misakiのオールジャンル時事評論!


by misaki80sw

撃たれると電撃ショックが走るゲームが登場!?


撃たれると電気ショック!
 本当に痛い「究極のシューティング・ゲーム」が
 間もなく登場か!?


 アメリカ・テキサス州にある、
 VirTraシステム社によって開発された、
 「本当に痛みを感じる体感システム」が、
 一般家庭用のゲーム機に使用されて
 間もなく登場するかもしれないとのこと。
 もともとは軍や警察が
 訓練で使用するために開発されたものとか。

 この体感システムは、画面上で敵に撃たれると、
 実際に強い電気ショックがプレイヤーに伝わり、
 まさしくその痛みで
 本当に倒れこんでしまうかもしれないというもの。
 今まで軍の訓練等では
 「撃たれたら振動するベスト」が使用されていたが、
 「心臓が激しく鼓動して手に汗握る・・
 もっと緊張感のある体感システムを」と
 同社が更なる研究を行ってきた結果、
 開発されたものだという。

 登場する敵に撃たれた場合、
 腰に接続されたベルト型体感装置から
 スタンガンと同等の電気ショックが伝わるようになっており、
 もちろんあまりの痛さで倒れてしまう場合もあるとのこと。
 VirTraシステム社の広報担当は
 「撃たれてしまった事実を、まさに身を持って
 実感することができるシステムなのです」と語る。

   (AZOZ BLOG)


う~ん、やってみたいような気も (^^;)

まさに命がけの究極のシューティングゲーム。
痛みに耐えつつ任務を遂行。
「兵士の誉れ」を体感せよ。

でも、電気ショックの度合いにもよるよね。
スタンガンレベルじゃ洒落にならない。
当たったら「電撃ショック、ウギャー!!」ってな感じ。
もう、自分の間抜けさと軽率さを
死ぬほど後悔するんだろうなあ。
私がもしやるんだったら、
数日前から攻略本を熟読だよ(笑)。

この「VirTraシステム社」によると
間もなくこの電気ショックシステムが
家庭用ゲーム機でも使用されるとのこと。

これ、ソニーや任天堂は
絶対に許可しないと思うんですが (^◇^;)
[PR]
by misaki80sw | 2005-04-05 22:57 | 仰天・脱力系ニュース