misakiのオールジャンル時事評論!


by misaki80sw

イラク撤退と米国の新軍事戦略は?


国民議会選挙控えイラクで武装勢力の攻撃相次ぐ

 国民議会選挙を3日後に控えたイラクでは27日、
 選挙妨害を狙った武装勢力による攻撃などで
 イラク人19人と米海兵隊員1人が死亡したほか、
 イスラム教スンニ派地域の投票所が襲撃された。
 
 前日はイラク西部で米軍ヘリが墜落するなどして
 米兵37人が死亡、
 1日の米軍被害としては最多を記録していた。

   (ロイター)


米国、イラクの泥沼にドップリはまっています。

彼らは、この現状をいかに脱するべきか?
また、このイラクの体験を経て、
米国の軍事戦略に変化はあるのか?
あれこれと考えてみました。


<イラクの現状打開策>

この状況の打開には、
単純に、増兵か撤退しかありません。
二者択一です。
現状維持は前途の見えない消耗戦につながるだけです。
ブッシュ政権もこのシビアな状況については
よく認識してると思います。

彼らはおそらく「撤退」を選ぶでしょう。
増兵は現在の米軍の規模から考えて
徴兵制を復活させない限りは不可能です。

徴兵制を復活させれば
間違いなく反戦運動が拡大・激化します。
ブッシュ政権はこの選択は取らないでしょう。

おそらく今年いっぱいをかけて
米軍は徐々に撤退していくでしょう。
ただし、イラクからの完全撤退ではなく、
油田がある北部と南部には駐留し続けると思います。
真ん中のバクダットを中心としたイラク中部を
新政権と新イラク国軍に任せて、
自分らはさっさと引くのではないでしょうか。


<今後の米国の軍事戦略>

さて、イラクで苦戦中の米国ですが、
私は、米国の軍事戦略はこの体験を経て
以下のように変化すると予想します。

彼らはベトナムに続く第二の泥沼にあえいでますが、
これによって、異なる価値観・異文化の国において、
米流の民主主義国家を建設することの困難さを
改めて思い知ったでしょう。
異邦を統治し、異邦を改造する。
これは容易なことではありません。

また、米軍が進めつつあるRMA(軍事革命)化。
この効用と限界も痛感したでしょうね。

侵攻戦の鮮やかな勝利と、
その後の占領統治・ゲリラ掃討戦での泥沼。
RMAは正規軍相手では多大な威力を発揮するが、
侵攻地での都市ゲリラ戦では
その神通力は発揮できないことが明らかになりました。

◇9・11以降の脅威に対する先制攻撃主義

◇現在の米国の国力

◇RMAによって少数精鋭化した米軍

この3要素を勘案するならば、
これからの米国の軍事戦略は
「世界規模のヒットエンドラン」
これにシフトしていくと思います。

「世界規模のヒットエンドラン」
米国にとって国益上重要な一部地域を除き、
米軍は脅威に対しては「侵攻・殲滅・破壊」を専一とし、
目的を達成すれば即座に引き上げる。
戦後の占領統治までは行わない。
その後の治安の回復・産業の復興等に関しては、
その地域の大国や同盟国に任せる。

国益上重要な一部地域とは
たとえば、中東から中央アジアにかけての
油田・ガス田地帯など。
ブッシュ大統領が「自由の拡大を」と明言した地帯です。

それ以外の地域に関しては、
米国は脅威に対して軍事力の投入・破壊殲滅戦だけを行い、
そこから後のことは他者にお任せとなるでしょう。

平たくいうなら、
素早く相手に飛び掛り、
一発でノックアウトし、
また素早く立ち去る。
後の面倒は地域住民でお願いね、と。

これ以上の国力の疲弊を避けつつ、
世界に対する覇権は維持し、
脅威に対しては先制攻撃を加える。
これらの要素を兼ね備えるには
この「ヒットエンドラン」戦略しかないでしょうね。
[PR]
by misaki80sw | 2005-01-28 23:28 | 米国関連