misakiのオールジャンル時事評論!


by misaki80sw

他店の商品を踏み台にAmazonで買い物 \(^O^)/

a0018138_2244818.jpg


お店でパシャリはOK?
 Amazon、商品バーコードをカメラで読み取るiアプリ


 「Amazonスキャンサーチ」は、本、CD、ホーム用品など、
 Amazon.co.jpで扱う商品に記載されている、
 POSレジ用バーコードを携帯のカメラで読み取ると、
 該当商品の詳細ページに直接アクセスできるサービス。
 専用のiアプリをダウンロードする。

 例えば友人の持っている本や、
 お店で見つけた商品などで気になるものがあれば、
 iアプリ(Amazonスキャンサーチ)を起動し、
 バーコードを携帯でスキャンすると、
 Amazonモバイルで扱いがあるかどうか、
 いくらで販売されているかが分かる仕組みだ。

 Amazonスキャンサーチは、
 Amazonグループが独自に開発したコンテンツで、
 導入は日本が初となる。
 まずはiアプリでのみのサービスとなるが、
 ユーザーの反応を見ながら、
 EZweb、ボーダフォンライブ!などへの対応も
 検討しているとした。

 書店などで書籍を携帯で撮影していると、
 電子万引きなどと間違えられるなどの心配はないか、
 という問いに対し、
 「書店とAmazon.co.jpのユーザーは
 クロスオーバーしており、
 Amazon.co.jpが書店に訪れるお客の情報源に
 なっているという認識が書店側にもある。
 心配していない」とした。

   (ITmediaモバイル)


iアプリしか対応してないというのが
非常に気にくわないけど
まあそれはよしとしよう。

これ、画期的なアイデアには違いないけど、
書店主なんかにしてみれば
たまったもんじゃないでしょう。

自分とこのお客さんが
携帯で本の情報を読み取って、
「あ、なんだ、Amazonでも扱ってるじゃん。
家に帰ってAmazonで注文しよう♪」
とかなりかねない。

Amazonの場合、ギフト券の割引とか
プレゼントがあるからね。
書店で普通に買うよりはお得かも。
ホント、書店主にしてみればいい迷惑だと思うよ。

本の場合は、基本的に定価が同じだからいいけど、
問題は電化製品だな。
Amazonはパソコンとか家電や
CD・DVDも扱ってるから。

家電店で商品を見つつ、
携帯でAmazonの価格と比較して、
「やっぱ、Amazonにしよ♪♪」
とかなったら、これまた大迷惑だな。

 書店とAmazon.co.jpのユーザーは
 クロスオーバーしており、
 Amazon.co.jpが書店に訪れるお客の情報源に
 なっているという認識が書店側にもある。
 心配していない。

よく言うよ(笑)。
苦しい説明だなあ。

まあ、消費者にとって便利には違いないけど、
店頭の商品のバーコードを使って、
商品を検索することが前提のシステムでしょ。
えらく嫌味な感じがするんだけど (^◇^)



Amazon: Amazonスキャンサーチについて
[PR]
by misaki80sw | 2004-11-23 22:48 | IT・ネット関連ニュース