misakiのオールジャンル時事評論!


by misaki80sw

本日の補欠ニュース 2005/05/15


<昨日と今日の更新>

中国の大気汚染・・世界とアジアへの影響は?

ウズベキスタン暴動・・上海シックスの衝撃!


今日はもう眠いので
雑談はすっ飛ばして
いきなり補欠ニュースです。


<国際>

核開発推進法案を可決 イラン、欧州に揺さぶり

 イラン、完全に時機を見てるね。

 東アジアで北朝鮮の核絡みの緊張が高まっている時に
 タイミングを見計らって可決したんだろうね。
 米国の力が北朝鮮の方に向かうことを想定している。

 イランにとって所詮恐いのは米国の武力。
 欧州連合なんて歯牙にかけてないよ。


ロシアの警官隊と中国人労働者衝突
 イルクーツク、負傷者も


 ロシアでは極東地方を中心に
 中国人の不法労働者が急増しており、
 その背景には
 極東地方での労働力不足がある。

 まあ、こちらをご覧になってください↓

 *A・ポルトフのウラジオ通信:
  沿海地方 中国人 流入止まらず


 *A・ポルトフのウラジオ通信:
  豆満江の河岸崩壊苦慮


 *A・ポルトフのウラジオ通信:
  中国人 国境越え密猟


 ロシアの警戒心がよく分かると思う。

 ちなみに、この「A・ポルトフのウラジオ通信」だが、
 北陸中日新聞のサイトの北東アジアのページに
 二週間おきに掲載されている。

 *北陸中日新聞:北東アジアのページ

 ここは、アジア関係のニュースが集められていて
 とても面白いです。
 

中国、特使派遣し説得へ 北朝鮮核実験を断固阻止

 さてさて、結果がお楽しみだな。

 中国が何を言い、
 北朝鮮が何と反応するやら。


<国内・政経>

北朝鮮船18隻 国交省ずさん審査
 契約の保険会社、支払い拒否“常習”


 このニュースの内容に愕然。

  国土交通省が「改正船舶油濁損害賠償保障法」
  (改正油濁法)に従って
  日本への入港に“お墨付き”を与えた北朝鮮船と
  「船主責任保険(PI保険)」契約を結んでいる保険会社が、
  これまでに度々、保険金支払いを拒否し、
  訴訟を起こされていることが、分かった。

 おいおい、こういうのは業界調査をしてみれば
 すぐに分かることでしょう。

 国交省よ、
 大臣もいい加減な人だけど、
 どういう仕事をしてるんだよ?
 

対中外交、政府は弱腰 自民合同部会で批判続出

  出席議員から
  「謝罪を求めたのであって、
  原状回復すれば済む話ではない。
  壊れた部分をそのまま残し、暴挙を内外に示せ」
  「ジャカルタでの日中首脳会談を
  中国側のホテルでやったのはけしからん。
  何でそこまで遠慮する必要があるのか。国民は泣いている」と、
  政府の対中外交への「弱腰」批判が続出した。

 まあ、そうでしょうね。
 それが当たり前の反応だよ。

 でも、何でここまで政府は弱腰なんだろうね?
 普通、他国だったら国民の支持率を得るために
 わざとでも強硬路線を取るものなのに・・。
 合理的な理由が知りたいよ。


<国内・社会>

真昼の温泉、70代男性2人が死亡…大分、外傷なし

  調べによると、2人はそれぞれの妻と来ていた。
  約1時間たっても出てこないため、
  従業員が見に行ったところ、
  光敏さんは湯船に浮いた状態、
  巧さんは沈んだ状態で見つかった。

 何だろう、この事件?
 思わずゾクッとしたよ。


朝日新聞 秋田版で
 毒草と山菜のカラー写真を反対に掲載


  朝日新聞が15日付の秋田版で扱った、
  山菜採りに関する記事で、
  毒草のトリカブトと山菜のシドケの写真を
  反対に掲載していたことがわかった。

 朝日、恐すぎ。
 これはシャレにならんぞ。


<反ジェンダーフリー>

Web版「正論」:
 過激派操る「国連」に騙された日本の男女共同参画


 雑誌「正論」に連載中の記事。
 それの5月号分。
 国連の「女子差別撤廃条約」の
 欺瞞性について書かれている。
 
 私は発売中の6月号がとても興味深かった。
 題して『アメリカ「10年戦争」の教訓は無視された』
 国連の「女子差別撤廃条約」を
 米国が批准しなかった経緯が載っている。

 米国においても
 この「女子差別撤廃条約」は
 批准の一歩手前までいったという。
 
 ところが反フェミニズムの論客が彗星の如く現れ、
 推進派をことごとく論破し、
 批准の流れを瀬戸際で阻止したという。
 彼女の名前はフィリス・シュラフリー。
 彼女の奮闘で米国のフェミニズムの流れに
 ストップがかかった。

 記事は最後にこう結んでいる。

  アメリカは民主主義が健全に機能し、
  草の根の力でフェミニズム革命を阻止した。
  ところが政府のやりたい放題を許す、
  我が国の民主主義は極めて未熟である。

  サイレント・マジョリティが立ち上がり、
  法律・条約の劇薬的毒性に気づいていない、
  保守系政治家に圧力をかけなければ、
  「フェミニズム革命」を
  このまま許すことになる。

 これを読んでたら、
 またジェンフリに関して書きたくなった(笑)


<IT系>

関西弁アイボ「もうかりまっか」 ソニー、25日発売

 関西弁で喋るアイボが発売。

a0018138_3134960.jpg


 どうなんだろう?
 秀逸なアイデアではあるが
 当の関西人は買いたいと思うのかな?

 私は九州出身、東京在住だけど、
 自分の故郷の方言で喋るアイボが発売されたら、
 たぶん買わないだろうなあ(笑)。

 だって、懐かしくも感じるだろうけど、
 私にとって方言とは「生活言語」だから、
 アイボが方言で喋ったら、
 なんか所帯じみてて嫌だと思うよ。

 関西人だって、
 仕事終わって家に帰った時に、
 アイボが「ボチボチでんな~」とか言ったら、
 「お前、うざいよ!」と思うでしょ (^◇^)


MS、ウインドウズPCの健康を守る新サービス
 「OneCare」提供へ


 これ、既存のセキュリティメーカーから
 間違いなく「独占禁止法違反」で訴えられるよ。


IBM、Firefoxをサポート--社内利用を促進へ

 IBMが社内のPCで
 ブラウザをFirefoxにすることを推奨してるとのこと。

 まあ、賢明だと思うよ。
 セキュリティ上の問題から、
 そっちの方がリスクが少なくてすむもんね。


<仰天・面白系>

ガンダムに酔い痴れるショットバー@仙台

 ガンダムファン必見!

 仙台に「ガンダムショットバーZION」っていう
 お店があるとのこと。
 その探訪記を載せたサイトを紹介している。

 *仙台 ガンダムショットバーZION!

 大笑いさせていただきました。

 メニューからポイントカードに至るまで、
 何もかもがガンダムづくし。


<他のサイト・ブログ紹介>

media@francophonie:ウズベキスタンという国

 今日書いたウズベキスタンに関して
 フランスのル・モンドとリベラシオンの記事の紹介。

 特にル・モンドの記事は強烈すぎ。


♪すいか泥棒 日曜版:
 ワニ博士が喜び勇んでウシをもたらすもキリンに先を越され云々


 タイトルを見て
 何の記事だか全く想像がつかなかった。
 さて、どういう記事でしょうか?
 
 「すいか泥棒」さんらしい、
 強烈な韓国風刺の記事。


ななよの時事放題:
 亀井さん、川端さん・・・・憲法理解していますか?


 小泉首相が郵政民営化に絡んで
 総務省の郵政担当幹部2人を更迭。

 これに自民党亀井静香氏が
 「日本はいつからファッショの国になったのか」と
 批判したとのこと。
 詳しくはこのニュースをどうぞ↓

 *ファッショ政治と反発 総務省幹部更迭で自民

 この亀井発言に対して
 「ななよ」さんがブログで
 
  各省庁は政府の行政執行機関であり、
  その人事に関しては各省庁の大臣が
  最終決定権を持っているはずです。
  三権分立の基本的な形であり、
  行政府のやり方を立法府である議員が
  とやかく言うこと自体、
  三権分立を謳った憲法に沿ってないでしょう。

 と猛批判。

 さらに、

  小泉を一方的に支持するつもりはありませんが、
  まあ亀井さんや民主・川端さんの発言は
  あまりにも「低脳」すぎて、ヘキヘキしました。

 とメッタクタにぶった斬っている。

 私も同意見です。
 亀井氏みたいな発想をするから、
 政治家が役人をコントロールできないんです。

 役人人事は聖域ではありません。
 役人の抵抗で行政方針が覆されてどうするよ。

 私は小泉贔屓ではないけど、
 行政トップの方針に抵抗するならば
 人事的に降格されるのが当たり前。

 そうじゃなきゃ国家なんて運営できるかよ。


注文の多いゴルフ倶楽部 -- A.Yottiの日記 --:
 2005-05-10


 最近、韓国の中央日報のニュースに
 どういう風の吹き回しか
 コメントが書き込めるようになった。

 *中央日報

 このコメント欄に関して。

 思わず笑ってしまいました。


ブログ鷹森:
 解同と戦った弁護士達(こうすれば怖くない第一弾)

ブログ鷹森:
 敵を知る前編(こうすれば怖くない第二弾)


 鷹森さんが解放同盟特集を書き始めた。

 さすがこの人らしく緻密な記事で
 思わず脱帽です。


<今日のAA>

北朝鮮船18隻 国交省ずさん審査
 契約の保険会社、支払い拒否“常習” その1


北朝鮮船18隻 国交省ずさん審査
 契約の保険会社、支払い拒否“常習” その2


朝日新聞 山菜採りの危険について取り上げた記事で
 毒草と山菜のカラー写真を反対に掲載


「愛国心」に代わる表現検討…民主党"ネクスト内閣"
 日教組と意見交換へ★2


訪独した盧大統領にドイツがドン引き~
 「日本批判ばかりでウンザリ」★4 その1


訪独した盧大統領にドイツがドン引き~
 「日本批判ばかりでウンザリ」★4 その2

[PR]
by misaki80sw | 2005-05-16 03:25 | 補欠ニュース