misakiのオールジャンル時事評論!


by misaki80sw

韓国柔道試合、帯が日本製で反則負け・・もうアホかと。


全国体育大会が開幕

 イム・ジョンファ(慶尚北道)が韓国新記録と大会初の3冠王で、
 第85回全国体育大会の開幕を祝った。

 柔道では、試合に勝ちながらも
 服装違反で敗れるというハプニングがあった。
 アテネオリンピック(五輪)にも出場した、
 柔道女子大学・一般部48キロの
 イェ・クリン(大田)は2回戦で、
 金恵淑(キム・ヒェ・スック、忠清南道)に一本勝ちしたが、
 帯が大韓柔道会公式企業のものではなく
 日本企業のものであることが確認され、反則負けとなった。

 午後5時からは清州総合運動場で、
 華麗な行事とともに開幕式が行われた。
 行事ではバイオ産業を育成する忠清北道を象徴するように、
 「生命、その中心で一つに」というテーマの
 各種公演が行われた。  

   (中央日報)


( ゚Д゚)ポカーン・・・


・・・まあ、それが大会規則と言えば
それまでなんでしょうけど。

 「日本企業のものであることが確認され、
 反則負けとなった。」

帯の製造元の国籍が柔道とどう関係あるんだろう?

これ、日本大使館は抗議すべきだよ。
「無用に反日意識を煽っている!」と言ってさ。
つまらない遠慮はする必要ないよ。

この中央日報の記者も
さも当たり前のように淡々と書いてるけど
これが異常だっていう認識はないのかね?

もう何というか・・脱力だね (ーー;)
[PR]
by misaki80sw | 2004-10-12 11:02 | 韓国・北朝鮮関連