misakiのオールジャンル時事評論!


by misaki80sw

ライブドア社長、進取と饒舌と野心と。

a0018138_22203.jpg

ライブドア堀江社長、「球界全体を相手に戦う覚悟」

 「会見でも開かないと、
 球団買収の正式オファーすらさせてもらえない」
 ライブドアの堀江貴文社長は6月30日、
 都内で開いた会見で大阪近鉄バファローズ買収提案の経緯を説明した。
 同社は近畿日本鉄道に対して、2月から球団の買収提案を行ってきたが、
 まともに取り合ってもらえなかったという。
 堀江社長は「球団運営が十分可能な会社の買収提案を無視するのは、
 新規参入の阻害だ」と、プロ野球界の閉鎖性を批判した。

   (ITmediaニュース)


ライブドア。
私はこの会社が旧名「オン・ザ・エッヂ」といったころから
注目している。

その後、無料接続プロバイダー「ライブドア」の経営が傾くと
即座にこれを買収し傘下に収め、
リンドウズOSの発売、DVDレンタル「ポスレン」の買収、
イーバンクとの泥仕合、ライブドアBlogの開始、
オペラ日本販売権を巡るトランスウエアとの確執、
そして今回の近鉄買収騒動。
ああ、なんちゅう興味深き会社だろう。

そのギラギラした野心と、飽くなき買収戦略。
拡張に次ぐ拡張と、頻発する他社とのトラブル。
これほどウォッチャーの耳目をそばだてる存在も珍しい。

試みに「ライブドア」のサイトを覗いてみるといい。
赤を基調とした進取と積極性に溢れるデザイン。
血潮の如き配色は同社の性格と運命を暗示するかのよう。

この堀江貴文社長は弱冠31歳。
昭和47年10月、福岡県生まれ。
東京大学文学部在籍中に
有限会社「オン・ザ・エッヂ」を設立した。

WEBサイトの制作から始まった同社は次々と事業を拡大させ、
12年に東証マザーズに上場。
その後、積極的なM&Aを繰り返し、
無料ネット接続サービス「ライブドア」や
電子商取引サイト「アスキーストア」など、
十数社を傘下に吸収していった。

その後、社名を「オン・ザ・エッヂ」から、
吸収した会社名である「ライブドア」に変更。
ここらへんが面白いね。
いくら知名度が高いとはいえ、
旧来の名前を捨てて、吸収した会社名を名乗るとは。
合理的というか、節操が無いというか。

この堀江社長の性格に関して興味深く感じたことがある。
リンドウズOSの発売時、
堀江氏は多くのメディアのインタビューに答え、怪気炎を上げた。
「打倒、マイクロソフト!」
「一企業のOS独占は弊害がある」
「市場の独占に風穴を開けてみせる」
あたかも反独占企業の闘士が登場したような感じで、
MSによる市場寡占の弊害を訴えていた。

ところが、メディアに多く露出する以前に発売された、
「リンドウズOS」の解説書には、
彼が本音をうっかりと漏らしたインタビューが載っていた。

「MSの独占は良くないと言う人もいますが?」
と言うインタビューアーの問いかけに対して、

 良くないかどうかはお客様が決めることで、
 うちがどうこう言う問題ではないと思います。

 特に立派な考えがあるわけじゃないです。
 リンドウズということでビジネスのネタになるな、
 ということでやってるだけの話しであって。

・・・おいおい、あんた、えらく言うことが違うやんけ。

私はこの落差に、
彼の企業人らしいタフさとふてぶてしさを感じた。

私は今回の近鉄買収騒動の真相と真意が
奈辺にあるのかよく分からない。
ただ一つ言えるのは、
これは古き既得権の塊たるプロ野球界と、
ITを梃子にのし上った新興児との
古き者と新しき者の遭遇と衝突。
これほどミスマッチな出会いも珍しい。

結局、近鉄はライブドアの買収提案をはねつけ、
オリックスとの合併に向かう様子。
でも、この買収が実現していれば
さぞかし新鮮にして珍奇なる球団が登場し、
野球界はこの風雲児に大いに振り回されただろうなあ。

見てみたかったなあ。
う~ん、残念無念(笑)。
[PR]
by misaki80sw | 2004-07-02 22:21 | IT・ネット関連ニュース