misakiのオールジャンル時事評論!


by misaki80sw

外務省次官「韓国は仲間外れ」・・本当のこと言っちゃった


外務次官発言、韓国外交通商省が駐韓大使に抗議

 韓国外交通商省の李泰植(イ・テシク)次官は26日、
 高野紀元駐韓日本大使を同省に呼び、
 谷内外務事務次官が韓国の与野党国会議員団に
 「米国は韓国に不信感を抱いている」
 「日韓の情報共有は困難」
 などと発言したとされることに抗議し、
 日本政府に公開の謝罪と再発防止策をとるよう求めた。

 高野大使は「発言には韓米関係を
 傷つける意図は全くなかった」としながら、
 韓国側の要求を本国に伝えると述べた。

 これより先、韓国外務省報道官は声明を通じ、
 発言が「韓日首脳会談を前にした重要な時点」
 で行われたとし、
 「韓日関係はもちろん、韓米関係も傷つける、
 外交慣例上極めて不適切な発言」と批判した。

   (読売新聞)


最近、この種の中韓絡みの問題ばっかりで
うんざりと言えばうんざりだけど、
今の朝鮮半島情勢の一面がもろに出たニュースなので
取り上げておきます。

さて、この件の経緯を書いておきますと、

◎5月11日

 外務省の谷内正太郎事務次官が
 訪日した韓国・国会国防委員会の与野党議員団と
 非公式に会談した際に、

  「北朝鮮の核問題について
  米国と日本が情報を共有しているが、
  米国が韓国を信頼しないため、
  日本が入手する北核関連情報を
  韓国と共有するのは非常にむずかしい」

  「(6カ国協議で)米国・日本は右側にあり、
  中国・北朝鮮は左側にあるが、
  韓国は今、中間から左へ進んでいるようだ」

  「北朝鮮の核問題を解決するためには、
  日韓米3国の団結が肝要だが、
  最近、韓国が韓米同盟から抜け出しつつある」

 と発言。

 その直後、
 駐日韓国大使館から報告を受けた韓国外交部は、
 駐韓日本公使を呼び、抗議の意を伝えた。
 駐日韓国大使館も遺憾を表明した。

◎5月24日

 複数の韓国の新聞が谷内次官の発言を報道。
 さらに25・26日に多くの韓国メディアがこの件を報道。
 
◎5月26日

 韓国大統領府の金晩洙報道官が
 
  「谷内次官の発言は事実と異なるだけでなく、
  外交慣例上ありえない無礼なものだ」

  「今後の韓日関係のためにも、
  日本政府は官僚の無責任な言動に対し、
  応分の措置を取るべきだ」

  「ひとまず日本側の措置を見て判断する」

 と発言。

 さらに、韓国外交通商部の李揆亨報道官は

  「最高位の外交実務責任者が
  韓米両国の信頼について言及するのは、
  韓日関係はもちろん、韓米関係をも傷つけうるという点で、
  外交慣例上、不適切なことだ」

  「これは、従来の韓米日3カ国協調を
  正面から否定する態度」

  「日本政府は谷内次官の発言について公開謝罪し、
  再発の防止に必要な適切な措置を
  取るべきだということを明確にしておく」

 と発言。

 韓国外交通商省部の李泰植次官は
 高野紀元駐韓日本大使を同省に呼び、
 谷内次官の発言に抗議し、
 日本政府に公開の謝罪と再発防止策をとるよう求めた。

 一方、外務省首脳は読売新聞に対して、
 
  「非公式な会談の話を公にしてどうこうしろ、
  というなら、
  およそ非公式で率直な会談など一切成り立たなくなる」
 
 と不快感を表明。

◎5月27日

 谷内次官は都内で韓国の羅鍾一駐日大使に対し、

  「発言の真意は日韓、日米韓の連携を
  さらに強化していくことの重要性を
  強調することにあったが、
  様々な形で韓国国内で議論を呼び、
  誤解も招いたのであれば遺憾だ」

  「非公式な意見交換の場での発言が
  対外的に明らかにされたことに当惑している」

 と述べた。


これがザッとした経緯ですね。

まあ、見て分かると思いますが
5月11日の時点で
谷内次官の発言は言い過ぎだ!ということで
韓国は日本公使に抗議し、
駐日韓国大使館が遺憾を表明している。

非公式な発言に対して、
韓国は非公式に抗議し、それで収まっていた。

ところがところが・・
24日になって誰のリークか知らないけど
韓国のマスコミがこの件を報道。

すると、韓国政府は急に怒り始めて
謝罪と再発防止を要求。
で、日本は「遺憾の意」を表明。

もうね、アホかと。
さすが盧武鉉氏はマスメディアに敏感ですな。
マスコミ報道があってから再度怒り出すこの偽善ぶり。
人気で政権を維持してる人だけに
こういうことを放っておけないんでしょうね。


さて、この問題に関しては、
まず、谷内次官に非があるか否かですが、
非なんかこれっぽっちも無いね。

会談は非公式であったわけで
非公式の会談の内容までガタガタ言われる筋合いは無いよ。
もちろん言い方の問題とかはあるでしょう。
必要以上に他国を罵ったらまずいでしょう。
でも、報道内容を見る限り、
韓国側が「無礼」と言ってるのは
喋り方のニュアンスじゃなくて
「米韓同盟の危機」「米国は韓国を信用していない」
「日韓・米韓の情報共有ができない」
この論理そのものを問題にしている。

非公式な会談ってのは
お互いにマスコミとかを気にせずに
率直に意見交換するためにあるわけで
非公式な場でも、公式並の体面を気にしたり
相手のマスコミリークを恐れたら、
以後、日韓の間でまともな意見交換が出来なくなる。

ハッキリ言って、韓国政府は馬鹿だよ。
二重の意味で馬鹿。
非公式の段階で抗議して、
マスコミが騒いで公式に抗議して、
結果的に、日韓の意見交換を塞いでしまった。
まさに谷内次官の発言、
「日韓の間で情報の共有が出来ない」
これそのものじゃないの。

次に、この問題の本質についてですが、
結局ね、単純に言うのなら、

 本当の事を言われた盧武鉉の怒り

これに尽きるんじゃないですか?

なんで、本当の事を言うんだ、と。
日本は友邦ならば
本当の事を言って僕を傷つけないでくれ、と。

これには、日頃、
反日的な妄言が多い韓国マスコミも呆れているようで、
珍しく韓国の三大紙の社説が、
「問題の本質は谷内次官の発言ではなく、
盧武鉉氏の反米指向にある」
ということで論調が一致している。

朝鮮日報:「信頼できない韓国」を直視せよ

東亜日報:対北情報「仲間はずれ」の盧政府

東亜日報:盧大統領、謝った情報に囲まれてはいないか

中央日報:「韓国とは北核情報を共有できない」


さてさて、北朝鮮の核をめぐる、
日米韓の意図について付言しておきますと、
この三カ国の思惑は、

1,北朝鮮の核保有は困る

2,朝鮮半島で戦争が起きるのは困る

この両点から見ると面白い。

三カ国とも1と2両方とも困るわけだけど、

◇韓国は1軽視、2重視

◇米国は1重視、2軽視

◇日本は半々

こんな感じでしょうか。

ただし、日本も北朝鮮の核開発が進み、
弾道ミサイルへの核弾頭搭載が迫りつつある中で、
米国的な方向、即ち、
「北の核開発阻止、そのためには戦争もやむなし」へと、
戦略をシフトさせていくでしょうね。

もちろん日本としては
戦争が起きても、米軍の一方的な爆撃・攻撃で終わり、
日本国内に被害が出ないのが望ましいわけだけど。

三カ国とも利害は共通している。
問題はその温度差だよね。


さて、6月10日に予定されている、
ワシントンでの米韓首脳会談が楽しみですな。
ブッシュ氏が盧武鉉氏に何を言うやら。



娘通信♪関連過去記事
北朝鮮情勢緊迫・・米国の武力行使と日本の国益
北朝鮮、6月に核実験か?・・情勢緊迫と各国の意図

韓国紙、呉善花女史を攻撃・・小児病的民族主義
盧武鉉、外交転換発言の真意は?・・米経済と韓国軍部
韓国、親日言論処罰法案・・隣国を見限る時。
韓国、竹島問題・・亜細亜東方の悪友を謝絶する
[PR]
by misaki80sw | 2005-05-28 12:33 | 韓国・北朝鮮関連