misakiのオールジャンル時事評論!


by misaki80sw

韓国「親日究明法」・・21世紀の魔女狩り。


韓国与党党首が辞任 父親の「日本軍歴」問題で引責

 父親が日本の植民地時代に日本軍の憲兵だったことが発覚した、
 韓国与党ウリ党の辛基南議長(党首)が19日、
 同問題の責任を取って党首を辞任した。
 後任には李富栄・同党常任中央委員が就任する。

 同党は、植民地時代に日本軍に協力した「親日派」が
 保守勢力として政界やマスコミで権勢を誇っていると主張、
 真相究明を訴えてきたが、
 その「歴史清算」作業の最初の犠牲者が皮肉にも自らのトップになった。

 辛氏は同日の記者会見で、20年前に死去した父について
 「一時、日本軍にいたという程度知っていただけ」で
 詳細は知らなかったとしつつ、
 日本軍歴に関する一部報道を否定していたことは
 「至らなかった」と謝罪。

 また父が憲兵だったことは「わたしにとっても衝撃」とし、
 「独立闘士が体を張って闘っていた時、
 日帝の軍生活を送ったことを父に代わって深く謝罪する」と言明。
 さらに「親日の残りかす清算という大義を
 少しでも傷つけるわけにはいかない」とし、
 議長職から退くことを明らかにした。

 辛氏は、統一相として入閣した鄭東泳前議長に代わって
 5月に議長に就任したばかり。
 李新議長は新聞記者出身。
 民主化運動での投獄経験もあり、
 野党ハンナラ党を脱党して昨年11月のウリ党創設に参加した。

   (産経新聞)


韓国の与党、ウリ党が推進する「親日究明法」
過去にさかのぼり、植民地時代の韓国で、
日本の統治に協力した人物を炙り出そうというもの。

「親日究明法」。
正式には「親日反民族行為真相究明特別法」。
今年3月に韓国国会にて可決され、
7月にパワーアップした改正案が可決された。

内容は以下。

◇目的:日本の植民地統治下(1910~45年)の「親日派」の特定。

◇親日派の範疇

 ◎日韓併合条約を推進した官僚や将校。
 ◎独立運動を取り締まった警察官、司法関係者。
   *文官は郡守、警察は警視、軍隊は少尉以上。
 ◎創氏改名勧誘者
 ◎神社造営委員
 ◎メディアを通じて日本の侵略戦争に協力した者

◇調査方法

 調査委員会を設立。
 委員会は9人で構成され、活動期間は5年。
 国会の推薦で大統領が任命する。
 委員会の召喚に応じない調査対象者には
 同行命令状の発行が可能。
 関連機関の資料協調義務も明示。

などなど。

かの国においては、

 「親日派」
   ↓
 「売国奴」
   ↓
 「社会的抹殺」

という連鎖となる。

野党のハンナラ党や
「朝鮮日報」「東亜日報」などのマスコミはこれに猛反発。

なぜなら、軍人の対象が「少尉以上」であるため、
当時の旧満州国軍の少尉だった朴正煕元大統領もこの範囲に入る。
実はハンナラ党の朴槿惠党首は朴元大統領の長女。
これを狙った政治的意図がミエミエ。
それ以上に、朴元大統領は
韓国の高度成長期の基礎を作った立役者であり、
「親日」のレッテルとともに
名誉を抹殺するのは間違っているというわけ。

「朝鮮日報」と「東亜日報」は過去の「親日記事」が
「メディアを通じて植民地支配に協力した行為」という条項に引っかかる。
もともとこの両紙は盧武鉉大統領と対立しており、
政権に批判的なメディアを狙った意図も感じられる。

さらにこの「親日究明法」、
法律論で言うならば、これは「事後法」の適用。
その時点で法律上犯罪とされていなかった行為を、
後で制定された法律によって処罰することは、
法律の原則から見れば気違い沙汰。
文明国の常識から外れている。
韓国の議員さん、「罪刑法定主義」を勉強してくださいね。

まあ、なんとも強烈な国ですなあ。
過去に遡って、歴史とその渦中にある人間を断罪するなんざ、
日本人の感覚では信じがたいこと。
歴史の究明などは民間に任せておけばいいのに
政治がこれをやろうとする。
まさに、21世紀の魔女狩り。

さて、上記ニュースにあるように
こともあろうに親日糾弾推進派の与党の議長が
父親が日本統治下の憲兵だったことが判明し辞任した。

 「独立闘士が体を張って闘っていた時、
 日帝の軍生活を送ったことを父に代わって深く謝罪する」

 「親日の残りかす清算という大義を
 少しでも傷つけるわけにはいかない」

この発言、泉下の父親が聞いたら何を思うんだろうね。


魔女狩り活動本格化?

韓国、対日協力者の範囲拡大「反日法」改正案を国会提出
[PR]
by misaki80sw | 2004-08-19 23:44 | 韓国・北朝鮮関連