misakiのオールジャンル時事評論!


by misaki80sw

中国「史上最大の暴動」発生・・共産党、統治の正当性は?


農民数万人デモ、1人死亡 中国、土地補償に不満

 一日付香港紙、東方日報などによると、
 中国四川省漢源県で10月27日、
 地元政府が収用した土地の補償に不満を持った農民ら
 数万人が抗議行動を起こし、
 鎮圧に当たった多数の警官と衝突して
 農民の男性1人が死亡した。

 反発した農民側は男性の遺体を掲げて翌28日、
 「汚職役人打倒」
 「(地元政府は)温家宝首相の言う通りにしろ」
 などと叫んでデモ行進。
 一時は政府や学校、商店が閉鎖されたという。

 同紙によると、
 現地は31日にも各所に武装警官が配置され、
 当局は「首謀者」を徹底捜査するとの通知を出した。

 中国では先月、重慶市で市民数万人が
 地元政府庁舎を取り囲む騒乱が発生。
 安徽省でも年金に不満を持つ数千人が道路を封鎖するなど、
 行政に対する抗議活動が続出している。

    (産経新聞)


このニュース、続報を待ってるけど全然流れてこない。

最初に、いろいろな通信社や新聞社がそこそこ報じたけど、
一番詳しいのが宮崎正弘さんのメルマガ。
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」の11月1日臨時増刊号。
中国の山奥で十万人の大暴動が発生」の記事。
 
宮崎メルマガではこれを
「中国共産党が権力を握ってから史上最大の暴動」
と形容している。

以下、引用します。


 現場は33萬キロワットの水力発電所を建設中で、
 農地を耕す地元農民にくわえ、
 10萬人前後の移住労働者がいる。
 最初は、地元の共産党幹部が強制収用した、
 土地の補償に不満を抱いた数万の農民が
 「強制収容反対」「腐敗幹部追放」「毛沢東万歳」
 を叫んで政府ビル前に座り込み、
 これに暴力的鎮圧で警官が対応したため、
 一人が死亡し、多数が負傷した。

 農民側は犠牲者を追悼し、
 翌日、翌々日と連続で「汚職役人打倒」と叫んで
 デモ行進を展開した。

 これに地元の学生数万人が加わり、
 政府ビル、学校、商店が閉鎖された。
 警官隊と衝突が繰り返され、
 数十名が死傷(大紀元、11月1日付け)、
 地方政府は近くの軍にも応援を頼んだ。
 病院は負傷者で溢れかえっている、という。


これはかなり強烈だなあ。

数万の農民プラス学生数万人。
他国でこれが起きれば
もの凄いニュースになるんだろうけど、
なにぶん、情報統制の国だからこれ以上伝わってこない。


私はもう2年前かなあ、
「中国農民の反乱―昇竜のアキレス腱」という本を読んだけど
これはインパクトのある内容だった。

「中国農民の反乱―昇竜のアキレス腱」
 清水 美和 (著)


「土皇帝」と呼ばれる、
農民から勝手に税金を徴収して私腹を肥やす地方役人。
それに反発した農民が人望のある「農民領袖」を中心に結束し、
共産党に対し各地で暴動を起こす。
また、職を求め都会に流入する「民工潮」たち。
貧しい中国内陸部の現状が赤裸々に掲載されていた。

そこに書かれている世界は、
歴史の観点から眺めてみると、
易姓革命ごとに中国で展開されるお馴染みのパターン。
地方役人の横暴と搾取。
農民の暴動。
「幇(パン)」による結束。
食を求めての大量の人口移動。

結局、中国共産党の「統治の大義」って何だろう?
何を理念として彼らは統治するのか?
あるいは彼らの統治の正当性は?
すでに古色蒼然たる共産主義は効力を失って久しく、
鵺の如く、資本主義に寄食して命脈を保っている。

彼らがそれに変わりうる新しい理念を見つけなければ、
統治の乱れは続くだろうし、
己の依って立つ正当性を構築できなければ、
いずれ国家自体が大激震を迎えるでしょう。



娘通信♪関連過去記事
中国、世相関係ニュース・・最も苛烈な「資本主義社会」
中国重慶で数万人が暴動・・爆発寸前、発火寸前。
中国の内情を伝える翻訳サイトを紹介!
[PR]
by misaki80sw | 2004-11-02 21:36 | 中国・台湾関連