misakiのオールジャンル時事評論!


by misaki80sw

防衛費大幅削減!? Part,1・・財務省VS防衛庁。

a0018138_23405968.jpg


元ミス東大主計官「災害派遣は自衛隊の仕事じゃない」
 舛添要一氏の元夫人


 政府が9年ぶりに改定する「防衛計画の大綱」の
 策定作業が大詰めを迎え、難航している。
 陸上自衛隊の削減をめぐり、財務省と防衛庁が
 異例のガチンコ対決を繰り広げているからだ。
 主役は、財務省初の女性主計官に抜擢された、
 “元ミス東大”の片山さつき氏(45)で、
 「災害派遣は自衛隊の仕事じゃない」と
 防衛庁を仰天させる論理を展開しているという。
 同庁関係者が「暴走する美人主計官」と、
 その剛腕に震撼している壮絶な舞台裏は-。

 財政再建を掲げる小泉首相の方針を追い風に、
 財務省は「聖域」扱いされてきた防衛予算に
 大ナタをふるう方針を固めていた。

 独裁国家・北朝鮮などから発射された、
 弾道ミサイルを撃ち落とすミサイル防衛(MD)システムの
 整備には1兆円が必要で、
 「MDのコストをひねり出すためにも、
 自衛隊のリストラは必要」(財務省関係者)。

 その“刺客”として白羽の矢が立てられたのが片山氏。
 防衛政策の大転換期を迎えた今年7月、
 防衛担当の主計官に就任した。

 片山氏は東大法学部在学中、“ミス東大”となり、
 ファッション誌のモデルとしても活躍。
 昭和57年に入省後、
 「主計、証券、銀行の各局など
 日の当たるポストで実績を積んだ」(同)。

 着任後、大綱改定に向け、
 片山氏は防衛庁に“宣戦布告”した。

 《陸上自衛隊の編成定数12万人(現大綱16万人)、
 護衛艦38隻(同54隻)、
 戦闘機216機(同300機)…》

 片山氏は、
 こうした自衛隊の編成に関する削減方針を
 列挙したペーパーを逆提案。
 防衛庁案は陸自の編成16万2000人、
 護衛艦50隻、戦闘機282機で、
 両者には大きな開きがあった。

 防衛庁との折衝では居並ぶ背広組(内局)、
 制服組(自衛官)の幹部を前に、
 「強気一本で押してくる」(防衛庁筋)という片山氏だが、
 防衛庁担当者が耳を疑うような発言もあったという。

 「災害派遣は警察と消防に任せればいい」
 「昔も航空自衛隊は新田原基地(宮崎)の飛行隊を減らした。
 三沢(青森)の飛行隊も減らせる」
 「潜水艦なんて時代遅れなものは必要ないわ」

 片山ペーパーで、
 特に防衛庁側が神経をとがらせたのが陸自定員の削減。
 旧ソ連の脅威が低下したのを受け、
 北海道の4個師団・旅団を1個師団に縮小するなど、
 陸自定員を今後10年間で16万人から
 12万人に削減するよう要求していた。

 防衛庁も「最後は政治決着になる」とみて、
 対立することも多い背広組と制服組が結束し、
 与党幹部への“空中戦”に躍起だ。

 当初、政府は先月末、
 大綱の改定を閣議決定する方針だったが、
 財務省と防衛庁の対立から今月にずれ込んだ。

 最大の焦点となった陸自定員は
 14万~15万人を軸に調整が進んでいる。
 最終的には大臣折衝による「政治決着」となりそうだが、
 政府関係者からは「迷走状態のまま、
 防衛政策の方向性が決まると思うと背筋が寒くなる」
 との嘆きも漏れる。

   (ZAKZAK)


財務省VS防衛庁。
新「防衛計画の大綱」及び
「次期中期防衛力整備計画」を巡って大バトル。

ここ数ヶ月ほど世間をにぎわしているこのニュース。
財務省は上記の片山氏を防衛担当主計官として、
防衛費をザックリ削減するため、
新防衛大綱の「別表」に盛り込む主要装備を
大幅に減らすことを狙っている。

上記ニュース中の片山発言、

 「災害派遣は自衛隊の仕事じゃない」

 「潜水艦なんて時代遅れなものは必要ないわ」

まあ、これが本当かどうか知らないが、
本当ならよほどの大ボケ主計官。
無知そのもの。

この「暴走する美人主計官」が
ああだこうだなどとアホらしくて書く気はない。
防衛費削減案は、この一主計官の発想じゃなくて、
財務省全体の意志でしょう。
この主計官個人のことをあれこれ言っても始まらない。

新防衛大綱記載の主要装備に関しては、
ほぼ落着の方向らしい。
3日付けで読売にこんな記事が載っている↓

新防衛大綱、戦車35%減など合意…防衛長官と財務相

これによると、
3日、財務大臣と防衛庁長官の折衝が行われ、
大綱記載の主要装備に関しては大幅削減で合意した。

戦車:約35%減の約600両(現大綱944両)
戦闘機:13―17%減の250―260機(同300機)
護衛艦:13%減の47隻。
P3C哨戒機:15機減の65機。

ただし、焦点の陸自の編成定数に関しては、
調整を持ち越し、
最終的には9日の臨時閣議で決定とのこと。

結局、削減案で決まりですか・・。


この問題は国家にとって重要な問題。
私から言わせれば大幅削減案なぞは、
まさに「亡国」の事態。
非常に危機感を感じているので、
これから何回かに分けて、
この問題を取り上げていきたいと思います。

今日は本論に入る前に、
序論として予算編成のシステムについて
書きたいと思います。


この問題に関する各種報道をいろいろ見たけど、
私がいまいち理解できないのは、
「何故、財務省が国家の防衛戦略を定めるのか?」
これが分からない。

私は日本の予算編成システムに詳しくないから
あれこれと詳細な解説はできないけど、
ハッキリ言えるのは、
この官僚主導の編成システムは
国家の一大欠陥だということ。

官僚が大枠を決めて、
最後は大臣あたりが折衝して細かい詰めを行う。
なんだそりゃ。
本末転倒じゃないか。

政治家と行政官僚の守備範囲は

◇政治家・・大枠を定め、方向性を示す。

◇官僚・・細かい詰めを行い、執行する。

これが本来のあり方でしょ。

それが全く逆になっている。
日本風ボトムアップ型意志決定の悪しき典型だよ。

ここで、政治と軍事と国家戦略の関係を具体的に書くと、

1,国家理念
   ↓
2,国家戦略
   ↓
3,軍事戦略
   ↓
4,軍事費及び組織編成の策定

国家理念の追求のために国家戦略を構想し、
国家戦略の一部として軍事戦略を策定し、
軍事戦略に準拠した軍事費と組織編成を定める。

これが正しい流れ。

1から3までは政治家の守備範囲。
4は大枠の部分は政治家で、細かい詰めが官僚。

この観点から「財務省VS防衛庁」の報道を見てると、
この国はまともじゃないね。
1~3をスッ飛ばして、
4をいきなり財務官僚が草案を作って、
防衛官僚と喧々囂々の大激論。
政治家はどこに行っちまったんだ?
それ以前に1~3はどうなってるんだ?
で、結局は大幅削減ですか・・。

ハッキリ言って嘆かわしいです。
国家の体を成してません。
防衛費や大綱そのものよりも、
意志決定システム自体が歪んでます。


さて、なんか暗い気分になったところで(笑)、
次回から国家戦略と自衛隊の組織、
そして防衛費について本論に入るとします。



Web東奥・特集/断面2004:
 装備費削減めぐり過熱/攻める財務省、守る防衛庁


安全保障と防衛力に関する懇談会

安全保障と防衛力に関する懇談会:報告書
[PR]
by misaki80sw | 2004-12-04 23:45 | 日本(政治経済)