misakiのオールジャンル時事評論!


by misaki80sw

本宮ひろ志「国が燃える」で釈明へ・・地方議員団も抗議!


本宮ひろ志さん雑誌連載漫画 南京事件で不適切表現
 集英社に抗議殺到、釈明へ


 青年漫画誌「週刊ヤングジャンプ」に
 本宮ひろ志さん(五七)が連載中の「国が燃える」で、
 南京事件をめぐる不適切な表現があったとして、
 発行元の集英社に抗議が殺到。
 同社は本宮さんと協議のうえ八日、
 (1)同社が釈明記事を「週刊ヤングジャンプ」に掲載すること
 (2)単行本化の際、指摘のあった個所を本宮さんが修正すること
 を決定した。
 同社によると本宮さんも二点について了解しているという。
 釈明記事の掲載時期は未定。

 問題になったのは、
 九月二十二日発売号に掲載された作品。
 本宮さんはここで
 「南京では、人類が絶対に忘れてはならない、
 日本軍による愚行があった。
 いわゆる“南京虐殺事件”である」と口上を書き、
 「百人斬り」を連想させる場面を含め、
 旧日本軍の“蛮行”を描いた。

 “南京虐殺”は犠牲者の数やその存在をめぐって、
 いまも論争の続くデリケートな問題。
 また二人の将校による「百人斬り」も、
 戦意高揚のために毎日新聞(当時東京日日新聞)が
 信憑(しんぴょう)性に乏しい話を
 歴史的事実として報道し名誉を傷つけられた-として、
 将校の遺族が同紙などを相手取り
 慰謝料などを求める訴訟を起こし、係争中。

 同社は「本宮さんも編集部も政治的意図は一切ない。
 南京事件は作品の完成度を高めるためには
 避けて通れないものだった。
 デリケートな問題という認識はあったので、
 本宮さんと編集部が慎重に検証しながら漫画化した。
 しかし検証に反省すべき点があった」として、
 本宮さんとともに再度検証作業を行っていた。

   (産経新聞)


「本宮ひろ志事変」の続報です。

この件、先日に記事に書いたとおり、
本宮ひろ志が漫画上で「南京大虐殺」の捏造を行ったもの。

本宮ひろし「国が燃える」・・集英社でも燃やしてろ。

その衝撃。
あんた、ここまでやるかって。
たちまち日本中から大抗議が殺到し、
上記ニュースの釈明記事掲載予告となった。
私や友人たちもメールと電話で集英社に抗議しました。

でも、問題はその釈明記事とやらが
いつ掲載されるか?
そしてどういう内容になるのか?

内容が体のいい誤魔化しならば私は許さないよ。
もう一戦やったろうじゃないか!
まあ、気合い入ってます(笑)

この抗議の輪は一般市民にとどまらず、
とうとう政界にまで波及した。


「南京大虐殺」めぐり抗議 集英社に地方議員グループ

 集英社発行の「週刊ヤングジャンプ」で
 連載されている本宮ひろ志氏作の漫画、
 「国が燃える」で描かれた南京大虐殺について、
 地方議員グループが
 「あたかも真実として漫画化している。
 歴史を歪曲(わいきょく)している」として
 集英社や本宮氏らに抗議したことが8日、分かった。
 
 集英社は同日、議員側に回答書を郵送し、
 「不適切と指摘された個所は検討を重ね、
 適切な処置と読者への経過説明をする」
 とのコメントを出した。
 回答書の内容は明らかにしていない。
 
   (共同通信)


この「地方議員グループ」というのは、
「集英社問題を考える地方議員の会」で、
主に東京都を中心とした、
各地の都議・県議や区議・市議の面々。
総勢41名。

そのメンバーの名前と抗議行動に関しては、
中心メンバーの犬伏秀一大田区議のサイトに
詳しく載っています。

いぬぶし秀一の激辛活動日誌:
 「本宮ひろし先輩、史実を曲げちゃダメ!@ヤングジャンプ」


いぬぶし秀一の激辛活動日誌:
 「大雨の中、集英社に殴りこみ?いえ紳士的に面談」


まあ、メンバーを見ると
土屋たかゆき東京都議や
堺市の「朝鮮学校補助金問題」で
圧力団体に負けずに頑張っている水ノ上市議など、
私の知っている地方議員がちらほら入っている。

問題の「南京大虐殺」が掲載されたのが9月22日だから、
全国各地の地方議員41名が
いかにスピーディに結束したかがよく分かる。
連絡取り合うだけでも大変だったでしょうね。
おそらくメールとか活用したんでしょう。


さて、本宮ひろ志の釈明記事や如何に?
腕を撫して待ち続ける私なのさ (^^)v


本宮ひろしと集英社に抗議を!!
[PR]
by misaki80sw | 2004-10-09 21:14 | 日本(社会・世相)