misakiのオールジャンル時事評論!


by misaki80sw

諸悪の根源は米英?・・・イラク世論調査。


イラク国民 「連合軍信頼」は10% 「早期撤退で安全」55%

 主権移譲に向けて情勢不安が高まる中で、
 イラク国民の55%が米軍主導の連合軍の早期撤退で
 イラクは安全になると考えており、
 治安維持などの面で連合軍に信頼をおく人は
 一割にまで減少していることが
 連合軍暫定当局(CPA)の委託した調査で明らかになった。
 
 ロイター通信が報じた調査結果によると、
 今年五月の時点で千九十七人のイラク人に見解を聞いたところ、
 連合軍を信頼している人は10%で、
 今年一月の28%よりも大幅に減少した。
 最大の問題はやはり治安の悪化。
 「連合軍がすぐにイラクを去れば、より安全になる」
 と答えた人は55%で、
 67%が占領状態でのテロの増加に不満を示した。
 
 「暫定政権が安定すればイラクの状況はよくなる」
 と考えている人は67%にのぼり、
 イラク人による統治が好ましいとの意識が明確になっている。
 とくに主権移譲に伴い治安維持が
 連合軍からイラク人の手に移行されていくことへの関心は高く、
 62%がイラク人の軍と警察で治安が守れると期待。
 テロが拡大しているにもかかわらず、
 51%がイラク軍への参加を希望した。

   (産経新聞)


これを見たブッシュさんはどう思うんだろう。
「この恩知らず野郎どもが!」なんて怒るのかね(笑)?

米国にとっては実に皮肉な結果だけど、
現在のイラク人の発想が窺えて興味深い。
ただし、あくまでも「発想」であって、
実情から乖離している面を相当感じるね。

たとえば、

 「連合軍がイラクを去れば、より安全になる」55%
 「暫定政権が安定すればイラクの状況はよくなる」67%
 「イラク人の軍と警察で治安が守れる」62%

甘い、甘い。
連合軍の存在を肯定する気はないけど、
彼らが去ればイラクは、
しばらくの間は混沌の闇に包まれるだろう。

アルカイダが中東全域の革命化を狙ってることをお忘れなく。
秩序と軍事力の空白がイラクに生じれば、
この国は革命家と野心家の餌食になるだろう。
[PR]
by misaki80sw | 2004-06-19 12:23 | 中東関連・対テロ戦争