misakiのオールジャンル時事評論!


by misaki80sw

韓国核開発問題、安保理付託へ・・出るとこ出なさい。


韓国:兵器級にウラン濃縮 化学法、無届け実験も  

 国際原子力機関(IAEA)は11日、
 韓国の一連の核関連実験に関する報告書をまとめ、
 理事会各国に配布した。
 化学法によるウラン濃縮実験をIAEAに無届けで
 79~81年に実施したことが新たにわかった。
 また、00年の
 ウラン濃縮実験で得られた濃縮ウランの一部は
 兵器級に近い77%に達していていたことも判明。
 IAEAは報告書で、
 韓国が査察に協力的であることを評価する一方、
 無届けで実験を繰り返したことに「深刻な懸念」を表明、
 「検証活動を続ける」と述べ、
 今後も全容解明に向けた調査を続ける方針を示した。

 報告書は8ページ。
 IAEAが今夏以後、韓国で実施した査察の際に
 採集したサンプルの分析や、
 実験に関わった科学者などに対する、
 ヒアリングの結果をまとめた。

 新たに判明した79~81年の
 化学法によるウラン濃縮で得られる濃縮ウランは、
 濃縮度が商業炉の核燃料に使用する、
 3~4%程度にとどまる。

 一方、00年に
 レーザー法で生成した濃縮ウランは200ミリグラム。
 核兵器製造には90%以上が必要だが、
 平均の濃縮度は10%強、
 最高で77%に濃縮されていた。
 また、82年に抽出したプルトニウムは
 0・7グラムとごく少量であることがわかった。
 韓国の科学者は核関連実験に使用する原材料や機器を
 海外から調達していた。

 韓国は82年にプルトニウム抽出、
 ウラン転換実験を実施したほか、
 00年にウラン濃縮実験をそれぞれ無届けで実施した。
 韓国側は「その他に無届け実験はない」と
 言明していた。

   (毎日新聞)


はい、韓国の核開発問題です。
もう核開発疑惑とは書きません。
「核開発問題」です。

問題点をまとめてみると、

◇79~81年に化学法によるウラン濃縮実験

◇82年にプルトニウム抽出実験

◇00年のウラン濃縮実験

◇↑この3つをIAEAに無届けで行う。

◇特に00年のウラン濃縮実験は、
 最高で77%の濃縮ウランを抽出。
 商用の3~4%にはほど遠い高濃縮率。

まあ、この5点ですな。

韓国政府は今まで
「政府に無許可で一部科学者がやったこと」と言ってたけど、
こんな重要な実験、無許可でやれるものか?
特に00年のレーザー法による実験は
高額な機器が必要とのことで、
当然、その分の予算が動いてるはずであり、
「知らなかった」では通らない。
実際、こういうニュースもあるしね↓

核関連実験に政府一部関与 韓国、IAEAに認める

逆に本当に「知らなかった~」と言うのなら、
あんたら、どういう政府機構なんだって?
下部組織が勝手に国策を超えることが可能な
組織体系になってるわけ?
それはそれで問題でしょう。
まあ、何と言おうと監督責任は有るんだからね。

ちなみに00年のレーザー法による実験の時は、
あの金大中氏が大統領。
この人、「南北融和」とかで
ノーベル平和賞をもらったけど、
その金大中氏に以下のニュースが。


金大中氏「米国、一方主義で世界との協力に失敗」

 金大中(キム・デジュン)前大統領は10日、
 「米国は一方主義的な態度のため
 世界を協力の統合体として率いることに失敗している」とし、
 「米国が自国の歴史的使命を深く省察し
 世界の力を一つに集める多者主義的な協力体制の
 先頭に立つことを望む」と述べた。

 金前大統領は
 「北朝鮮の核問題を解決するため
 北朝鮮は核開発の放棄および徹底した検証、
 米国は北朝鮮に安全保障および経済制裁解除を
 同時にやりとりする交渉がなされるべき」と付け加えた。

   (朝鮮日報)


僕の在職時に核開発しました!とは、
さすがに言わないなあ(笑)。

 「北朝鮮の核問題を解決するため
 北朝鮮は核開発の放棄および徹底した検証~」

この部分、無茶苦茶笑わせるんですけど。
「北朝鮮」の部分を、
そっくり「韓国」に変えても読めるね。


で、韓国のマスコミは
今回の事態に関して以下の反応。


韓国を“ならず者国家”のように扱おうというのか

 ボルトン米国務次官が
 「韓国の核問題は国連安保理に付託し、
 明確に解決するのが望ましいというのが米国の立場」
 と述べたという。

 結論から言えば、韓国の核問題が国連安保理で、
 それも国際協定を違反した「安全保障」問題のレベルで
 扱われるようなことがあってはならず、
 穏当なことでもない。
 米国が実際にこのような立場を取るならば、
 それは韓国の実情をあまりによく知っている、
 同盟国としての姿勢ではない。

 現在まで核疑惑があるとして安保理に付託された国々は
 北朝鮮、イラク、リビア、イランなど、
 主に米国が“ならず者国家(rogue state)”に
 分類してきた国々だ。
 4年前、または22年前に目にも見えないほどのウランを
 実験室で作った韓国と、
 このような国々を同等に扱うことはできない。

   (朝鮮日報)


核物質をめぐるIAEAとの外交にもっと本腰で臨め

 結論から言えば、北朝鮮とイランを意識して
 「上乗せする」形で韓国の核物質実験を
 安保理に回付しようとする動きは容認できない。
 韓国の「些細な実験」が
 北朝鮮とイランの核開発のように
 「重大な扱い」をされてはならない。
 政府はIAEAの報告書が韓国の過ちを
 「核安全措置協定不履行(Non-compliance)」ではなく、
 「申告義務漏れ(Failure to report)」
 と整理したと伝えた。
 協定不履行と深刻義務漏れは明白に違う。

   (東亜日報)


こっちも相変わらずですな。

ただ、核実験が暴露された時の
「俺たちゃ何にも悪くない!」という反応に比べると、
幾分、おとなしくなってきたのが笑える。

 現在まで核疑惑があるとして安保理に付託された国々は
 北朝鮮、イラク、リビア、イランなど、
 主に米国が“ならず者国家(rogue state)”に
 分類してきた国々だ。
 4年前、または22年前に目にも見えないほどのウランを
 実験室で作った韓国と、
 このような国々を同等に扱うことはできない。

いや、77%の濃縮ウランは
イランの10%程度をとっくに上回ってるんですけど。
同等と言うより、それ以上なんですが・・・。

 韓国の「些細な実験」が
 北朝鮮とイランの核開発のように
 「重大な扱い」をされてはならない。

些細な実験?
学研の実験セットみたいに言うんじゃないよ。

 政府はIAEAの報告書が韓国の過ちを
 「核安全措置協定不履行(Non-compliance)」ではなく、
 「申告義務漏れ(Failure to report)」
 と整理したと伝えた。
 協定不履行と深刻義務漏れは明白に違う。

いや、どう考えても
「申告義務漏れ」じゃなくて
「核安全措置協定不履行」に該当すると思うんですが。
IAEAがお情けで、
トーンを下げてくれただけでしょ。


さて、この問題は
安保理事会への付託という方向に向かおうとしている。


「安保理での解決望ましい」
 韓国核問題、制裁なし示唆-米次官


 12日付の韓国紙・中央日報は東京発で
 外交消息筋の話を引用して、
 韓国が国際原子力機関(IAEA)に申告せずに
 ウラン濃縮など核物質関連実験を行っていた問題について、
 10月下旬に訪日したボルトン米国務次官、
 (軍備管理・国際安全保障担当)が日本政府に
 「国連安保理で明確に解決されることが
 望ましいというのが米国の立場だ」と伝えていたと報じた。

 同紙によると、ボルトン次官は
 「韓国の実験の規模や意図を考えると、
 安保理に付託されれば疑惑を後に残すことなく、
 (問題を)解明できる」として、
 制裁を行わずに事態が終結するとの見解を示唆したという。 

   (時事通信)


米次官の意図は、

 「取りあえず、安保理事会に出して、
 謝るところは謝ってスッキリさせちゃいなよ」

 「韓国の場合、所詮、ちゃちな実験レベルなんだから、
 一旦、安保理に出してさ、
 この問題、とっとと終わらせちゃおうよ」

ってな感じでしょう。

ところが、これに対する韓国政府の反応は、


韓国ウラン、IAEAも高濃度確認 事務局長報告書

 日米欧などは、未申告の活動はいずれも実験室レベルで、
 核物質の量も少ないと判断。
 過去の実験の全容が判明し、
 核兵器開発につながるような深刻な違反が見つからなければ、
 制裁措置を求める目的ではなく、
 「核査察協定違反の事実の確認」のため、
 国連安全保障理事会に付託、決着させる方針だ。
 11月のIAEA理事会で、
 安保理付託を行う意向とされている。

 だが理事会筋によると、韓国はこれに強く反発し、
 説得工作は難航していると伝えられる。

 日米欧が付託の必要性を主張するのは、
 03年に核疑惑で安保理に付託された北朝鮮や、
 11月理事会で安保理付託が焦点となるイランから
 「二重基準」と批判されるのを防ぐため。

   (アサヒ・コム)


もう、これだけ日米欧各国が温情を示してるのに
「抵抗」なんかしちゃってさ。
これ以上、事態がこじれても知らないよ~


さてさて、私は以前にも書いたけど、
日本としては、
この問題は徹底追求すべきだと考えている。
今のところ政府の反応は
「韓国政府の見解を信用する」
「韓国をこれ以上刺激しない」
ってな感じでしょう。

まあ、北朝鮮への対抗のために、
韓国に対しては微温的態度で接するのも
発想として分からないではないけどね。

ただ、北なんて崩壊間近な国。
国内体制なんてボロボロになっている。
日本に対する脅威は、
弾道ミサイルと少数の特殊部隊の潜入だけ。

私としては、北崩壊後の韓国による統一を見据えて、
半島の非核化の固定が望ましい。
統一後のナショナリズムが沸騰する韓国が、
核武装するなんて日本にとっては悪夢同然。
なんせこの国、名だたる反日国家じゃないか。

韓国がおとなしいのも、
北の軍事的脅威と米国というお目付役がいるからで、
北が消えて亡くなり、
将来、米国の力が衰退したら、
ああもう、誰にも止められない状態だろうね。
実際、半島統一後の韓国の心理状態は
「前門の中国、後門の日本」となるでしょう。
彼らにすれば核武装化は、
ほとんど当然の発想だと思うよ。

これをどうにか牽制して防がなきゃいけない。
日本も目先の北の脅威に目を奪われずに、
数年後・数十年後の東アジアの政治地図を想定して、
着々と手を打たなきゃまずいと思うよ。



♪すいか泥棒 日曜版:
 【韓国核開発疑惑】ウリも偉大な将軍様の教示に従ってはどうニカ?



「娘通信♪」関連過去記事。
韓国核開発疑惑(番外編)・・もうアホかと:その2
韓国核開発疑惑(その7)・・IAEA理事会「重大な懸念事項」
韓国核開発疑惑(その6)・・英国、安保理付託を主張!
韓国、今度はプルトニウム疑惑!?・・情報リークの意図は?
続報!「韓国、ウラン濃縮問題」・・最後の記事は怖いよ。
韓国、ウラン濃縮実験問題(その3)・・日本政府も仕事しろ!
韓国、ウラン濃縮実験問題(その2)・・マスコミは仕事しろ!
韓国、ウラン分離実験!・・ばれる前に喋っちゃおう。(その1)
[PR]
by misaki80sw | 2004-11-13 13:01 | 韓国・北朝鮮関連