misakiのオールジャンル時事評論!


by misaki80sw

中国、チンギスハンを警戒!

a0018138_213211.jpg

チンギスハン再評価が本格化=警戒強める中国-モンゴル帝国建国800年

 モンゴルでは2006年のモンゴル帝国建国800周年を前に、
 同帝国を築いたチンギスハンを再評価する動きが
 ますます本格化してきた。
 モンゴルが第2次大戦中、
 対ドイツ戦のために戦車を旧ソ連に提供したことを受けて
 市中心部に建てられた友好の記念碑が別の場所に移され、
 跡地にチンギスハン記念碑を建てる計画も持ち上がっている。
 
 モンゴルでは1990年の民主化まで旧ソ連の影響が強く、
 チンギスハンの名前さえ出せない時代が続いた。
 この背景には、衛星国のモンゴルに民族主義が
 高まることを警戒した旧ソ連の存在があったとされる。

   (時事通信)


歴史と政治の事象って面白いね。

「中国、チンギスハン再評価を警戒!」って、
傍目から見れば、そんなもん大きなお世話だろと言いたくなるけど、
当の中国にしてみれば真剣そのものなんだろう。
北に長大な国境線を接するモンゴルが民族主義に目覚め、
あれやこれやと摩擦が生じるのが嫌なんでしょう。

中国の場合、内蒙古自治区を抱えていることもあり、
領内にモンゴル人が480万人いる。
モンゴル国自体が240万人の人口だから、
実に二倍の同民族が中国に暮らしてるわけさ。
これは紛争の種だよね。
中国が恐れてるのはここの絡み。

天上のチンギスハンにしてみれば、
何百年も過ぎてるのに何をゴチャゴチャ言っておるか、
ってとこだろうけど(笑)、
これが地上世界の難しさってもんだよね。
[PR]
by misaki80sw | 2004-06-29 21:33 | 中国・台湾関連