misakiのオールジャンル時事評論!


by misaki80sw

北朝鮮、清津市の衝撃画像


【04年9月の北朝鮮・清津】
 路上のあちこちに「コッチェビ」


 「非法的な売春行為で国の秩序を乱した罪は
 重く罰しなければならない」

 昨年9月末、咸鏡北道清津市のシンアム市場の前。
 公開裁判を受けていた20代の男女は、
 マイクで話した裁判官の言葉を聞いてうなだれた。

 赤いヘアバンドをした女性が、
 隣りに立つ男性から受けた性売買の対価は
 北朝鮮貨幣で1000ウォン。
 コメ1キロを買う金を稼ぐために
 体を売らなければならないほど生活に苦しむこの女性は、
 手錠をかけられたまま労働教化所に乗せられていった。
  ともに裁判を受けた5人の男も
 偽ドル使用と強盗・強姦容疑が認められ、
 処罰を受けた。

 中央日報は、韓国国内で初めて公開される、
 北朝鮮の公開裁判などを撮影した映像を6日、
 単独入手した。

 90分分量のビデオテープには、
 清津地域の「コッチェビ」(子供の浮浪者)
 の痛ましい姿や、
 脱北者収容所である輸城教化所などが収録されている。
 映像は北朝鮮国境警備隊所属の軍将校が撮影したもので、
 日本テレビが入手して中央日報に提供した。

 この将校は
 「共和国(北朝鮮)人民が10年以上も
 経済難に苦しんでいる実像を外部に知らせたい」
 と言いながらテープを渡したと、
 日本テレビの関係者は伝えた。

 テープには、曲がった線路の上に飢えて倒れた、
 コッチェビ少年・少女が登場する。
 また、あちこちで火をたき、
 たばこを吸う10歳前後の少年も見られる。
 凍傷で指を失った足を出したまま、
 平壌(ピョンヤン)焼酎の瓶を持って
 広場をはう子供の姿もあった。

   (中央日報)


元記事には画像が8つ載っています。
悲惨な光景で痛ましいとしかいいようがない。

この画像は上記ニュースにも書いてるとおり、
日本テレビが入手したもので、
それを韓国の中央日報が掲載した。

ここに見えるのはこの世の地獄。
閉鎖国家に内部に現出した地獄。

苛政は虎よりも暴なり。
平壌では特権階級が豪奢な生活をし、
私欲と愚にもつかぬ政治スローガンの中で日々を過ごし、
一方、地方の一般国民は
この世の地獄で悲鳴をあげている。

こういう映像を見て、
韓国国民や在日韓国人・朝鮮人は
何にも思わないんだろうか?
同じ民族の苦悶する姿を見て何も感じないのかね?

もし、日本が第二次大戦後に
自由主義陣営と共産主義陣営によって、
南北に分断されて2つの国家に分かれていたら、
彼らの立場は我らの立場だったかもしれない。

その時、北の日本国家の四千万の飢えた日本人を
我らは救おうと思うだろうか?
生活レベルの低下を我慢して救おうと思うだろうか?

いや、思わなきゃ嘘だろう。
それが同じ民族の責務でしょう。
自国の北側で地獄が現出しているのに
己の繁栄と生活を守るために彼らを見捨てるか?
北側の魔王の如き独裁者とその愚にもつかない体制に
「太陽政策」や「軟着陸」などと称して、
援助を与え、体制を支えるか?

正直、韓国人の感覚が理解できないね。
こういう映像を見ながら何もしないのなら、
君らが「情に厚い」だの「東方礼儀の国」だの、
己を自画自賛する資格なんか無いね。

偉そうなことを言うのは、
北の同胞を救ってからにしてくれ。
[PR]
by misaki80sw | 2005-01-10 21:45 | 韓国・北朝鮮関連