misakiのオールジャンル時事評論!


by misaki80sw

小泉訪朝、誘拐犯にごますり?


☆小沢氏、小泉再訪朝を批判「誘拐犯にごますって…」

 民主党の小沢一郎・前代表代行は13日、
 広島市で開かれた党広島県連の参院選決起集会で講演し、
 小泉首相の再訪朝時の日本人拉致問題への対応を
 「誘拐犯に一生懸命ごますって、頭下げて、
 人質の5人だけ帰してもらった」と批判した。

 小沢・前代表代行は「5人が帰って来ようが、
 (拉致被害者)皆が帰ってきたからといって、
 北朝鮮との話はけりがつかない」と述べ、
 「国辱的なやり方をしてまでも人気を取ろうとする。
 小泉政治はすべての問題がそういう中で動いており、非常に危うい。
 政権交代を一刻も早く実現しないといけない」と訴えた。

   (読売新聞)


結局、訪朝の目的を何に置くかでしょう。

拉致被害家族の返還が目的ならば、
まずまずの合格点。
経済力のみで武力を行使できない国だから、
ああいう取引もやむをえないかも。

逆に、「国家の外交」をしに行ったのなら、
無残にして国辱そのものの大失敗。
外交の名に値しない。

観点・比重をどっちに置くかで評価は異なる。
この意味では小沢氏の「誘拐犯にごますって…」は
本人はそのつもりはないだろうが、
実に示唆的な言葉だと思う。
[PR]
by misaki80sw | 2004-06-15 00:40 | 日本(政治経済)