misakiのオールジャンル時事評論!


by misaki80sw

タイ政府、英サッカーチーム買収騒動。


<タイ>政府が英国サッカーチーム、リバプール株取得断念

 タイ政府高官は16日、英国のサッカーチーム、
 リバプールの株式取得計画を政府としては断念したことを明らかにした。
 同国最大の興行会社「グラミー」など3社が株式取得に関心を示しており、
 今後は政府に代わって民間主導で株式取得交渉に当たるという。

   (毎日新聞)


これ、タイでは大問題になってるらしいね。

何故、タイがイングランド・プレミアリーグの
株を取得しようとするのか?
おそらく当のタイ人自身も合理的な説明はできないだろう。

発端は、タイのタクシン首相が
リバプールの株を取得して同チームを買収すると発表したこと。
最初はタイ国民も、大金持ちの首相が、
自らの企業グループを通じて投資するのだと思い、
サッカー好きの国民性もあって歓迎ムードが強かったそうな。

ところがところが。
実は首相は、私財で私的に買収するのではなくて、
国費で国として買収するつもりだと声明し、
一転して国を挙げての大騒ぎとなってしまった。
まあ、そりゃそうだよね (^_^;)

首相は「スポーツ振興に役立つ」と意義を強調したそうな。
う~ん、アイデアとしては面白いけど、
国費の使い道としては飛躍しすぎだな。
使うなら自国のサッカー振興に直接投資すべきかも。

でも、私はこういう発想は好きだな。
この予算投資は費用対効果が見込めなさそうで、
いまいち計画性に欠けるけど、
たまにはアイデア勝負の予算があってもいいと思うよ。
もちろん投資効果は厳密に予測する必要はあるけどね。
[PR]
by misaki80sw | 2004-06-18 00:08 | その他諸国・国連