misakiのオールジャンル時事評論!


by misaki80sw

中国遁走原潜事件・・「軍事の巻」「外交の巻」

a0018138_303614.jpg


中国遁走原潜、領海侵犯問題。

なにやら「遺憾」で決着しそうな状況だけど、
軍事・外交の2つの観点から書きます。


<軍事の巻>

結局、中国原潜がどこから来て
どこをどう通って母国に帰ったのか?
そもそも意図は何なのか?
ここらへんは情報が錯綜していて
いまいち分かりづらい。

海自のニュースリリースにも
今回の事件の詳細は発表になってないし。
防衛庁のサイトも
新潟地震の災害派遣を大きく取り上げているだけ。

取りあえず、断片的な情報を整理しましょう。

まず、10月27日付けで
海上幕僚監部が発表した米海軍との対潜特別訓練。

海自ニュースリリース:対潜特別訓練について

◇期間:10月29日から11月8日まで。
◇場所:沖縄周辺海域
◇参加部隊
 海自:潜水艦2隻
 米海軍:巡洋艦1隻、駆逐艦2隻、
     潜水艦3隻、航空機若干

中国海軍は、情報収集だか示威だか分からないけど、
この訓練目当てにノコノコと出てきたのかね?
それとも逆に、
中国原潜が当該海域に出港するという情報を受けて、
海自と米軍がプレッシャーをかけるために、
訓練と称して艦船を集結させたのか?

ここら辺はよく分からないなあ。
当該海域は、自衛隊が中国の軍事情報の収集のため、
交信情報や電子情報を探知する目的で
地上電波測定装置の整備計画を進めている場所で、
今月5日に産経で報道されたばかり。
ここらへんの因果関係も興味をそそるね。

東シナ海電波探知増設 中国情報の収集を強化

で、動いたのは漢級潜水艦が2隻。

グアム島沖から石垣島へ 日本領海侵犯の中国原潜

中国の軍港を出港したやつと、
グアム方面で遊弋してたやつ。

最初は侵犯潜水艦は、
中国の軍港から直接来たとの報道もあったし、
台湾当局から11月3日に、
「潜水艦がそっちに向かってる」
との情報提供があったらしい。

国籍不明潜水艦領海侵犯 3日に台湾当局が
 中国潜水艦が日本方面に向かったことを通報


でも、これは侵犯潜水艦とは別の
もう一隻の漢級らしい。

領海侵犯をしたやつは、グアム方面から来た。
米グアム島沖から米海軍のP3C哨戒機の追尾を受けつつ、
先島諸島・石垣島周辺までやって来た。
すでにこの時点で、
米軍・海自は漢級二隻の動きを把握している。

5日には、中国海軍の救難艦二隻が
種子島沖に現れた。

種子島沖に中国の潜水艦救難艦

この救難艦の意図がいまいち不明。
本当に事故ったか、陽動のためか。
あるいは、最初から領海侵犯を計画していて、
「いやあ、事故っちゃったんですよ~」
との口実づくりのために配置しておいたのか。

まあ実際に、去年5月に中国原潜は
死者70名の事故を起こしてるしね。
素直に事故ったと考える方が無難かも。

そして、皆様ご存じの通りの領海侵犯事件が勃発。

この領海侵犯の際に、

 海自は、潜水艦に対し、
 ソナー(水中音波探知機)を投下し、
 浮上して国籍を示す旗を掲げるよう通告。
 反応がなかったため、
 領海外に退去するよう求めた。

とのニュースもあった。

中国?の潜水艦が領海侵犯、政府が海上警備行動発令

私も最初の記事でそのまま引用したけど、
どうやら誤報だったらしく、
その後の各社の記事では
領海内では退去通告はしてないのが真相らしい。
私も慌てて該当文章を削除しました。

国籍不明の原潜、領海を侵犯-沖縄近海海自発見

さて、この後はニュースで
さんざん書かれているとおり、
海自の海上警備が発令、
日本世論が大騒ぎとなる中、
原潜は領海を抜けて母国に帰還した。

一方の海自は、この原潜を追尾し、
その動きを正確にモニタリングしつづけ、
かのオンボロ潜水艦の軌跡は全世界に報道された。
中国海軍当局にしてみれば赤っ恥もいいところ。

ここで、2ちゃんで面白い文章を見つけたので
掲載しときます。


 37 名前:コピペ[] 投稿日:04/11/16 15:00:48

 「今回、かの潜水艦は
 衛星通過時間を避けることなく出港し、
 そのため直後から偵察衛星に探知され、
 台湾の対潜監視網に引っかかり、
 90年代に就役した最新鋭艦でありながら、
 ノベンバー級を基にしたという超旧式原潜ゆえの
 そのあまりの騒音を撒き散らしながら、
 世界最強の対潜部隊が待ち構える海域に突っ込み
 隠密行動を旨とする原潜であるのに、
 潜水艦、それも原潜の歴史上初めて
 リアルタイムでの航跡を
 世界に発表されるという栄誉を担い、
 72時間以上にわたって追跡、探知されて
 その迷走ぶり世界に発表されて
 満身創痍で帰港した原因はひとえに
 中国海軍潜水艦隊司令部の無為無策にあるのであって、
 漢級5番艦艦長の責任ではない。
 よって2ちゃんねる軍事板住民一同は
 彼の助命を求めるものである」

 
 51 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん
  投稿日:04/11/16

 ( ´∀`) 国籍不明の漢級原潜へ。げんきですか。
      今追尾しています
 (;`ハ´) うるさい死ね、ついてくるな日本鬼子のP3C
 ( ´∀`) ごめんね、領海侵犯追いかけるの初めてだから、
      ごめんね
 (;`ハ´) うるさいくたばれ。Ping打ってくんな。殺すぞ。
 ( ´∀`) ソノブイ捲いておきました。早く浮上してね。
      機雷はいりますか
 (;`ハ´) 死ねクソP3C


もう大笑いだな。

確かに、冷戦時代から
ソ連原潜相手にみっちりとノウハウを重ね、
世界最強の対潜部隊を揃えた海自にとって、
この「銅鑼金を鳴らすが如く」音響をまき散らす
中国のヨレヨレ原潜なぞ、
追いかけてて笑止千万だったろうね。

別な観点から見てみると、
自衛隊・防衛庁の首脳陣は、
事件のどこかの段階で、
これが現在、財務省との間で折衝している、
防衛費の削減問題に影響することについて
あれこれと頭を働かせたでしょう。
「原潜追尾を全力で行え!」
まあ、別な意味で気合いが入ったでしょう(笑)。

中国原潜も、優秀な海自の対潜ハンターに、
職業意識と組織上の打算から追い立てられて、
とんだ赤っ恥の逃避行。
中国海軍は全世界に恥をさらした。

二度とこの海域に踏み込むんじゃないわよ。


<外交の巻>

さてさて、外交面ですが、
今さら載せるまでもないかもしれないけど、
中国政府は「遺憾」の意を表明した。


中国、原潜侵犯に遺憾の意 「技術的原因」故意は否定

 中国海軍の潜水艦が日本の領海を侵犯した事件について、
 中国の武大偉外務次官(アジア担当)は十六日、
 中国駐在の阿南惟茂大使に対し、問題の潜水艦が
 中国海軍の原子力潜水艦だったことを初めて認め、
 日本政府に遺憾の意を伝えた。
 原潜は通常訓練中だったといい、武次官は
 「技術的原因から日本領海に誤って入った」と、
 故意の侵犯を否定した。

 北京の日本大使館によると、
 武次官は阿南大使を中国外務省に招き、
 中国側で調査した結果、指摘された潜水艦が
 中国海軍所属であることを確認したことなどを
 口頭で説明した。

 ただ、「技術的原因」の具体的な内容や、
 どの海域で「通常訓練」をしていたのかなど、
 過失による領海侵犯を裏づける、
 詳細な説明はなかったという。
 説明にあたり、武次官は阿南大使に
 「軍事機密に属するが
 双方の信頼に基づきお話しする」と話したという。

 席上、阿南大使が再発防止を求めたのに対し、
 武次官は「再発を防止すべく対応する」と述べた。

 中国外務省の章啓月報道官は、
 同日の定例記者会見で、
 武次官の対日説明を確認したうえ、
 「問題はすでに適切な解決をみたと認識している」
 と述べ、
 次官説明で事態の決着を図る中国側の考えを示した。

   (産経新聞)


「技術的原因」なんて、
はなっから信用する必要もない。
アホらしくて無視無視。

で、「遺憾」ですか・・・。
そりゃまた遺憾ですなあ。

まあ、シャレを言ってる場合じゃない。
「遺憾」って言葉の解釈次第でしょう。

政府は「遺憾」を「陳謝」と解して、
事件の幕引きを図りたい意向だけど、
そもそも「遺憾」ってどういう意味なの?

エキサイトの国語辞書で引いてみると、
 
◇思っているようにならなくて心残りであること。
◇残念な、そのさま。

とのこと。
まあ、この場合は「残念だ」と捉えるべきか。

実際、えひめ丸と米原潜の衝突事故の際も
米ブッシュ大統領は「遺憾を表明」したが、
「謝罪する」とまでは言ってない。

う~ん、微妙な表現だね。
ハッキリ言ってどうとでも取れる表現。
「謝罪」とも取れるし、
「いやあ、お互い残念だね~」ってな感じにも取れる。
要は、言う側にも受ける側にとっても双方便利な、
いわば「外交メンツ的表現」ということか。

まあ、「遺憾」はよしとしよう。
私が問題にしたいのは「遺憾」の表明の仕方。
上記ニュース中には、
中国外務次官が日本大使を呼んで表明したとのこと。
ここらへんがふざけてるよね。

本来ならば、胡錦濤主席あたりが、
記者会見なりして表明すべき内容。
「遺憾」の字面よりもこっちの方が問題。
出来るだけ「遺憾」度のレベルを下げたいという、
中国の意図がミエミエだな。

さらに以下のニュースをご覧あれ。


領海侵犯潜水艦:認めるも公式文書に掲載されず

 国籍不明の潜水艦が日本領海を侵犯した事件について、
 16日、中国側が初めてこれを認め、
 「遺憾に思う」とコメントしたが、
 同日開催された中国外交部による定例記者会見で、
 現場では言及されたものの、
 外交部発表の公式会見内容文書に盛り込まれなかった。

 関連報道によれば、中国外交部の章啓月・報道官は、
 定例記者会見で、
 「この事件はすでに外交ルートを通じて妥当に処理、
 解決された」などとコメント。
 外交部ではこの定例会見の内容を文書にまとめ、
 毎回、そのオフィシャルサイトで内容を公表していた。

 しかし、同日、外交部のオフィシャルサイトで
 発表された公式の会見内容文書には、
 日中関係について触れられていたものの、
 この潜水艦事件そのものに対する、
 章・報道官のコメントは収録されていない。

   (サーチナ・中国情報局)


完璧になめてるね。
日本はこれに抗議すべき。

公式文書に載らないのなら、
こんなもん「謝罪」と言えるかい。
APEC首脳会議での日中首脳会談なんぞ、
蹴ってもかまわないと思うよ。
日本は、矛の収め方が下手くそだな。
喧嘩下手と言うべきか。


さてさて、軍事・外交の両面から見てきました。

今回の事件の総括をしますと、
軍事的には中国の軍事レベルの低さを
さらけ出したと思う。
軍事の世界の職業専門家たちは、
そう感じたでしょう。

ただし、政略面や世論の観点から見れば
あの海域を中国原潜が堂々と侵犯したことは、
彼らの「示威」につながったと思うね。
これは悔しいけど認めざるを得ない。
撃沈したならともかく、
結局、無事に母港に帰ったのだから。

また、外交的には
日本の中途半端な弱腰に比べ、
中国の「遺憾です」で終わらせてしまう、
ふてぶてしさが目立った。

今回の事件は日本に非が無く、
全面的に中国が悪い。
それにも関わらず、外務次官「遺憾」発言と
公式文書非掲載で終わったということは、
外交的には6対4ぐらいで中国の勝利だよ。

悲しいね。
何故、かくも日本は弱体なのか。
ただし、私はこの弱腰を舌打ちしつつも、
希望のようなものも感じている。
それは中国のこの種の暴虐な行為が重なるにつれて、
日本人の中国幻想が薄らぎ、
国家意識に目覚め始めてるということ。

「4杯の蒸気船、夜も眠れず」ってわけじゃないけど、
この手の、国益的に
日本の死命を制するほどでもない「小悪事」を、
ちまちまと中国が連発することは、
結果的に日本の中の媚中派を減衰させ、
対中強硬派・現実派を勢いづかせる。

長い目で見れば、
日本にとって良き事象だったと言えるのかもしれない。



♪すいか泥棒 日曜版:
 【領海侵犯】またも大魚を逸したか日本外交
 もうダメぽT-T



娘通信♪関連過去記事
日本、潜水艦事件で中国に抗議・・遁走原潜は母国へ
東シナ海某国潜水艦事件、自衛隊「海上警備行動」。
[PR]
by misaki80sw | 2004-11-18 03:14 | 中国・台湾関連