misakiのオールジャンル時事評論!


by misaki80sw

北朝鮮、比ゲリラに武器売却・・年初の情報戦。


北朝鮮、比過激派に武器売却…潜水艇密輸も図る

 北朝鮮が、国際テロ組織アル・カーイダと関係が深く、
 フィリピン南部ミンダナオ島の分離独立を目指す、
 イスラム過激派「モロ・イスラム解放戦線」
 (MILF)に対し、
 1999年から翌年にかけ自動小銃など1万丁以上を売却し、
 自国製の小型潜水艇の売り渡しも図っていたことが
 東南アジアの治安当局の調べで明らかになった。

 潜水艇は、
 自爆テロや構成員の潜入を目的としたものと見られ、
 域内諸国の治安当局は、
 一連の取引に関する情報を共有するなどして
 警戒を強めている。

 東南アジアの治安筋によると、
 北朝鮮とMILFとの武器取引は、
 治安当局が2004年11月に
 MILFから押収した書類などから発覚した。

 治安筋の調べでは、
 取引は主にマレーシアを舞台に行われた。
 1999年中ごろ、
 「リム・キュド」と名乗る北朝鮮の武器商人と
 MILFのガザリ・ジャファル政治担当副議長が、
 米軍が使用しているM16自動小銃1万丁、
 突撃銃200丁、手投げ弾や予備部品などを
 総額約220万ドルで北朝鮮から
 MILFに売却する契約に署名。
 同年9月25日には手付金として
 計100万ドルの小切手2枚が
 マレーシア人の仲介人を通じて
 北朝鮮側に支払われたことが確認された。
 銃器類はマレーシアと見られる第三国経由で、
 翌年末までに船便で数回に分けて
 ミンダナオ島のMILF支配地域に運び込まれた。

 またMILFはこの取引とは別に1999年6月、
 北朝鮮に小型潜水艇購入の意向を表明。
 北朝鮮とMILFは2002年ごろに交渉が合意に達し、
 手付金数十万ドルも支払われた模様だが、
 一連の動きが治安当局に察知され
 取引は中断したという。

   (読売新聞)


このニュース自体も凄い内容だけど、
去年の11月に発覚した内容が
何故、年頭に漏れてくるのか?
ここが興味深いですな。

情報の出元は「東南アジアの治安筋」とのことだけど、
どうなんでしょうね?
素直に受け取りたい気持ちが半分と、
どこかの国の某機関が故意に流した可能性も捨てがたい。
理由は?
ズバリ、対北朝鮮強硬路線の布石でしょう。

とくにポイントになるのが、

  北朝鮮が、
  国際テロ組織アル・カーイダと関係が深く
  フィリピン南部ミンダナオ島の分離独立を目指す、
  イスラム過激派「モロ・イスラム解放戦線」に対し、

この部分。

「アルカイダと関係が深く」
これが出れば米国が黙っちゃいないでしょう。
アルカイダを不倶戴天の敵とする米国。
北朝鮮が間接的にしろ、
アルカイダ系組織と関係を持ち、
武器を密輸していたという事実。

このニュースが年末じゃなくて、
ブッシュ政権二期目が始まる年初に
わざわざ流れてくる。

年明け早々、なんとも興味深いことです。
[PR]
by misaki80sw | 2005-01-04 19:08 | 韓国・北朝鮮関連