misakiのオールジャンル時事評論!


by misaki80sw

クラゲ対策ローション!

a0018138_223110.jpg
クラゲ毒よけローションは有効…米大学が実験

 海水浴やサーフィンの際、
 体に塗るだけでクラゲに刺されるのを
 予防できるとするローションの効果を、
 ボランティアにクラゲを触らせて
 直接確かめるという大胆な実験が、
 米スタンフォード大学医学部で行われた。
 研究チームによると、
 ローションはかなり有効という。

 このローションは、
 イスラエルの会社が製造している、
 「SAFE SEA(セーフ・シー)」で、
 日本でも販売されている。

 研究チームは、ボランティア12人の前腕に、
 水族館から借りてきたクラゲの触手を最長45秒間乗せ、
 単なる日焼け止めを塗った場合とローションを使った場合の
 皮膚症状の変化を比べた。

 その結果、日焼け止めだけの場合、
 12人全員の腕にみみずばれが起きたが、
 ローションを塗った場合は全員肌に変化はなかった。
 より毒性の強いクラゲで試したところ、
 ローションを塗ったのにはれが出たケースは1人だけだった。

 研究チームによると、
 クラゲよけローションにはクラゲの体を
 構成しているのと同じ糖とたんぱくが含まれている。
 クラゲがローションを塗った人間に触れても
 「自分自身」と勘違いし、
 毒による攻撃をしなくなるらしい。

   (読売新聞)


クラゲの毒は恐ろしい。
これは実体験。

高校生の頃、九州某県の海岸で泳いでいた時に
クラゲにやられてしまった。
他の海水浴客は全く泳いでなくて浜辺にたむろしている。
私と友人たちはそんなこと気にもせず、
喚声をあげて海に飛び込んだ瞬間に
足にチクチクと痛みが走った。

 痛っ!

慌てて海から出ると、あっちこちが腫れている。
もう半泣き状態 (>_<)

ちなみに、クラゲは「刺胞動物」と呼ばれている。
刺胞というのは、
触手上に沢山ついている "刺すため" の細胞のこと。
この細胞で、物を感知、毒針を発射する。
餌になる生き物を捕まえるためや、
他の生物からの防御に使うらしい。
いわば、ふわふわした虚弱なクラゲの生存のための芸当であり、
私はこの芸当におかげでえらく痛い思いをしてしまった。

上記記事中のローション。
けっこう使えそう。
でも、実験台になった人は大変だったろうね。
私なんか恐怖でショック死しちゃうよ(笑)。

しかし、世の中いろんなことを研究してる人がいるんだね。
需要があれば供給があると言ってしまえばそれまでだけど、
まさに「一隅を照らすは、これ国宝なり」。
世の進歩にいくばくかの貢献をするって素晴らしいことだな。


*このローションの商品説明はこちら↓
http://www.lifeguard.co.jp/shopping/safesea1.html
[PR]
by misaki80sw | 2004-06-05 22:32 | 科学・技術関連ニュース