misakiのオールジャンル時事評論!


by misaki80sw

スパムサイトをDOS攻撃するスクリーンセーバー!

a0018138_15594753.gif


欧州Lycosがスパムサイトを
 「DDoS攻撃」するスクリーンセーバ配布


 Lycos Europeは
 「Make LOVE not SPAM!」と題されたキャンペーンで、
 スパム行為が確認されているサーバを
 一斉攻撃するスクリーンセーバを配布している。

 スクリーンセーバはスパムを使って
 自社製品の宣伝をしているソースサイトに対して
 リクエストを発行する(サイトを実際に見ることはない)。
 多くのスクリーンセーバが
 同時にこのサイトへのリクエストを発行するため、
 スパムサイトは負荷が高まり、遅くなるという。
 Lycosの説明によれば、数千台分のスクリーンセーバにより
 生成されるHTTPリクエストは
 スパムサイトを完全な停止状態には追い込まないように
 「状態チェック」が行われるという。
 完全な機能停止ではないのでDDoSではないという考えだ。

 同社は既に複数のスパムサイトを
 このスクリーンセーバにより反応の低下に追い込んでおり、
 数Gバイトのトラフィックを7つのサイトに送り込み、
  5%から85%までの範囲で
 レスポンスを低下させているという。
 Lycosでは増大したトラフィックにより、
 スパム行為の利益性を損なうことができると主張している。

 起動すると、全スクリーンセーバを利用した全ヒット数、
 発生するトラフィック、スクリーンセーバの数、
 その中における自分の貢献度、
 現在攻撃しているスパムサイトの状態が表示され、
 リクエストを出すたびに、
 赤く表示されたターゲットに自分のいる場所から
 リクエストが飛んでいるグラフィックが描画される。

   (ITmedia)


なんだかライコスって、
もの凄いことを考えるなあ。
確かここは、こないだ韓国資本に買収されたよね。

で、実際に入れてみました。

Make LOVE not SPAM

まず上記サイトに行くと
欧州の地図が表示されるのでどれかの国を選ぶ。
よく分からないけど、
ダウンロード先サイトの選択でしょう。

国を選ぶと小さなウインドウが開くので、
その左下のダウンロードの印をクリックする。
するとダウンロードが始まる。

ちなみに、画面右下のURL記入欄は、
新たなスパムサイトの情報提供欄で、
憎っくきスパムサイトを登録してライコスに情報を送る。
リクエスト数が多ければ
スクリーンセーバーの攻撃先に
追加設定させることもあるとのこと。

さて、スクリーンセーバーが起動されると、
画面上に世界地図が表示され、
各地のスパムサイトと思わしきところに
赤いビーム光線が飛んでいく。
北米・中国・フィリピン・チリなど。

これがライコス言うところの、

 スクリーンセーバにより
 生成されるHTTPリクエスト

の攻撃なんだろうね。

まあ、技術的なことはよく分からないけど、
日本でいうと田代砲の複雑版みたいなもんか。
つまりF5攻撃でしょ。

 生成されるHTTPリクエストは
 スパムサイトを
 完全な停止状態には追い込まないように
 「状態チェック」が行われるという。
 完全な機能停止ではないので
 DDoSではないという考えだ。

ちょっと都合のいい解釈ですけど(笑)。

まあ、スパム側にはザマアみろと思うけど、
これって法律ギリギリなんじゃないの。
ライコスも過激ですな。

ちなみに、スクリーンセーバーや
配布元サイトは全て英語なので、
細かい表示内容とかは私はチンプンカンプン。

でも、PCのちょっとした空き時間に、
スクリーンセーバーが
勝手にスパムサイトを攻撃してくれるんだから、
楽と言えば楽。

この「Make LOVE not SPAM」のロゴも
サイケなデザインだし、
これを考えた人はかなりの洒落っ気のある人だね。
[PR]
by misaki80sw | 2004-11-28 16:05 | IT・ネット関連ニュース