misakiのオールジャンル時事評論!


by misaki80sw

大器求む!「セキュリティキャンプ」


今年こそ開催なるか?「セキュリティ甲子園」改め「セキュリティキャンプ」

 経済産業省と財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)は、
 2004年8月3日から5日間、
 若年層の情報セキュリティ意識の向上と
 優れたセキュリティ人材の発掘と育成を目的とする、
 「セキュリティキャンプ2004」を開催すると発表した。

 これは、2003年に開催中止となった、
 「セキュリティ甲子園」の内容を見直したもの。
 セキュリティ甲子園は、全国の高校生・高専生・専門学校生が
 情報セキュリティスキルを競い合うというものだったが、
 犯罪の誘発を懸念する受け止め方をされたことなどを理由に、
 「1年間延期」となっていた。

 キャンプでは、
 4泊5日の合宿形式でセキュリティ知識と技術を学ぶ。
 具体的には、ワーム拡散や不正アクセスの事例研究、
 セキュアなサーバーの構築実習などを行う予定。

   (Japan.internet.com)


去年、実にくだらない理由で中止になった、
「セキュリティ甲子園」の続編。

IT系の優秀な若者を集めて、未来の大器を養成すべく、
四泊五日の研修でみっちりとセキュリティ技術を叩き込むというもの。

ざっと研修内容をあげると、

◇ 実習を中心とした講義と演習。
◇ 講義中の実習は一人で行うのではなくグループで行う。
◇ 実際にセキュアなサイトの構築を行う。
◇ 実際にウィルスが蔓延した(想定)ネットワークの復旧作業を行う。
◇ 演習終了時には参加者による成果発表会を行う。
◇ キャンプ期間中は、実習だけでなく、
 セキュリティ業界の最先端で活躍されている識者の方々
  (弁護士、警察関係者、学者など)の講義および交流会も実施。

おお、いいじゃないの。
大いにやるべし!
経産省らしからぬ、いいアイデアだね(笑)。

実は、この「セキュリティキャンプ」、
上記ニュース中にもあるように、
去年は「セキュリティ甲子園」の名で開催されるはずだった。

今年同様、有望な高校生のチームを全国から募集し、
試合場で、それぞれのチームが「攻撃側」と「防御側」に分かれ、
パソコンのハッキング技術を競い合い、
「防御」「探索」「復旧」の3スキルを高めるという趣旨の大会だった。

これを馬鹿な官僚や政治家が、
「不穏当」だの「不謹慎」だの「いかがなものか?」だの、
しょうもない理由で反対し、
結局、お流れとなってしまったわけ。

以下、その詳細な経緯。

経産省、高校生・専門学校生などを対象に「セキュリティ甲子園」開催
経産省、高校生・専門生など対象の「セキュリティ甲子園」開催中止

でも、なんだかんだ言いつつも、
この手のセキュリティ技術は
自分で攻撃したり防御したりして、
「実戦」で鍛えるのが一番身に付くだろう。
よく攻撃できる者こそ守りの技術も達者なはず。

まあ、「キャンプ」もいいけど、
世の理解が得られてきたら、
再び「甲子園」を開催してほしいね。


「セキュリティキャンプ2004」募集要項
[PR]
by misaki80sw | 2004-06-24 00:43 | IT・ネット関連ニュース