misakiのオールジャンル時事評論!


by misaki80sw

英国の過激動物愛護団体、テロまがいの悪質行為。


英国でエスカレートする動物権運動

 英国では、動物の生体実験に反対する、
 過激な動物権(アニマル・ライト)運動家たちが
 新薬研究事業に対して、
 テロまがいの悪質な妨害活動を繰り返している。
 最近では、オックスフォード大学新薬研究所建設事業が
 一時中止に追い込まれた。
 また日系製薬会社や金融機関への抗議行動も続いている。
 英政府は、これら過激な“動物権テロ”を規制するため、
 取り締まり強化に動き出した。

 動物権運動家たちは、大学研究機関、製薬会社、
 取引先の金融機関への抗議行動のほか、
 株価操作による企業への圧力、
 企業幹部や研究所スタッフへの恐喝行為など行っている。

 特に動物権運動家たちの一部は今、
 オックスフォード大学新薬研究実験所
 (今年三月着工、来年十二月完成予定。総工費千八百万ポンド)
 の建設阻止に躍起になっている。
 運動家たちは、同実験所建設請負業者である、
 モンペリエ・グループの株売却を促す脅迫の手紙を株主に送りつけ、
 株価暴落を誘導する事件を引き起こしたり、
 建設会社の事務所に乱入して
 電気供給施設や窓ガラスなどを破壊したりした。
 その結果、同グループのコンクリート供給会社が
 先月十九日までに、同実験所建設事業から撤退を表明した。
 大学側は建設プロジェクトを継続するとしているが、
 事実上ストップせざるを得ない状況になっている。

   (世界日報)


すごいね、これ。
過激な動物権運動家=アニマル・ライト。
こんな言葉があるんだね。

欧米諸国の動物愛護運動って
日本人の感覚から見れば度を超してることが多い。
例のグリーン・ピースしかり。
何でだろう?

文化的なことが背景になっているのか、
それともキリスト教から派生した価値観なのか?

草食主体の民族がこういう主張をするなら分かるが、
肉食主体で、日頃から
動物の肉をモシャモシャ食べてる彼らが、
何故、こういう感覚を持つに至るんだろう?

このニュース中の運動家の所行が
常軌を逸してるのは理解できるけど、
こういう連中の価値観がどういう背景から生じたのか?
それがよく分からないなあ。
[PR]
by misaki80sw | 2004-08-10 22:09 | その他諸国・国連