速な意思決定とチェック機能強化のための改革
◇地域基盤強化のための改革
◇その他の重要改革

の、4つの柱からなる。

で、この中の特徴的な事柄が、
ニュースの中にも書いてある以下の3つというわけ。

 1,世襲立候補制限
 2,女性国会議員の割合を全体の3割以上に
 3,代表直属の「政権戦略委員会」の新設

で、私の感想。
3はともかくとして、
1と2、特に2は首をかしげざるをえない。

要するにハッキリ言ってしまえば
「機会均等」の破壊。
チャンスは平等でなくなる。

1の「世襲立候補制限」。
岡田氏はこう言っている。

 小選挙区制度においては、政党が一定の制限を課さない限り、
 世襲議員の割合は更に増すことになる。
 衆参国会議員選挙における、
 新たな世襲立候補を今後制限することとし、
 3親等以内の親族(血族および姻族を含む)が
 同一選挙区から連続して立候補することを
 原則として認めないこととする。

う~ん、発想としては分からないでもないね。
実際、日本政界の世襲議員の増加は、
有為の政治家希望者を締め出す結果となっている。

でもね、それが問題であるなら、
真の意味で機会を均等にしてやること。
つまり、世襲議員の増加の原因は2つ

◇日本独特の地縁・血縁選挙に有利だから彼らが担がれやすい
◇私情で親の議員が子に、後援会も含めた地盤を譲る。

前者はやむえない。
感情的には嫌だけど、
選挙は競争だから有利な方が担がれるのはしょうがないこと。
これを党内制度として一律に禁止したら、
禁止した政党は選挙では不利になるだろうね。

問題は後者。
これぞ世襲そのもの。
昔の大名じゃあるまいし、
選挙区の相続なんかされちゃあかなわない。
制限するならこの部分だよ。

つまり、候補者の選定を政党がコントロールすればいい。
親の私情ではなく、政党の判断で選べばいい。
その結果、議員の血縁者が有利ならば
出馬させるのもしょうがないし、
他に有為な人材があればそれを持ってくればいい。
要は、世襲か否かなど関係なく、
有為で選挙に勝てる人材を持ってくること。
それで結果的に世襲議員の割合が一定数生じても
それはそれでしょうがない。

世襲議員の問題は、
根本的には政党内部の問題じゃなく、
外交や国防よりも、
地元への利益還元を主テーマとしがちな日本の選挙風土と、
税金の大半を国が吸い上げ地方に再配分する、
中央集権の仕組みに原因がある。

この問題の解決は、
世襲の方が有利になりがちな
社会の仕組みや気風を変えるのが根本であり、
一政党が党内制度をいじってどうなる問題じゃない。

次に、2の「女性国会議員の割合を全体の3割以上に」。
これに関しては、もうアホかと(笑)。

女性の一人としてあえて言わせてもらうならば
国会議員への門戸は男女平等に開かれている。
様々に原因はあろうが、結果として女性が少数なだけ。
これを制度で制限をかけてどうするつもりなの?

 「女性国会議員の割合を
 全体の3割以上に引き上げることを目標とした支援策」

この「支援策」。
女性議員候補に対し勉強会をバンバン開いて
もっと政策を勉強させるという意味の「支援」ではない。

岡田氏は以下のように言う。

 衆議院選挙において1ブロック1名を上限とし、
 かつ1回に限り、女性新人候補者の
 重複立候補における比例名簿上位登載(比例優遇)を認めることと、
 参議院選挙比例区に半数の女性候補、
 選挙区のうち3人区、4人区に
 必ず女性候補を擁立することを今後の検討課題とする

あのね、これじゃあ逆に男性候補者が可哀想でしょ?
制度的に強制力で女性候補者が有利になるような制度は反対。
それじゃ悪平等。
チャンスはやっぱり平等にすべき。

所詮は女性相手の人気取りにすぎないね。
馬鹿にすんじゃないわよ (-_-


岡田氏:「民主党改革の方向性」

岡田氏サイト
[PR]
by misaki80sw | 2004-08-26 00:53 | 日本(政治経済)