misakiのオールジャンル時事評論!


by misaki80sw

米軍の研究する未来図とは?・・国防省高等研究計画局

a0018138_23404390.jpg


米陸軍、マシンガンを装備したロボット、
 「Talon」を2005年導入へ


 米陸軍は来年3月、Foster-Miller社製ロボット、
 「Talon」の展開を始める計画だ。
 このロボットには、マシンガン「M240」または「M249」が
 装備される予定であると、
 Foster-Millerの広報担当は述べる。
 Talonにはこのほかにも、
 ロケットランチャーの装備が可能である。
 米軍は、2003年より武装版Talonのテストを続けている。

 戦場で人間を危険な目に遭わせないために、
 ロボット車両に銃を装備させるのは、
 技術進化の流れのなかでは
 自然なことだと同社では説明する。
 今回のTalonや、
 iRobot社のPackBotを含むいくつかのロボットは、
 戦闘中にアフガニスタンのトラボラの洞窟内部における、
 写真撮影のような監視任務遂行に利用されていた。
 他のロボットは、爆弾や地雷を処理する、
 「ディストラプター」と呼ばれる破壊銃を装備していた。

 マシンガンを装備したロボット車両のおかげで、
 兵士は安全な場所から敵を攻撃することが可能になる。

 多くのロボットとは異なり、
 マシンガンを装備したTalonは自己制御を行わない。
 人間が無線またはファイバーネットワーク経由で
 指令を送ることによって
 初めて銃が制御されるようになっている。

 Talonの重量は約80ポンド(約36キログラム)で、
 時速5.2マイル(約8.4km)のスピードで
 約20マイル(約32キロメートル)の
 バッテリ走行が可能である。

   (CNET Japan)


このニュースだけだと詳細な性能が分からんなあ。
装甲とか当然ついてるんだろうけど、
どの程度まで相手の銃撃に耐えられるんだろう。

まあ、上記の写真を見てもらえれば分かるけど、
ロボットと言うよりはラジコン・ミニ戦車という感じ。
確かに未来的ではありますな。

この種のロボットのアイデアは
今に始まったことではなくて、
第二次大戦中のドイツ軍にも
「ゴリアテ」という有線リモコンの小型戦車もどきがあった。

a0018138_2357641.jpg


用途としては自爆用で、
地雷原や敵陣地の爆破に使用された。


私としては
こういうロボットそのものも興味があるけど、
それ以上に、これの開発を推進している、
組織の方に関心が向いてしまいますな。

米陸軍でこの種のロボット開発を推進しているのが、
陸軍の戦車・車両研究開発部門「TACOM」。
一方の海軍・海兵隊は米海軍研究局「ONR」。
で、これを統括しているのが
米国国防総省高等研究計画局、通称「DARPA」。
ミリオタには有名なところだね。

DARPA。
旧称はARPA(高等研究計画局)。
1957年、ソ連のスプートニク打ち上げに
危機感を抱いた米国防省が、
軍事利用可能な科学技術を開発するために設立。
主に民間プロジェクトへの資金提供を行っている。
インターネットの原形となった、
ARPAnetを開発したことでも有名。

この部局の動きを追っかけていると、
米軍の未来戦の構想が見えてくる。
また、守備範囲は軍事そのものにとどまらず、
科学技術全般に及ぶ。

たとえばDARPAが推進中、
または推進したものの
ボツになったプロジェクトの一例を挙げると、

◇戦闘用ロボット開発

◇災害用レスキューロボット開発

◇兵士用装甲戦闘スーツ開発

◇「ロボフライ」プロジェクト

  昆虫型の小型飛翔ロボット開発。

◇超高空監視飛行船開発

◇無人偵察機開発

◇兵士が数日間にわたって
 戦闘を持続できるようにするために研究。

◇兵士が眠らずに戦うための研究。

◇兵士が負傷しても戦い続けられるための研究。

◇「テロ情報認知」(TIA)プログラム

  米国民のプライバシー情報を
  データベース化して一元管理し、
  テロリスト対策に役立てようとするもの。
  米国民の個人情報、クレジットカードから、
  雇用、医療、インターネット、電話に至るまで、
  全ての個人情報を集約させる。

  2003年、米議会の反対で中止された。

◇「LifeLog」プロジェクト

  人間のあらゆる情報を網羅したデータを作り上げる実験。
  個人に関する全情報を追跡し、
  全記憶コンピューターに持たせようとする試み。
  人間の習慣や願望について学習する機能を持つ、
  コンピューター・アシスタントを作ることが目的。
  そのため、ある人物が見たもの、行った場所、
  感じたことまですべてを記録し
  データベース化することを目的。
  
  個人の生活における「脈絡」を追跡し、
  これにより、どのようにして人間関係や出来事が
  発展していくのかを正確に知ることができる。

  プロジェクト発表当初から猛批判を浴び、
  2004年1月末にひそかに中止された。

◇「政策分析市場」プロジェクト

  民間企業と協力し、
  中東などでテロや政権転覆が起きる可能性を
  投資家に予測させる「先物市場」。

  投資家は中東を中心とする特定の国の
  政治、経済、軍事状況を予測し、
  インターネットを通して匿名で取引に参加する仕組み。

  エジプト、ヨルダン、イラン、イラク、イスラエル、
  サウジアラビア、シリア、トルコの
  経済・内政・軍事の未来と、
  米国のこれら諸国との関係への影響に焦点を当て、
  各トレーダーが、
  中東で起きる特定の出来事の確実性に応じて
  値付けされる情報の先物取引市場。

  これも猛批判を受け、2003年に中止。


とまあ、ざっと有名なところを挙げただけでも
これだけある。
なんという守備範囲の広さでしょうか。
DARPA恐るべし!

特に、猛批判を浴びた、
「テロ情報認知」(TIA)プログラムや、
「LifeLog」プロジェクト。
これらは統制された未来社会を暗示するようで、
身震いがしそう。
実際に、これを潰しにかかった米議会の議員たちは、
「ビックブラザーの出現」を懸念していたという。


このDARPA。
今後の米国と米軍の路線を知る上で、
注目の存在ですよ。



DARPA:解説サイト

「DARPA」の関連ニュース

あらゆる個人情報を記録する米国防総省の新プロジェクト

米国民を監視するTIAプログラムを
 運営していた情報認知局、閉鎖へ


「5日間食料なしで戦える兵士」
 開発プロジェクトに取り組む米国防総省


戦闘機に搭載のOSで勝ち抜けるか?
 いよいよ過酷ロボットレースがスタートに


ドラム缶がヘリで飛ぶ!?
 空中静止する無人偵察機「GoldenEye 100」開発中

[PR]
by misaki80sw | 2004-12-07 00:00 | 米国関連