misakiのオールジャンル時事評論!


by misaki80sw

激安の殿堂ソースネクスト・・お次はゲーム分野に。

a0018138_20825.jpg


ソースネクスト1980円ソフトシリーズの戦略
 2006年までに1000タイトル発売を目指す


 同社は1980円のPCソフトリリースと
 販売チャネル拡大を行っており、
 PCソフト販売数では国内トップ、
 販売金額では国内第3位というシェアを獲得している。
 従来までの製品は大きく分類し、
 「ツール」「エデュテインメント」と系列に分かれていたが、
 それ以外の「ゲーム」「コミック」
 といった新しいジャンルも追加し、
 2006年度までに製品数を
 1000タイトルにまで増加させるという。

 この拡大戦略の一環として、
 イーブック イニシアティブジャパン、
 コーエーと業務提携を行い、
 コミック6タイトルとゲーム3タイトルを発表、
 加えて、東京スター銀行監修による、
 年金シミュレートソフト「ズバリ年金早わかり」、
 マクロメディアとの業務提供によるFlashPaper作成ソフト、
 「いきなりPDF FLASHPAPER」を発売する。

   (ITmedia)


お世話になってます、ソースネクスト。

私の場合は「スタースイート」と
「いきなり事情通」を持っているけど、
この激安ぶりは凄いよね。

例の「ウイルスセキュリティ」も売れ筋だし、
「いきなりPDF」も爆発的に売れている。

「スタースイート」の場合は、
完全無料の「オープン・オフィス」が
下敷きだというのも大きいけど、
ソースネクストが激安でガンガン売れるほどに、
あおりを食らった他のソフトメーカーは多いと思う。
たとえばジャストシステム。
数年前まではソフト売り上げ上位の常連だったけど、
ここ数年はめっきり落ち込んでいる。

ソースネクストの製品一覧を見れば分かるけど、

ソースネクスト製品一覧

ほとんどオールジャンルで揃えている。
ワンパッケージで
1980円で売り出しているという宣伝効果は大きいと思う。

結局、販路の問題なんだろうけど、
このソースネクストのルートに乗れば、
ガンガン売ってくれるだろうと気分を
ソフト開発メーカーに抱かせるんじゃないかな?
実際、家電店のソフトコーナーなんかでも、
ソースネクスト製品のみで
ワンコーナー作ってる店は多い。

さて、今後はゲーム分野にも傾注していくとのこと。
ゲームソフトメーカーのコーエーと提携して、
実際にこういうのを売り始めている↓

信長の野望嵐世記

三国志VII

Winning Post5

まあ、お古だけどさ(笑)。

コーエーも最新作を
あっさりと1980円で手放したりはしないけど、
コーエーにしてみれば
これがソースネクストの販路に乗るのが大きいんだろうね。

なにはともあれ、
消費者にとってはありがたいことだよ。
1980円という微妙な価格設定は、
高いPCソフトに慣れた我々にとっては激安だし、
かといってこれ以上下げたら、
チープなイメージを与えかねない寸前の
絶妙な価格だと思う。

まあ、あれだけ売れてりゃ、
薄利多売でも儲かるでしょ。
藤原紀香のギャラも出してることだし(笑)。



ソースネクスト・ドットコム
[PR]
by misaki80sw | 2004-12-02 20:10 | IT・ネット関連ニュース