misakiのオールジャンル時事評論!


by misaki80sw

カンガルー、人間を襲撃!

a0018138_23243.jpg

近づかないで!カンガルー 市街地に出没、住民被害も

 オーストラリアの首都キャンベラで、
 干ばつの影響で飢えたカンガルーが草や水を求めて市街地に出没、
 住民や犬が襲われる被害が出ている。
 野生動物の専門家は、干ばつが続く間は
 カンガルーに近づかないよう警告している。

 地元紙キャンベラ・タイムズなどによると、
 カンガルーの生息する郊外の森林地帯は
 長引く干ばつで草がほとんどなくなり、
 給水によって緑の保たれた公園や住宅地にカンガルーが出没。

 先週は公園で女性がカンガルーに襲われ、
 体を引っかかれたほか、
 別の女性が散歩させていた犬は
 池の中でカンガルーに後脚で押さえ付けられ、
 おぼれてしまった。

 キャンベラ郊外に生息しているのは
 イースタン・グレー・カンガルー。
 大きいものは体長1・7メートル、80キロになる。
 ける力はかなり強く、泳ぎもうまい。
 通常は夜に草を食べるが、
 草の減少で日中にえさを求めて移動するようになっているという。

   (共同通信)


オーストラリアはここ数年、
大規模な干ばつに悩まされている。
農作物の被害は深刻らしいね。

世界自然保護基金(WWF)は、
オーストラリアの干ばつの激しさは
人間がもたらした地球温暖化が重要な要因であると発表している。
ちなみに、オーストリアは米国とともに、
温室効果ガスの削減目標を定めた京都議定書の批准を拒んでいる国。

さてさてカンガルー。
もともとカンガルーの特徴であるお腹の袋は、
赤ちゃんを干ばつなどから守るためのもの。
いわば乾燥したオーストラリアの気候に
マッチしてたカンガルーだが、
昨今の干ばつには相当まいってるみたいね。

夜中に公園を散歩していて、
こんな体長1・7メートル・体重80キロの巨大なやつが
ピョコピョコ飛び跳ねてきて闇夜の中から襲ってきたら
そりゃ恐いでしょうね (>< )

草食なのに人間を襲うとは、
よっぽど暑さで血迷ってるんだろうなあ。
[PR]
by misaki80sw | 2004-07-09 23:25 | 仰天・脱力系ニュース