misakiのオールジャンル時事評論!


by misaki80sw

中国反日暴動・・対中外交の失敗と国家戦略の転換


中国首相「日本政府は深い反省を」

 PTI通信によると、
 インドを訪れている中国の温家宝首相は12日、
 ニューデリーで記者団に対し、
 中国国内で反日デモが相次いだことを受けて
 「アジアの人々の強い(拒否)反応を受け、
 日本政府は深く反省するはずだ」と述べ、
 日本政府に歴史問題での対応を改めるよう求めた。
 一連の反日デモについて
 中国首脳がコメントしたのは初めて。

 温首相は「日本による侵略は中国、アジア、
 さらに世界で大きな苦痛と苦難を負わせた。
 中日関係の核となる問題は日本が歴史に
 真正面から向き合わなければならないということだ」
 と強調した。

 また「歴史を尊重して過去の歴史の責任を取り、
 アジアと世界の人々の信頼を勝ち取った国だけが
 国際社会で大きな責務を負うことができる」と
 日本の国連安全保障理事会常任理事国入りにも
 条件を付けた。

   (共同通信)


1989年6月、「天安門事件」の惨劇。
欧米諸国はこれを受けて
一斉に対中経済制裁措置を取った。
だが、日本政府は
「中国を孤立させることはよくない」と言い、
「日本の場合は他の先進主要国とは事情が違う。
歴史的な関係がある」との理由で
翌年に中国への円借款を再開、
単独で対中制裁を解除した。

一方の中国は「日中友好」をかけ声にして
自民党内の媚中派や外務省のチャイナスクールを煽り、
当時の橋本恕中国大使が
自民党要人と外務省内を説得してまわり、
これが92年の宮沢内閣時の天皇訪中へとつながる。
これで世界の対中制裁はなし崩しになっていった。

この時の状況を、中国の銭其シン元外相は
「外交十記」という回顧録の中でこう書いている。

 日本は自国の利益のために行ったことだが、
 日本は西側の対中制裁共同戦線の弱点となり、
 中国にとって対中制裁打破の最良の突破口となった。

 天皇訪中は西側の対中制裁を打ち破る上で
 積極的な効果があった。

当時、米国も対中関係打開の交渉を始めており、
欧州諸国も中国市場参入で後れを取ることを恐れ、
態度を軟化させていった。

・・・で、十数年後の今、
この始末でございますよ。

私はこの状況を前にして
日本は腹をくくるべきであると思っている。
国家の方針上、2つのことを明確にすべき。

1,戦後の対中外交は失敗だった。

2,今後の対中戦略の基本は
  中国への包囲網形成と中国の弱体化を基本とする。

1は過去の方針の反省、
2は今後の国家戦略。

所詮、共産党統治下の中国と日本は
基本的に真の友好など不可能だと思う。
あっちがこっちの独立国としての主権を認めない。
もはやどうもこうもない。
「対決」と認識すべき。

表面上においては緩やかな友好は保つべきでしょう。
そして言うべき時は言い、
侮辱的な言動には報復措置を取る。
独立国家として当たり前の態度を取る。
根底においては友好国ではなく、
アジアにおいて共に並び立つ相手ではないと認識し、
かの国の弱体化を意図すべき。

日本政府要人は、
この反日暴動と中国首相の発言を受け、
今さら「冷静に」とか言ってるけど、
当たり障りなく、穏便に事を収めようとか思うべきじゃない。
その態度こそが戦後の対中外交の基本的発想であり、
結果的に中国を始めとする諸外国の侮りを招いた。

外交の背景には国益を守らんとする強い意志が必要で、
一朝事あらば一戦交えるぐらいの覚悟がなければ
国家の独立なんて守れるわけがない。
こういう発言って、
日本では好戦的言動のように捉えがちだけど、
外交の背景にこういう気概がなければ、
外交は単なる譲歩ゲームになってしまう。

日本政府は今回の大使館への損害という事態を受けて、
もし、中国側から明確な謝罪と賠償が無ければ

◇対中ODAの即時廃止。
 継続中の協力事項の停止。

◇経済関係の冷却化
 具体的には対中投資の抑制。

◇世界に対して中国の不誠を訴えること。
 特に国連で。

この3点をやるべきでしょう。

国内世論はこれを支持するでしょう。
一部媚中派と対中進出派は非難するだろうけど、
そんなもん歯牙にかける必要無し。

おそらく中国は
明確な謝罪と賠償はのまないんじゃないかと思う。
隠れた別な形での補償をしようとするでしょう。
国内世論の突き上げがあるからね。
ただ、日本は「別途補償」みたいな措置は断固と拒否すべき。
これは主権上、譲れない一線。
これを譲ればもはや独立国家ではない。

経済的にはどっちが強いか?
日本の方が強い。
経済規模・国力・経済システムの整備、
どれをとっても日本の方が強い。
別段、ビビる必要なんかないよ。
経済関係が冷却すれば損害は向こうの方が大きい。
中国経済は対外投資に過度に依存している。

また、中国内の反日世論を煽られたら、
困るのは中国政府の方。
反日暴動が反政府暴動へと転化するからね。

中国共産党の統治の正当性は、
「経済成長」「国権の拡張」「反日」
この3点で支えられている。

で、あるならば、
「経済成長」を取っ払ってやって、
「国権の拡張」を外交的な包囲網で封じ込め、
「反日」を逆利用して
反政府エネルギーに転換させてやればいい。
日本はそれをやれるだけの国力を持っている。

日本が本気になってこれらのことを始めれば、
中国の覇権の拡張と南下施策に
神経を尖らせていたASEANは
対中政策を修正していくでしょう。
それは台湾も同様。
日本が真の友人とすべきはこれらの諸国で、
東アジアの反日三カ国などではない。

今回の事態は
日本人の目を覚ますのは格好の事件となったでしょう。
そろそろ戦後の夢と眠りから覚めないとね。



謝罪・賠償を事実上拒否
 反日デモ「日本が反省すべき」-中国


暴徒あおれば自分が「敗者」に
 反日デモで中国に警告-英紙


党会議で「反日抑制」=署名は大学内、検閲強化
 「歴史」に強硬論も・中国宣伝部



中国に利用された天皇の御訪中

国際派日本人養成講座:天安門の地獄絵


娘通信♪関連過去記事
中国北京で大規模デモ・・反日というエネルギー
中韓「日本の常任理反対」・・嫉妬とパワーゲーム
中国、連年の大幅軍事費増加・・今年も増えるんだって
日米「共通戦略目標」発表・・中国封じ込めと攻守同盟
中国、ロシアと緊密化・・西方をかため、東方に進む。
李登輝氏、来日へ・・日中台米の思惑。
[PR]
by misaki80sw | 2005-04-12 23:36 | 中国・台湾関連