misakiのオールジャンル時事評論!


by misaki80sw

ソニー、コピーコントロールCD廃止・・これも「iPod」効果!?

a0018138_16121155.gif


<CDコピー>ソニーが禁止機能の全廃を検討

 大手レコード会社、
 ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)は17日、
 CDに付けていたコピー禁止機能を
 全面的に廃止する方向で検討に入った。
 パソコンからハードディスクに音楽を取り込む、
 アップルコンピュータの「iPod」など
 携帯型デジタル音楽プレーヤーが人気を集める中、
 コピー禁止機能があると取り込めないことから、
 顧客離れにつながりかねないと判断した。
 エイベックスも同日、
 同機能を付けるかどうかを
 作品ごとに判断する弾力化を発表した。
 
 CDがパソコンでコピーされ、
 インターネット上で
 個人間でやりとりされるケースが増えたため、
 エイベックスは02年3月、
 国内業界で初めてパソコンに取り込めない、
 「コピーコントロールCD」(CCCD)を導入、
 SMEなどが追随した。
 しかし、その後の警察の取り締まりや
 業界の啓もう活動が進み、
 「著作権に対する消費者の理解が深まってきた」
 (SME)として、
 原則的に付加してきた同機能を全面的に廃止する方向。
 エイベックスも今月22日以降発売のCDについて、
 アーティストや作曲家など関係者と協議して
 同機能を採用するかどうか決めることにした。
 
 方針転換の背景には
 「iPod」などのプレーヤーの普及がある。
 インターネット上の音楽配信サービスや
 CDからパソコンに取り込み、
 プレーヤーに記憶させる仕組みだが、
 エイベックスなどのCCCDは利用できない。
 このままではCDを買わずに
 インターネットからダウンロードする流れが強まると判断した。
 一方、東芝EMIやユニバーサルミュージックは、
 これまでも商品ごとに判断しており、
 方針の変更はないという。

   (毎日新聞)


最近のソニーの迷妄ぶりを
象徴してるようなニュースだなあ。

CCCD。
コピーコントロールCD。
私のようなCDからパソコンに音楽を取り込んで
携帯音楽プレーヤーに落とし込んでいる人間にすれば、
これは悪魔のような存在。

そもそもCCCDとは
厳密に言うと規格外のCD。
普通のCDとは全く別の存在。
まあ、CDのケースやジャケットを見れば分かると思うけど、
ロゴマークからして違う。

こいつのコピー防止技術を大まかに説明すると、
CDにわざとエラーを混入させてコピーを防ぐ。
それによって著作権を保護しようという発想なのだが、
理念的には同意できなくもないけど、
実際の技術としてはお粗末そのもの。

問題点を3つあげましょう。

1,音質の劣化
2,CDプレーヤーでの再生が保証されていない。
3,プロテクトが弱い。

1の音質劣化は大した問題じゃない。
普通の人の耳で聞き分けられるほどの劣化ではない。

問題は2と3で、
2の「CDプレーヤーでの再生が保証されていない」
これが一番大きいね。
音楽データにエラーをわざと混入させているために
CDプレーヤーで再生できないことがあるばかりか、
下手をすれば機器を壊してしまう。
そんな馬鹿なって?
でも、事実なんだからしょうがない。
だから、エイベックスもSMEも東芝EMIも、
機器の故障に対しては免責事項としている。

エイベックス:
 コピーコントロールCDについてのご案内


東芝EMI:
 コピーコントロールCDの解説


さて、3の「プロテクトが弱い」
これは致命的。
そもそもプロテクトが弱いのなら、
CCCDの意味ないじゃん、と思うけど、
事実、弱いのよ(笑)。

たとえばCDから音楽データを
パソコンに取り込むリッピングソフトで、
CCCDを突破できるものは多い。
有名どころだと
「iTunes」「Windows Media Player」でも
難なく取り込めてしまうし、
ネット上にある無料ソフトだと、
「CD Manipulator」
「CDex Ver.1.151」
なんかでも楽々成功してしまう。

客のCDプレーヤーをぶっ壊しかねないし、
実際、ぶっ壊れた人は大勢いるし、
肝心かなめのコピープロテクトも
難なく突破されてしまう。
これじゃ、存在自体が嫌味だし、害悪だし、
意味が無いよってね。

で、昨今の「iPod」人気の高まりにより、
パソコンにデータを取り込むのに不都合なCCCDは
敬遠され、売り上げもガクンと落ちてしまったわけ。
そして上記ニュースのように
SME(ソニー・ミュージックエンタテインメント)は、
エイベックスに追随して、
CCCDを全面的に廃止する方向で検討に入ったとさ。

ソニーさん、迷走だね。
著作権保護に固執して「iPod」に水をあけられ、
「肉を切らせて骨を断つ」必殺のCCCD作戦も、
「iPod」人気に押されて結局撤回。

著作権保護という発想はいいけど、
「技術的正論」に固執してると商売そのものを失うよ。
時流と正論を左右両手に持ってバランスよく進まないとね。
ベータ敗戦の二の舞だけは避けたいでしょ(笑)?
[PR]
by misaki80sw | 2004-09-20 16:18 | IT・ネット関連ニュース