misakiのオールジャンル時事評論!


by misaki80sw

比大統領、イラクより軍撤退・・何しに行ったんだか。

a0018138_2317438.jpg


比大統領「撤退後悔せず」 留守家族は喜び爆発

 「アンヘロを救うために部隊の
 (イラクからの)帰国を決断した。後悔していない」。
 イラクでフィリピン人男性アンヘロ・デラクルスさん(46)が
 武装集団から解放された20日、
 マニラ首都圏の大統領府で記者会見したアロヨ大統領は、
 武装集団の要求をのんで撤退に踏み切った自身の決断に胸を張った。

 声明を読む大統領の顔に時々笑みが浮かぶ。
 撤退には米国などの批判が集中したが
 「(世界には)800万人以上のフィリピン人出稼ぎ者がいる。
 彼らが幸福であることが国益だ」と強い口調で言い切った。

   (共同通信)


人質とその家族、そして撤退する軍の家族も大喜びでしょう。
でもね、あえて水を差すことを書きます。

このアロヨ大統領、
去年の7月に起きた国軍の反乱事件では鎮圧を行わずに、
反乱兵士と交渉し、事態を沈静化する方向を選んだ。
私はこのニュースを聞いた時に、
日本の5・15事件を思い出した。
5・15事件での政府の事態収拾のぬるさが
結果的に2・26事件を誘発した。

目前の平穏を追うあまり、
根本的な「武断」の処置が取れず、かえって侮りを招く。
そして事態が一層こじれてしまう。

どうもね、このアロヨさん、
目先の小益に目がくらむ御婦人のようだ。

今回の件も同じ。
ハッキリ言うならば、
アロヨちゃん、フィリピン国の矜持はどこにいったのよ?
ゲリラに脅されて撤退するならば、
はなっから派兵なんかするなよ。
その程度の覚悟で来られちゃ、他の派兵国のいい迷惑。

ゲリラはこれで味をしめるだろう。
彼らは脅せば撤退する、と。
連鎖反応は広がっていく。

その端緒を作った国の責任は大きいよ。
そういう自覚はあるのかね、アロヨちゃん?
[PR]
by misaki80sw | 2004-07-20 23:21 | その他諸国・国連