misakiのオールジャンル時事評論!


by misaki80sw

防衛庁「自衛隊再編案」・・政治はついていけるのかな?


「防衛力のあり方検討」案
 「機能する自衛隊」へ 情報ネット化/米と連携強化


 政府が今年末までに策定する、
 新たな「防衛計画の大綱」のたたき台となり、
 防衛庁がまとめた「防衛力のあり方検討」案の全容が
 二十三日、明らかになった。

 兵力数は現大綱の編成定数水準を維持。
 主要装備は大幅削減する一方、
 科学技術進展に伴う情報ネットワーク化など
 軍事革命(RMA)の推進や、
 陸海空の統合運用によって質的向上や米軍との連携強化をはかる。
 国際活動を自衛隊法上の本来任務に格上げし、海外派遣を迅速化する。
 武器輸出三原則見直しも盛り込み、
 自衛隊発足以来の大規模な再編となっている。
 
 国連平和維持活動(PKO)に加え多国籍軍への参加を念頭に、
 国際活動を自衛隊法の「本来任務の(うちの)従たる任務」へ格上げし、
 国土防衛に次いで重視。
 海空自は、大量破壊兵器拡散防止構想(PSI)や
 アジア太平洋の海上交通路の
 海洋平和維持活動(OPK)に積極参加する。

 主要装備は戦車(千両、十六年三月末現在)は約六百両、
 火砲・ミサイル・ロケットは約七百門、
 護衛艦(同五十三隻)は四十八隻、
 対潜哨戒機(同九十七機)は七十二機、
 空自の戦闘機(同三百七十機)は約二百八十機へ
 それぞれ削減する案を軸に最終調整している。

 兵力数は、「テロやコマンド(特殊部隊)に
 対抗するには頭数がどうしても必要」(幹部)として、
 現大綱の編成定数の水準を維持。
 このうち陸自は十六万-十六万二千人で、
 普通科(歩兵)部隊を強化する。

 陸海空の統合運用に関しては、統合任務部隊を編成し、
 各自衛隊の主要司令部へ他の自衛隊の幕僚を相互に配置する。
 また、警戒監視・救難衛生・輸送・通信関連の
 装備の陸海空共通化を進め、予算の効率化に努める。

 武器輸出三原則の見直しでは、
 装備の外国との共同開発や
 東南アジア諸国が強く要望する「高齢護衛艦」の譲渡を検討する。
 邦人救出は自衛隊による輸送だけでなく、
 特殊作戦部隊(陸自の特殊作戦群)の活用も課題とし、
 現在二機体制の政府専用機は増強する。
 RMAは偵察用の無人機(UAV)を積極活用する。
 離島防衛や、日本に向けての弾道ミサイル攻撃を防ぐため、
 その兆候をつかんだ場合に発射基地を攻撃する能力をもつ、
 対地攻撃機搭載の軽空母や、
 巡航ミサイルの保有も検討課題としている。

   (産経新聞)


自衛隊の組織再編案。

柱になっているのは以下の7つかな。

◇RMA(軍事革命)の重視
◇海外派兵有り
◇ミサイル防衛(MD)導入による予算のしわ寄せ。
◇テロ対策
◇中国対策
◇対外攻撃能力
◇武器輸出の緩和

とまあ、こんなとこでしょう。

私は方向性としてはいいと思うよ。
ただ、MDが金を食う割には実用性が疑問視されてるのは
気がかりですけどね~。

「武器輸出の緩和」も大いに賛成。
国産兵器の馬鹿高さをどうにかするためにも、
私は「友好国」に限定して輸出していいと思う。
ASEAN・韓国・オーストラリア等々。

私が一つ提案するならば
兵器体系・部隊の再編も大いにけっこうだけど、
兵力配備も考え直してほしい。

冷戦時代の名残の北方重視はやめて南西方面重視。
九州・沖縄方面の重点配備。
仮想敵はどこか?
まあ、一目瞭然でしょ。
あの二ヶ国(笑)。

それと私が懸念するのは、
自衛隊再編は大いにけっこうだけど、
政治家はこの動きについていけてるのかな?
一部の官僚の主導で進んでるような気がする。

本来、軍隊の組織・兵器体系は
国家戦略+予算のセットで検討すべき政治の領域。
日本の政治家の軍事オンチは今に始まったことじゃないけど、
大いに勉強して議論してほしいわね。
[PR]
by misaki80sw | 2004-07-24 22:53 | 日本(政治経済)