misakiのオールジャンル時事評論!


by misaki80sw

米医療機関、ウイルスを全世界に誤配送!?

a0018138_2095078.gif


米政府、ウイルス誤送で追跡調査

 米当局者らは13日、国内外の多数の施設に
 病原性の高いH2N2型インフルエンザ・ウイルスの
 サンプルが誤送された問題で、
 これに感染した人はおらず、
 当局は健康への脅威となる痕跡を検出していない、
 と述べた。
 
 ただ、米疾病対策センター(CDC)は、
 米国内を中心とする4000を超える施設については、
 送られたサンプルを廃棄したことを
 文書で報告するよう求められていると説明。
 
 CDCのガーバーディング所長は、
 アトランタで記者会見し、
 「現時点では、国内で健康に対する脅威が
 生じたことを示す痕跡は発見されていない。
 ただ、われわれは慎重に対処している」と語った。
 
 また所長は、このサンプルを誤送した企業が
 それと知らずに送付を行ったとは
 「ほぼ考えられない」として、
 保健当局が調査に入ったと明らかにした。
 
 このウイルスは、
 臨床検査施設の的確性認証検査の
 一環として送付されたもので、
 1957年に100万―400万人の死者を出している。

   (ロイター)


(((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

これは恐いニュースだよ。

世界保健機関(WHO)によると、問題のウイルスは、
医療施設などのウイルス検知能力を調べる検査用として、
2004年10月から米国病理医会(CAP)が
日本など18か国・地域の4000の研究・検査施設に送った。

米国病理医会は検査用のサンプルづくりと送付を
メリディアン・バイオサイエンス社に委託していたが、
この会社の作った品質管理検査キットに
このウイルスが含まれていた。
今年3月にカナダの研究施設からの通報を受けて
事実が判明した。

WHOは各国に廃棄を要請。
日本の厚労省は今月12日以降、保管状況を調べ、
滅菌した上で廃棄するよう指導した。

この問題のウイルスは
1957年に大流行した「アジアかぜ」(H2N2)と呼ばれるもの。
1957年4月に香港から流行が始まり、
東南アジア各地、日本、オーストラリア、
さらに米国、ヨーロッパなど世界各地へ流行が拡大。
死者は、全世界で200万~400万人。
発端は中国南西部と考えられている。
日本では300万人が罹患、死者5700人。
その後10年間、
この型の抗原性をもつウイルスにより
小流行が繰り返された。

1968年7月、新たなウイルス
香港型かぜ(H3N2)が流行を始め、
ここでアジアかぜの猖獗は治まった。

ウイルスの流行には周期があり、
近年では

◇1918年:スペインかぜ(H1N1)

◇1940年:イタリアかぜ(H1N1)

◇1957年:アジアかぜ(H2N2)

◇1968年:香港かぜ(H3N2)

◇1977年:ソ連かぜ(H1N1)

の周期。

最近の巷で流行るインフルエンザは
香港かぜかソ連かぜのどちらかの亜種。

ウイルス発生の周期パターンは
従来のウイルスの型に対して、
突然、別のウイルスが出現して取って代わる。
このサイクルを繰り返している。
この現象は、不連続変異と呼ばれている。

この不連続変異は
0~20年周期で起こり世界的大流行を起こす。
不連続変異はソ連かぜ以来、
ここ25年ほど起こっておらず、
新型ウイルスによる大流行が
近い将来起こると言われている。

さらにもう一つのウイルスの周期パターンとして、
50年周期ぐらいで
過去に流行ったウイルスの型がまた復活し、
全世界で流行を始める。
上記のパターンを見てお分かりの通り、
今の流行ウイルスであるソ連かぜは
かつてのスペインかぜやイタリアかぜの再来である。

この復活パターンは抗原循環説と呼ばれ、
この説に従えば、次に復活するのは
アジアかぜ(H2N2)だと言われている。

1890年に我が国で大流行した流行性感冒が
このアジアかぜ(H2N2)だと言われており、
事実、前回の1957年の流行時には
50歳以上の人は免疫を持っており、
罹患したのは、その50歳以下の年齢であった。

上記ニュースの「H2N2」ウイルスの配布を
私が空恐ろしく思うのは、
この流行パターンをおそらく先取りしたんだろうね。
この「H2N2」型が次に流行るから
先んじて研究のために配布しておきますという意味なのか?
それとも・・悪意をもって
流行を人為的に行おうとしたのか?

  また所長は、このサンプルを誤送した企業が
  それと知らずに送付を行ったとは
  「ほぼ考えられない」として、
  保健当局が調査に入ったと明らかにした。
 
これを見る限りは
間違って送ったことは考えられないということ。

この事件に関するWHOのコメント。

  サンプルは通常、流行中のウイルスを使う。
  なぜ、今、このウイルスのサンプルを
  送付したのかわからない

1957年から始まったアジアかぜ(H2N2)の流行は
1968年に終息しており、
それ以降に生まれた人は
当然のことだけど全員免疫が無い。

うう、恐ろしや。
研究者のやることは理解できん。
ほとんどB級映画の世界だよ。



悪性インフルエンザ・ウイルス、世界中に誤配布

インフルエンザについて
[PR]
by misaki80sw | 2005-04-14 20:16 | 科学・技術関連ニュース