misakiのオールジャンル時事評論!


by misaki80sw

中韓「日本の常任理反対」・・嫉妬とパワーゲーム

a0018138_0234758.jpg


日本の常任理事国入りに反対する、
中韓のニュースを2つ。

日本の常任理入り 韓国が反対表明
 国連大使 「阻止外交」展開か


 韓国の金三勲国連大使は三月三十一日、
 ニューヨークで韓国メディアに対し、
 日本の国連安全保障理事会常任理事国入りについて
 「周辺国の信頼も得られず、歴史も反省していない国が
 国際社会の指導的役割を果たすことには限界がある。
 日本には資格がないとみて
 (常任理事国に)ならないよう努力する」と言明、
 反対していく立場を初めて明確にした。

 小泉純一郎首相は一日、
 韓国の金三勲国連大使が
 日本の国連安保理常任理事国入りに
 反対する立場を表明したことに関し、官邸で記者団に
 「(韓国にも)賛成していただきたい。
 未来志向で友好を深めるのが良いのではないか」と述べ、
 日本の立場に理解を求めた。

   (西日本新聞)


<中国>日本の常任理入り反対デモ
 広東、四川両省で


 中国広東省深セン市で3日、
 日本の国連安保理常任理事国入りに
 反対する民間団体が集会を開き、
 参加者が日系スーパーの看板などを壊す騒ぎに発展した。
 歴史教科書問題も絡み、
 中国各地で日本製品の
 不買や撤去の動きが出始めているが、
 一連の反日抗議行動の中では最大規模とみられる。

 中国四川省成都市で2日午後、
 日本の国連安保理常任理事国入りに反対する、
 中国人の若者数十人が日系スーパーを襲撃、
 石やパイプでショーウインドーのガラス数枚を割った。
 けが人はなく、警察が中国人数人を拘束した模様だ。
 重慶の日本総領事館が明らかにした。
 
 同スーパー前で約3時間、
 日本の常任理事国入りに
 反対する署名活動が行われたあと、
 徐々に過激になった参加者がスーパーを襲ったという。
 3日午後も、付近で抗議活動が行われた。

   (毎日新聞)


まず韓国からですが、
この韓国の国連大使は、相当ヘタレな人間のようで、
このニュースの翌日、前言を翻しています。

特定国への反対ではない 安保理改革で韓国大使

調子に乗って過激なことを言ってしまって、
後でビビってしまったんでしょうね。
なんともお粗末な大使閣下だこと。

ただし、否定したとは言え、
韓国の本音はあくまでも
「日本の常任理事国入り阻止!」
これにあることは間違いないでしょう。

日本が常任理事国入り2段階戦略
 韓国は阻止に全力


この韓国の反応は嫉妬と火病に過ぎない。
日本は粛々と我が道を行くまでのこと。

ただ、上記ニュースの中で
小泉総理のコメントが出てるけど、

 「(韓国にも)賛成していただきたい。」

なんなんだ、この懇願姿勢は?

相手が失礼なことを言っている。
であるならば、それ相応の皮肉を効かせてほしいもの。
また、あまりに無礼な発言があれば
日韓の経済交流の部分的停止を匂わせるぐらいの
ブラフを効かせるべきでしょう。

あんまり「僕らは善人でござい」ってな感じで、
韓国の横暴に卑屈な姿勢を取ってると
世界中からなめられちゃうよ。
日本は何を言っても怒らないと。

要は、紳士たることですよ。
あるいは武士たること。
礼節を重んじ、信義を守り、
しかし、相手の無礼には毅然とした姿勢を示す。

総理よ、君は国益を守るのが仕事。
低姿勢でいるのが仕事じゃない。
そんな米つきバッタみたいな卑屈な姿勢は
永田町内だけの慣習にとどめてほしい。


さて、次ぎに中国です。

中国の場合は、
単純馬鹿の韓国とは違った取り組みが必要。
即ち、反日=反体制。
反日の民衆暴動は容易に反体制のエネルギーに転化する。

上記のニュースの場合は
いささか官製デモっぽいけど、
このエネルギーが沸騰すれば、
即座に反共産党へと転化する。
それは中国政府も理解してるし、民衆の側も理解している。
互いの暗黙の公式。

当局としては、外交上のカードとして
中国国民の「常任理事国入り反対」を盛り上げたい。
さらにこれが民衆の不満の
ガス抜きにつながれば大いに良し。
ところがこれが盛り上がりすぎて
反体制の動きに転化するのが困る。
ここらへんのサジ加減が難しい。

で、日本としてはどうすべきかですが、
対中戦略の根幹として
中国の弱体が日本の国益につながるという認識があるのならば、
この反日暴動を一定レベルで煽るのも一つの手段。

現在、中国の民衆の不満や民主化・自由化への希求を
そらしたり、押さえ込んでいるものは以下の3つ。

1,強固な統治機構、治安機関。

2,高い経済成長と繁栄

3,反日というガス抜き

日本が中国の弱体を願うなら、
2と3の部分で揺さぶりをかければいい。

経済成長が止まり、
反日のエネルギーが高まれば
中国の社会秩序は間違いなく揺さぶられる。
逆に中国政府は
それが恐くて強硬な反日カードは切れなくなる。

まあ、ここらへんは
日本にとっても痛し痒しの側面がある。
かの国の反日のエネルギーを煽った場合、
それが本当に日本への攻撃に転化すれば
やぶ蛇になってしまう。

あの国がもうちょい弱小国だったら
何の問題もなく煽れるんだけどね。
あそこまでの軍事大国になってしまえば
なかなかサジ加減が難しいですな。

まあ、いずれにせよ、
日本はケースバイケースで柔軟に対応すればいいよ。
これはシビアな国際社会の現実であると同時に、
国家同士のパワーゲームでもある。
あんまりふざけすぎるのもまずいけど、
もっと冷静に相手のエネルギーを
自国の都合のいい方向に利用することを考えればいい。

半分は国家を憂えて悲憤慷慨し、
半分は冷静なゲーマーの視点を持つくらいがちょうどいい。



娘通信♪関連過去記事
韓国紙、呉善花女史を攻撃・・小児病的民族主義
盧武鉉、外交転換発言の真意は?・・米経済と韓国軍部
韓国、親日言論処罰法案・・隣国を見限る時。
韓国、竹島問題・・亜細亜東方の悪友を謝絶する

中国、連年の大幅軍事費増加・・今年も増えるんだって
日米「共通戦略目標」発表・・中国封じ込めと攻守同盟
中国、ロシアと緊密化・・西方をかため、東方に進む。
李登輝氏、来日へ・・日中台米の思惑。
[PR]
by misaki80sw | 2005-04-04 00:22 | 日本(政治経済)