misakiのオールジャンル時事評論!


by misaki80sw

ビンラディン、米大統領選へ影響力行使。

a0018138_0285324.jpg


新たな対米テロ警告=大統領選控え、
 「9・11」犯行認める-ビンラディン容疑者


 カタールの衛星テレビ局アルジャジーラは29日夜、
 国際テロ組織アルカイダの指導者、
 ウサマ・ビンラディン容疑者のビデオ声明を放送、
 この中で同容疑者は
 「ブッシュ(米大統領)は9月11日の事件
 (2001年の米同時テロ)から4年たつというのに、
 いまだに混乱とミスリードを続けている」と
 ブッシュ政権を強く批判した上で、
 「これらの出来事が繰り返される理由はまだある」と述べ、
 新たなテロを警告した。
 
 アルジャジーラによれば、
 ビンラディン容疑者本人による新たなビデオ声明はほぼ2年ぶり。
 声明は同容疑者が自らの存在を誇示するとともに、
 間近に迫った米大統領選挙に
 影響を与えることを狙った可能性がある。 

   (時事通信)


ここで設問。
ビンラディンにとって
米大統領選はどちらが勝った方が都合がいいか?

私はブッシュだと思う。
それはビンラディンの基本戦略を
考察すれば理解できる。

前にも書いたけど、
学校占拠事件とアルカイダ・・非正規戦の時代。
ビンラディンの意図は、

 米国の国力を消耗させることによって
 世界への関与を無くさせ、
 孤立したイスラエルを包囲殲滅すること。
 これが最終目標。
 この目標に対し、先鋭的に手段を構築している。

これだと思う。

泥沼消耗戦。
まさにゲリラの発想で、
弱者が強者を倒すための典型的なパターン。

ビンラディンにとっての
この戦略の「モデル地区」がイラク。
ここで米国の国力を消耗させる。

その意味ではブッシュは都合のいい相手。
好戦的でイラクにこだわり続けてくれそう。
イラクからの撤退を公言するケリーとは違う。
まさに組みやすし相手。

この時期にビンラディンが自らの画像を公開し、
声明を発表したのは、
米国民に「戦時国家」としての意識を取り戻させ、
「テロとの戦い」に関しては圧倒的に
ケリーの支持率を上回っているブッシュを有利に導くこと。
これが狙いだろうね。



娘通信♪関連過去記事
イラク情勢悪化・・米国緊急支出・日本人拉致。
イラク戦争の様々な観点:大量破壊兵器とユーロ建て決済
テロリストと諜報機関、ネット上の攻防戦。
米国防長官、早期のイラク撤退を匂わす・・ラムさん開き直り
学校占拠事件とアルカイダ・・非正規戦の時代。
[PR]
by misaki80sw | 2004-10-31 00:31 | 中東関連・対テロ戦争