misakiのオールジャンル時事評論!


by misaki80sw

EU、中国への武器輸出を解除へ・・「雄藩」の台頭。

a0018138_21344032.jpg


EU、中国への武器売却の禁止措置を解除する方針

 2月22日、フランスのシラク大統領は、
 欧州連合(EU)が中国への武器売却の禁止措置を
 解除する方針であることを明らかにした。
 EU首脳会議に先立ち、
 ブッシュ米大統領と会談した後に記者会見したもの。

 シラク大統領は、「中国に関しては、
 EUは対中関係の最後の障害物を取り除くつもりだ」と語り、
 中国の民主化運動鎮圧後の
 1989年に発動された武器売却禁止措置は、
 もはや正当化できないと指摘した。

   (ロイター)


これが何を意味してるか?
単なる中国の軍事力増大や、
武器売却の商売の枠内で捉えるべきではないと思う。

歴史でたとえるならば、
幕末の「雄藩の台頭」。
これと構図が同じですな。
つまり、米国中心の秩序にガタが来て、
雄藩が台頭してるということ。
世界と歴史を大局的な観点で捉えるならば、
そういうこと。

まあ、EUや中国を
維新の志士を輩出した薩長にたとえるのは
ちょっと忸怩たる気持ちもありますが(笑)。

◇米国の国力の低下

◇EUの台頭

◇中国の台頭

米国の秩序がもっとカッチリしたものならば、
こういう事象は起きえないでしょう。
少なくとも冷戦期にはあり得なかったこと。

また、この武器解除の中心役である仏と独。
さらに当事者の中国。
ここらへんは自らを世界活劇の「プレーヤー」として、
米国の国力を削ぐことを明確に意図している。
あと、ロシアなんかもそうだね。

冷戦期の二極世界の単純な枠組みは崩壊した。
従来の発想で世界を捉えれば判断を過つでしょう。



米大統領、EUによる中国への軍事技術移転に
 強い懸念表明


娘通信♪関連過去記事
EU、対中武器輸出解禁の動き・・仏独枢軸と日米台。
イラク戦争の様々な観点:大量破壊兵器とユーロ建て決済
中国、EU「ガリレオ計画」に参入・・天空の欧中同盟。
日本、対中武器輸出に「反対!」・・外交転換記念日。
[PR]
by misaki80sw | 2005-02-24 21:35 | その他諸国・国連