misakiのオールジャンル時事評論!


by misaki80sw

「北朝鮮始末記」その3・・「開城団地」という踏み絵。

a0018138_14211798.jpg


韓国、北朝鮮の工業団地に電力供給へ
 分断後初めて


 韓国統一省は18日、
 北朝鮮の開城工業団地に電力を供給するため、
 韓国電力を協力事業者として承認したと発表した。
 早ければ来月上旬に南北分断以来初めて、
 韓国の電力が北朝鮮に提供されることになる。

 開城工業団地は、韓国土地公社や現代グループが
 南北協力事業として開発を進めている。

 北朝鮮が核兵器保有と
 6カ国協議参加の「無期限中断」を宣言した厳しい状況の中、
 韓国政府は、核問題とは直接関連付けず、
 工業団地建設を推進する姿勢を示したといえる。

 韓国電力は514億ウォン(約53億円)を投資、
 現在一部が稼働しているテスト団地地域に
 1万5000キロワットを、
 本団地に10万キロワットを供給する。

 また、韓国政府は来月中に電話やファクスなど
 南北を直接結ぶ通信回線(150回線)も開通させる予定。
 現在は現地で発電し、通信は国際電話を利用している。

   (日経新聞)


開城は北朝鮮の直轄都市であり、
38度線に面した国境の町。
朝鮮半島の主要都市の中では最も板門店に近い位置にある。
古くから高麗の王都として栄え、
朝鮮八道では京畿道に属する。
この開城の地に、
韓国・北朝鮮共同による「開城工業団地」が建設中である。

2000年8月、北朝鮮の金正日総書記と
韓国現代グループの鄭夢憲会長の合意を受け、
2002年11月、北朝鮮は開城周辺の
開発区域約66平方キロを経済特区に指定。
以後、南北間協議を経て
両国の共同開発団地として03年6月に本格着工した。

約2600ヘクタールの工業団地などを建設する計画で、
第1期として07年までに330ヘクタールの造成を完了、
早ければ06年に300企業が生産に入る。
最終的には2012年に完工する予定で、
1000社以上が入居し、
10万人以上の北朝鮮労働者が働くと見込まれている。

先行稼働する約10ヘクタールのパイロット団地には
すでにいくつかの韓国の中小企業が進出し、
去年の12月には
最初の製品である鍋1000セットが生産され、
その日のうちにソウルのデパートに並んだ。

韓国側からの道路も開通している。
いずれは南北を結ぶ鉄道京義線・東海線が結ばれ、
並走道路が完全に連結されれば、
釜山~仁川~ソウル~開城~平壌~新義州と、
南北の主要都市を結ぶことが可能となる。
これにより、北朝鮮は工業団地建設段階から
年平均10億ドル以上の経済効果が
得られるという試算もある。

工業団地の開発、団地に隣接するベットタウンの建設、
さらにインフラの整備。
これらの費用は全て韓国持ち。
そこに韓国企業が進出し、北朝鮮の労働者を雇う。

ソウルから2時間の絶好の立地条件で、
韓国は、同じ言語の安い労働力で製品を生産し、
北朝鮮はその対価として賃金を得る。
安価な中国製品に押されて焦慮の韓国と
外貨がほしくて身悶えしている北朝鮮にとって
まさに双方両得のウハウハ工業団地。

ちなみに北朝鮮人の賃金は中国よりも安く、
日本円にして月給約6千円。
ぶっ飛びの安値だね。
このうち800円分は北朝鮮当局の取り分となる。
まあ、実際はもっとピンハネすると思うけどさ(笑)。

両国の合意から最初の製品生産まで
いろいろと紆余曲折があったものの、
万事、硬直的官僚主義の北朝鮮が
韓国側が驚くほどこの計画に熱意を示し、
途中で他の分野の南北対話を中断した時でも、
北朝鮮は工業団地開発協議を特別扱いで推進してきた。


さ~て、ざっと開城工業団地の概要を見てきましたが、
これがここにきて、北朝鮮の核保有宣言で揺れている。
まあ、当然だわね。
このプロジェクトは日米両国にとって利敵行為に等しい。
工業団地が軌道に乗れば
北朝鮮にじゃらじゃらと外貨が流れ込む。

当然の如く米国内では、北朝鮮の核保有宣言後、
この工業団地の是非をめぐって議論が沸騰している。
2月18日には米下院の委員会でこの件が取り上げられ、
韓国の太陽政策への批判と
工業団地プロジェクトの中止を求める声が相次いだ。

  「対北朝鮮太陽政策は、
  金政権を支えただけに過ぎなかったし、
  北側からは持続的な軽蔑と
  非協調だけが帰ってきただけ」

  「盧武鉉大統領が本心から
  北朝鮮の核を容認しないというなら、
  開城工業団地事業など、南北間すべての経済交流を
  直ちに打ち切ると宣言しなければならない」

しかし、これに対して韓国は、

北への経済協力、予定通り実施へ=韓国

  韓国外交通商省当局者は18日、
  核兵器の製造などを宣言した北朝鮮外務省声明と関連して
  「状況が悪化しない限り、進行中の南北経済協力事業は
  予定通りに行うというのが、
  韓国政府の立場と理解してほしい」と語った。


韓米間の言葉に差がある背景は

  (潘基文外交通商部長官は)「開城工団についても、
  推進速度と規模をめぐり韓米間で意見の差はあるが、
  韓国政府は「予定通り推進する」という立場を
  明らかにしている。


というわけで韓国は「いや続けるよ」と。
従来通りの南北経済協力の推進と
開城工業団地開発の継続を表明している。

韓国政府のこの件に対する説明は
ほとんど詭弁みたいなもので、

核解決まで大規模協力なし 韓国外相
 肥料支援も慎重


  韓国の潘基文外交通商相は16日の定例会見で、
  北朝鮮の核問題が解決しない限り、
  大規模な南北経済協力事業を行う考えはないと述べ、
  北朝鮮から要請を受けた、
  50万トンの肥料支援についても
  「状況を見て検討する」と慎重な構えを見せた。
 
  潘外交通商相は
  ただ「人道的な経済協力は推進する」とし、
  開城工業団地も「南北協力と和平の象徴」と強調。
  進行中の協力事業に
  大きな変更はないとの意向も示した。

なんだよそれ。
無茶苦茶矛盾してるじゃないですか。

何故、韓国はこのプロジェクトを
こうまでして必死で守ろうとするのか?
所詮、単なる経済協力の一つに過ぎないではないか?
しかし、韓国はそうは思っていない。
それはこのプロジェクトが
彼らの国家戦略の象徴のような存在だから。

私は、この工業団地プロジェクトは
ただの南北の経済協力だとは思っていない。
北朝鮮側の思惑はどうであれ、
韓国はこの事業を
半島統一後の南北の経済システム統合への
テストパターンと認識してると思う。

彼らはドイツの統一から多くを学んだでしょう。
「人権」と「平等」の名の下で
東西を急進的に合体させることが
結果的に後進地域の発展を妨げることを学んだと思う。

急激な統一と経済の統合は
韓国の財政と経済を破滅させる。
ではどうしたらいいか?
南北を緩やかに分断させたまま、
韓国の資本と北朝鮮の安い労働力を合体させ、
北の後進地域を徐々に発展させる。
その上で南北の完全な統合を行う。

おそらくこれが彼らの戦略で
その意味でこの「開城工業団地」は
韓国的には今後の半島経済のモデルケースであり、
「北を経済成長させ、徐々に体制変換を促し、
ゆるやかに南北を統一する。」という太陽政策の理念そのもの。
単なる経済協力プロジェクトではない。
韓国の国家戦略そのものを体現している。


さて、逆に日本などにしてみれば
北朝鮮に経済制裁を加えたところで、
この工業団地プロジェクトで
韓国からザクザクと外貨が北に流れ込む状況は、
なんとも馬鹿馬鹿しい話し。

実は韓国は、
昨年11月に正式合意したシンガポールとのFTA交渉で
この工業団地で生産された製品が
「北朝鮮製」ではなく、「韓国製」と表示されることを
シンガポールに認めさせている。

今、進行中の日韓のFTA交渉でも
いずれ、韓国側は
この件を俎上に上げてくるのは間違いなく、
その時に日本が明確に「NO!」と言えるかな?

「北朝鮮の工業団地製品も韓国産」 日韓FTA交渉

この「産地表示」が韓国となれば
開城工業団地で生産された物品は対北経済制裁に関わりなく、
韓国製品として大手をふるって
日本や全世界で売ることが可能となる。
皆様、この件は要注目ですぜ。


日米両政府は公式的には
いまだ、この工業団地プロジェクトの
中止を要請してない。
今は韓国の動きを注視してる段階なんでしょうね。

しかし、状況がこのまま推移すれば
米国が圧力をかけるのは必至で、
韓国の対応が注目される。

これは韓国にとって言わば「踏み絵」。
開城工業団地プロジェクトは
彼らの国家戦略「太陽政策」の象徴的存在であり、
これを踏むか、踏まぬか。
米国につくか、北と融和するか、
盧武鉉政権にとって決断を迫られることになる。

以降、米国は北朝鮮に対して、

◇六カ国協議への復帰と核廃棄の働きかけ
    ↓  
◇経済制裁等の圧力
    ↓
◇軍事力行使

三段階に事を進めてくるのは間違いなく、
この流れに乗るか、逸れるか、反するかの選択を
韓国は選ばなければならない。

これは苦渋の決断となるだろうね。



ニュース用語集:開城工業団地

開城工業団地の発展と核問題

【北の核保有声明】開城工団入居企業が緊張

北の開城工団で初生産された鍋セット、ソウルで販売


娘通信♪関連過去記事
「北朝鮮始末記」その2・・中朝の間隙。
「北朝鮮始末記」その1・・米国・中国・韓国の思惑。

北朝鮮、核兵器保有を宣言・・自己過信と自爆。
北朝鮮、リビアにウラン輸出・・対北強硬論と経済制裁
北の核と米国の軍事行使・・彼らの発想と原則。
対北朝鮮「経済制裁」の是非・・金体制崩壊の剣。
北朝鮮:金体制崩壊とシミュレーション Part,3
北朝鮮:金体制崩壊とシミュレーション Part,2
北朝鮮:金体制崩壊とシミュレーション Part,1
[PR]
by misaki80sw | 2005-02-22 14:34 | 韓国・北朝鮮関連