misakiのオールジャンル時事評論!


by misaki80sw

首相、将軍様を誉める。


小泉、乱心?慢心?「金正日は大したモン」大礼賛

 小泉首相、将軍様を大礼賛-。
 小泉純一郎首相(62)は2日夜、
 歴代の衆院財務金融委員長と会食したが、
 この席で、世界各国が「テロ国家」と見ている北朝鮮の独裁者、
 金正日(キム・ジョンイル)総書記(61)を
 「大したものだ」と礼賛した。
 一体、この御仁の思考回路はどうなっているのか? 

 「対応力がある。
 あれだけの独裁国家の頂点にいるのだから。
 それなりに大したものだ」

 驚くなかれ、
 これは首相が昨2日夜、都内のホテルで開いた夕食会で、
 金総書記の印象について語った言葉だという。

   (ZAKZAK)


おいおい、純ちゃん!
君、大丈夫かいな?

ここまで言われると、
正直、この人物の外交感覚を疑いたくなる。
仮に腹の中でそう思っても、口に出しちゃ駄目じゃないか。

たとえるならば、警察庁長官がヤクザの組長を、
「いやあ、親分は太っ腹でござんすね~」と言ってるようなもの。

こりゃ国際的誉め殺しか?
それとも単なる思慮の無さか、口の軽さか?

このニュースを聞いて金正日氏は何を思うか?
「ふふっ」と笑うんだろうね(笑)。
[PR]
by misaki80sw | 2004-06-04 01:29 | 日本(政治経済)